TOP > Victoriaリーグ3部(2018年) > 成績表(Fブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 3 0 1 10 32 6
2 3 1 1 10 34 11
3 3 1 0 9 25 13
4 1 3 0 3 12 38
5 0 1 0 0 1 11
6 0 4 0 0 6 31
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
th="90" height="50" bgcolor="#333333"> 
Fブロック星取表
 
4-3

0-5

8-1

13-4
 
② 若葉

3-4
 
4-4

6-2

10-0

11-1

5-0

4-4
 
11-0

12-2
 
④ SINGHA

1-8

2-6

0-11
 
3-6
 

4-13

0-10

2-12

6-3
   
 

1-11
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
若葉 6 2 SINGHA 7月22日(奥戸球場)
【本部コメント】
決勝トーナメント進出は未確定!若葉が勝ち点を10に積み上げ全試合終了!!
【試合内容】
SINGHA先攻、若葉後攻で始まった試合。初回は両チーム無得点。若葉は2回裏、ヒットとフォアボールで満塁のチャンスを作ると、押し出しとセカンドゴロの間に2点を先制する。3回表SINGHAは四球で出塁し、タイムリースリーベースで1点返し、さらにショートゴロの間に同点にする。4回裏、若葉は田中、小畑でチャンスを作ると8番伊藤のタイムリー、富田のツーランエンドランで3点を取り勝ち越しする。5回裏にも小川のタイムリーで追加点を挙げ、若葉が6-2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(若葉)
(SINGHA)
対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
試合のご手配ありがとうございました。
またご対戦させていただけますと幸いです。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SINGHA 1 8 岡島ベースボールクラブ 7月15日(東調布公園)
【本部コメント】
岡島BBCが3連勝を飾り2位浮上!SINGHAは3投手継投も実らず3連敗!!
【試合内容】
先攻岡島ベースボールクラブ先発坪木・後攻SINGHA先発前田で試合開始。1回表SINGHAは1番大谷がヒットで出塁後、1アウト2,3塁のピンチも岡島ベースボールクラブは守備で守り切り先制を阻止。2回裏に岡島ベースボールクラブがヒット・四球からチャンスを作り7,8番の連打で2点先制。4回からSINGHA前田から大谷に交代すると連続四死球の後、この回3点を追加し、以降も岡島ベースボールクラブが点数を加算。SINGHAは、6回裏になんとか1点を返すも、8-1で岡島ベースボールクラブの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(SINGHA)
(岡島ベースボールクラブ)
ご対戦ありがとうございました。完敗しました。またご対戦頂けるように練習します。遠方より調整頂きありがとうございました。
球場・審判手配ありがとうございました。暑さも和らいだ夕方からで良かったです。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
若葉 10 0 宮崎オールスターズ 7月15日(市川橋上流)
【本部コメント】
宍倉、遠藤のHR等で10得点!強打の若葉打線が圧巻のコールド勝ち!!
【試合内容】
宮崎オールスターズ先攻、若葉後攻で始まった試合。若葉は初回1死1塁で宍倉のレフトオーバーのホームランで先制し、なおチャンスを作り一挙3点を先制する。2回、3回にも遠藤のホームランなどで5点を挙げる。宮崎オールスターズも5回6回と満塁のチャンスを作るもあと一本が出ない。6回裏若葉は伊藤のヒットでチャンスを作り、6番小畑のセンターオーバータイムリーヒットで10点目が入りゲームセット。若葉が10-0で6回コールド勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(若葉)
(宮崎オールスターズ)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アスリーツ 11 0 SINGHA 7月15日(市川橋上流)
【本部コメント】
ベテラン中野が流石の投球術で完封!打線爆発のアスリーツが首位を守る!!
【試合内容】
先月の雨天中心仕切り直しの一戦。先攻のアスリーツは先頭の石川弘が右安から3進すると内野ゴロの間に生還し先制。その裏、SINGHAは3番影山が右安にて出塁も無得点。2回は両チーム無得点であったが3回表アスリーツは佐々木の本塁打などで一挙5点、先発の大谷を攻める。アスリーツ先発の中野は4回を投げて無失点、6奪三振の内容。試合はその後アスリーツが加点し勝利となった。
