TOP > Victoriaリーグ3部(2018年) > 成績表(決勝トーナメント)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
※ 各ブロック上位チームが決勝トーナメント進出
ワイルドカード枠 →【順位確定について】
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
セカンドステージ 3 2 若葉 9月16日(大宮健保)
瑞慶山がサヨナラ打!新星セカンドステージが激戦を制し2回戦進出!!
【試合内容】
若葉先攻、セカンドステージ後攻で始まった試合。1回から3回まで両チームチャンスを作るも無得点で進む。試合が動いたのは4回、二死から若葉は小畑がエラーで出塁すると、続く原の打球がファーストのエラーを誘い1点を先制する。その後1-0で迎えた7回裏セカンドステージの攻撃、連続四球でチャンスを作り1死2、3塁とするとセカンドゴロの間に同点。そのままサドンデスに入る。8回表、若葉は相手エラーで1点を勝ち越す。その裏若葉は2番手富田にスイッチ。しかし、先頭の瑞慶山に左中間を破られ万事休す。セカンドステージが3-2でサヨナラ勝ちを収めた。
(詳しくは近日公開の取材記事&試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(セカンドステージ)
(若葉)
宍倉様、この度は迅速にご対応ありがとうございました。若葉の皆様遠征ありがとうございました。また宜しくお願い申し上げます。
ご対戦ありがとうございました。グランド手配等ありがとうございました。完全に力不足でした。また1から鍛え直してきます。これからも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
黒百合 6 0 葛飾セブンBBC 9月16日(秋ヶ瀬東信)
高津が完封シャットアウト!黒百合が初の決勝Tを快勝で飾る!!
【試合内容】
先攻葛飾セブン・西條、後攻黒百合・高津の先発で試合開始。葛飾セブンは初回、先頭が失策で出塁するも無得点。その裏、黒百合は葛飾セブン先発西條の立ち上がりを攻め、先頭堀がライト前ヒットで二塁まで行き、2番出口のライト前ヒットで先制点。その後失策とパスボールで2点追加。2回裏、黒百合は出口の犠飛で1点追加。3回表、葛飾セブンは田中、西條の連打でチャンス作るも後続が続かず無得点。黒百合は4回堀、5回武藤のタイムリーで追加点。葛飾セブンは黒百合先発高津の前に散発の3安打に抑えられ完封負け。6対0で黒百合が勝利した。
【相手チームへ一言】
(黒百合)
(葛飾セブンBBC)
佐野間様タイトなスケジュールのありがとうございました。また、宜しくお願いします。
野田さま、チームの皆様、本日は誠にありがとうございました。EnjoySundayさせて頂きました。是非とも神宮行きを決めてください。陰ながら応援しております。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BOZZ 2 3 Super New 9月16日(光が丘公園)
柿間が劇的サヨナラ弾!SuperNewがシーソーゲームを制し初戦突破!!
【試合内容】
BOZZ先攻、Super New後攻で試合開始。1回は両者ランナーを出すも無得点。試合が動いたのは2回裏、Super Newはヒットや四球で1死満塁のチャンスを作ると押し出し四球で1点を先制。続く1番大島の右飛球もライトの好返球で本塁タッチアウトになり追加点はならず。3、4回両者ランナーを出しながらも無得点。5回表BOZZの攻撃、ランナーなしから9番嵯峨がレフトに運ぶソロHRで同点に追いつく。しかし5回裏、Super Newは1番大島からの3連打ですぐさま1点勝ち越し。そのままゲームが進み、7回表BOZZの攻撃、この回先頭の9番嵯峨が再びレフトに運ぶHRを放ち土壇場で同点に追いつく。2-2の同点で迎えた7回裏、Super Newは先頭の2番柿間が初球を叩き、レフトへのサヨナラHRで劇的な勝利となった。
【相手チームへ一言】
(BOZZ)
(Super New)
非常に緊迫した試合でした。中々、経験できる試合ではないので勉強になりました。また機会ありましたらよろしくお願いします。調整ありがとうございました。
グラウンド・審判の手配ありがとうございました。終始、緊張感のある良いゲームができて楽しかったです。またよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ガンジーズ 1 4 横浜ゴーヘッズ 9月9日(大井ふ頭公園)
徳永の逆転打に松本の完投!横浜ゴーヘッズが快心の逆転勝利!!
