TOP > Victoriaリーグ3部(2018年) > 成績表(Eブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 0 0 3 19 4
2 1 0 0 3 8 4
2 1 0 0 3 8 4
4 0 1 0 0 4 8
5 0 2 0 0 8 27
- 0 0 0 0 0 0
- 0 0 0 0 0 0
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Eブロック星取表
   
 

8-4
 
 
 
 
 
8-4
 
 
 
 
 

4-8
   
 
 
 

4-8
 
 
 
4-19
 
 
 
 
 

19-4
   
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
川崎モリーズ 4 8 神奈川インフィニティ 4月8日(とんび池球場)
【本部コメント】
昨季4部リーグ準Vの神奈川インフィニティが逆転勝利で初陣を飾る!!
【試合内容】
神奈川インフィニティ、ヴィクトリア3部で迎えた開幕の先発は望月。先発望月はまさかの乱調で序盤で4失点を失ってしまうも、打線がすぐさま反撃し2点差まで詰め寄る。ここで望月に変わって野田がマウンドに上がりテンポのいいピッチングで流れを作るピッチング!打線もこの流れに乗り、粘って出塁して4番手塚のタイムリーなどで逆転に成功!このまま逃げ切り、8対4で神奈川インフィニティが初戦を飾った。
【相手チームへ一言】
(川崎モリーズ)
(神奈川インフィニティ)
ありがとうございました。
また機会があればよろしくお願いします。
グランド、審判の手配などありがとうございます!
緊迫感のある試合でした!またよろしくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
横浜ゴーヘッズ 8 4 横須賀ウイングス 4月8日(新杉田公園)
【本部コメント】
横浜ゴーヘッズが逆転勝利!深澤、中村らの活躍で劣勢を撥ね退ける!!
【試合内容】
先攻のウイングスは、ゴーヘッズ先発加藤投手の立ち上がりを攻める。先頭の内海選手が四球で出塁すると、続く俣賀選手のセカンドゴロの間に2塁に進む。この好機に3番松下選手がキッチリと中前に適時打を放ちあっさりと先制点をあげる。その裏 ゴーヘッズも反撃。先頭の清水選手が四球で出塁すると、連続盗塁で3塁を陥れる。これで焦ったか、ウイングス松濤投手の投球がワイルドピッチとなり、3塁から清水選手が生還。試合を振り出しに戻した。同点に追い付かれたウイングスは、続く2回、ゴーヘッズの守備の乱れに乗じノーヒットで2死満塁のチャンスを作り、先制点を叩き出した3番松下選手に託す。ここで松下選手は、またもや中前に弾き返し、2点を勝ち越し。しかし、ゴーヘッズもしぶとく食い下がる。松濤投手の制球の乱れにつけこみ3連続死四球で2死満塁と好機を作ると、3番深澤選手が走者一掃の二塁打を放ち逆転。なおも、4番中村選手の左翼線二塁打で更に1点を追加。これで流れを掴んだゴーヘッズは、3回以降も小刻みに加点し、8-4で勝利した。
【相手チームへ一言】
(横浜ゴーヘッズ)
(横須賀ウイングス)
対戦ありがとうございました。
次回はリベンジできるように頑張ります!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
横浜BLUESTARS 19 4 横須賀ウイングス 4月1日(新杉田公園)
【本部コメント】
BLUESTARS打線が驚異の19得点!ルーキー対決を4回コールドで制す!!
【試合内容】
BLUESTARS先攻で試合が始まり、1番高橋がいきなりヒットで出塁すると相手ピッチャーが乱れ、押し出しなどで3点取る。その裏ピッチャー伊藤のエラーから四死球やバッテリーエラーで3点返され同点に追い付かれる。2回BLUESTARSの攻撃、四死球やエラーで3点取り主導権を握ったと思いきや、エラーとバッテリーミスで1点返され6対4。しかし3回、BLUESTARS打線が爆発し一挙7点。その裏ショート高橋の好プレーもあり初めての無失点。4回ランナーを貯めて杉浦と池田の長打などもあり6点取ると、4回の裏も無失点で抑えBLUESTARSがコールド勝ち。横須賀ウイングスはチーム全体で4安打と打線が沈黙。試合全体を通して8つもの残塁を記録してしまい、走者を得点に結びつけることが少なかった。三振は松尾の1つのみであったが、相手投手を打ち崩せず凡打の山を築いてしまった。守備では多くの失策も絡み、先発松尾が被安打11を含む13失点。唯一良かった点は相手投手のコントロールの隙を突き、8つの四死球を選べたこと。
【相手チームへ一言】
(横浜BLUESTARS)
(横須賀ウイングス)
遠い所ありがとうございました!
また機会があればよろしくお願いします!
結果としては酷いものになってしまい、申し訳ありませんでした。次回はリベンジできるように頑張りますのでお願いします。