【相手チームへ一言】
(アスリーツ)
(SINGHA)
殺人的な暑さのなか、ご苦労様でした。試合が終わった時の達成感を共有することができて光栄にございました。また対戦する日を楽しみにしております。
急なご調整にもかかわらずご対戦頂き、ありがとうございました。また、球場手配などすべてご対応頂き、ありがとうございます。練習して出直してきます。またご対戦頂けますと幸いです。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
若葉 4 4 アスリーツ 7月1日(江戸川区球場)
【本部コメント】
アスリーツの独走に待った!若葉が土壇場で追いつき両者痛み分け!!
【試合内容】
梅雨明けが発表された関東地方。気温は30℃を優に超えている。先発は若葉伊藤とアスリーツ中野。先攻のアスリーツは初回2死ながら東野がレフトに運び先取点。若葉は3回裏、1死2.3塁から伊藤、富田の連続タイムリーなどで一挙に逆転。アスリーツは5回にヒットと犠牲フライ、若葉守備陣の乱れで逆転するという目まぐるしい展開。最終回、中野からスイッチした光森が先頭2連続四球を出してしまい、若葉は2死ながら2,3塁のチャンス。これを伊藤の内野野選にて同点に戻したところでタイムアップ。お互い素晴らしいプレーもあったが拙いプレーもあり、両者痛み分けの形となった。
【相手チームへ一言】
(若葉)
(アスリーツ)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら是非宜しくお願い致します。
素晴らしい球場にて対戦する機会を得て、メンバー一同感謝の気持ちでいっぱいです。皆さんのレベルも非常に高く得点、失点に一喜一憂する楽しい試合ができました。
またよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
若葉 3 4 岡島ベースボールクラブ 6月17日(江戸川区球場)
【本部コメント】
岡島BBCが上位対決を制し2位浮上!黒星スタートからの2連勝!!
【試合内容】
先攻若葉、後攻岡島ベースボールクラブで試合開始。先制したのは岡島ベースボールクラブ。2回裏、6番鈴木(怜)が四球で出塁後に、連打で3点、押し出しで1点を入れ、4点を先制をする。対する若葉は3回表、先頭8番石山が3ベースヒットで出塁し、森本がセンターへの犠牲フライを放ち1点を返す。若葉は4回表にも岡島ベースボールクラブのミスからチャンスを作り、森本の2点タイムリーで1点差に迫る。しかし5回、6回も若葉がチャンスを作るも追撃も及ばず。なんとか4-3で逃げ切った岡島ベースボールクラブが勝利となった。
【相手チームへ一言】
(若葉)
(岡島ベースボールクラブ)
対戦ありがとうございました。また鍛え直してきます。
是非機会があればよろしくお願い致します。
球場、審判手配ありがとうございました。緊張感ある接戦でした。次対戦したら結果は変わっているかもしれません。次対戦できる日まで私たちも精進していきたいと思います。是非またよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アスリーツ 12 2 宮崎オールスターズ 6月17日(市川橋上流)
【本部コメント】
アスリーツ打線爆発!終盤の集中打でコールド勝ちを収め2勝目を飾る!!
【試合内容】
先攻の宮崎オールスターズは土屋が先発。後攻のアスリーツは光森が先発。試合は1回裏に動く。四球の石川弘がノーヒットで帰りアスリーツが1点先取。2回は両投手が好投し無得点。そして3回裏、アスリーツは土屋投手を攻略できないものの、エラーや振り逃げなどで2点を追加する。すると4回表、宮崎オールスターズは鈴木優のタイムリーで1点、5回表にも高橋が生還し1点差とする。しかし、5回裏アスリーツ打線が爆発し一挙6点。さらに6回裏、3点を追加した時点でコールドゲーム成立。最後は点差が開いてしまったものの途中までは1点差の素晴らしい試合であった。
【相手チームへ一言】
(アスリーツ)
(宮崎オールスターズ)
対戦ありがとうございました。野球を通じて貴重な時間を過ごすことができました。また機会がありましたら是非よろしくお願いいたします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
若葉 11 1 EIGHT baseball academy 5月27日(江戸川区球場)
【本部コメント】
若葉がコールド発進!注目の新星EIGHTを下し首位スタート!!
【試合内容】
