TOP > Victoriaリーグ3部(2018年) > 成績表(Cブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 4 1 1 13 26 13
2 4 1 0 12 29 16
3 3 1 1 10 38 13
4 2 2 1 7 24 9
5 1 3 0 3 13 40
6 0 3 1 1 7 28
7 0 3 0 0 7 25
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Cブロック星取表
 
1-10

4-8

2-10

0-0
 
 

10-1
 
4-4

8-4

2-3
 

14-1

8-4

4-4
 
0-1

4-1

6-0

4-3
④ RADIX

10-2

4-8

1-0
 
3-0

11-6
 

0-0

3-2

1-4

0-3
 
20-0
 
 
 

0-6

6-11

0-20
 
7-3
⑦ ecohai
 

1-14

3-4
 
 

3-7
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Brightness 8 4 芝浦オールスターズ 7月22日(多摩川緑地)
【本部コメント】
片桐(翔)が2打席連発!Brightness首位浮上も決勝Tは他チームの結果次第!!
【試合内容】
先攻ブライトニス、後攻芝浦オールスターズで試合開始。ブライトニスは3回に1番柳田の2ランで先制する。しかしその裏、先発の高橋雄が2ランで同点に追いつかれる。追いつかれたブライトニスは4回に7番石岡のタイムリーなどですぐさま2点を奪う。しかしまたも2ランで同点で追いつかれる。点の取り合いになった中盤だが、5、6回に2番片桐翔の2打席連続本塁打で一気に突き放し、ブライトニスの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(Brightness)
(芝浦オールスターズ)
対戦ありがとうごさいました。
今後ともよろしくお願いします!
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RADIX 3 0 Heartland1844 7月16日(篠崎公園A)
【本部コメント】
天野が2戦連続の完封勝利!RADIXが黒星スタートからの4連勝で首位へ!!
【試合内容】
RADIXは天野、Hartland1844は長谷川、両エース、首位の座をかけての大一番!予想通りの白熱した投手戦い!試合が動いたのは2回裏のRADIXの攻撃、中田がセンター前ヒットで出塁すると天野のレフトオーバーで1点、更に大河原のセンター前ヒット、相手のエラーも絡みこの回2点を先制。更に4回にも中田の安打とワイルドピッチで1点追加。反撃したいHartland1844は7回表、緑川がノーアウトで四球を選び、鬼塚、田中の連打で1点を返すも時間切れで試合終了。3対0でRADIXの勝利。投げてはRADIX天野が先週に続き2試合連続完封勝利となった!!!
【相手チームへ一言】
(RADIX)
(Heartland1844)
Hartland1844の皆さんへ、暑い中お疲れ様でした。わざわざ遠方より来ていただいてありがとうございました。白熱した内容でとても楽しませて頂きました。また練習試合等、よろしくお願い致します。
今回はグラウンドの変更、審判さんの手配などRADIX様と密なやり取りをさせて頂き、有難うございました。白熱した良いゲームで非常に楽しかったです。是非練習試合などこれからも宜しくお願い致します。 ハートランド1844 一同
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RADIX 1 0 Brightness 7月8日(東綾瀬公園)
【本部コメント】
伊藤が投手戦に終止符!唯一のヒットが決勝打となりRADIXが3位浮上!!
【試合内容】
Brightnessは勝てば単独首位。RADIXは負ければ決勝トーナメント進出が厳しくなる両者ともに絶対に譲れない大事な一戦。Brightnessは柿崎、RADIXは天野の両チームの絶対的エースの投げ合い!!! 4回までは白熱した投手戦。ゲームが動いたのは5回裏のRADIXの攻撃。1アウトから7番大河原が振り逃げで出塁。そこから盗塁を決め8番小松が四球を選び、1.2塁のチャンスで9番、荒井がバントを試みるもスリーバント失敗。ここで1番伊藤が球に逆らわずきれいにレフトに返し貴重な1点を1安打でもぎ取る。結局これが値千金の決勝打となりRADIXが勝利した。
