TOP > Victoriaリーグ3部(2018年) > 成績表(Dブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 3 0 2 11 32 14
2 3 1 0 9 25 11
3 2 1 1 7 16 17
4 2 2 0 6 15 14
5 1 3 0 3 15 24
6 1 3 0 3 15 35
7 0 2 1 1 9 12
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Dブロック星取表
① GYOSEI
   

2-12
 

8-4

4-14

1-5
 
 
2-4
 
 

3-3

4-5

12-2

4-2
 
6-3

3-4
 
 
 
 

3-6
 
5-7

3-9

4-2

4-8
 

4-3

7-5
 
1-1
 

14-4

3-3
 

9-3

1-1
 
5-3

5-1

5-4
 

2-4
 

3-5
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ステイドリームクラブ 5 7 NEW Blue Winds 7月15日(大原公園)
【本部コメント】
NBWが2連勝で勝ち越し!東京ステイの猛追退け、ブロック3位浮上!!
【試合内容】
先攻NBW、後攻東京ステイで試合開始。初回の表、NBWは2アウトから1点を挙げ、2回も満塁から走者一掃の3塁打で3点を追加する。その裏東京ステイも2点を返し4対2に。しかしその後、NBWは3点を追加し7対2とするが、5回の裏東京ステイはここまで好投していた樽井に変わった川村から、ヒットと柵越えのホームランで2点を返しさらに1点を挙げ7対5に。最後は川岸がなんとか踏んばりゲームセット。最後までもつれた試合はなんとかNBWが逃げ切り勝利した。
【相手チームへ一言】
(東京ステイドリームクラブ)
(NEW Blue Winds)
 
