TOP > Victoriaリーグ1部(2017年) > 成績表(Cブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 1 0 6 8 2
2 2 1 0 6 18 13
3 2 1 0 6 9 8
4 1 2 0 3 8 8
5 1 1 0 3 7 13
6 0 2 0 0 5 11
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Cブロック星取表
 
2-3
 
 

0-2
 
 

6-3

3-2
   
 

2-1

4-5
 
 
 
 
 
 
 
0-5
 
 

5-6
④ PIECE

2-0

1-2

5-0
   
 
 
 
⑤ Revival
 
 

5-4
 
 
 
 
 
2-9

3-6
 
 

6-5
 
 

9-2
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 1 2 大宮フェニックス 6月18日(大宮健保)
【本部コメント】
永野、猪岡の鉄壁リレー!大宮の勝利で上位3チームが勝ち点並ぶ!!
【試合内容】
PIECE柴、大宮フェニックス永野の両エースの先発。初回、2回とPIECEはチャンスを作るも後一本が出ず無得点、それに対し大宮フェニックスは3回に山本のタイムリー、5回には再び山本の犠牲フライで2点を先取。PIECEは5回まで大宮フェニックス永野の前に抑えられていたが、6回に1点を返し尚1アウト3塁を作るが、ここでスイッチした大宮フェニックスの守護神猪岡の前に二者連続三振となりゲームセット。2対1で大宮フェニックスが勝利した。
             全打点を叩き出した 山本選手
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(大宮フェニックス)
永野様、大宮フェニックスの皆さん本日は対戦ありがとうございました。オープン戦など今後ともよろしくお願い致します!
PIECE太田様グランド審判手配ありがとうございました。初対戦非常に楽しいゲームでした!また練習試合是非お願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
大宮フェニックス 4 5 Revival 6月4日(大宮健保)
【本部コメント】
Revivalがリーグ初白星!大宮の猛追振り切り、価値ある勝ち点3獲得!!
【試合内容】
Revival松山投手、大宮フェニックス井桁投手の先発マウンド。先取点を取ったのはRevival、一回裏の攻撃。エラーと四球で二死一二塁のチャンスを作ると5番松山選手が左中間へ2点タイムリーを放ちRevivalが2点を先制する。Revivalは攻撃の手を緩めず、二回裏にも追加点を奪う。連続四球で一死満塁のチャンスを作ると、3番高橋が右中間へ走者一掃の3点タイムリーを放ち5-0とリードを広げる。ここまでチャンスを作るもあと一本が出なかった大宮フェニックス打線が3回表に反撃を開始する。先頭の9番井桁選手が三塁打で出塁すると、続く1番山下選手がレフトへツーランホームランを放ち5-2とする。更に連打で二死二三塁のチャンスを作り、6番大谷選手がしぶとくレフト前に2点タイムリーを放ち5-4と1点差に迫る。中盤は松山投手と変わった永野投手が相手打線を封じ0行進となり最終回を迎える。7回表大宮フェニックスの攻撃。Revivalは山田投手へスイッチ。一死から4番橋本選手が四球で出塁し、5番永野選手の内野ゴロの間に進塁し二死二塁と一打同点のチャンスを作る。ここで、6番大谷選手がレフト前ヒットを放ち二塁走者がホームへ突入するもRevival守備陣がうまく繋ぎ間一髪でホームタッチアウト。Revivalが5-4で勝利した。
             先制タイムリーを放った 松山選手
【相手チームへ一言】
(大宮フェニックス)
(Revival)
Revivalの皆様対戦ありがとうございました!
毎回痺れる試合で楽しく試合させてもらってます。
またオープン戦等よろしくお願い致します。
永野様、選手の皆様、対戦及びグランドの手配等ありがとうございました。毎試合一点差のゲームで、今回も痺れました。今後とも練習試合等、宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 3 6 VICTORYS 5月21日(大宮健保)
【本部コメント】
左腕対決は設楽に軍配!VICTORYSがリーグ初白星で決勝Tへ望み繋ぐ!!
【試合内容】
VICTORYSは設楽、WILLは樋口の両左腕の先発で試合開始。初回、VICTORYSは2死1.2塁から相手内野が落球する間に2点を先制。対するWILLは、2回表に満塁のチャンスを迎え、押し出しと1番阿住の犠飛で同点に追い付く。追い付かれたVICTORYSは2回裏、6番吉野の2塁打から9番榎本のエンドランで勝ち越しに成功。試合はそのまま進んで迎えた5回裏、VICTORYSはエラーとヒットで1死1.3塁とすると4番駒野のエンドラン、5番堀内の内野ゴロ、6番設楽のタイムリーで3点を追加し、6対2とリードを広げる。追い込まれたWILLは最終回に4番三井のタイムリーで1点を返し、尚も2死満塁のチャンスだったが反撃も及ばず、VICTORYSが6-3で勝利した。
             完投勝利を挙げた 設楽投手
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(VICTORYS)
北住様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
攻守にわたり完敗でした。また対戦があるかと思いますが、
今後ともよろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
オープン戦等、今後とも宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
VICTORYS 2 3 大宮フェニックス 5月14日(大宮健保)
