TOP > Victoriaリーグ3部(2018年) > 成績表(Gブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 3 0 0 9 31 8
2 2 0 1 7 13 6
3 2 3 0 6 27 21
4 1 3 0 3 11 18
5 1 2 0 3 9 33
6 1 2 1 1 12 17
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
th="90" height="50" bgcolor="#333333"> 
Gブロック星取表
 
1-1

3-1

9-4
 
 

1-1
 
8-9

3-2

0-5
 
③ Harrier

1-3

9-8
 
0-4

13-1

4-5

4-9

2-3

4-0
   

1-6
⑤ YHBC
 

5-0

1-13
 
 
3-20
 
 

5-4

6-1

20-3
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Harrier 4 5 MilkyWave 7月22日(大南公園)
【本部コメント】
矢木野がサヨナラスクイズ!MilkyWaveが劇的逆転勝利で首位を守る!!
【試合内容】
先攻Harrier工藤投手、後攻MilkyWave熊谷投手で試合開始。試合が動いたのは三回表、Harrierは3番椎原選手のツーベースヒットでチャンスを作ると、4番古元選手が弾丸ライナーでライトフェンスを越えるツーランHRで先制。五回表には2番工藤選手が左中間フェンスを越えるソロHRで追加点を挙げる。対するMilkyWaveはその裏、下位打線がツーアウトからチャンスを作り、1番三浦選手のサードゴロエラーの間に2点を挙げるが、打撃力で勝るHarrierは六回表、7番中川選手が、この日チーム3本目となるセンターオーバーのHRで4-2とリードを広げる。最終回六回裏の攻撃、MilkyWaveはHarrier二番手椎原投手を攻め立てて一死満塁のチャンスを作ると、7番小野寺選手のセンター前タイムリーヒット、8番熊谷選手の押し出し四球で同点。さらに9番矢木野選手がサヨナラスクイズを決めて、5対4で勝利した。
【相手チームへ一言】
(Harrier)
(MilkyWave)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら、是非よろしくお願いします。
Harrier様、グランド・審判手配等ありがとうございました。暑い中お疲れ様でした。また是非ご対戦のほどよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アベンジャーズ 1 1 ガンジーズ 7月22日(萩山公園)
【本部コメント】
両者あと一本が出ず痛み分け!ガンジーズは勝ち点を1伸ばし2位キープ!!
【試合内容】
先攻ガンジーズ、後攻アベンジャーズで試合開始。1回表、ガンジーズ3者凡退。1回裏、アベンジャーズは3番死球で、出塁するが無得点。試合が動いたのは2回表、ガンジーズは1アウトから5番西島の3塁打、6番丸山のタイムリー2塁打で先制。追いつきたいアベンジャーズは2回裏、6番がエラーで出塁、7番ライト前、8番の時にパスボールで2、3塁とすると、ショートエラーで同点に追いつく。3回無得点。4回表無得点。4回裏、アベンジャーズは6番が2塁打、7番がライト前でチャンス作るも、スクイズ失敗で得点入らず。5回表、ガンジーズも9番内野安打、1番センター前ヒットでチャンス作るも得点無し。5回裏無得点。6回表、先頭の4番バッターがセンター前でランナー出るも無得点。6回裏無得点。7回表三者凡退。7回裏1アウトから四球でランナーが出るも得点入らず。引き分けで試合終了。
【相手チームへ一言】
(アベンジャーズ)
(ガンジーズ)
遠い所からありがとうございます。
また機会があれば宜しくお願いします。
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Harrier 9 8 アベンジャーズ 7月15日(大南公園)
【本部コメント】
4本のHRが飛び交う空中戦!Harrierが灼熱のシーソーゲームを制す!!
【試合内容】
Harrier先攻、アベンジャーズ後攻で試合開始。初回、Harrierは1番がエラーで出塁、2番工藤、3番細野の連続本塁打で3点を先制。2回にも四球と死球でチャンスを作り、1番佐久本のポテンヒットで4点目。2回裏、反撃したいアベンジャーズは4番が死球で出塁後、5番、6番のタイムリーと7番のスリーランホームランで同点に追いつき、さらに1番の内野安打、2番の2ベース、3番のタイムリー2ベースでこの回一挙に6点で逆転に成功。4回Harrierはエンドランなどで同点に追いつくも、その裏すぐさまアベンジャーズは3番のレフト線タイムリー2ベースで再び勝ち越す。5回表もHarrierがタイムリーにて同点に追いつく。裏の攻撃もアベンジャーズが5番の2ベースと8番のタイムリーにて逆転に成功する。6回表、7対8からHarrierはこの日2本目となるソロホームランで再び同点に追いつく。7回表、5番市村、6番狩野の連続安打から8番石田の場面でエンドラン空振り失敗もキャッチャーがボールを見失い、3塁ランナーがホームインして決勝点。9対8でHarrierが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Harrier)