猛暑の中、ありがとうございました。また、グランド日程調整等ありがとうございました。最後まで分からない緊迫した試合でした。今後も宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
葛飾セブンベースボールクラブ 4 2 Kawaguchi Club 7月8日(大宮健保)
【本部コメント】
4番西條が気迫の決勝打!葛飾セブンが逆転勝ちで3勝目をGET!!
【試合内容】
気温30℃を超える中、先攻KawaguchiClub、後攻葛飾セブンで開始。5回までは西山、大山航の投手戦で両者無得点。試合が動いたのは終盤6回、KawaguchiClubは二死から失策2つで得たチャンスに4番萩原の左越えツーベースで2点を先制。追う展開となった葛飾セブンはその裏、一死から死球と大山航、宮田の連続ヒットで満塁のチャンスを作ると、こちらも4番西條の走者一掃左越えスリーベースで逆転に成功。勢いに乗った葛飾セブンはさらに安藤の犠牲フライで加点し、この回4点を奪った。大山は7回を危なげなく3人で抑え、葛飾セブンが逆転勝利。リーグ戦3勝目をあげた。
【相手チームへ一言】
(葛飾セブンベースボールクラブ)
(Kawaguchi Club)
松本さま、チームの皆様、本日はありがとうございました。また今後ともご交流をよろしくお願い致します。
本日は、暑い中ありがとうございました。非常に勉強になりました。また対戦よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GYOSEI 2 12 葛飾セブンベースボールクラブ 7月1日(亀戸野球場)
【本部コメント】
新妻の熱投に打線が応える!葛飾セブンが2勝目を飾り2位浮上!!
【試合内容】
先攻葛飾セブン、後攻GYOSEIで試合開始。1回裏、葛飾セブンは幸先良く1点を先制するが、2回表GYOSEIは5番朝比奈のホームランで同点に追い付く。しかし2回裏、3回裏に葛飾セブンは追加点を奪うと、2-4で迎えた4回裏に葛飾セブンは四死球、三塁打、満塁ホームラン等で一挙8点を奪い、10点差でコールド勝利を収めた。投げては新妻が完投勝利。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(GYOSEI)
(葛飾セブンベースボールクラブ)
暑いなか対戦ありがとうございました。
また機会があれば対戦宜しくお願い致します。
この度は、対戦頂きありがとうございました。
また、是非とも宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Super New 5 3 東京RIOT 6月10日(石神井公園B)
【本部コメント】
Super NewがWヘッダー連勝!勝ち点を11に伸ばし決勝T進出へ前進!!
【試合内容】
先攻東京RIOT、後攻Super Newで試合開始。1回表、RIOTは満塁までチャンスを作るも無得点に終わる。その裏Super Newは2番柿間のソロホームランで先制する。その後さらにランナー2塁とし、5番上原のツーランで初回に3点先制する。続く2回表、RIOTはヒットと四球で満塁を作ると押出しやエラーで3点入り同点とする。しかしその裏、Super Newはヒットと死球で1アウト2、3塁とし柿間のタイムリーで勝ち越し、ワイルドピッチの間にさらに1点追加で3-5とリードする。5回表に東京RIOTが3点を奪い逆転するもここで時間切れとなり、4回のスコア3-5でSuper Newの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(Super New)
(東京RIOT)
本日は天候が悪い中、ありがとうございました。
また機会があればよろしくお願い致します。
雨の中、お疲れ様でした。幻の5回の逆転が無効になってしまったのは残念でしたが、いい試合が出来たと思います。また対戦する機会がありましたら、宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ステイドリームクラブ 3 9 Super New 6月10日(大原公園)
【本部コメント】
南雲が2打席連発!Super NewがWヘッダー初戦を制し首位浮上!!
【試合内容】
先攻Super New、後攻東京ステイドリームクラブで試合開始。ステイの先発は梅田。初回、Super Newは2アウト2、3塁から5番野口のタイムリーで2点先制する。2回表には、南雲の2ランHRなどで3点追加しリードを広げる。4回裏、好投を続けていた先発田中が、石巻のヒットと盗塁で2塁にランナーを置くと、樋口にタイムリーツーベースを打たれて1点返される。3回からマウンドに上がったステイ渡邊、4回までホームを踏ませなかったが、5回表にSuper New南雲が本日2本目のソロホームランを放ち、6回にも1点追加する。その裏、投手が小林に変わったところで四球とエラーで1点失うが、最終回にSuper New3番大島のセンターオーバーのソロHR等があり、さらに2点追加する。ステイは7回裏に高倉の二塁打、エラー絡みで1点返すも追い上げはここまで。9-3と大差でSuper Newの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(東京ステイドリームクラブ)
(Super New)
打撃のある素晴らしいチームですね。また機会があれば対戦願います。今後とも宜しくお願いします。
審判、グランドの手配ありがとうございました。
また機会があればよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
葛飾セブンベースボールクラブ 3 4 NEW Blue Winds 6月3日(江戸川病院前)
【本部コメント】
宇都宮がサヨナラHR!NEW Blue Windsが劇的勝利で3位浮上!!
【試合内容】
