TOP > Victoriaリーグ1部(2017年) > 成績表(Fブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 3 1 0 9 19 11
2 2 1 0 6 19 5
3 2 0 0 6 9 5
4 0 1 1 1 3 6
5 0 2 1 1 5 10
6 0 2 0 0 6 24
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Fブロック星取表
   
 

0-3
 
 

3-3
 
 
 
 
   
 

0-2

6-2

13-1

3-0
 
 
 
6-5
 
 
 
 
 
 

2-0

6-5
 
1-0

11-5

3-3

2-6
 
 

0-1
   
 
⑥ cheap
 
 

1-13
 
 

5-11
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
はちみつハニー 0 1 Tropicana 6月18日(滝が原運動場)
【本部コメント】
佐藤が2戦連続となる完封勝利!Tropicanaが遂に首位奪取!!
【試合内容】
Tropicanaの先発は佐藤、はちみつハニーの先発は今藤(陸)で試合開始。2回表、はちみつハニーは1アウトから5番中嶋がレフト特大の三塁打を放つが、6番高橋が空振り三振、7番大野も凡退しチャンスを生かせず。5回裏、先頭打者がショート内野安打で出塁したところで、はちみつハニーは今藤(陸)(OUT)→冨塚(IN)に投手交代。その初球を走られるが、ここはキャッチャー小川がきっちりとアウトにする。しかし2アウトから四球でランナーを出すと、盗塁で2アウト2塁から三遊間を抜ける安打で2塁ランナーが一気にホームへ!しかしレフト野田の好返球で間一髪アウトにし、0−0の均衡は続く。最終回の7回、Tropicanaは6番曽田が四球で出塁し、すかさず盗塁を決める。7番田母神のファーストゴロの間に進塁し、1アウト3塁となり、8番大久保がライトオーバーのヒットを放ち、Tropicanaのサヨナラ勝利。投げてはケガの松下に代わり、2試合連続の先発を任された佐藤が前回に続き完封勝利を収めた。
             首位に浮上した Tropicana
【相手チームへ一言】
(はちみつハニー)
(Tropicana)
遠くから遠征して頂きましてありがとうございました。
両チームとも無失策。手に汗握る試合でした。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します!!
今藤様、チームの皆様、ありがとうございました。
どちらに転んでもおかしくない、シビれる試合でした。
今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
相模KOT'S 0 2 Tropicana 5月28日(鹿沼公園)
【本部コメント】
Tropicanaが完封で2勝目GET!3チームが横一線のデッドヒート!!
【試合内容】
Tropicana先発は佐藤、相模KOT'Sは泉で試合開始。両投手の好投で3回までは0行進が続く。試合が動いたのは4回裏、Tropicana1番池田が左中間を破るスリーベースヒットで出塁し、2番三ツ俣の打席でパスボールの間に先制。追いつきたい相模KOT'Sは6回9番萩原がツーベースヒットでチャンスも作るも後続が倒れ無得点。その裏、Tropicanaは9番稲葉がセンターオーバーのスリーベースヒットで出塁し、1番池田の犠牲フライの間に2点目を奪う。最終回、相模KOT'Sは2者連続四球でチャンスを作るも得点には結びつかず、2-0でTropicanaの勝利。先発佐藤は被安打2の完封勝利。
             犠飛を放つなど活躍を見せた 池田選手
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(Tropicana)
Toropicanaの皆様、遠征ありがとうございました。素晴らしい打撃とミスのない守備で完敗でした。またよろしくお願い致します。
吉田様、チームの皆様、グランド手配等ありがとうございました。
投手戦でしびれる試合でした。また宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
相模KOT'S 6 2 はちみつハニー 5月14日(八王子市民球場)
【本部コメント】
相模KOT'Sが開幕2連勝で首位浮上!近年で最高のスタートを切る!!
【試合内容】
先発ははちみつハニー今藤投手、相模KOT'S泉投手で試合開始。先制は相模KOT'S。2回表、先頭の座間がセンター前ヒットで出塁すると、重文字が送りバントを決めランナーを進める。ここから高久、内藤、萩原の三連打に中継ミスも重なり3点を先制する。3回表には先頭の泉がレフトスタンドへのソロホームランで1点追加。さらに阿部がエラーで出塁し、座間がこの日2本目のセンター前でチャンスを広げ、高久がセンターオーバーのツーベースを放ち2点を追加し6‐0とする。対するはちみつハニーも3回裏、9番木村の三塁線を破る安打から、1番二宮・2番福島の三連打で満塁とするも、4番宮内のセンターへの犠牲フライで1点しか返せず。はちみつハニーは5回、1アウトから1番二宮が安打で出塁し盗塁。さらに2番福島のピッチャーフライをまさかの落球し、1アウト1、3塁を作る。そして今年当たっている3番今藤渓だったが、ファーストゴロ併殺。しかし2塁走者をアウトにする前に3塁ランナーがホームに帰っていたため得点が認められ1点を返す。しかし反撃もそこまで。相模KOT'Sが泉投手の完投で6‐2で勝利。
             投打の活躍を見せた 泉選手
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(はちみつハニー)
はちみつハニーの皆様。急なお誘いで対戦頂きありがとうございました。またよろしくお願い致します。
素晴らしい攻撃でした!また宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ドナルドダック 3 0 相模原ウインズ 5月7日(調布西町球場)
【本部コメント】
東京ドナルドダックが開幕ダッシュ成功!2連勝で首位キープ!!
【試合内容】
