TOP > Victoriaリーグ3部 supported byファンゴユニフォーム(2021年) > 成績表(Hブロック)
 【 Aブロック 】  【 Bブロック 】  【 Cブロック 】  【 Dブロック 】  【 Eブロック 】  【 Fブロック 】  【 Gブロック 】
 【 Hブロック 】  【 Iブロック 】  【 Jブロック 】  【 Kブロック 】  【 Lブロック 】  【 Nブロック 】  【 決勝トーナメント 】
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 13 6
2 1 0 0 3 9 6
3 0 1 0 0 5 6
4 0 1 0 0 6 9
5 0 1 0 0 1 7
-            
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Hブロック星取表
   
 
 
 
 
 

5-6
 
 
 
 
② KAJIYA
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
③ Hustler
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
④ JOKER
 
 
 
 
 
 
 
1-7
 
 
 
 

6-5
 
 
  
 

7-1
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9-6
⑦ WILLYZ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

6-9
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
市川ホーネッツ 7 1 JOKER 4月18日(江戸川河川敷)
宗形が決勝弾&ダメ押し弾!市川ホーネッツが開幕2連勝で首位浮上!!
【試合内容】
前日夜の豪雨の影響で試合時間30分遅れで市川ホーネッツ先攻、JOKER後攻で試合開始。1回表、市川ホーネッツは先頭の上田がセンター前、2番増田がレフト前、3番押川が死球で相手投手の立上りを攻めノーアウト満塁とすると、4番橋本(兄)が犠飛、5番宗形が右中間を破る2点タイムリー二塁打で3点を先制。2回裏JOKERは、6番レフト前、7番二塁打でノーアウト2,3塁から8番の内野ゴロの間に1点を取り返す。3回表、市川ホーネッツは1アウト走者なしから4番橋本(兄)が右中間に二塁打、ワイルドピッチで進塁、5番は倒れ二死三塁とする。ここで相手捕手が投手へ返球する間にホームスチールを決め、貴重な追加点を足で稼ぐ。市川ホーネッツ先発橋本(弟)は緩急を織り交ぜて3イニングを1失点。4,5回は宗形がマウンドに上がる。5回裏JOKERは、一死後に1番が死球、2番がライト前と続く。宗形は3番をピッチャーフライに打ち取り、4番の打球はセンター前に強烈なライナーとなるも、これを小林がダイビングキャッチ、ビッグプレーで無得点に抑える。6回表、5番宗形がレフトオーバーのソロ本塁打、6番小林四球、7番橋本(弟)がレフト前ヒットで繋ぎ、相手投手が降板。二番手投手がマウンドに上がるも8番佐藤がセンターオーバーのタイムリー二塁打を放ち追加点。6,7回を橋本(兄)が抑えて、市川ホーネッツの勝利。
【相手チームへ一言】
(市川ホーネッツ)
(JOKER)
JOKER様試合前のグラウンド整備のお手伝いをありがとうございました。何とか7回まで試合ができました。決してグラウンド状態の良くない中、エラーも少なくしまった試合ができました。是非次の機会がございます時は宜しくお願い申し上げます。
グランドコンディションは最悪でしたが、いろいろと手配してくださりありがとうございました!またお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
東光野球部B 9 6 WILLYZ 4月11日(三番瀬公園)
東光野球部Bが序盤に9得点!WILLYZの猛反撃を受けるも逃切り勝利!!
【試合内容】
東光野球部Bは1回、2回と打線が繋がり6点を先制。その後も4回に3点追加し有利に試合も進む。しかし、4回裏の投手交代をきっかけに東光野球部Bリリーフ陣が大乱調で5つの四死球などでWILLYZが6点を取り返すビッグイニングに。それでも何とか東光野球部Bが逃げ切り、時間切れの5回表裏で終了。
【相手チームへ一言】
(東光野球部B)
(WILLYZ)
本日は対戦有難う御座いました。
また何か御座いましたら宜しくお願い致します。
本日は対戦ありがとうございました。また、グラウンドと審判さんの手配も助かりました。もし、機会がありましたら是非、再戦をお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
市川ホーネッツ 6 5 フロンティア 4月4日(江戸川河川敷)
5番宗形が決勝打!市川ホーネッツがフロンティアに競り勝ち白星発進!!
【試合内容】
市川ホーネッツ先攻、フロンティア後攻で試合開始。フロンティア先発近藤は初回、ヒットを許すも無失点に抑える。1回裏、フロンティアは2四死球とヒットで満塁のチャンスを作り、押出し四球で1点先制。2回表、ホーネッツは2アウト走者なしから7番細原、8番橋本弟、9番関根の連続安打で2点。2回裏フロンティアも死球盗塁で1アウト2塁から2番タイムリーで1点を返し同点。3回表、2走者なしから4番橋本兄がレフトオーバーのHR、5番宗形、6番小林の連続2ベースヒットで追加点、ホーネッツが4-2と突き放す。3回裏、フロンティアも1点取り返す(4-3)。5回表、ホーネッツは1アウトから3番中島、4番橋本兄、5番宗形の3連打で2点追加(6-3)。最終回7回裏、フロンティアはヒット、四球、ワイルドピッチ、盗塁で2アウト2,3塁とすると、3番逆井の高いバウンドのファーストゴロの間に2塁ランナー小川が好走塁でホームを陥れ2点を返す。1点差に迫るも最後は4番谷口が倒れて、6-5でホーネッツが勝利。
【相手チームへ一言】
(市川ホーネッツ)
(フロンティア)
派遣審判が道に迷い、不在のまま急遽私達で主審を務めるというご迷惑をお掛けしすみませんでした。又機会がございましたら対戦を宜しくお願い致します。
球場の手配から審判まで、手配いただきありがとうございました。なかなか隙がなく点差より差を感じた試合でした。また是非よろしくお願いします。