先攻の葛飾セブンは2回にランナーを3塁に置くとあっさり1点を先制する。しかし後攻NBWもその裏、2アウトから連打と四球で満塁にすると、1番湊が走者一掃の3塁打で逆転。しかし、葛飾セブンも3回に1点を挙げジリジリと追い詰めると、6回に同点に追いつく。そして最終回ここまで粘ってきた先発樽井がなんとか葛飾セブンを無得点に抑えると、その裏先頭の宇都宮が右中間を抜くランニングホームランを放ち、NBWが劇的なサヨナラ勝ちをおさめた。
【相手チームへ一言】
(葛飾セブンベースボールクラブ)
(NEW Blue Winds)
栗原さま、本日はありがとうございました。
またの機会によろしくお願い致します。
この度は無理な試合調整等ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GYOSEI 8 4 NEW Blue Winds 6月3日(亀戸野球場)
【本部コメント】
GYOSEIが今季初白星!予選突破へ向け貴重な勝ち点3を掴む!!
【試合内容】
先攻GYOSEI、後攻NEW Blue Windsで試合開始。1回表、GYOSEIがNBWの連続エラーで1点を先制すると、3回にも朝比奈の適打で3点を追加。しかしNBWもその裏1点を返し、4回には連打で3点を挙げ同点に追いつく。最終回となった6回、GYOSEIはこの回から変わった樽井から連続四球や失策、適打を絡ませ4点を挙げる。その裏時間ギリギリだったがNBWは追い上げることができずそのままゲームセット。8対4でGYOSEIが勝利した。
【相手チームへ一言】
(GYOSEI)
(NEW Blue Winds)
対戦ありがとうございました。また宜しくお願い致します。
グランドの手配等ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ステイドリームクラブ 4 2 東京RIOT 5月27日(大瀬運動公園)
【本部コメント】
東京ステイドリームが反撃開始!首位RIOTに土をつける今季初勝利!!
【試合内容】
先攻・東京ステイドリームクラブ、後攻・東京RIOTで試合開始。RIOTの先発は羽山。初回、ステイは1番佐藤が死球で出塁。犠打後に3番樋口の安打、すぐさま盗塁。1アウト三塁二塁で4番鈴木、センターの頭上を越える2点タイムリースリーベースで初回3点の先取点。さらに2回には9番渡邊のソロHRで勢いに乗るステイ。それを追いかけるRIOT、3回9番前田の安打、1番上島のエンツーで得点圏にランナーを進めるも得点ならず。ステイ先発の渡邊に抑えられてしまう。その後、両チームともランナーが出るもホームを踏むことが出来ず、3回以降『0』がスコアボードに並ぶ。試合が動いたのは最終回、2連勝中の意地を見せるRIOT。高江洲が出塁し1アウト一塁、8番座安がツーランHRを放つ。がしかし後続が倒れ、4-2でステイが逃切り、勝利を物にする。
【相手チームへ一言】
(東京ステイドリームクラブ)
(東京RIOT)
今回は晴天になり良かったです。中盤終始点が動かず緊張感のある試合でした。どうもありがとうございました。今後とも何卒、宜しくお願い致します。
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。また機会があればリベンジしたいと思います。ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Kawaguchi Club 3 3 Super New 5月20日(江戸川広域)
【本部コメント】
平山が土壇場の同点打!両チーム善戦も勝星掴めず順位変動なし!!
【試合内容】
先攻KawaguchiClubの先発は米山未来、後攻Super Newの先発は加納で11時プレイボール!2回裏、Super Newはレフト米山翼のエラーと送りバントで1死三塁のチャンスからワイルドピッチで1点先制。3回表、KawaguchiClubは1死から山口のヒット、米山未来のツーベースヒットでチャンスを作り、酒井のスクイズで同点に追いつく。3回裏、サード山口の悪送球とワイルドピッチ後、天野のライト前ヒットでSuper Newが勝ち越し!その後も両軍チャンスがあるも4回5回と無得点で迎えた最終回、KawaguchiClubの攻撃は1死後、2つの四死球と内野安打で1アウト満塁のチャンスに辻のタイムリーで2点を取り、3-2と逆転!しかしSuper Newはこの日当たりの無かった柿間がライトへのツーベースで出塁、再びワイルドピッチで三塁へ進むと、後続の2人が倒れるも、DH平山がしぶとくレフトへ値千金のタイムリーを放ち同点。しかし次打者が打ち取られゲームセット。3-3の痛み分けとなった。
【相手チームへ一言】
(Kawaguchi Club)
(Super New)
今日は遠征お疲れ様でした。
練習試合よろしくお願い致します。
グラウンド及び審判のお手配ありがとうございました。
機会ございましたら今後とも是非よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
葛飾セブンベースボールクラブ 6 3 東京ステイドリームクラブ 5月13日(柴又第一)
【本部コメント】
大山(航)が投打の活躍!葛飾セブンが新ステージで白星発進!!
【試合内容】
お互いがリーグ初戦となった一戦。先発は葛飾セブンは大山(航)、東京ステイドリームは梅田。葛飾セブンは初回、四球で出た平林が盗塁を決めると3番宮田がたたきで1点を先制。2回も大山(昇)の2塁打を足掛かりに大山(航)のタイムリーで追加点を奪う。対するステイドリームはその裏、5番鈴木の特大本塁打で1点差とすると、更に3回二死からエラーと斎藤、樋口の連打で逆転に成功。追う展開となったセブンは4回、ヒットで出た大山(航)が連続スチールを決めるとパスボールで本塁に突っ込み、同点に追いつく。5回、代打安藤の右越えランニングホームランで再逆転に成功すると、更に6回、代打佐野間の左中間タイムリー2塁打等で更に2点を追加し勝負を決める。投げては大山(航)が4回以降はほぼ完ぺきな投球で抑え、葛飾セブンがリーグ戦初戦を勝利で飾った。