【試合内容】
1回表、ゴーヘッズはガンジーズ先発の高田投手に三者凡退に抑えられる。その裏、ガンジーズは1番丸山選手が失策で出塁すると、2番小山選手が中越2塁打を放ち、無死1-3塁とゴーヘッズ先発松本投手の立ち上がりを攻める。3番高田選手が三振に倒れ、続く4番西島選手の遊ゴロは前進守備をしいたゴーヘッズ遊撃手加藤が上手く捌き、三塁走者を本封する。しかし、この後が無くなった場面で、5番志村選手が中前に運び、先制点をあげた。その後は、両先発投手が力投し、相手打線を完璧に封じ込め、得点に動きがないまま最終回へ。ゴーヘッズは、2番から始まる好打順。逆転勝利に望みを繋げ反撃を見せる。佐藤選手、深澤選手が死四球で出塁すると、4番中村選手が左前安打で繋ぎ、5番徳永選手の一打に試合の行方を託す。このプレッシャーのかかる場面で、徳永選手は見事に期待に応える。左方向へ弾き返した打球は、ガンジーズ左翼手の頭上を越え、打球が転々とする間に打者走者の徳永選手も本塁生還する満塁本塁打となり、ゴーヘッズは土壇場で逆転に成功した。最後は、松本投手がガンジーズ打線をキッチリ抑えゲームセット。ゴーヘッズが逆転勝利を納めた。
【相手チームへ一言】
(ガンジーズ)
(横浜ゴーヘッズ)
 
グラウンドの手配にあたりましては、お気遣いいただきありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MilkyWave 2 2 CHUYANS+ 9月9日(光が丘公園)
CHUYANS+がジャンケン決着を制す!昨年3位の若武者が2回戦へ!!
【試合内容】
MilkyWave先攻、CHUYANS+後攻で試合開始。2回表にMilkyWaveがCHUYANS+小澤投手からソロホームランで1点を先制するも、3回裏にCHUYANS+が3番、4番のタイムリーで2点を取り逆転に成功する。続く4回表、再びソロホームランが飛び出しMilkyWaveが同点に追いつく。その後は両チーム得点できず、最後は時間切れ引き分けとなりジャンケン決着に。ジャンケンを制したCHUYANS+が2回戦に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(MilkyWave)
(CHUYANS+)
この度はご対戦ありがとうございました。
またの機会がございましたらよろしくお願いいたします。
MilkyWaveの皆様、毎度良い試合をありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Albatross 0 10 Brightness 9月9日(野毛町公園)
エース柿崎の完封に打線が大爆発!Brightnessが力の差を見せつけコールド発進!!
【試合内容】
先攻のBrightnessは、Alnatoross先発豊岡から1番八木、2番片桐翔、3番片桐六の3連打で2点を先制する。3回にも1、2番が出塁し3番片桐六がタイムリーで加点、5番古市、8番小北にもタイムリーが出て、打者一巡にエラーも絡み4点を追加。攻撃の手を緩めないBrightnessは4回、3番片桐六の2ランホームラン、6番石岡の2ランホームランで4点を奪い10点差をつける怒涛の攻撃。投げては、柿崎がAlbatross打線を被安打2に抑え完封。打線は10安打10得点。片桐六が3安打5打点の活躍。投打がしっかりと噛み合い4回コールド勝ちになった。
【相手チームへ一言】
(Albatross)
(Brightness)
対戦ありがとうございました。レベルの違いを見せつけられた試合でしたが、チーム力に加え点差が付いても野次も無くだれる事ない試合運びに完敗です。悔しいですが、気持ち良く負けました!優勝して下さい。
対戦ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
神奈川インフィニティ 2 5 RADIX 9月2日(潮田公園)
遠藤の逆転打に萬年のダメ押し弾!新星RADIXが1位通過の実力を証明!!
【試合内容】
先攻神奈川インフィニティ、後攻RADIX。初回は両チームとも無得点。試合が動いたのは2回の表インフィニティの攻撃、ツーアウトから6番酒井がレフト柵越えのソロホームランを放ち1点を先制。更に4回には8番のライトへのタイムリーヒットで1点を追加。その裏、RADIXも反撃開始!3番萬年が四球で歩かされ、4番幸田のエンドランが成功し1.2塁のチャンス。ここで5番天野の送りバントの処理を野手がミスをして一気に2人帰り同点に追いつく。続く6番荒井の送りバントが成功し3塁に逆転のランナーをおいて、7番遠藤がレフトへきっちり犠牲フライを打ち2-3と逆転に成功。ここから流れは少しRADIXに傾き始める。反撃に出たいインフィニティであったが、相手の好投手に抑えられなかなか得点できず。6回の裏には先頭3番萬年のライト柵越えのソロホームランと6番荒井のスクイズでこの回2点を追加して勝負を決めた。2-5でRADIXが勝利した。
【相手チームへ一言】
(神奈川インフィニティ)
(RADIX)
遠いところからお越し頂きありがとうございました!投打共に素晴らしいチームでした!優勝目指して頑張ってください!
神奈川インフィニティの皆様、グランド、審判の手配等ありがとうございました。皆さんのマナーもよく引き締まった試合で楽しく野球が出来ました。また練習試合等、よろしくお願い致します。