TOP > Victoriaリーグ3部(2020年) > 成績表(Iブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  Hブロック  Iブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 3 0 0 9 24 5
2 3 0 0 9 19 2
3 1 2 0 3 13 17
4 1 1 0 3 9 15
5 0 2 0 0 9 11
6 0 1 0 0 1 4
7 0 2 0 0 0 21
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Iブロック星取表
   
 

1-4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 

6-5

8-0
 
 

10-0
③ Hustler

4-1
 
 
   
 
 
 

4-1

11-0
 
 

5-6
 
 
   
 

4-5
 
 
 
 

0-8
 
 
 
 
 
9-7
 
 
 
 
 
 

1-4

5-4

7-9
   
 
 
 

0-10

0-11
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
我孫子フラワーズ 10 0 千葉ボルテックス 7月5日(ゆうゆう公園)
フラワーズが首位浮上!無失点継続中のエース北澤(玲)が2試合連続完封!!
【試合内容】
千葉ボルテックス先攻、フラワーズ後攻で試合開始。雨の中試合が始まり、初回1番北澤(京)が四球で出塁し盗塁、2番小澤のセーフティーバントが決まりノーアウト2.3塁のチャンスを作る。続く北澤(玲)が凡退後、4番の武田のファーストゴロの間に3塁ランナーの北澤(京)の好走塁で先制点を奪う。続く浮谷もヒットで繋ぎ、併殺崩れや四球も絡み初回に4得点を奪う。いきなり4点を追いかけるボルテックスにとっては苦しい展開。ボルテックスは4回表、ヒットと四球で満塁のチャンスを作るもあと1本が出ず無得点。1回途中からリリーフした小野は2.3回と無失点の好投を見せるも5回、小澤、北澤(玲)の連続ヒットでチャンスを作り、タイムリーエラーや7番佐藤(郁)のスリーランが飛び出し突き放しにかかる。続く軽部が四球、牧島がこの日2本目となるツーベースを放ち、最後は1番北澤(京)のヒットでコールド勝利。フラワーズはVictoriaリーグ失点0のエース北澤(玲)が雨の中毎イニング三振を奪う好投で5回を投げ1安打完封勝利。
【相手チームへ一言】
(我孫子フラワーズ)
(千葉ボルテックス)
本日は雨の中遠征頂きありがとうございました!
またよろしくお願いします!
対戦ありがとうございました。なんとか一矢報いたいと考えいたのですが完敗でした。また、グラウンド・審判手配などなかなかご協力できず申し訳ありませんでした。試合前の連絡のやりとりも紳士的で大変勉強になりました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 4 1 DIAMONDS 7月5日(湖北台公園)
丹波(誠)が投打の大活躍!Hustlerが注目の新星下し開幕3連勝飾る!!
【試合内容】
先攻DIAMONDS、後攻Hustlerで試合開始。 Hustlerの先発は丹波誠。初回、DIAMONDSは2番山口がレフトスタンドにホームランを放ち1点先制。しかしその裏、HustlerはDIAMONDS先発の濱口投手を攻め、四死球を絡めて二死満塁を作ると、 打席には6番丹波誠。しぶとく左安を放つと、その間に二者生還し、直ぐさま逆転。さらに3回、DIAMONDS2番手富山投手から5番井上、6番丹波誠の連続二塁打、8番藤原の右安で2点追加。 その後はチャンスを作るも決定打が出ず、得点は4点止まり。守備では丹波誠が初回のHR以降、得点を許さず完投。打っても4打数2安打3打点の活躍だった。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(DIAMONDS)
DIAMONDS様、本日はありがとうございました。近隣で活動しているチーム同士ですので、また今後共宜しくお願い致します。
HUSTLER様、ありがとうございました。グランドならびに、審判手配、グランド整備までして頂き感謝いたします。守備・打撃ともに素晴らしいチーム様です。また、胸を貸して頂けましたら幸いです。誠にありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 4 1 フロンティア 6月21日(松山下公園)