先攻・相模原ウインズは松木、後攻・東京ドナルドダックは根岸の先発で試合が始まる。1回表、相模原ウインズは3塁までランナーを進めるも無得点。1回裏のドナルドダックは、先頭の1番石井が初球を振り抜きセンターへの3塁打で出塁すると、続く2番大石がレフト前にヒットを放ち先制点を挙げる。さらに4番の村上にもタイムリーツーベースが出て、2点を先制する。ドナルドダックは3回裏にも、3番児島のタイムリーで1点を追加。ウインズは根岸投手の前にヒットは打つものの得点できず、最終回には連打で満塁のビッグチャンスを迎えるも、後続が倒れゲームセット。3対0でドナルドダックが完封勝利。
             完封勝利を挙げた 根岸投手
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(相模原ウインズ)
対戦、ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
負けたものの、良いゲームが出来てよかったです。
また機会がありましたら、宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
相模KOT'S 13 1 cheap 5月7日(横山公園)
【本部コメント】
相模KOT'Sが圧勝発進!エース吉田(正)の好投で2位スタート!!
【試合内容】
先発はcheap渕上投手、相模KOT'S吉田(正)投手で試合開始。先攻の相模KOT'Sは初回から制球に苦しむ渕上投手を攻め、5四死球で2点先制。さらに二死満塁から座間が痛烈なショートライナーを放つもダブルプレーとなる。その裏のcheapは先頭の萩野(祐)がライトスタンドへホームランを放ち2-1とする。しかし、2回表の相模KOT'Sは四死球でランナーを溜めると、ワイルドピッチと鈴木の内野ゴロで2点を追加。3回表には、吉田(正)が四球を選ぶと、座間がライトオーバーのタイムリースリーベースを放ち1点。さらに二死満塁から加藤が走者一掃の右中間スリーベース。続く鈴木がファーストへの内野安打、阿部のライト前などで一挙6点取り試合を決定づける。4回表にも二死満塁から加藤のセンター前とパスボールで3得点。吉田(正)は初回の被弾からは立ち直り、完投。13-1で相模KOT'Sの勝利。
             完投勝利を挙げた 吉田(正)投手
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(cheap)
cheapの皆様、遠征ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ドナルドダック 6 5 Tropicana 4月16日(調布市民球場)
【本部コメント】
明暗を分けた継投策。東京ドナルドダックがシーソーゲームを制し首位スタート!
【試合内容】
先攻、Tropicanaの先発は佐藤、後攻、ドナルドダックの先発は根岸で試合が始まる。1回表、Tropicanaは先頭の池田がいきなりスリーベースを放つと、2番の三ツ俣の内野ゴロで1点を先制する。対するドナルドダックは、4回裏に高木のツーランホームランで逆転に成功。しかし5回表にTropicanaは、ドナルドダックの守備の乱れなどで4点を取り逆転する。その裏、この回から代わった変わった首藤の制球が定まらず、急遽リリーフした神谷も悪い流れを変えることができず、四球と相手のミスなどで4点を取り、ドナルドダックが再び逆転。それとは対照的にドナルドダックは6回表から代わった浜部が2イニングを抑えて、6対5でドナルドダックの勝利。
             好スタートを切った 東京ドナルドダック
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(Tropicana)
対戦、ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
田村様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
はちみつハニー 3 3 相模原ウインズ 4月2日(西寺方グランド)
【本部コメント】
はちみつハニー勝ち切れず。相模原ウインズが土壇場で勝ち点獲得!!
【試合内容】
相模原ウインズ先攻、はちみつハニー後攻でプレイボール。1回~3回は両先発の好投で0点が続く。試合が動いたのは4回裏のはちみつハニーの攻撃、1アウトから4番宮内がレフト線を破るツーベースでチャンスを作ると、5番今藤渓がライト前にタイムリーを放ち先制。さらに6番山本が四球、7番小川が安打で1アウト満塁を作ったが、ここはエンドラン失敗などもあり、1点のみ。6回表、追いつきたいウインズは先頭の4番下山が2ベース、6番吉田がレフトへタイムリー2ベースで同点に追いつく。その裏、はちみつハニーの5番今藤渓がライトへのツーランホームランで追加点をあげる。7回表に、はちみつハニーはピッチャーを変更したが、フォアボールでランナーを溜めると、押し出しと7番佐藤のタイムリーでウインズが同点に追いつく。そのまま引き分けで試合終了。
【相手チームへ一言】
(はちみつハニー)
(相模原ウインズ)
本日はありがとうございました。6回~7回に関してはバタバタでしたが、良い試合でした。また宜しくお願い致します。
しびれる試合展開でした。ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Tropicana 11 5 cheap 3月12日(等々力運動場)
【本部コメント】
松下が復活の粘投!Tropicanaが乱打戦制し白星発進!昨年のリベンジ果たす!!
【試合内容】
先攻cheap、後攻Tropicanaで試合開始。初回、エラーで出たランナーを犠牲フライで返し、cheap先制。追いつきたいTropicanaは先頭の池田がヒットで出塁、連続四球の後パスボールで同点に追いつく。その後西の内野安打で勝ち越し。2回またもエラーで出したランナーをタイムリーで返し、cheap同点。その裏、Tropicanaは四球で出たランナーを池田の内野ゴロの間に勝ち越しに成功。その後、4番塩谷の3ランでダメ押し。先発の松下は粘り強く投げてTropicanaの勝利。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
             MVPに輝いた 塩谷選手
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(cheap)
cheapの皆様、植田様対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
走攻守にバランスがとれていて素晴らしいチームでした。
ありがとうございました。