TOP > Victoriaリーグ3部(2020年) > 成績表(Eブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  Hブロック  Iブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 0 0 3 10 4
2 0 1 0 0 4 10
-            
-            
-            
-            
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Eブロック星取表
   
 
 
 
 
 

10-4
 
 
 
 
② Harrier
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
④ 青霧
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 

4-10
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ベースリーマン 4 10 横浜ゴーヘッズ 3月22日(子ども自然公園)
初回から打者一巡の猛攻!横浜ゴーヘッズが序盤のリードを守り首位発進!!
【試合内容】
1回表、ベースリーマンの攻撃を三者凡退に切り抜けたゴーベッズはその裏、先制攻撃をしかける。先頭の清水が安打で出塁すると、ここから打線が繋がる。相手の失策と四球で無死満塁とすると、4番中村も四球を選び、あっさりと先制。続く5番内村も中前に弾き返す適時打で1点を追加。その後、2つの押し出し四球で2点を加え、初回から打者一巡の猛攻で4点をあげ優勢に立つ。一方、ベースリーマンもその裏、反撃を見せる。先頭の4番御園生が左前安打で出塁すると、5番酒井の投ゴロが失策となり、無死1,2塁の好機を作る。ここで、6番林が進塁打で各走者を進めると7番長谷川の内野ゴロ間に三塁走者が本塁を陥れ1点を返す。1点を返されたゴーベッズだが、初回の勢いは途切れない。 死四球と暴投で1死1,3塁とすると、5番内村が右前にこの日2本目となる適時打を放ち三塁走者を還すと、相手守備が打球処理を誤る間に1塁走者も3塁を陥れる。続く好機で6番加藤、7番原田の連続適時打で2点を追加、更に9番太丸、1番清水が四死球で、2点を追加し序盤で10点を挙げる猛攻を見せた。ベースリーマンは、4回に関がゴーベッズ先発加藤投手から、7回にはゴーベッズ二番手田邊投手から長谷川が本塁打を放ち意地を見せるも、序盤の大量失点を挽回するには至らずゴーベッズが10-4で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ベースリーマン)
(横浜ゴーヘッズ)
この度はありがとうございました。非常にそつのない野球をされ私共も勉強になりました!
対戦いただきましたこと、並びに審判およびグラウンド手配ありがとうございました。