間渕の決勝打に宇津木が完投!Hustlerが2連勝を飾りIブロック首位浮上!!
【試合内容】
Hustler先攻、フロンティア後攻で試合開始。Hustlerは初回に相手エラーと四球で無死1.2塁のチャンス。3番中川の右飛の間に2塁ランナーがタッチアップで進塁、一死1.3塁のチャンスに4番駒形が中犠飛で先制。その後満塁と攻めたてるも1点止まり。さらに2回は死球、犠打で一死二塁のチャンスに1番間渕の中二で2点目。5回は先頭の中川が左安で出塁、4番駒形が倒れて一死となるも5番斉藤の右二の間に一塁から中川が生還し、3点目。7回は2番渡邉、3番中川の連続二塁打で4点目。投げては宇津木が最終回に1失点し、完封は逃すも4安打2四球の好投で完投勝利!フロンティアは自粛明け初試合が公式戦となったが、初回からエース小川が制球に苦しんだが、3回以降は立ち直りを見せる。3人の継投で4失点に抑えるも、打線は連打が出ず、最終回に平井、徳留の2本の二塁打で1点を返すのが精一杯だった。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(フロンティア)
本日はありがとうございました。締まった良い試合が出来て勉強になりました。また機会がございましたら宜しくお願いします。
球場に確保、審判の手配までありがとうございました。
投打共にレベルが高く、とても勉強になりました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 11 0 千葉ボルテックス 6月14日(湖北台中央)
丹波・宇津木のNO-NOリレー!優勝候補の一角Hustlerがコールド発進!!
【試合内容】
Hustler先攻、ボルテックス後攻で試合開始。初回は互いに無得点。試合が動いたのは2回表、Hustlerは一死から5番米本が粘って四球を取り、盗塁と相手ミスに乗じて1点先制。2巡目に入った3回には1番間渕、2番斉藤が四球で出塁すると、3番中川は外野フライに倒れるも、4番駒形、5番米本の連続タイムリーで2点追加し、3-0とする。4.5回も四球と安打を絡めて5点、3点と得点を重ねて11-0。投げては丹波誠は初回の1四球のみで4回を無失点、コールド勝ちのかかった5回裏は宇津木がマウンドにあがり、ノーヒットノーランリレーで締めた。ボルテックス先発小野は初回を3人で打ち取る上々の立ち上がりも2回以降強力打線に捕まり失点を重ね、リリーフした世並も勢いを止められず。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(千葉ボルテックス)
遠征いただきありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。
対戦ありがとうございました。力のあるチーム様と対戦できていい経験になりました。またグラウンドや審判の手配もしていただき、感謝です。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
我孫子フラワーズ 8 0 瑞江アライブ 6月7日(富勢運動場)
北澤(玲)が8奪三振!我孫子フラワーズが首位攻防戦を完封で制す!!
【試合内容】
先攻瑞江アライブ、後攻我孫子フラワーズで試合開始。フラワーズは2回に1番の佐藤(聡紀)がライト前を放ち先制。その後、2番北澤(玲阿)、5番織田、9番浮谷の三本のランニングホームランもあり試合を優位に進めた。8番の木崎も3安打3盗塁とチームに勢いをつけた大活躍であった。投げては北澤(玲阿)が7回を被安打1、四死球2、奪三振8つでまとめ完封勝ち。
【相手チームへ一言】
(我孫子フラワーズ)
(瑞江アライブ)
遠くから遠征して頂きありがとうございました!途中アクシデントありましたが最後まで試合出来て良かったです!またよろしくお願いします!
グラウンド手配、審判手配を行って頂きありがとうございました。とても若いチームで走攻守どれも隙がなく、とても強いチームでした。強いチームと試合を行う事ができとても良い経験となりました。誠にありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
DIAMONDS 7 9 瑞江アライブ 3月22日(宝酒造松戸)
4番小山が反撃の一発!瑞江アライブがデビュー戦を逆転勝利で飾る!!
【試合内容】
