TOP > Victoriaリーグ3部(2018年) > 成績表(Bブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 3 1 0 9 27 16
2 3 0 0 9 13 6
3 2 2 0 6 13 16
4 1 1 0 3 12 9
5 1 2 0 3 6 7
6 1 3 0 3 9 17
7 1 3 0 3 13 22
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Bブロック星取表
① G-mates
   

2-1

3-6

1-6

7-3
 
② CHUYANS
 
 
12-5

2-4

8-6

5-1
 

1-2

5-12
   
 

3-5

4-3

6-3

4-2
 
   
 

3-1
⑤ BOZZ

6-1

6-8
 
 
   
 

3-7

1-5

5-3
 
 
 
0-2
 
 

3-4

1-3
 

2-0
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
韋駄天 5 12 CHUYANS 7月15日(光が丘公園)
【本部コメント】
CHUYANSが価値ある3勝目!真夏のシーソーゲームを制し首位の座を掴む!!
【試合内容】
韋駄天先攻、CHUYANS後攻で試合開始。初回、韋駄天は四球を足掛かりに内野ゴロの間に1点先制する。一方CHUYANSはその裏に武井のツーベースなどで4点を返す。点を取られた韋駄天も2回、四死球で満塁のチャンスを作ると相手のエラーやヒットで4点を返し逆転をする。しかしCHUYANSも2回に同点に追いつくと、安藤がホームランを放ち勝ち越す。その後はCHUYANSは國分が立ち直り0を並べると打線は小刻みに点を重ね、終わったみれば12対5で勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(韋駄天)
(CHUYANS)
 