【本部コメント】
エース永野が躍動!初陣を迎えた大宮フェニックスが逃げ切り勝利!!
【試合内容】
先攻VICTORYS設楽、後攻大宮フェニックス永野の両先発で試合開始。初回、守備の乱れから大宮フェニックスが1点を先制。さらに3回、5回にもそれぞれ1点ずつを追加し、0対3で迎えた最終回、VICTORYSは連打で大宮フェニックスのエース永野から1点を返し、尚も無死1、3塁のチャンスを作る。しかし、ここで大宮フェニックスは左腕猪岡にスイッチし、この継投が見事にハマり、3対2で大宮フェニックスが勝利した。
             好投を見せた 永野投手
【相手チームへ一言】
(VICTORYS)
(大宮フェニックス)
対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
北住様グランド、審判手配ありがとうございました!
またオープン戦よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 9 2 Revival 4月30日(大宮健保)
【本部コメント】
海老井が6打点の大活躍!WILL B.Cが開幕2連勝でブロック首位浮上!!
【試合内容】
Revivalは西村、WILLは樋口の先発で試合開始。初回、WILLは1死2塁から3番木田の右中間2塁打で先制すると、チャンスを広げて6番海老井の2点タイムリー、8番青木、9番中島の連続タイムリーで5点を挙げる。WILLは2回にも、1死満塁から6番海老井が満塁ホームランを放ちリードを9点に広げる。対するRevivalは2回裏、先頭の5番松山が右中間にホームランを放ち反撃する。最終回にも4番小林の2塁打をきっかけに内野ゴロの間に1点を返すが反撃もここまで。9対2でWILLが勝利した。
             先制打を放った 木田選手
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(Revival)
埴原様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
今後も引き続き、オープン戦など対戦よろしくお願い致します。
樋口様、WILL.B.Cの皆様、対戦及びグランドの手配等ありがとうございました。完敗でした。今後とも、オープン戦等お付き合いのほど宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 5 0 ひばりヶ丘ロータース 4月23日(大宮健保)
【本部コメント】
初タイトル奪取を掲げるPIECEが完封勝利!エース柴が2戦連続シャットアウト!!
【試合内容】
PIECEは2回、ワンアウト満塁からスクイズを失敗し、悪い流れの中、浦和がしぶとくセンターに運んで2点を先制する。その後も着実に加点すると、投げてはエースの柴が要所で三振を取る快投でロータース打線を0点に抑えてPIECEが勝利。開幕2連勝で首位をキープした。ロータースは四球やエラーが失点に繋がってしまった。
             先制打を放った 浦和選手
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(ひばりヶ丘ロータース)
ロータースの皆さん本日は対戦ありがとうございました!
今後ともぜひ対戦をよろしくお願い致します!
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 6 5 ひばりヶ丘ロータース 4月9日(大宮健保)
【本部コメント】
雨の中の死闘を制したWILL BASEBALL CLUB!最終回2アウトからの大逆転勝利!!
【試合内容】
ひばりヶ丘ロータースは北川、WILLは樋口の先発で試合開始。初回、ひばりヶ丘ロータースは1死2.3塁から相手内野エラーの間に2点を先制する。追いかけるWILLは2回に1点、3回裏には海老井がタイムリーヒットを放ち同点に追い付くと、5回裏には1死満塁から海老井の犠飛で逆転に成功する。しかし、ひばりヶ丘ロータースは最終回となった6回表、強まった雨で制球を乱した樋口から2死満塁とすると押し出しで同点、さらにリリーフした鈴木から岩本が2点タイムリーヒットを放ち土壇場で逆転に成功する。後がなくなったWILLは、同様に雨の影響で制球を乱した北川を2死ながら満塁と攻めると、3連続四死球によりWILLがサヨナラ勝ちした。
             2打点を挙げた 海老井選手
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(ひばりヶ丘ロータース)
本日は対戦ありがとうございました。悪天候の影響で最後は難しい展開となりましたが、また是非再戦をよろしくお願い致します。
雨天での試合となりお疲れ様でした。また、審判・グランドの手配ありがとうございました。今度は天気の良い時にリベンジさせて下さい。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
VICTORYS 0 2 PIECE 4月9日(大宮健保)
【本部コメント】
PIECEが開幕戦を白星で飾る!投げては不動のエース柴がNO-NO達成!!
【試合内容】
1回裏、PIECEは四球で出たランナーを置いて3番の茂木がレフトオーバーの3塁打を放ち先制すると、続く4番の高野もセンター前に運び2点を先制する。2回以降はVICTORYS設楽投手、PIECE柴投手の投手戦となり無得点。2対0でPIECEが勝利した。また、投げてはPIECE柴投手がノーヒットノーラン達成。
             NO-NOを達成した 柴投手
【相手チームへ一言】
(VICTORYS)
(PIECE)
PIECEの皆さま、対戦ありがとうございました。手も足も出ず完敗でした。今後ともお付き合いのほど、宜しくお願いいたします。
北住さん、ビクトリーズの皆様本日は対戦ありがとうございました。雨天でグランド状況の悪い中でしたが熱い試合でした!今後も引き続きお付き合いをよろしくお願い致します!ありがとうございました。