TOP > Victoriaリーグ1部(2017年) > 成績表(Aブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 1 0 6 19 8
2 1 0 0 3 6 2
3 1 0 0 3 3 2
4 0 1 0 0 2 6
5 0 1 0 0 2 7
6 0 1 0 0 3 10
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Aブロック星取表
① BOOOOON
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
② TABOO
 
 
 
10-3

7-2

2-3
 
 
 
 
 
 

3-10
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2-7
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 

3-2
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6-2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2-6
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 2 7 TABOO 5月21日(前田西公園)
【本部コメント】
強烈な先制パンチ!投打の噛み合ったTABOOが2勝目を飾り首位キープ!!
【試合内容】
タブー永富、吉岡クラブ菊池の両エースの先発で試合開始。試合は初回から動く、タブーは四球とエラーで満塁とすると、5番の相田が柵越えの満塁ホームランを放ち4点を先制する。その後吉岡クラブもホームランで2点を返すが、終盤にタブーが高野のタイムリーなどで3点を追加し、そのまま7対2で逃げ切り勝利した。
             好投を見せた 永富投手
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(TABOO)
 
グランド、審判手配ありがとうございました。
また対戦よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルースカイA 2 6 RED HILL 4月23日(大宮健保)
【本部コメント】
早くも迎えた今季2度目の対決はスプリングに続きREDHILLに軍配!!
【試合内容】
先行ブルースカイA、後攻RED HILLで試合開始。RED HILLは初回、先頭の中村が四球で出塁後すぐさま盗塁し二塁へ。2番遠藤のファーストゴロエラーで先制。その後3番菊岡のセンター前、5番陣内のセンター前ヒットで3点先制。3回に4番若林のランニングホームランにより、4対0とリードを広げる。4回にも相手の四死球などで作った満塁のチャンスから、1番中村のレフト前ヒットで2点を追加。ブルースカイAは4回表、一死二塁から永嶋大がセンターへヒットを放つも本塁タッチアウト。5回表に3本のヒットと、四球でブルースカイAが2点を返すも反撃及ばず、6対2でRED HILLが勝利。
             HRを放った 若林選手
【相手チームへ一言】
(ブルースカイA)
(RED HILL)
平城様、石川様、対戦ありがとうございました。
力不足で申し訳ありません。今後ともよろしくお願いいたします。
永嶋様、グランド・審判の手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルーサンダース 3 2 TABOO 4月16日(大宮健保)
【本部コメント】
ブルーサンダースが接戦を制す!最高峰リーグ昇格初戦で最高のパフォーマンスを披露!!
【試合内容】
先行ブルサンはエース野村、後攻TABOOは児玉の先発でスタート。 初回ブルサンの攻撃、先頭松野がDBで出塁する。2番山下がしっかりと送り3番天野が右中間へ3ベースを放ちブルサンが先制する。続く4番小島がセンターへ犠牲フライを打ちブルサンが幸先良く2点を先制する。2回TABOOの攻撃2アウト1塁3塁とチャンスを作り1点を返す。4回ブルサンは5番戸島(康)が3塁線を破る2ベースを打つ。2アウト3塁となり7番堤がしぶとくレフトへタイムリーを打ち2点差とする。5回のTABOOは3番藤崎がレフトオーバーのHRを打ち1点差に詰め寄る。しかし6回から登板した天野が完璧に抑えブルサンが勝利した。
             投打の活躍を見せた 天野選手
【相手チームへ一言】
(ブルーサンダース)
(TABOO)
TABOOの皆様、本日は対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。またよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 3 10 TABOO 4月9日(大宮健保)
【本部コメント】
TABOOが二桁得点の快勝!リーグ初戦を見事な逆転勝利で飾る!!
【試合内容】
先攻TABOO、後攻GOLGO B.Cで試合開始。初回、互いにチャンスを作るも無得点に終わる。先制したのはGOLGO B.C、3回表に四球と盗塁で得点圏にランナーを置き、中嶌、渡辺のタイムリーで2点を先制。しかし4回裏に、ここまで完璧に抑えられていたTABOOが反撃開始。最近打撃の調子が良いTABOO打線は、四死球やエラーをきっかけに連打で満塁とし、押し出しとタイムリーなどで一挙6点を返すと、続く5回6回にも連打で4点を追加。GOLGOB.Cはその後チャンスは作るも7回に1点を返すのが精一杯。そのまま10対3でTABOOが逃げ切り勝利した。
             白星スタートを切った TABOO
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(TABOO)
対戦ありがとうございました。完敗です。
またぜひよろしくお願い致します。
審判、グランド手配ありがとうございました。
また機会がありましたら対戦よろしくお願いします。