TOP > Victoriaリーグ3部(2020年) > 成績表(Fブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  Hブロック  Iブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 3 0 0 9 11 2
2 1 1 1 4 12 3
3 0 0 1 1 1 1
4 0 1 0 0 1 3
5 0 1 0 0 0 6
6 0 1 0 0 0 10
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Fブロック星取表
① STORM
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6-0

2-1
 
 

3-1
 
 
 
 

0-6
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1-2
 
 
 
1-1
 
 

10-0
⑤ STBC
 
 
 
 
 
 

1-1
   
 
 
 
 
 

1-3
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 

0-10
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
川商Cats 10 0 ギガプライズ 7月5日(鶴ヶ島公園)
川商Catsがコールド勝ち!新星を下し3戦目にして今季初白星を掴む!!
【試合内容】
ギガプライズ先攻、川商Cats後攻で試合開始。1回裏、川商Catsが下柳のタイムリーなどで2点を先制。さらに2回には早川の満塁ホームランを含む猛攻で一挙5点を取り7対0とリード。その後は膠着状態が続くも、5回裏に川商Catsが3点を取り、10対0のコールドゲーム成立。
【相手チームへ一言】
(川商Cats)
(ギガプライズ)
遠方までお越し頂きありがとうございました。
また試合できる日を楽しみにしています。
対戦有難うございました。グラウンドの手配や試合前のセッティングなど、大変お世話になりました。対戦していて強いのは当然なんですが、凄くマナーも含めて気持ちの良いチームでした。また、機会があれば対戦したいと思いましたし、今後の試合もお互い頑張りましょう。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
レッドスコーピオンズ 1 3 SKグリーターズ 6月21日(大宮健保)
SKグリーターズが開幕3連勝!敗れたスコーピオンズもポテンシャル示す!!
【試合内容】
SKグリーターズは初回、死球等でノーアウト一三塁にすると、4番温泉川がライト前にタイムリーを放ち先制。さらに6番山本祥毅のスクイズなどにより3点を取る。その裏、レッドスコーピオンズもチャンスを作り連打で1点を返す。そのまま両投手の好投により試合は均衡。最終回、レッドスコーピオンズは無死二三塁のチャンスを作るも、SK西村が最後を締め、3-1で勝利した。 (取材の写真はこちら
【相手チームへ一言】
(レッドスコーピオンズ)
(SKグリーターズ)
対戦して頂き有難うございました。攻守にとても素晴らしいチームでした。また機会がありましたら宜しくお願いします。
グランド確保並びに審判の手配ありがとうございました。また是非機会がありましたら対戦よろしくお願いします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
川商Cats 1 1 STBC 6月21日(大宮健保)
大山・下柳がタイムリー!互角の好勝負は両者譲らず勝ち点1を分け合う!!
【試合内容】
1回裏、STBCが四球とエラーで無死2.3塁のチャンスを作るも後続が凡退し無得点。その後両者チャンスを作るも投手戦が続く。試合が動いたのは4回裏、STBC先頭の4番岩出が二塁打を放つ。その後三振2つでツーアウトとなるも、7番大山のタイムリーでSTBCが1点先制。5回表に川商Catsは先頭の金島が四球を選び、続く廣重がヒットで続きノーアウト1.2塁とする、その後、ワンアウト1.3塁となり、バッター下柳がセンターへタイムリーヒットを打ち同点とする。その後はお互いチャンスを作るも得点は入らず、1-1の引き分けとなった。
【相手チームへ一言】
(川商Cats)
(STBC)
纏った素敵なチームでした。凄く楽しい試合になりました。ありがとうございました。
グランドと審判の確保ありがとうございました。とても緊迫した試合で熱い気持ちにさせてもらいました。またの対戦を楽しみにしております。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
川商Cats 1 2 SKグリーターズ 6月7日(大宮健保)
エース西村が2戦連続の圧巻投球!SKグリーターズが2連勝で首位をキープ!!
【試合内容】
SKグリーターズは初回から先制の機会を作る。まずは4番温泉川のレフトへのタイムリーヒットで先制。さらに1点を取り試合を優位に進める。川商Catsの投手佐々木は二回以降コントロールが安定し、その後は投手戦となった。川商Cats打線は何度かチャンスを作るが、SKグリーターズ好投手西村を前に一本がなかなか出ない状態が続く。5回に廣重のタイムリーヒットで川商Catsが1点を返すが、西村が要所を締め、1失点完投。SKグリーターズが2-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(川商Cats)
(SKグリーターズ)
朝一からありがとうございました。とても纏まった良いチームで、見習うべきことがたくさんありました。今後とも宜しくお願いします!
グラウンドの確保並びに審判の手配ありがとうございました。また是非機会がありましたら、よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
江古田Rockets 0 6 SKグリーターズ 3月22日(光が丘公園)
西村が圧巻の完封勝利!SKグリーターズが荻原のHR等で初回から猛攻見せる!!
【試合内容】
初回、SKグリーターズは連打で先制し、尚ノーアウト満塁で5番荻原がホームランを打ち一挙に5点をあげる。その後はチャンスを作るもお互い点数には結びつかず。6回、SKグリーターズは加藤大の内野安打で追加点を上げ6-0とする。SK先発の西村は立ち上がりから調子良く、4回までノーヒットピッチング。中盤以降は連打を浴びるも三振で切り抜けるなど要所を占めるピッチングで完封。
【相手チームへ一言】
(江古田Rockets)
(SKグリーターズ)
対戦ありがとうございました。
また機会があればよろしくお願いします。
グラウンド審判の確保ありがとうございました。
またぜひ対戦お願い致します。