TOP > Victoriaリーグ3部(2020年) > 成績表(Aブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  Hブロック  Iブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 0 0 3 14 9
2 0 1 0 0 9 14
-            
-            
-            
-            
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Aブロック星取表
① G-mates
 
14-9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

9-14
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
G-mates 14 9 インソムニアスターズ 3月22日(大宮健保)
大道寺が勝ち越し弾!G-matesが乱打戦を逆転で飾り白星スタート!!
【試合内容】
序盤から両軍点の取合いとなったが、5回表にG-matesが4点差を逆転し、今季リーグ初戦を勝利で飾った。 先攻インソムニアスターズ(以下IS)、後攻G-mates(以下GM)で試合開始。IS先発バッテリーは”岸野-日吉”、GMは”大道寺-海津”。 1回表GMは3番青山雄が投安(強襲)で出塁。4番村岡(四球)、5番浅井(死球)が繋ぎ二死満塁とすると、今季新加入の中村与が初級を中前に弾き返し2点を先制。 1回裏ISは1番秋山が二失で出塁。3番柴田の四球と捕失から二死1,2塁、5番臼田が2球目を捉え左前2点適時打とし同点。お互い主導権を相手に渡さない激しい展開となる。 3回表GMはISリリーフ坂東から2番加茂が2球目を左翼席へ運び1点を勝ち越し。 3回裏ISは1番秋山が遊失で出塁、三盗後3番柴田遊ゴの間に生還し同点。更に4番畑山の四球出塁後、5番臼田が4球目を左翼席へ運び2点を勝ち越し。 4回裏ISはGMリリーフ中村与を攻め、8番日吉の右前安打、1番秋山の左中本で2点を追加しリードを4点とする。 5回表GMはISリリーフ佐々木から1番南部智が四球、2番加茂の中前安打で無死1,3塁とし、加茂の二盗に乗じ三走南部智が生還。3番青山雄の中前安打、4番村岡の四球で無死満塁とし、代打春名の遊ゴの間に三走加茂が生還。更に6番中村与の二失にて三走青山雄が生還すると、8番海津の二失から三走村岡が生還し同点。続く9番大道寺が左翼席に運び3点を勝ち越し。 5回裏ISは6番佐々木が一安で出塁し二盗、二死後9番岸野の左二で1点を返し2点差。1番秋山死球で二死1,2塁とし2番坂東が右前に運ぶも、一走秋山が二走岸野の本塁突入自重に気付かず三塁へ突入。結果三本間の挟殺プレー(岸野)となりこの回1点留り。 6回表ISリリーフ河野が3四死球を与え、GM6番中村与が左翼席へ運び4点を追加。ISリリーフ秋山は二四球を与えるが後続を断つ。 6回裏マウンドに戻ったGM大道寺からIS5番臼田が中安で出塁。二盗と捕失で二死3塁とし、6番佐々木の遊失から1点を返し5点差とするも、続く7番河野がホームベース付近にフライを放ち、捕手海津と交錯し守備妨害となり試合終了。14-9でGMの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(G-mates)
(インソムニアスターズ)
事前の調整から当日の運営までスムーズにご進行いただき大変有難うございました。シーズンオフのオープン戦も含め今後とも是非よろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました。特に上位打線が強力でした!またチャンレジさせてください!よろしくお願いします。