TOP > Victoriaリーグ3部(2018年) > 成績表(Aブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 26 3
2 2 0 0 6 16 5
3 1 0 0 3 4 2
4 1 2 0 3 10 24
5 0 2 0 0 6 8
6 0 1 0 0 0 10
7 0 1 0 0 3 13
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Aブロック星取表
   
 
 
 

2-4
 
 
 
10-0
 
 

16-3
 
③ HEROES
 

0-10
   
 
 
 
 
 
 
 
3-13
 
 
 
 
 

13-3
   

3-2

4-2

3-16
 
 
 
 
5-4
 
 
 
 

2-3

4-5
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
CHUYANS+ 4 2 江古田Rockets 5月20日(天王洲公園)
【本部コメント】
小林が値千金の満塁弾!CHUYANS+が逆転勝利で初陣を飾る!!
【試合内容】
初回はお互いランナーを出すも要所を抑えられ点には繋がらなかった。2回、江古田Rocketsは1アウトから7番高橋が四球で出塁すると、8番木村がセカンドゴロでツーアウト2塁、9番池田が粘って四球を選び、1番山木がライト前にタイムリーで先制。さらに4回、先頭の高橋がレフトのエラーで出塁すると、8番木村がエンドランのサインでレフトオーバーを放つ間に1点追加。その裏CHUYANS+は、四球と盗塁などで1アウト満塁を作ると、小林が高めのストレートを捉え、満塁ホームランで逆転に成功する。その後は両投手が踏ん張り4-2でCHUYANS+が勝利。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(江古田Rockets)
対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
本日はグランド確保から審判の要請までありがとうございました。また機会があればよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
セカンドステージ 2 3 SKグリーターズ 5月13日(荒川第二)
【本部コメント】
SKグリーターズが開幕2連勝!セカンドステージはまたしても1点に泣く!!
【試合内容】
先攻セカンドステージ、後攻SKグリーターズで試合開始。初回セカンドステージは、1番仲村が四球で出塁すると、3番児島の安打で1死1,3塁の好機を作る。しかし後続続かず無得点に終わる。その裏SKグリーターズは、上位打線で2死2塁の好機を作ると、4番温泉川がレフトへタイムリー2塁打を放ち先制する。その後は両投手による投げ合いが続く。試合が動いたのは4回裏。SKグリーターズは、3番安崎が安打で出塁すると、4番温泉川がHRを放ち、3-0と突き放す。セカンドステージの反撃は5回表。先頭の7番本柳が四球で出塁し走者を進めると、相手のエラーにつけ込み1点差に迫る。さらに最終回、一打同点の場面を作るが代打宮川がピッチャーゴロに抑えられゲームセット。SKグリーターズが3-2で勝利した。セカンドステージは二戦連続の1点差負けとなった。
【相手チームへ一言】
(セカンドステージ)
(SKグリーターズ)
山田様、SKグリーターズの皆様、天候の悪い中ありがとうございました。またよろしくお願いします!
セカンドステージの皆様米田様グラウンド審判の手配ありがとうございました。機会があればオープン戦お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SKグリーターズ 13 3 上石神井野球部 4月29日(大宮健保)
【本部コメント】
SKグリーターズがコールド発進!昨年のリベンジへ向け好スタート!!
【試合内容】
グリーターズ先攻、上石神井野球部後攻で試合が始まる。SKグリーターズは初回に5本の長短打を集中させて一挙5点を先制。その裏SK先発の川崎はランナーこそ出すものの要所を締め相手に得点を与えない。2回は三者凡退に終わるも、3回にも4本のヒットと守備の乱れも絡んでこの回も5点。さらに4回に3点を取って13-0と上石神井野球部を突き放す。上石神井野球部は4回裏にエラーと四球でランナーを貯めて満塁とすると、ワイルドピッチで1点。さらにタイムリーヒットで2点をもぎ取るも反撃はここまで。13-3でSKグリーターズがコールド勝利した。
【相手チームへ一言】
(SKグリーターズ)
(上石神井野球部)
遠征していただきありがとうございました。
また機会があればよろしくお願い致します。
SKグリーターズ 山田様。そして選手の皆様。対戦ありがとうございました。若さ溢れるパワーとスピードに圧倒されました。是非今後もご交流出来ればと思いますので何卒宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
HEROES 0 10 黒百合 4月22日(城北中央公園)
【本部コメント】
黒百合が2試合連続の二桁得点!HEROESをコールドで下し首位キープ!!
【試合内容】
先攻HEROES佐久間(翔)、後攻黒百合高津で試合開始。HEROES初回寺田、新藤のヒットでチャンスを作るも決定打が出ず無得点。その裏、黒百合先頭武藤が振り逃げで出塁後盗塁、パスボールで一死三塁から二番堀の内野ゴロの間に1点先制。3回裏、四球から盗塁、冨永の二塁打、小平のタイムリーにエラーも絡み3得点。5回小林、小平、宮崎の三連打やエラーが出て得点を重ねて10-0の5回コールドゲーム成立。HOROESは無四球の高津、代わった小林を打ち崩せず。
【相手チームへ一言】
(HEROES)
(黒百合)
野田さま、この度は急なスケジュール変更にご対応頂きましてありがとうございます。力の差を感じる一戦となりました。機会がございました際にはあらためて宜しくお願い致します。
牧野様、グランド、審判のお手配ありがとうございました。
また、宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
セカンドステージ 4 5 江古田Rockets 4月1日(三芳グランド)
【本部コメント】
壮絶な乱打戦を制す!江古田Rocketsが2戦目にしてVictoria初勝利!!
【試合内容】
先攻セカンドステージ、後攻江古田Rockets。初回にセカンドステージが2本のツーベースで2点先制。対する江古田Rocketsは3回裏、1番鈴木レフト前、2番山岸センター前、3番井出ツーベース、4番岩本三振の後、5番畑中センター前で3点取り逆転。5回表にショート強襲のヒットでセカンドステージが同点に追いつくも、6回裏に8番高橋のツーベース、9番レフト前ヒットでチャンスを作り、相手のエラーで1点と、1番木村のセカンドゴロで江古田Rocketsが2点を勝ち越す。セカンドステージは最終回にホームランで1点差まで追い上げるが、岩本がなんとか抑えゲームセット。
【相手チームへ一言】
(セカンドステージ)
(江古田Rockets)
山岸様、江古田Rocketsの皆様遠征ありがとうございます!
またよろしくお願い致します!
ありがとうございました!
また何かの機会があれば試合させてください!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
黒百合 16 3 江古田Rockets 3月18日(光が丘公園)
【本部コメント】
黒百合がコールド発進!冨永の満塁弾など16得点の大暴れ!!
【試合内容】
先攻黒百合・遠藤、後攻江古田Rockets・岩本の両先発で試合開始。初回、黒百合は二死からランナー3人出すも無得点。その裏、江古田Rocketsも二死から2人出すも無得点。2回、黒百合は3四球と2本のヒットで2点先制するが、その裏江古田Rocketsも二死一塁から9番岩本のライトオーバーの2点本塁打で追いつく。3回、黒百合は有村、松崎のヒット、押出四球の後、4番冨永の満塁ホームランが飛び出し一挙6点。江古田Rocketsは4回に畑中のレフトオーバーのソロホームランが出るが、その後黒百合が4回5回に8点を挙げ、最後は高津がきっちりと抑え5回コールドゲームで試合終了。
【相手チームへ一言】
(黒百合)
(江古田Rockets)
山岸様、本日は、ありがとうございました。
同じ地元なのでまた対戦お願いします。
またよろしくお願いいたします。