【相手チームへ一言】
(RADIX)
(Brightness)
Brightnessの皆さんへ、すごく緊張感のあるゲームでどちらが勝ってもおかしくないゲーム内容でした。また練習試合等、お願い致します。
ありがとうございました!緊張感のある試合楽しかったです。
またよろしくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ecohai 3 7 スーパースターズ 7月8日(城北公園)
【本部コメント】
勝負を決めた場外弾!共に初勝利を懸けた戦いはスーパースターズに軍配!!
【試合内容】
先攻ecohai、後攻スーパースターズで試合開始。ecohaiは1回表に内野ゴロの間に1点、さらに4番生方のツーランHRで3点を先制する。その裏スーパースターズは近藤のタイムリーツーベースなどで2点を返すと、2回には小木曽の2点タイムリーで逆転に成功する。ecohaiは毎回のようにヒットを放ちランナーを溜めるが、三浦が粘りのピッチングをみせる。その後お互いの投手が粘りのピッチングをみせ、試合は膠着状態へ。しかし6回裏、スーパースターズに試合を決定づける大菅のツーラン場外ホームランが飛び出し勝負あり。スーパースターズが7対3で勝利。
【相手チームへ一言】
(ecohai)
(スーパースターズ)
楽しく試合が出来ました。有難うございました!
また宜しくお願いします。
グラウンドや審判の手配などありがとうございました。
また機会がありましたら是非ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ecohai 1 14 インソムニアスターズ 6月24日(小豆沢野球場)
【本部コメント】
好調インソムニア打線!2戦連続の二桁得点で新星ecohaiを圧倒し首位へ!!
【試合内容】
ecohai先攻、インソムニアスターズ後攻で試合開始。1回表にecohaiが先頭打者の安打を皮切りに1点先制したものの、その後の流れが作れず。対するインソムニアスターズは2回、3回、4回と小刻みに点を重ね逆転に成功し、5回に打者一巡の猛攻で一挙10得点。インソムニア先発秋山が6回1失点と、強力エコハイ打線を初回の1失点に抑え込み、14対1でインソムニアアスターズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ecohai)
(インソムニアスターズ)
当チームにとって、とても勉強になる試合でした。
有難うございました!
ご手配ありがとうございました。
また機会ありましたらお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Brightness 6 0 スーパースターズ 6月24日(八潮北公園)
【本部コメント】
エース柿崎が完封シャットアウト!Brightnessが3連勝を飾り首位奪還!!
【試合内容】
先攻スーパースターズ、後攻ブライトニスで試合開始。初回、スーパースターズは2死満塁の好機を作るも無得点。その裏ブライトニスは、ヒット、四球で無死満塁のチャンスを作ると、4番片桐六のタイムリーなどで3点を先制。ブライトニスは2回にも得点圏にランナーを進め、相手のエラーで加点。さらに6回にもダメ押しの2点を奪う。投げては先発の柿崎が初回こそピンチを招くも無失点に抑え、その後は危なげなく7回を被安打4奪三振8の完封。ブライトニスが6対0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(Brightness)
(スーパースターズ)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします!
審判やグラウンドの手配などありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RADIX 11 6 スーパースターズ 6月3日(大宮健保)
【本部コメント】
4HRが飛び交う空中戦!RADIXが壮絶な打ち合いを制し2連勝!!
【試合内容】