韋駄天様、対戦いただきありがとうございました。非常に暑い中でしたが、体調を崩す人もいなく試合をすることができて良かったです。また対戦をするときはよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MR.cherryboys 1 5 CHUYANS 7月8日(石神井公園B)
【本部コメント】
CHUYANSが逆転勝利で2位浮上!MR.cherryboysは初回のチャンスを活かせず!!
【試合内容】
先攻CHUYANS、後攻MR.cherry boysで試合開始。1回裏、ヒットと四死球二つでノーアウト満塁から一塁ゴロの間にMR.cherry boysが1点先制。しかし2回表、CHUYANSがすぐに追いつく。ツーアウト三塁とチャンスを作り、7番椎野がライトオーバーツーベースを放ち1対1の同点。4回表、CHUYANSは後藤、國分、武井の3連続ツーベースヒットで2点を追加し、3対1と均衡を破る。さらに7回表には武田がレフトオーバーの本塁打、その後も相手のエラーで1点を取り5対1。そのまま試合終了。MR.cherry boysは初回のヒット1本のみに抑え込まれた。
【相手チームへ一言】
(MR.cherryboys)
(CHUYANS)
後藤様、本日はありがとうございました。また対戦する機会がありましたら、是非よろしくお願い致します。
MR.cherryboys様、対戦いただきありがとうございました。
また機会があれば是非対戦お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Albatross 6 3 G-mates 6月24日(世田谷公園)
【本部コメント】
Bブロック首位攻防戦はAlbatrossに軍配!土壇場の逆転で首位をキープ!!
【試合内容】
先攻G-mates、後攻Albatrossで試合開始。初回、先発豊岡は1死後3連続四球で満塁のピンチを招くも内野ゴロの間の1点で踏ん張る。その裏、Albatrossは四球と内野安打で1死2.3塁のチャンスに4番穴田が同点タイムリー、5番高橋の内野ゴロの間に1点を奪い逆転。2回裏終了時に雨が強くなり30分程、中断する。再開し1-2で迎えた4回表、G-mates先頭6番青山選手が左中間を破る3塁打でチャンスを作ると、大道寺選手は前進守備の裏に落とすタイムリーで同点とする。さらに浅井選手のヒットを挟み、2死2.3塁で2番南部選手がレフトへ逆転タイムリーを放ち2-3とする。4回裏、ここまで先発上手投手を攻め切れないAlbatrossは、先頭穴田がヒットで出塁し、1死後牧が繋ぎ2死2.3塁。ここで8番平賀が死球で2死満塁となり、9番斉藤が左中間へ走者一掃の3塁打を放ち、3-5と逆転し、さらに1点を追加する。4回裏終了時点で時間切れとなり、スコア3-6でAlbatrossが勝利したが、雨天中断などもあり何ともすっきりしない試合になった。
【相手チームへ一言】
(Albatross)
(G-mates)
G-mates様、一昨年と同じく天気に恵まれない中、対戦ありがとうございました。
球場の手配、ありがとうございました。不満の残る試合でしたが審判のレベルの低さにもがっかりさせられ残念でした。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MR.cherryboys 3 7 G-mates 6月10日(大宮健保)
【本部コメント】
G-matesが2勝目飾り2位浮上!敗れたMR.cherryboysは一気に最下位転落!!
【試合内容】
1回表、G-matesは先頭の加茂がセンター前ヒットで出塁するも後続続かず先制ならず。2回はランナー2者、3回は満塁のチャンスを作るも得点に結びつかず。4回表、G-matesは8番南部智がレフト前ヒットで出塁すると、続く9番上手がライトへの2塁打つを放ちようやく先制点。さらに2番関場のライムリーも飛び出し2点をあげる。その裏、MR.cherryboysはフォアボールでランナーが出塁すると盗塁で2塁に進み、4番岩崎のショートゴロの間に1点を返す。続く5回裏にも2番森崎のタイムリーヒットが飛び出し2対2の振り出しに。6回表、追いつかれたG-matesは先頭の2番海津がフォアボールを選んで出塁すると5番橋本明がレフトオーバーの3塁打を放ち1点を加えると、続く6番青山はレフトオーバーの2点本塁打を放ち3点差をつける。7回表にも1番加茂、代打高橋、3番橋本の3連続2塁打を放ち2点を追加。7回裏、MR.cherryboysの反撃を1点に抑え、7対3でG-matesの勝利。
【相手チームへ一言】
(MR.cherryboys)
(G-mates)
上手様、本日はありがとうございました。天候が心配されましたが無事に消化できてよかったです。また機会がありましたらよろしくお願い致します。
グランドの手配、ありがとうございました。
雨が心配でしたが試合が出来てよかったです。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
G-mates 2 1 韋駄天 5月27日(猿江恩賜公園)
【本部コメント】