(アベンジャーズ)
対戦ありがとうございました。色々とご無理を言ってすみませんでした。また機会ありましたらよろしくお願いします。
グランドと審判の手配ありがとうございます。凄く緊張感のある良い試合が出来て良かったです!また是非リベンジさせて下さい!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
フィリーズ 4 9 ガンジーズ 7月8日(鹿沼公園)
【本部コメント】
諸角が完投ピッチング!ガンジーズが開幕2連勝を飾りブロック2位へ!!
【試合内容】
ガンジーズ先攻、フィリーズ後攻で試合開始。1回表、ガンジーズは2アウトからエラーで出塁すると4番のライト前へ落ちるヒットで先制。さらに5番の当たりをセンターが落とし追加点。その裏、フィリーズは1、2番が四死球で出塁すると、4番及川がライトへのポテンヒットを放ち、同点に追いつく。2回表、ガンジーズは1アウト2、3塁で1番に2点タイムリーが飛び出し、すぐさま引き離す。さらに牽制エラーやエンドランで得点を挙げ、この回4点を追加する。対するフィリーズもその裏、藤森、曽根のタイムリーで得点するものの2点どまり。その後、フィリーズ先発長谷部が3、4回を0点に凌ぐが、攻撃も沈黙。5回表ガンジーズの攻撃は、死球を挟み3本の二塁打で3点を追加し9−4とリードを広げ、勝負あり。投げては先発諸角が要所を粘り強く押さえ、ガンジーズが逃げ切り勝利。
【相手チームへ一言】
(フィリーズ)
(ガンジーズ)
この度はありがとうございました。打撃力圧倒されてしました。
また機会ありましたら、よろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MilkyWave 20 3 YHBC 7月1日(陵南公園)
【本部コメント】
MilkyWaveが首位浮上位!自慢の強力打線が20得点を叩き出しYHBCを圧倒!!
【試合内容】
YHBCスラス投手、MilkyWave國武の先発で始まった試合。1回表、MilkyWaveは上位陣の単打に四球を絡めて6点を先制するが、その裏YHBCは1番バーク選手、3番ハウプトマン選手の長短打等で2点を返す打撃戦となった。2回表、MilkyWaveが4番阪本のタイムリーなどで一挙10点を挙げると勝負あり、MilkyWaveの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(MilkyWave)
(YHBC)
ありがとうございました。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
YHBC 5 0 アベンジャーズ 不戦試合
<試合内容>
試合開始予定時刻までに選手が9名揃わず、アベンジャーズの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Harrier 1 3 ガンジーズ 7月1日(雷塚公園)
【本部コメント】
ガンジーズが白星スタート!4年連続の決勝トーナメント進出へ好発進!!
【試合内容】
先攻ガンジーズ、後攻Harrierで試合開始。強風の中、序盤Harrierはフライをうまく捕球できず、ピンチを招くも両チームの先発が上々の立ち上がりを見せ、2回までお互いに無得点。3回表、ガンジーズは先頭の1番丸山のソロホームランで先制。反撃をしたいHarrierは4回裏、四球と暴投失策で1塁から一気にホームに生還し同点に追いつく。しかし6回表、ガンジーズは二死から振り逃げで出塁した走者を二塁に置き、8番草野が値千金の勝ち越し2ランホームランを放ち3−1とし、ガンジーズがそのまま逃げ切り勝利した。
【相手チームへ一言】
(Harrier)
(ガンジーズ)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら是非宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MilkyWave 6 1 フィリーズ 5月20日(井の頭公園)
【本部コメント】
MilkyWaveが快勝デビュー!攻守で実力を誇示しVictoria初勝利を挙げる!!
【試合内容】