先攻はスーパースターズ、守るRADIXの先発投手は阿部。いきなり先頭打者、先頭打者近藤がセンターオーバーのスリーベースで出塁。続く2番嶺井のセカンドゴロの間にあっさり1点先取。その裏RADIXの攻撃、スーパースターズの先発投手は三浦。先頭、中野が死球で出塁し、すかさず盗塁を決める。林が倒れるもここから伊藤、阿部が連続四球で1死満塁。ここで5番國嶋がセンターオーバーの走者一掃のスリーベースを放ち3対1と逆転。続く6番幸田もきっちりレフトに返しこの回4点。2回表は先頭、小木曽がセンターオーバーのスリーベースで出塁。続く津嘉山が倒れるも8番下家がライト前のヒットで1点を返す。その裏、RADIXは三者凡退。3回表もスーパースターズがじわじわ追い上げを見せる!先頭、近藤が倒れも2番嶺井がライトへのホームランで1点差に詰め寄る。その裏、先頭3番伊藤が四球で出塁し、すかさず盗塁を決める。4番阿部はセンターフライに倒れる。5番國嶋の打席で伊藤が三盗を決めて、セカンドゴロの間に貴重な1点を追加。ここまで5対3とまだどっちに転ぶかわからないゲーム展開に...4回は1アウト1塁からスーパースターズは投手交代。両チーム共に無得点。5回はこの日当たってる先頭打者、近藤がレフトへホームランを放ち、またもや1点差に詰め寄る。その裏、先頭4番阿部がレフト前で出塁。そしてこの日のキーマン5番國嶋が2試合連続となるライトへの2ランホームランで追いつかれそうな場面で突き放す。6回の表は無得点に終わる。その裏スーパースターズは投手交代。先頭、中野は倒れるも続く林がヒットで出塁し、伊藤がレフトフライに倒れる。ここから4番阿部、5番國嶋が連続四球でこの日、1番から6番に落とされた幸田が意地を見せレフトへ満塁ホームランを放ち11点目。これで勝負ありと思いきや最終回、スーパースターズも意地を見せる!先頭、9番の大菅が倒れるも絶好調の1番近藤がレフト前ヒットで出塁し、2番嶺井がセンターオーバーのスリーベースで1点を返す。更に3番三浦もヒットを打ち1点を返す。3連打で息を吹き返したいスーパースターズ。RADIX阿部も何とか最後の力を振り絞って投げる。4番小関が三振、5番吉原がライト前に運び出塁、連打でおせおせでいきたいところだったが最後は小木曽が三振に倒れゲームセット。両チーム合わせて4本塁打、15安打と見応えのあるゲーム内容だった。
【相手チームへ一言】
(RADIX)
(スーパースターズ)
スーパースターズの皆さんへ、気持ちのいい打ち合いで緊張感あるハラハラドキドキした試合でした。また練習試合等、よろしくお願い致します。ありがとうございました。
この度はグラウンド、審判様の手配を含め、色々とありがとうございました。緊迫した展開もあり、非常に勉強させていただきました。練習試合など、今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
芝浦オールスターズ 2 10 RADIX 5月27日(大井ふ頭公園)
【本部コメント】
ルーキーの活躍光る!注目の新星RADIXがVictoria初勝利!!
【試合内容】
Victoria League3部、RADIXにとっては2戦目。既に1敗をしていてこれ以上負けれらないということで先発は安定感抜群の阿部(熊谷)を投入。初回は2番、3番に連打されるも何とか無失点で切り抜ける。RADIX打線も先頭、幸田(本社)が出るも後が続かず無失点。2回は共に無失点で終わり、動きがあったのは3回.....1番を四球で歩かした後、サード萬年(藤沢)、ファースト山本(藤沢/新卒)の連続エラーで1点を失う。その裏、2番林(本社)、3番萬年が連続四死球で出塁し、4番阿部がライトオーバーの3塁打で逆転に成功。4回は大河原(横浜)が死球で出塁して、続く新加入の國嶋(池袋)がライトの頭上を余裕で超えるホームランを放ち2点追加。続いて二日酔いで初参加の新卒山本(藤沢)がレフトの柵越えで連続ホームラン。増尾(本社/新卒)、幸田が倒れ、ここで林に代わって代打、小石川(藤沢/新卒)、一発を狙うも四球を選ぶ。ここで代走、伊藤(城東/新卒)を起用。その伊藤がすかさず盗塁を決め、続く萬年が四球を選び、またもや4番阿部がレフト戦を痛烈に破るツーベースで2点追加。更に最近打撃好調の天野(本社)もレフトの柵越えツーランで2点追加。この回一挙8点の猛攻をみせ勝負を決めるビッグイニングとなった。6回に相手の4番に1発を浴びるも最終回は久々の幸田がピシッとしめゲームセット。RADIXが10対2で勝利した。新卒、新加入の活躍が目立った試合となった世代交代の波がもうそこまで来ている....
【相手チームへ一言】
(芝浦オールスターズ)
(RADIX)
RADIX様、対戦ありがとうございました。
機会がありましたらまた対戦お願いします。
グランド手配い及び審判の手配いありがとうございました。