G-matesがサヨナラ勝ち!Bブロックは6チームが勝ち点で並ぶ大混戦に!!
【試合内容】
韋駄天先攻、G-mates後攻で試合開始。序盤、両チームともランナーを出すも得点ならず。0対0で迎えた4回表。韋駄天は2アウトから5番加藤が豪快なHRを放ち1点を先制。その裏G-matesも4番村岡がフォアボールで出塁すると、5番加茂のレフトへのタイムリー2塁打ですかさず同点に追いつく。そのまま最終回に突入。7回表を0点で凌いだG-matesは、その裏先頭の9番上手が出塁するとランナーを3塁まで進め、3番橋本がセンターへの犠飛を放ちサヨナラ勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(G-mates)
(韋駄天)
緊迫したいい試合が出来ました。
どうもありがとうございました。
グラウンド・派遣審判の手配ありがとうございました。
また機会がありましたら対戦お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MR.cherryboys 5 3 韋駄天 5月20日(世田谷公園)
【本部コメント】
MR.cherryboysがVictoria初勝利!粘る韋駄天を振り切り3位浮上!!
【試合内容】
2回表MR.cherry boysの攻撃。四球、ヒット、内野安打でノーアウト満塁とし、篠原の遊ゴロで1点先制する。その後、相手のミスによりさらに1点追加。2-0とする。その裏、ツーアウトから6番横山に右中間にランニングホームランを放ち、韋駄天が1点返す。4回裏、韋駄天の攻撃で2番四球、3番サードゴロの間に一塁ランナーが三塁まで進みワンアウト三塁。ここで4番がライト前にタイムリーツーベースを打ち2対2の同点。5回表MR.cherry boysの攻撃。2番森崎が四球で出て二盗、三盗と決める。ここで4番岩崎がライト前にポテンヒットで3対2。5回裏、MR.cherry boysは先発諸橋から中津に投手交代。6回表、ツーアウト一、二塁で3番片倉が左中間に流し打ちのタイムリーツーベース。5対2と貴重な点を取る。6回裏、韋駄天は粘りを見せツーアウトから3、4番の連続ヒットで1点を取り5対3。7回裏の最終回、中津が先頭打者に四球を与えるが、その後3人で抑え5対3で試合終了。
【相手チームへ一言】
(MR.cherryboys)
(韋駄天)
韋駄天 横山様、本日はありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願い致します。
ランナーが出た時の攻撃パターン、勉強になりました。また、グラウンド・審判手配ありがとうございました。また機会がありましたら対戦宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BOZZ 6 1 G-mates 5月13日(城北中央公園)
【本部コメント】
BOZZが逆転で今季初白星をGET!一気にブロック2位へ浮上!!
【試合内容】
先攻G-mates、後攻BOZZで試合開始。1回表、G-matesは一番南部(圭)が3塁打を放つと、2番青山がライト前タイムリーで幸先よく先制。その裏、BOZZはエラーで出たランナーを2番小倉のタイムリーで迎え入れて同点。その後、G-matesのエラーが重なり一挙4点を奪いすぐさま逆転。BOZZは2回、3回にも1点づつを追加し、序盤で6対1と大きくリード。その後は両チームとも攻めあぐね追加点が奪えずそのままゲームセット。6対1でBOZZが勝利。BOZZ投手は先発の斉藤が要所を締めるピッチングで6回1失点と好投。抑えは嵯峨が7回をピシャリと抑え試合終了。
【相手チームへ一言】
(BOZZ)
(G-mates)
遠征頂きありがとうございました。非常にマナーもよく楽しくやらせて頂きました。またの対戦を楽しみにしております。
どうもありがとうございました。ミスが多く出てしまい完敗です。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Albatross 4 2 CHUYANS 5月6日(多摩川緑地広場)
【本部コメント】
首位攻防戦はAlbatrossに軍配!エース豊岡の好投で首位の座を守る!!
【試合内容】
先攻CHUYANS、後攻Albatrossで試合開始。3回までは投手戦が続き、お互い得点が奪えず。試合が動いたのは4回裏、Albatrossは連続エラーで1死2.3塁で7番荻野がエンドランを決め1点を先制し、続く8番牧がタイムリーを放ち追加点。さらに5回裏にもヒットと相手のミスに付け込み、6回裏は2死から牧、井上の連打で0-4とリードを広げた。CHUYANSはAlbatross先発豊岡にヒット1本に抑えられるも、最終回に疲れの見える豊岡から3つの四球やエラー、犠飛等で2点を返すもここまで。2-4でAlbatrossが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Albatross)
(CHUYANS)
対戦ありがとうございました。
