TOP > Victoriaリーグ3部(2020年) > 成績表(決勝トーナメント)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  Hブロック  Iブロック  決勝トーナメント
※ 各ブロック上位チームが決勝トーナメント進出
ワイルドカード枠 →【順位確定について】
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
MR.cherryboys 3 4 MilkyWave 9月20日(武蔵野公園)
白井の先制弾に西の同点打!MilkyWaveが逆転勝利を飾り2年連続の1回戦突破!!
【試合内容】
先攻MR.cherry boys、後攻MilkyWaveで試合開始。1回表、MR.cherry boysは3連打で二死満塁とするも無得点。その裏、MilkyWaveは2番白井のレフト柵越え本塁打で1点を先制する。3回表、MR.cherry boysは1番森崎の2塁打を皮切り無死一、三塁とすると、フィルダースチョイスで同点。さらに無死二、三塁とし、4番本山のショートゴロがエラーを誘い、二塁、三塁ランナーが返って3対1と逆転する。3回裏MilkyWaveは、9番のレフト柵越え本塁打で1点を返し、2対3となる。さらに4回裏、失策、四球で一死一、二塁とすると、8番西がレフト前タイムリーヒットを放ち、3対3の同点。その後一死満塁となり、押し出し四球で逆転。3対4となる。7回表MR.cherry boysは、二死二塁と一打同点のチャンスを作るが最後はサードゴロで試合終了。4-3でMilkyWaveが勝利した。
【相手チームへ一言】
(MR.cherryboys)
(MilkyWave)
MilkyWave 矢木野様、本当にありがとうございました。グラウンドや試合時間の調整等、たくさんしていただき、大変感謝しております。野球力の高さ、マナーの良さ等、参考になることがたくさんありました。優勝することを心から願っています。また、機会がありましたら今後ともよろしくお願いいたします。
この度はご対戦ありがとうございました!チーム一丸の姿勢に大変刺激を頂きました。また機会がありましたらよろしくお願いいたします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
レッドスコーピオンズ 7 5 STBC 9月20日(朝霞市営球場)
早川が逆転打!Fブロック対決はスコーピオンズが5点差をひっくり返し劇的勝利!!
【試合内容】
レッドスコーピオンズ先攻、STBC後攻で始まった試合。1回表無得点。レッド先発は松田。1回裏、STBCは2番が2塁打で出塁すると、牽制悪送球で1点先制。2回はお互い無得点。3回裏、STBCは安打と四球でランナーが溜まりタイムリーとパスボール2つで4点追加。5対0になる。反撃したいレッドは4回表、1番~3番まで四死球で無死満塁とする。4番三振の後、5番の内野ゴロが相手エラーを誘い1点返す。6番松田が死球で押出し2点目。迎えるは1打席目2塁打の7番月岡。見事センターオーバーの2塁打を放ち、走者一掃で同点。続く8番早川も2塁打で逆転。9番が倒れて1番正木も2塁打で追加点。レッドがこの回一挙に7得点で逆転。その裏、内堀がランナーを出すも抑えて時間切れで試合終了。レッドスコーピオンズが5点差をひっくり返す劇的勝利。
【相手チームへ一言】
(レッドスコーピオンズ)
(STBC)
本日は遠方からまたナイターにも対応して頂きありがとうございました。2回目の対戦となりましたが雰囲気も良く本当に良いチーム様でした。熱い試合が出来て良かったです。また機会がありましたら是非お願いします。
最終回の集中打、見事としか言いようがありませんでした。まだまだとても未熟だと実感できました。必ず来年借りを返します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
JOKER 11 1 New Blue Winds 9月20日(大宮健保)
内山の先制弾に太刀川(璃)の決勝打!新星JOKERが毎回11得点を挙げコールド発進!!
【試合内容】
JOKERの先発柳田は立ち上がり三者凡退に抑える。その裏、JOKERは3番内山のソロホームランで先制。2回表にNBWがすぐに追いつくも、その裏JOKERは8番太刀川(璃)に2点タイムリーが飛び出し、3対1とすぐさま逆転に成功する。3回裏には2番杉山の安打を足がかりに4番齋藤のタイムリー、この日2本目のタイムリーを8番太刀川(璃)が放ち試合を決めた。終わってみれば毎回得点11-1のコールドゲームとなった。
【相手チームへ一言】
(JOKER)
(New Blue Winds)
対戦ありがとうございました。
時間の厳しいなか調整等ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
上尾西ブルースカイズ 1 0 品川オレンジ 9月20日(大宮健保)
白熱の投手戦は上尾西ブルースカイズに軍配!新星オレンジ下し初の決勝T初戦突破!!
【試合内容】
上尾西ブルースカイズは初回、満塁からのタイムリーヒットで1点を先制。その後投手戦となり両チーム得点できず、そのままゲームセット。1対0で上尾西ブルースカイズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(上尾西ブルースカイズ)
(品川オレンジ)
遠方から、わざわざありがとうございました。
また機会があったらよろしくお願い致します。
コロナで大変なところ、対戦調整していただきましてありがとうございました!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清瀬ロングコックス 10 0 G-mates 9月13日(大宮健保)
平澤のダメ押し弾に高崎が完封シャットアウト!ロングコックスが1回戦を圧勝突破!!
【試合内容】
先攻・清瀬ロングコックス、後攻G-matesにて試合開始。ロングコックスは高崎-小寺、GMは大道寺-南部圭のバッテリー。1回表、ロングは2番西が一失で出塁すると、3番山田の一塁内野安打で1死1,2塁とする。4番小寺は一飛も5番沼澤が四球を選び2死満塁とするが、GM先発の大道寺が踏ん張りKL6番外崎を右飛に抑えピンチを脱する。その裏、G-matesは先頭1番鳥居が中安打で出塁し、すかさず二盗。3番青山聖の中飛で3塁まで進むが、ロング先発の高崎が4番南部智を中飛に抑え要所を締める。2回表、ロングは7番堀が右中間二塁打、9番ジュニオール死球、1番平澤四球で2死満塁から、3番山田が右前に弾き返し2点を先制。更に4回表KLは1番平澤が一死で出塁すると2番西の右中間適時三塁打で1点、3番山田の中前適時打で1点を追加し4-0とする。5回表GMはバッテリーを南部圭-海津にスイッチ。その後得点を積み重ね、1番平澤のダメ押し3ランで8-0とリードを広げる。GMは5回裏7番高橋の中安打と二盗、2番村岡の四球で2死1,2塁の好機を作るも、3番青山聖にあと1本が出ず反撃ならず。6回表ロングは1死2,3塁から6番外崎の2点中前適時打で10-0とする。6回裏、ロング高崎はGM打線を3人で打ち取り10点差コールドが成立。投げては高崎が2安打完封で締め、ロングコックスが2回戦へと駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコックス)
(G-mates)
G-matesの皆さま、遠方からお越しいただき有難うございました。迅速な日程調整、大変感謝いたします。また対戦よろしくお願いいたします!
グラウンド及び審判のご手配誠に有難うございました。上位を中心に振りの鋭い打線に加え堅実な守備で、実力の差が出たゲームだったと思います。是非とも再挑戦させていただきたく、シーズンオフのオープン戦を含め引続き宜しくお願いできればと存じます。トーナメント次戦以降もプロ球場目指して決勝まで頑張ってください!