EIGHT baseball academy先攻、若葉後攻で始まった試合。若葉は2回裏ニ死満塁からエラーとヒットで先制すると、宍倉、小川の三塁打、二塁打で一挙6点を挙げる。4回、5回にも追加点を挙げると、投げては豊島が4回無失点の好投で試合が進む。EIGHT baseball academyは6回表に押し出しで1点を挙げる。その裏、若葉は一死2、3塁で7番石山のライトオーバーが飛び出し勝負あり。若葉が11対1で6回コールド勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(若葉)
(EIGHT baseball academy)
ご対戦ありがとうございました。
また機会があれば是非宜しくお願い致します。
完全に力負けでした。
ぜひまた機会がありましたらよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
岡島ベースボールクラブ 13 4 宮崎オールスターズ 5月20日(東綾瀬公園)
【本部コメント】
岡島BBCが2位浮上!坪木の投打の活躍で今季初白星を掴む!!
【試合内容】
先攻岡島ベースボールクラブ先発坪木、後攻宮崎オールスターズ先発北川で試合開始。2回まではお互いの先発投手が持ち味を発揮し、0行進で試合が進む。試合が動いたのは3回表岡島ベースボールクラブの攻撃、ノーアウト1塁から3番馬場のホームランで2点を先制し、4番飯塚が四球で出塁後、5番古賀の3ベースで2点追加。その裏、宮崎オールスターズも2番高橋の内野安打が相手のミスを誘い、1点を返し、その後もエラーが出て2点を返す。4回表に入り、宮崎オールスターズはピッチャーを奈良にスイッチ。すると岡島ベースボールクラブは代わりっぱなを叩き、坪木の3ランを含む打者一巡の攻撃で9点のビッグイニングとなる。その裏、宮崎オールスターズは8番嶋村のタイムリーなどで2点を返すも反撃もここまで。試合を終始有利に進めた岡島ベースボールクラブが13-4で勝利した。
【相手チームへ一言】
(岡島ベースボールクラブ)
(宮崎オールスターズ)
対戦頂きありがとうございました。
また機会がありましたら是非お手合わせお願いいたします。
グランド手配、審判手配すべて行って頂き誠にありがとうございました。また対戦する機会がございましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
宮崎オールスターズ 6 3 SINGHA 4月29日(大宮健保)
【本部コメント】
エース土屋が完投勝利!宮崎オールスターズがデビュー戦を白星で飾る!!
【試合内容】
先攻宮崎オールスターズ、後攻SINGHAで試合開始。1回裏、フォアボールとエラーで、SINGHAは1点を先制。宮崎オールスターズは2回表に7番久保のランニング3ランHRで逆転。さらに3回表にも4番中台陸斗のセンターオーバーランニング2ランHRが飛び出し試合を優位に進める。一方SINGHAも3回裏に井筒のホームランで1点を返す。その後、宮崎オールスターズは4回にも1点を取る。SINGHAはフォアボール等でランナーは進めるものの、肝心の場面で1本が出ず、6回に1点を返すものの、3-6で宮崎オールスターズに軍配が上がった。投げては、エース土屋が7回125球3失点で完投勝利。
【相手チームへ一言】
(宮崎オールスターズ)
(SINGHA)
わざわざ遠いところからお越しくださいまして誠にありがとうございました。また宜しくお願い致します。
ご対戦頂きありがとうございました。また、球場手配等、各種ご準備頂きまして、ありがとうございました。負けてしまい残念でしたが、とても楽しい野球をさせて頂きました。もし宜しければ、是非またお手合わせ願います。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アスリーツ 5 0 岡島ベースボールクラブ 4月1日(市川橋上流)
【本部コメント】
ベテランエース中野が今年も絶好調!アスリーツが開幕戦を完封で飾る!!
【試合内容】
試合は先攻アスリーツ中野、後攻岡島ベースボールクラブ坪木の先発で始まった。1回表、先頭打者石川(弘)選手のヒットで出塁、2番佐々木選手が四球を選び、3番石川(貴)選手の送りバントで1アウト2,3塁も岡島ベースボールクラブが死守し0点に抑える。対するアスリーツもその裏、1死2,3塁のチャンスを作るも無得点。岡島ベースボールクラブは2回にも坪木の右中間への2塁打から1死3塁のチャンスメイク。しかしここも中野が抑え、序盤は投手戦に。試合が動いたのは5回表、アスリーツは2死から秋吉が出塁すると、伊藤考の内野安打と石川弘のタイムリーにて先取。さらに6回にも3点の追加点をあげ、アスリーツが5対0で逃げ切った。点差は最後は開いてしまったが実力差は全くない好ゲームとなった。
【相手チームへ一言】
(アスリーツ)
(岡島ベースボールクラブ)
昨年に続き対戦ありがとうございました。緊張感漂う素晴らしい試合でした。またよろしくお願いいたします。
吉野様、チームの皆様。昨年に引き続き、ありがとうございました。打線の弱さが出てしまい…チャンスを作ることなく終わってしまいました。また次回機会がありましたらよろしくお願いいたします。