先攻MilkyWave國武、後攻フィリーズ曽根の両先発投手で試合開始。初回、MilkyWaveは1番三浦が2ベースヒットで出塁すると、ヒットとタイムリーで2点を先制。対するフィリーズはその裏、1番横山が3塁打でチャンスメイクすると、3番曽根の内野ゴロの間にホームに還り、1点を返す。その後、両チームともチャンスを作るもののあと1本が出ず、1対2のまま最終回へ。MilkyWaveは先頭がヒットで出塁すると、ここから四死球とワイルドピッチ等で一挙4点を奪い勝負あり。MilkyWaveが6-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(MilkyWave)
(フィリーズ)
本日はありがとうございました。試合交渉の段階からご丁寧にご対応いただき大変スムーズに試合を迎えることができました。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
グラウンドと審判の手配をありがとうございました。とてもレベルの高さを感じました。良い緊張感を持った試合が出来ました。また機会ありましたら、よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
フィリーズ 4 0 Harrier 4月29日(相模湖林間)
【本部コメント】
フィリーズが2戦目にして初勝利!強豪Harrierを圧倒し実力を誇示!!
【試合内容】
先攻Harrier、後攻フィリーズで試合開始。1回裏、フィリーズのはHarrier先発工藤の立ち上がりを攻め、先頭の細川が相手エラーで出塁、続く2番寺崎が四球で出塁すると、1死1、3塁の場面で4番及川の犠牲フライで先制。さらに2回裏、5番曽根がヒットで出塁すると、6番福崎のタイムリー三塁打が飛び出し、リードを広げる。反撃したいHarrierだが、フィリーズ先発長谷部が好投。制球が良く、要所を締めるピッチングで三塁を踏ませない。6回裏、再び6番福崎のタイムリー三塁打、さらに7番佐々木のエンドランが決まり、2点を追加。突き放しに成功する。最終回も先発長谷部がしっかり抑え、4-0でフィリーズの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(フィリーズ)
(Harrier)
朝早くから遠いところまでありがとうございました。緊張感のある良い試合ができました。今後ともよろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました。投手、守備、攻撃とても素晴らしかったです。完敗です。また機会ありました、是非宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
フィリーズ 2 3 アベンジャーズ 3月18日(相模湖林間公園)
【本部コメント】
互角の好勝負!最後はアベンジャーズが逆転HRで白星を掴む!!
【試合内容】
先攻フィリーズ、後攻アベンジャーズで試合開始。初回、フィリーズは3連続四球から4番のタイムリーヒット、その後次のバッターが押し出し四球で2点を先制。その裏の攻撃、アベンジャーズは2番の丸山が四球で出塁盗塁後、狩野のタイムリー2塁打で1点を返す。2回は両チーム共無得点。3回表エラーで出塁後、チャンスを作るが無得点。3回裏の攻撃、狩野四球で出塁、4番金澤のバントが内野安打になり、5番大谷凡退後、6番町田が四球を選び満塁。ここで7番の大槻が押し出しの四球を選び、アベンジャーズが同点に追いつく。さらに4回裏の攻撃、1番の佐々木がランニングホームランを放ち逆転。5回は両者とも無得点。最終回、先頭バッターショートライナーで凡退の後、2者連続三振で締めて、アベンジャーズの勝利。
【相手チームへ一言】
(フィリーズ)
(アベンジャーズ)
遠いところありがとうございました。
また機会ありましたら、よろしくお願いします。
グランド、審判の手配ありがとうございます。
是非また機会があればよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Harrier 13 1 YHBC 3月18日(雷塚公園)
【本部コメント】
強力Harrier打線爆発!昨年のリベンジへ向け好スタートを切る!!
【試合内容】
先攻Harrier、後攻YHBCで試合開始。初回Harrierの攻撃。先頭佐久本の2塁打からその後、YHBCは投球が定まらず、押し出しで先制。6番市村、7番狩野のタイムリーもあり5点得点。反撃したいYHBCは2回連打から1点を返す。しかしHarrierの攻撃は四球を絡めながら3回、4回と1番佐久本のタイムリーもあり得点を重ね13対1で勝利した。 (詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(Harrier)
(YHBC)
遠征ありがとうございました。打撃は非常に良く打球速度が物凄いものでした。また機会ありましたら宜しくお願い致します。