TOP > Victoriaリーグ3部 supported byファンゴユニフォーム(2021年) > 成績表(Lブロック)
 【 Aブロック 】  【 Bブロック 】  【 Cブロック 】  【 Dブロック 】  【 Eブロック 】  【 Fブロック 】  【 Gブロック 】
 【 Hブロック 】  【 Iブロック 】  【 Jブロック 】  【 Kブロック 】  【 Lブロック 】  【 Nブロック 】  【 決勝トーナメント 】
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 0 1 4 17 8
2 1 0 0 3 2 0
3 1 1 0 3 5 5
4 1 1 0 3 4 5
5 0 0 1 1 6 6
6 0 2 0 0 3 13
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Lブロック星取表
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6-6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

6-6
   
 
 
 

11-2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4-3
 
 

0-2
 
 
 
 
  
 

3-4
 
2-1
 
 
 
 
 
 

2-11
 
 

1-2
   
 
 
 
 
 
 
 

2-0
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
川崎余熱savers 0 2 YBC Dodgers 4月18日(調布市民球場)
実力拮抗の投手戦!新星YBC Dodgersがデビュー戦を完封勝利で飾る!!
【試合内容】
先攻、YBC Dodgers(先発相原)後攻、川崎余熱savers(先発矢竹)。初回両チーム三者凡退で終える。試合が動いたのは2回表、4番力石を三振に打ち取るが、5番6番連続四球で、ピンチを作るも2死2.3塁まで持ってくる、8番相原の放った打球はレフトにあがり、これをレフト山口が落球、YBC Dodgersが2点を先制する。2回裏saversの攻撃、2死1.3塁の好機を作るも、8番東が三振。4回表Dodgersの攻撃、四球、安打、四球で2死満塁の好機を作る、しかしここをsavers先発矢竹がアウトローのストレートで見逃し三振を取り、ピンチを凌ぐ。savers最大のチャンスが訪れたのは5回裏だった、7番塚本、8番東凡退後、9番野口、1番武本、2番大木の3連打で2死満塁のチャンスを作る。ここで本日前の打席安打を放ってる3番横田に打席が回るも、遊ゴロに倒れ絶好のチャンスを無得点で終える。最終回も1死から5番矢竹の2塁打でチャンスを作るも後続が倒れゲームセット。saversは再三得点圏にランナーを出すも後一本が出なかった。
【相手チームへ一言】
(川崎余熱savers)
(YBC Dodgers)
まずは、本日は急な時間、球場変更にも関わらず快く受け入れて頂いて頂きましてありがとうございます!今日の試合は完敗です。。また機会ありましたら宜しくお願い致します!
グラウンドの確保ありがとうございました。
また対戦の機会があればよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
新羽ダイヤモンドダスト 1 2 デビルヤンキース 4月18日(本牧市民公園)
益田の先制打に加藤が完投勝利!新星デビルヤンキースがVictoria初勝利!!
【試合内容】
前日の雨で試合が不安しされる中、なんとかグランドが乾き決行。試合の攻守は新羽ダイヤモンドダスト先攻、デビルヤンキースが後攻となった。初回、新羽ダイヤモンドの攻撃は、デビルヤンキースの左腕の前に3人で抑えられる。その裏、デビルヤンキースの攻撃はワンナウトから2番打者がセンターを大きく超えるツーベースヒットで得点圏にランナーを出すが、ここは新羽ダイヤモンドダストの先発投手がなんとか凌ぎ、0点で終わる。その後、両者2回を0で抑える。試合が動いたのは、3回の裏、ツーアウトからデビルヤンキースがフォアボールでランナーを出すと、空かさず盗塁を決め、その後益田のタイムリーヒットにより、デビルヤンキースが先制した。デビルヤンキース先発加藤は、3回までに5奪三振を奪うなど完璧な立ち上がりを見せる。さらにデビルヤンキースは4回、先頭打者のフォアボールと続く打者の三塁線を抜けるヒットでワンナウト一三塁のチャンスを作る。ここでデビルヤンキース、代打を投入するも、ショートの好プレイに阻まれるが、続く打者の時に、新羽ダイヤモンドダストのワイルドピッチにより、1点の追加点を得る。一方で新羽ダイヤモンドダストは6回に2ベースヒットでランナーを出した後、ショートとセンターの間に落ちるポテンヒットにより1点を返し、最終回にはツーアウトからランナーを出すもあと一本がでず、2対1でデビルヤンキースの勝利。先発加藤は最後まで投げ抜き完投。追加点がなかなか取れず、ロースコアの難しいゲームであったが、デビルヤンキースがなんとかVictoriaリーグ初勝利を飾った。