Albatross阿部様、チームの皆様、対戦ありがとうございました。またグラウンドの確保と審判の手配もありがとうございました。また対戦する機会がありましたら、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
韋駄天 4 3 レッドドックス 4月22日(調布市民球場)
【本部コメント】
韋駄天が痺れる接戦をモノに!レッドドックスはまたしても惜敗により2敗目!!
【試合内容】
先攻韋駄天、後攻レッドドックスで試合開始。2回表に韋駄天が1点先取も、その後は投手戦となり5回表まで1−0のまま。その裏、韋駄天守備の乱れ等があり、レッドドックスが2点奪取し逆転。韋駄天1点ビハインドの最終回表、ノーアウトランナー2塁から和知選手・横山選手の連続2ベース等で3点が入り再逆転。最後レッドドックスも反撃に出るも1点にとどまり、4-3で試合終了。
【相手チームへ一言】
(韋駄天)
(レッドドックス)
引き締まった良い試合が出来た事感謝申し上げます。
また対戦する機会がありましたら宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BOZZ 6 8 CHUYANS 4月8日(光が丘公園)
【本部コメント】
CHUYANSが白星発進!迫るBOZZに競り勝ち、2年ぶりの決勝Tへ好スタート!!
【試合内容】
先攻CHUYANS、後攻BOZZで試合開始。初回にCHUYANSが四球とヒットでチャンスを作り、5番國分の2点タイムリーで先制するも、そのウラにBOZZも小倉竜選手のヒットと相手の内野のミスですぐに2点を取り返す。その後、試合は両チームの点の取り合いの様相を見せる。2回表、CHUYANS打線はBOZZ先発の斎藤を捉え、相手のミスと死球でランナーをためると4、5番の連続タイムリーなどで5点を追加する。一方3回のBOZZの攻撃。四死球で満塁のチャンスを作ると6番小泉選手のタイムリーで2点を返すと、9番斉藤選手にもヒットが飛び出し1点差に追いついく。しかし5回表にも1点を追加したCHUYANSが6-8で逃げ切ってゲームセット。
【相手チームへ一言】
(BOZZ)
(CHUYANS)
天候にも恵まれとても気持ちよく試合させて頂きました。
対戦組みから丁寧に対応して頂きありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
BOZZ小倉様、チームの皆様、対戦ありがとうございました。また、グラウンドの確保、審判の手配などもありがとうございました。天気の良い中大変楽しくプレーできました。また機会がありましたら対戦よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Albatross 3 1 レッドドックス 3月18日(芝公園)
【本部コメント】
エース豊岡が完投勝利!4年連続の決勝T進出に向け、Albatrossが白星発進!!
【試合内容】
先攻レッドドッグス、後攻Albatross。試合が動いたのは1回裏、先頭佐藤がセフティーを試みるとエラーが重なり一気に3塁まで進む。1死となるも3番島田佳のファーストゴロの間にAlbatrosが先制。2回裏にも高橋のホームラン、佐藤のタイムリーで突き放す。しかし、ここからレッドドッグス先発中田投手が要所を締め、ランナーを許しても牽制でピンチの芽を摘み追加点を許さない。すると4回表、Albatross先発豊岡から先頭中田選手がヒットで出塁すると、2つのエラーで1点を返す。5回以降は両先発投手の投げ合いとなり、そのまま試合終了。ヒット数は大差無かったが、Albatrossが序盤のリードを守り切り勝利した。
【相手チームへ一言】
(Albatross)
(レッドドックス)
本日はありがとうございました。当チームは開幕戦でしたが、雰囲気も良く楽しい試合が出来た事に感謝致します。またの機会に宜しくお願い致します。
阿部様、グランド確保、審判手配ありがとうございました。
チームの皆様対戦ありがとうございました。
また、よろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MR.cherryboys 0 2 レッドドックス 3月11日(光が丘公園)
【本部コメント】
新星対決はレッドドックスに軍配!MR.cherryboysは終盤の失点に泣く!!
【試合内容】
先攻MR.cherryboys、後攻レッドドックスで試合開始。お互いにチャンスは作るものの、5回まで0対0。試合が動いたのは6回裏のレッドドックスの攻撃、連続3死球と押し出し四球で均衡が破れると、その後内野ゴロの間にもう1点を追加し、2点を先制。そして最終回、MR.cherryboysが無得点で試合終了。
【相手チームへ一言】
(MR.cherryboys)
(レッドドックス)
レッドドックス 高橋様、本日は本当にありがとうございました。
また、6回の3連続死球、申し訳ございませんでした。いい試合ができてとても勉強になり、楽しかったです。今後も機会がありましたら是非、よろしくお願い致します。 MR.cherry boys門池
MR.cherryboys門池様、チームの皆様 グランド、審判手配ありがとうございました。大変楽しい野球でした。またよろしくお願いいたします。