【相手チームへ一言】
(葛飾セブンベースボールクラブ)
(東京ステイドリームクラブ)
渡邊さまチームの皆様、本日は対戦ありがとうございました。
これからも引き続きご交流を宜しくお願い致します。
佐野間様をはじめ、チームの皆様、ご対戦ありがとうございました。プレーはもちろんなのですが、メンバー皆様の相手チームへの姿勢に感銘を受けました。最後挨拶に伺った際、皆様がこちらを向いて礼。とても気持ちが良かったです。我がチームも見習いたいです。今後とも宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Kawaguchi Club 4 5 東京RIOT 4月22日(江戸川広域)
【本部コメント】
東京RIOTが開幕2連勝!昨年3位のKawaguchi Clubを下し首位浮上!!
【試合内容】
川口先攻、東京後攻でプレイボール。初回は共に無得点、2回に川口は2本のヒットとワイルドピッチで先制。その裏すかさず瀬野尾のホームランで東京が同点に追いつく。川口も負けずに3回にホームランで逆転、4回、5回と四死球とワイルドピッチで1点ずつ追加。しかし4回に東京は四球とエラーで2アウト満塁のチャンスを作ると、前田の超特大センターオーバーグランドスラムで逆転。最終回に川口も攻め1点返し、尚もツーアウト満塁のチャンスも米山未来が三振に倒れゲームセット。東京RIOTが2本のホームランで勝利した。
【相手チームへ一言】
(Kawaguchi Club)
(東京RIOT)
本日は、遠征お疲れ様でした。
またの対戦楽しみにしてます。頑張ってください。
Kawaguchi Club様、暑い中、お疲れ様でした。非常に洗練された戦術で脱帽でした。また最後までどちらが勝ってもおかしくない試合展開でした。また是非、対戦お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
NEW Blue Winds 1 1 Super New 4月22日(亀戸野球場)
【本部コメント】
SuperNew開幕2連勝ならず!両投手が粘投を見せ、勝ち点1を分け合う!!
【試合内容】
先攻NewBlueWinds 後攻Super Newで試合開始。両チーム2回まで無得点。3回表にNBWは先頭打者の川村が2塁打で出塁すると、後続の3塁ゴロの間にホームインし待望の1点を先取。4回裏、Super Newは先頭が3塁打で出塁、次の打者が2塁打の連打で同点に追いつく。しかしその後は両チーム無得点で1-1にて引き分け。両軍チャンスは作るもの投手が踏ん張りあと一本が出なかった試合だった。
【相手チームへ一言】
(NEW Blue Winds)
(Super New)
引き締まったいい試合でした。
調整等ありがとうございました。
グランド、審判のお手配ありがとうございました。とても良い試合で楽しかったです。また機会があればよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GYOSEI 1 5 東京RIOT 4月1日(潮見野球場)
【本部コメント】
東京RIOTが快勝デビュー!期待の若武者が投打で輝きを見せる!!
【試合内容】
東京RIOTは1回裏、一死1,3塁から失策と内野安打の間に2点を先制する。その後は両先発が踏ん張り2-0のまま後半戦を迎える。5回裏、東京RIOTは3本の長短打等で打者一巡の攻撃により3点を追加。6回表、GYOSEIは無死1,3塁のチャンスを作るも併殺崩れの間に一点を返すに留まり、5-1で東京RIOTが勝利を納めた。
【相手チームへ一言】
(GYOSEI)
(東京RIOT)
対戦ありがとうございました。
また機会があれば宜しくお願い致します。
グラウンドの手配から派遣審判の手配までありがとうございました。最後まで両軍とも締まった試合が出来たかと思います。また機会があれば是非、対戦お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Super New 14 4 GYOSEI 3月25日(潮見野球場)
【本部コメント】
新星Super Newが白星発進!14得点の快勝でスタートダッシュ成功!!
【試合内容】
Super New先攻、GYOSEI後攻で試合開始。1回表、Super Newは先頭の松浦がセンター前で出塁すると5番南雲のタイムリーで先制点をあげる。(1-0) しかし、GYOSEIもその裏、2アウトからクリーンアップの長打ですぐさま追い付き同点。(1-1) 2回表、2アウト1塁から松浦のラッキーなポテンヒットの間に天野の激走で勝越し。(2-1) またもやその裏、守備の乱れから長打を許し3点が入り逆転される。(2-4) 3回は両チーム無得点で接戦の雰囲気の中、4回先頭の6番平山のヒットから四球を絡めて無死満塁のチャンスで1番松浦のタイムリーで同点に追いつくと、Super New打線が爆発し、この回5点のビッグイニング。(7-4) この裏継投に入り2番手の加納がピシャリと抑えいい流れの中、5回またも先頭の平山が二塁打で出塁すると勢いが止まらぬ連打で5点入れ、流れを完全に引寄せる展開となる。(12-4) 6回表にも2点追加し、流れをものにしたSuper Newが15安打14得点で試合終了。 (14-4)
【相手チームへ一言】
(Super New)
(GYOSEI)
本日はありがとうございました。グランドから審判の手配までやって頂き感謝致します。長打力のある打線で流れによっては逆の展開になっていてもおかしくない試合だったかと思います。また機会があれば是非よろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
また機会があれば宜しくお願い致します。