【相手チームへ一言】
(新羽ダイヤモンドダスト)
(デビルヤンキース)
デビルヤンキース様、対戦ありがとうございました。また対戦の機会があれば、是非ともよろしくお願いします。
まずグラウンド、審判の確保ありがとうございました!ロースコアのゲームで最後まで気の抜けない展開の中、良い緊張感で楽しく試合ができました!またの機会にぜひよろしくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
川崎余熱savers 4 3 デビルヤンキース 4月11日(とんびいけ球場)
武本が先頭打者弾&サヨナラ打!川崎余熱saversが注目の新星対決を制す!!
【試合内容】
1回表、デビルヤンキースは先頭打者小林の左前安打をレフトが後逸し、中継ミスもあり、打者走者が一気に生還。更にランナー1人を置いて3番椎名に2ランホームランが飛び出し、計3点を先制する。1回裏、川崎余熱saversの攻撃、1番武本のバックスクリーンを超える先頭打者弾で1点を返す。3回裏、川崎余熱saversの攻撃、1番武本の右中間を破る2塁打、2番横田の三ゴロの間に、サードが悪送球し、武本が生還し、2-3となる。6回裏、川崎余熱saversの攻撃、3番矢竹が死球で出塁、4番山口の一、二塁間を破る右安打で、無死1.2塁、5番塚本が犠打、1死2.3塁、6番高野の三ゴロの間に矢竹が生還。3-3の同点。7回表、デビルヤンキースの攻撃、2者連続四球で無死1.2塁、しかし、投手矢竹がここを踏ん張り無失点に抑える。7回裏、川崎余熱saversの攻撃も2者連続四球で、無死1.2塁、ここで本日3打数3安打の1番武本に回り、左越サヨナラタイムリーで4-3で川崎余熱saversの勝利。
【相手チームへ一言】
(川崎余熱savers)
(デビルヤンキース)
初対戦でしたがしびれる試合でした。
ありがとうございました。
まず、グラウンド、審判の確保についてありがとうございました!各バッターの振りがとても鋭く、どこからでも点が取れる打線は脅威でした、、、またの機会に対戦をお願い致します!!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
新羽ダイヤモンドダスト 2 11 東雲blossom 4月11日(砧公園)
東雲blossomが11得点の圧勝!新星対決を制し2戦目でVictoria初勝利!!
【試合内容】
東雲blossomは初回、特大ツーベースとホームランを含む3点を先制する。その後も毎回得点を重ねた東雲blossomの完勝となった。
【相手チームへ一言】
(新羽ダイヤモンドダスト)
(東雲blossom)
対戦ありがとうございました。完敗でした。また、デットボールをたくさん当ててしまい申し訳ありませんでした。また機会があれば、よろしくお願いします。
グランドの確保、審判さんの派遣ありがとうございました。
機会があればまたよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
SHIKOH CLUB 6 6 東雲blossom 3月7日(多摩川緑地)
両チーム6本のHRが飛び交う空中戦!両者譲らぬ互角の好勝負はドロー決着!!
【試合内容】
先攻紫光・蒔田(雅)、後攻東雲・小山田の両先発で15時10分に試合開始。1回裏、東雲は秦の先頭打者HRと4番海邉の3ベースヒット、5番高橋のサードゴロエラーなどで2点先制する。2回表、紫光は安藤のHRで1点を返す。さらに3回表、9番村上が出塁し1OUT後2番日沢の1ゴロでランナー入れ代わり、3番蒔田(雅)デッドボールで出塁後、4番矢部のレフトへの2塁打で1点を返し同点になる。3回裏、東雲は1番秦の2打席連続HRで1点勝ち越しする。4回表、紫光は6番安藤の2打席連続HRで同点にする。5回表、1OUT後3番蒔田の内安打から7番渡辺まで5連打で3点勝ち越し。東雲は投手を田中に交代し後続を抑える。5回裏、東雲は1OUT後四球で1塁にランナーおき、2番小澤の2ランHRで2点を返す。紫光は投手を安藤に交代するも、続く3番山崎にもHRを許し同点。6回裏から紫光は投手を矢部に変え、その後両チーム得点無く7回6対6の同点で終わる。両チーム合わせ6ホーマーの乱打線だった。
【相手チームへ一言】
(SHIKOH CLUB)
(東雲blossom)
Lグループ開幕戦の対戦ありがとうございました。
また、対戦する機会がありましたら宜しくお願い致します。
グランドの確保、対戦ありがとうございました。