また練習試合等、宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Heartland1844 20 0 スーパースターズ 5月27日(ガス橋緑地)
【本部コメント】
Heartland1844が20得点の圧勝!2勝目を挙げブロック首位に浮上!!
【試合内容】
スーパースターズの先発は三浦。初回はコントロールに苦しむ。四死球と味方の守備のミスで失点を重ねるとHeartland1844の3番八木に3ランHRを打たれ、初回に10失点。その後、スーパースターズは下家にピッチャーをスイッチするが、下家も安定したピッチングが出来ずに失点を重ねてしまう。対するHeartland1844の先発 長谷川は初回に味方のエラーでランナーを出したが、4回被安打0、与四死球0、4奪三振、準完全試合のノーヒットノーランを達成。相手のミスにつけ込んだHeartland1844が勝利した。
【相手チームへ一言】
(Heartland1844)
(スーパースターズ)
本日は早い時間にも関わらず、対戦頂きまして有難うございました。また対戦の機会を頂ければ幸いです。今後とも宜しくお願い致します。ハートランド1844 一同
ハートランド1844 様、今回はグラウンドや審判様の手配をありがとうございました。みっともない試合をしてしまい、申し訳ありませんでした。出直してまいりますので、またの機会によろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
芝浦オールスターズ 1 10 インソムニアスターズ 5月20日(麻布運動場)
【本部コメント】
インソムニアスターズ打線爆発!10得点の快勝でブロック首位へ浮上!!
【試合内容】
1回表、インソムニアスターズは1番打者からの連打でチャンスを作り、秋山のタイムリーなどで2点を先制。2回裏、芝浦オールスターズも5番斎藤のレフトへの柵越えHRで1点を返すも、3回表にインソムニアスターズが失策とタイムリーヒットなどで4点を追加。さらに5回にも幸田のタイムリーや池田の犠牲フライで追加点を重ねると、6回にはダメ押しとなる4番柴田の2ランで相手を引き離した。結果、10対1でインソムニアスターズの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(芝浦オールスターズ)
(インソムニアスターズ)
インソムニアスターズ様、対戦ありがとうございました。地力の差が点差に直結した結果となりました。また練習試合等対戦お願い致します。芝浦オールスターズ・武部
グランドのご手配等ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
インソムニアスターズ 2 3 Heartland1844 4月29日(玉川野毛町)
【本部コメント】
Heartland1844がVictoria初勝利!エース長谷川が粘りの力投を見せる!!
【試合内容】
ハートランド1844の先発は長谷川、インソムニアスターズの先発は秋山で始まったゲーム。初回は両先発ともに立ち上がりが良く、テンポよくゲームが進むかと思えたが、ハートランド1844の5番田中の四球から6番平井のエンドランでスコアリングポジションに進むと石田のタイムリースリーベースヒットで先制点をもぎ取る。続く長谷川も自らを助けるタイムリーを放ち2-0とする。インソムニアスターズは3回表にショート平田のエラーで先頭の丸田を出すと続く臼田もライト前で続く。3番深山の送りバントが内野安打となり、無死満塁となる。ここで、長谷川が痛恨の押し出し死球を与え、5番幸田にも押し出し四球を与えてしまい、2-2の同点となる。ここからゲームはインソムニアスターズに傾くが、ハートランド1844のキャッチャー緑川が刺殺を3つ記録し、流れを取り戻した。ゲームが動いたのは5回裏のハートランド1844の攻撃。先頭の平田がエラーで出塁をし、盗塁。2番石塚の内野安打で三塁まで進むと3番八木のショートゴロの間に勝ち越し。長谷川は被安打3、7奪三振で完投勝利。紙一重のゲームだったが、ハートランド1844が勝利した。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(インソムニアスターズ)
(Heartland1844)
とても痺れる試合でした!また是非練習試合等お願いしたいです。今後とも宜しくお願い致します。
