TOP > Victoriaリーグ3部 supported byファンゴユニフォーム(2021年) > 成績表(Eブロック)
 【 Aブロック 】  【 Bブロック 】  【 Cブロック 】  【 Dブロック 】  【 Eブロック 】  【 Fブロック 】  【 Gブロック 】
 【 Hブロック 】  【 Iブロック 】  【 Jブロック 】  【 Kブロック 】  【 Lブロック 】  【 Nブロック 】  【 決勝トーナメント 】
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 1 0 3 9 5
2 1 0 0 3 3 2
3 1 0 0 3 4 3
4 0 1 0 0 3 4
5 0 1 0 0 2 7
-            
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Eブロック星取表
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7-2
 
 
 
 
 
 

2-3
 
 

2-7
   
 
 
 
 
 
 
 
④ Cabs
 
 
 
 
 
 
 
3-4
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 

4-3
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 

3-2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
紫紺インディアナオスン 3 2 足立JACKASS 4月11日(夢の島運動場)
佐々木が圧巻の17奪三振完投!紫紺インディアナオスンが初陣を白星で飾る!!
【試合内容】
インディアナオスンは初回、千明の本塁打、天野のタイムリーなどで3点を先制する。足立JACKASSは4回に笠井の本塁打、最終回にタイムリーで1点差に詰め寄るも、先発佐々木が3者三振に仕留め、3-2でインディアナオスンが勝利した。先発の佐々木は7回2失点、17奪三振の三振ショーとなった。
【相手チームへ一言】
(紫紺インディアナオスン)
(足立JACKASS)
対戦ありがとうございました。緊張感のある中良いゲームができました。またオープン戦等よろしくお願い致します。
試合のご手配頂きありがとうございました。
また機会があればよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
レインボーオクトパス 4 3 Cabs 4月11日(夢の島運動場)
郡司がサヨナラ押出し死球!レインボーオクトパスが劇的勝利で白星デビュー!!
【試合内容】
Cabs佐古、レインボーオクトパス藤谷の先発で試合開始。2回裏、レインボーオクトパスはタイムリーで1点を先制。一方のCabsは3回表の満塁のチャンスに比留間が走者一掃のタイムリーツーベースを放ち、逆転に成功する。1点差となって迎えた最終回、レインボーオクトパスは一死2,3塁から井上の高いバウンドの内野安打などで同点に追いつく。その後、一打サヨナラの場面となり、最後はレインボーオクトパス郡司が押出し死球を選び、サヨナラで勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(レインボーオクトパス)
(Cabs)
試合当日までバタバタしてしまいましたが、楽しく対戦することができました。攻守ともに良い選手が多く、とても苦戦いたしました。機会がありましたら、またよろしくお願いします。
グラウンドの手配ありがとうございました。
また機会があれば宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
足立シャドーズ 2 7 足立JACKASS 4月4日(柴又野球場)
田口の先制打に高野が完投!足立JACKASSがEブロック開幕戦を白星で飾る!!
【試合内容】
両チーム無得点で迎えた3回、足立JACKASSは8番永吉裕太、9番高野、1番木村太の3連打で満塁として、3番田口の走者一掃のセンターオーバータイムリーツーベースで先制。さらに続く4回、先頭の内山のスリーベースをきっかけに2番奥平、3番田口の連続ツーベースヒットなどでこの回4得点。投げては高野が6回2失点と試合を作った。
【相手チームへ一言】
(足立シャドーズ)
(足立JACKASS)
 
試合のご手配頂きありがとうございました。
また機会がありましたら是非お願いします。