DIAMONDSは1回裏、先頭の神田(遼)がライト前ヒットで出塁し、盗塁で無死2塁、進塁打で3塁に進むと、3番山口がタイムリーライト前ヒットで先制!3回にも染谷のスリーベースヒットで追加点を奪う!しかし、4回にこれまでパーフェクトだったDIAMONDS先発の濱口が突如くずれ、四球から4番小山に左中間スタンドにソロホームランを浴び、同点に追いつかれる。その後、DIAMONDSは投手交代も制球が定まらず、瑞江アライブが一挙8得点を取り逆転に成功。DIAMONDSは6回に2点返し、最終回には2点差まで猛追、なお2アウトランナー満塁のチャンスだったが、最後はライトフライに倒れゲームセット。瑞江アライブが9-7で勝利した。
【相手チームへ一言】
(DIAMONDS)
(瑞江アライブ)
瑞江アライブ様、今日は遠征いただきありがとうございました!強打のチーム様で、及ばず完敗でした。機会がございましたら、また宜しくお願い致します。ありがとうございました!
DIAMONDS様、本日は試合をして頂きありがとうございました。グラウンド手配からグラウンド整備までして頂き感謝申し上げます。試合ではメリハリのある展開になりとても緊張感がある中で行うことができ、とても楽しい試合となりました。本日は誠にありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
我孫子フラワーズ 6 5 船堀ハーキュリーズ 3月22日(富勢運動場)
我孫子フラワーズがサヨナラ勝利!ハーキュリーズはまたしても1点に泣く!!
【試合内容】
船堀ハーキュリーズ先攻、我孫子フラワーズ後攻で試合開始。先制したのはフラワーズ。初回一死から2番北澤(玲)がセンターオーバーのランニングホームランを放ち、1点を先制。反撃したいハーキュリーズは3回に四球と盗塁でチャンスを作ると、1番兼坂、3番馬場、5番荒井の3本のタイムリーで逆転に成功する。さらに4回には押し出しと内野ゴロの間に加点し、5-2とリードを広げる。しかし粘るフラワーズは5回裏にチャンスを作ると、4番平良が右中間を破る2点タイムリースリーベース。1点差に詰め寄ると、5番浮谷が完璧なタタキを決め同点に追い付く。ハーキュリーズは5回以降、フラワーズ2番手北澤(玲)に完璧に抑え込まれ、勝ち越せない。最終7回裏、フラワーズはヒットと四球で無死二、三塁のチャンスを作ると打席には3番武田。外角のスライダーを狙い打ち、打球はレフトの頭上を越えるサヨナラタイムリーヒット。好ゲームだったが、リリーフがキッチリ抑え流れを作ったフラワーズに軍配が上がった。
【相手チームへ一言】
(我孫子フラワーズ)
(船堀ハーキュリーズ)
本日はありがとうございました!初戦から熱い試合が出来て嬉しい限りです。またの機会よろしくお願いします!
グラウンド確保に審判の手配と本当にありがとうございました。若くて強いチームと(結果だけ見れば)互角に戦えて楽しかったです。また機会があればオープン戦等ご対戦よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
DIAMONDS 5 4 船堀ハーキュリーズ 3月15日(宝酒造松戸)
濱口が逆転打!新星DIAMONDSが終盤のチャンスを活かしVictoria初陣を飾る!!
【試合内容】
前日の雨雪で開催が危ぶまれたものの、DIAMONDSの必死のグラウンド整備によりなんとかプレーボール。初回先攻のハーキュリーズは、ヒットと四球で一死一二塁のチャンスを作ると、打席には4番小山。ストレートを捉えレフトフェンス直撃のタイムリーツーベース。更に内野ゴロにエラーが絡み、初回に2点を先制した。その裏DIAMONDSは、一死一塁から3番神田が右中間へツーベースを放つ。その後内野ゴロの間に1点を返し、試合の流れを渡さない。その後互いに点を取り合い、4-2でハーキュリーズリードで迎えた5回裏、四球のランナーを置き打席にはDIAMONDS4番栗山。カットボールを完璧に捉えた打球はセンターオーバーのタイムリーツーベース。更に途中出場の5番濱口が詰まりながらもライト前に落とし、逆転に成功した。反撃したいハーキュリーズだったが、6回7回と無得点に終わりゲームセット。5-4でDIAMONDSが勝利した。互いにクリーンナップが長打による得点を叩きだし、実力伯仲だったが、終盤のチャンスで効率良く得点を取ったDIAMONDSが一枚上手だった。
【相手チームへ一言】
(DIAMONDS)
(船堀ハーキュリーズ)
船堀ハーキュリーズ様ありがとうございました!初戦からマナーの良いチーム様との試合で気持ち良く試合が出来ました!これからも宜しくお願いします。
グラウンド手配から、整備まで本当にありがとうございました。あんな天気の翌日に試合が出来て、楽しかったです。また機会があったら是非よろしくお願いいたします。