本日はグラウンド、審判さんの手配頂きまして有難うございました。元気で若くて勢いのあるチーム様と対戦できて、非常に良い経験となりました。紙一重で勝利できたと思っております。所属連盟も目黒区との事でしたので、是非対戦頂ければ幸いです。
ハートランド1844 一同
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Brightness 4 3 ecohai 4月22日(東調布公園)
【本部コメント】
Brightnessが2連勝でブロック首位浮上!ecohaiはデビュー戦を飾れず惜敗!!
【試合内容】
ブライトニスはエース柿崎が立ち上がりを攻められるとエラーも絡み、初回にecohaiが2点を先制する。反撃したい打線は初回に1番片桐六がツーベース、2回に6番八木のツーベース、3回に2番片桐翔のヒット三盗と、1~3回毎回得点圏にランナーを進めるもあと一本が出ず。3回にもエラーからピンチを招き、ecohaiに追加点を奪われる。しかし、ブライトニスの反撃は4回。5番古市がヒットで出塁すると6番八木がライトオーバーのツーベースで1点を返す。さらに八木が三盗しランナーを3塁に進め、内野ゴロの間に2点目を返す。ecohaiは投手交代するも流れを止められず、5回に先頭の柿崎が出塁、盗塁2つでチャンスを作ると5番古市の特大ホームランで逆転。3-4でbrightnessが勝利した。エース柿崎は立ち上がりこそピンチを招いたが、2回以降は立ち直り自責点1の完投。打線も終盤に粘りを見せての逆転勝利になった。
【相手チームへ一言】
(Brightness)
(ecohai)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします!
リーグ初戦で色々と分からないことがありましたが、楽しく野球が出来ました。本当に有難うございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Brightness 4 1 Heartland1844 4月15日(八潮北公園)
【本部コメント】
Brightnessが今季初白星を挙げ2位浮上!ハートランドの初勝利はお預け!!
【試合内容】
ハートランド1844の先発は長谷川、ブライトニスの先発は柳田で始まった試合。序盤は両先発の立ち上がりが良く、締まった展開だったが、3回裏、ブライトニスは高橋拓の内野安打から先制のチャンスを作る。2アウトまで長谷川も踏ん張るが、1番の片桐(六)に先制のタイムリーヒットを許す。対するハートランド1844も先頭の八木がライト前で出塁、ツーアウトからワイルドピッチで生還し、同点とする。しかし、5回表に先頭のブライトニス高橋拓のテキサス安打をきっかけに満塁のチャンスを作り3番柿崎のタイムリーで2点を勝ち越す。6回表には、ブライトニス高橋祥が左中間にダメ押しの本塁打を放つ。ハートランド1844はツーアウトから平田が四球で出塁し、二盗を決めるが、三盗は失敗し、ゲームセット。4-1でブライトニスが勝利した。柳田の後をついだエース柿崎も相手打線をしっかりと抑えた。柳田、柿崎共に被安打1ずつの好投に打線も奮起し、好投手相手に勝利となった。
【相手チームへ一言】
(Brightness)
(Heartland1844)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
本日は対戦頂きまして、有難うございました。大田区連盟に所属されているとの事でしてので、また機会がございましたら宜しくお願い致します。 ハートランド1844 一同
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Brightness 4 4 インソムニアスターズ 4月1日(南ふ頭公園)
【本部コメント】
優勝候補Brightnessがドロースタート!インソムニアはWヘッダー連勝ならず!!
【試合内容】
インソムニアは初回、2つの内野エラーでチャンスを作ると4番柴田のタイムリー・6番幸田の内野安打で幸先よく先制する。その裏、インソムニア先発畑山がブライトニス打線につかまる。2番片桐翔がヒット盗塁でチャンスを作ると3番柿崎のタイムリー、4番菅田の特大の2ランホームランで3点を奪い逆転する。続く2回にタイムリー2本で再逆転したが、その裏ブライトニスにも1番片桐六がヒットで出て相手のミスの間に1点を奪い同点にする。その後はリリーフした河野が相手打線を容赦で締め、反撃を防ぐもののなかなか一本が出ない。迎えた6回表、1アウトから7番丸田がレフト前で出塁、盗塁を決め、続く河野の自らのタイムリーで勝ち越す。守り勝ちを図りたいインソムニアだったが、6回裏途中で時間切れを迎えてしまい、4-4の引き分けに終わった。
【相手チームへ一言】
(Brightness)
(インソムニアスターズ)
ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします!
日曜夜間の対戦ありがとうございました。
とても痺れる試合でした!是非また試合してください。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RADIX 4 8 インソムニアスターズ 4月1日(大宮健保)
【本部コメント】
インソムニアスターズが白星スタート!RADIX只友の満塁弾も反撃及ばず!!
【試合内容】
Victoria加入3年目のインソムニアスターズ。今季こそ決勝トーナメント進出を決めるべく臨んだ初戦。対する初参戦のRADIX、先発は入部3年目にして未だ勝ち星が無い荒井。「5点以内に抑えるので6点取って勝ち星を下さい」と志願登板。初回、インソムニアは2番深山がセンター前で出塁し、すかさず盗塁。4番柴田が本人曰く「ギュッとした」バッティングでセンター前にタイムリーで先制。RADIXその裏の攻撃は、先頭の幸田が四球で出塁するも田島がバント失敗から追い込まれてヒッティングに変えるもファーストライナーでWプレー。3番萬年も投ゴロで3者凡退。インソムニア先発の秋山はドロップカーブを武器に初回から3イニングを凡打の山を築く。すると4回、9番岸田の絶妙なセーフティスクイズ・2番深山のセンターオーバータイムリー・3番秋山のタイムリーでインソムニアが4点を追加。追いつきたいRADIXはその裏、先頭幸田が倒れるも田島のサードのエラー、萬年の四球、中田の内野安打で満塁のチャンス!ここで只友が相手投手の少し高めに入ってきたストレートを思いっきり振りぬき、レフトの頭上を越えていく特大満塁ホームランで1点差に詰め寄る。ここでピリっと3人で仕留めたいとRADIXだったが、仕事同様メンタルの弱さからか5番に特大3塁打を打たれると、6番丸田に2打席連続のエンドランを決められダメ押し。それ以降は打線が奮うことはなく、最終回に2点を追加され8対4でゲームセット。インソムニアスターズが勝利した。一方、敗れたRADIXは、レギュラー陣が少し抜けるだけでこれだけ変わるのかというくらい緊張感のない内容。控え組の底上げが必要な事が浮き彫りになったゲーム。残り6試合は1敗も出来なくなった。
【相手チームへ一言】
(RADIX)
(インソムニアスターズ)
本日はありがとうございました。おもいっきりが良く気持ちのいいチームでした。楽しい試合が出来た事に感謝致します。また練習試合も宜しくお願い致します。
ボール等、ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。
是非また練習試合等、お願いしたいです!
今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
芝浦オールスターズ 0 0 Heartland1844 3月18日(麻布運動場)
【本部コメント】
Cブロック開幕戦は白熱の投手戦!両者決定機を活かせずスコアレスドロー!!
【試合内容】
芝浦オールスターズ、Heartland1844のヴィクトリアリーグ3部の開幕戦。共に今シーズンの初戦で緊張感のある投手戦となった。序盤・中盤は走者こそ出塁するもお互いホームが遠い展開だったが、6回表Heartland1844が2死から3番打者がライトへのシングルヒット、4番打者が右中間への安打の間に1塁走者がホームへ向かう。しかしクロスプレーでアウトとなり無得点。その裏芝浦オールスターズも4番打者のライト戦へのツーベースヒットと四球で無死1.2塁となるが後続が続かず無得点。白熱した投手戦を展開するも両者ともに最後の決定打がでず、7回0対0で試合終了。両者初戦は引き分けスタートとなった。
【相手チームへ一言】
(芝浦オールスターズ)
(Heartland1844)
Heartland1844様、0対0の引き締まった展開でした。
6回はグラウンドが麻布でなければ失点していたと思います。
また機会がありましたら練習試合等お願い致します。
芝浦オールスターズ・武部
芝浦オールスターズ様、対戦頂きまして、誠に有難うございました。芝浦オールスターズ様のご配慮もあり、楽しく試合をすることができました。また対戦の機会を頂ければ幸いです。今後とも宜しくお願い致します。 ハートランド1844 一同