TOP > Victoriaリーグ1部(2017年) > 成績表(Bブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 1 7 16 4
2 1 0 1 4 4 0
3 0 2 0 0 0 8
4 0 1 0 0 4 12
-            
-            
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Bブロック星取表
① RED SOX
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
② PEGASUS
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
0-4
 
 
 
 

0-4
 
 
 
 

4-0
 
12-4
 
 

0-0
 
 
 
 
 
 

4-12
   
 
 
 
⑥ Naughty
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
⑦ MKY88
 
 
 
 

4-0

0-0
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
三晃クラブ 0 0 MKY88 5月28日(大宮健保)
【本部コメント】
三晃クラブが首位をキープ!Bブロック首位攻防戦はスコアレスドロー!!
【試合内容】
先攻MKY88石橋投手、後攻三晃クラブ阿部投手の先発で試合開始。お互い数回チャンスを作るが点数が入らず0行進。両投手の息詰まる投手戦は結局最後まで続き、0対0の引き分けとなった。
【相手チームへ一言】
(三晃クラブ)
(MKY88)
MKY88の皆様、対戦ありがとうございました。今回はたまたま引き分けになりましたが全員の振りが凄すぎです。今後も宜しくお願いします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
渡辺ツインズ 0 4 MKY88 4月30日(ふじみ野市営球場)
【本部コメント】
石橋の好投に打線が援護!春の雪辱に燃えるMKY88がリーグ白星発進!!
【試合内容】
先攻渡辺ツインズ田島、後攻MKY88石橋の両先発で試合開始。MKY先発は石橋。1回表を三者凡退に抑えると、打線が初回から援護。4番長岡のタイムリー、5番石塚にもタイムリーが飛び出し2点を先制。2回に渡辺ツインズ4番6番の安打でチャンスを作るも併殺打で抑えられる。その後も渡辺ツインズは四球とこの日2本目の4番の安打でチャンスを作るも無得点。5回にも2番倉田がレフトへ打った瞬間の特大ツーランホームランで2点追加。石橋が最後まで踏ん張り、MKY88が4-0で勝利。
             2週連発となるHRを放った 倉田選手
【相手チームへ一言】
(渡辺ツインズ)
(MKY88)
浅井様、MKY88の皆様、対戦ありがとうございました。
またリベンジさせてください。よろしくお願いします。
渡辺ツインズ様ありがとうございました。
また機会がありましたらまたよろしくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
三晃クラブ 4 0 渡辺ツインズ 4月23日(大宮健保)
【本部コメント】
三晃クラブが開幕2連勝!スプリングとのダブルヘッダーを見事連勝!!
【試合内容】
先攻三晃クラブ、後攻渡辺ツインズで試合開始。3回までは渡辺ツインズ田島、三晃クラブ本澤の両先発投手の好投で無得点。試合が動いたのは4回。田島の制球が乱れ、三晃クラブは二死から3番永尾、4番山下の連続フォアボールでチャンスを作ると、5番矢崎がレフトへタイムリーヒットを放ち1点を先制する。三晃クラブは7回にも相手のエラーとフォアボールでチャンスを作ると1番間彦、2番関の連続タイムリーが飛び出し3点を追加する。最後の守りも先発の本澤が無得点に抑え4対0で三晃クラブが勝利。
             先制打を放った 矢崎選手
【相手チームへ一言】
(三晃クラブ)
(渡辺ツインズ)
渡辺ツインズの皆様対戦ありがとうございました。これからも何度も対戦があると思いますが今後もよろしくお願いします。
高田様、三晃クラブ様、球場&審判手配ありがとうございました。いつも緊迫した試合で大変勉強になります。今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
三晃クラブ 12 4 ダディーズベースボール 4月16日(大宮健保)
【本部コメント】
強打炸裂!三晃クラブが怒涛の一発攻勢で開幕ダッシュ成功!!
【試合内容】
先攻三晃クラブ本澤投手、後攻ダディーズベースボール西田投手で試合開始。初回、ダディーズ先発の西田が三晃クラブの攻撃を3人で抑える。するとその裏に平澤選手がライトオーバーのソロホームランを放ちダディーズベースボールが先制をする。しかし2回の三晃クラブの攻撃で連続四球から1アウト後、矢崎のレフトへの3ランホームランで逆転。さらに3回にも保坂のグランドスラムで7-1。三晃クラブの一発攻勢で先発の西田と途中からマウンドに上がった佐藤圭も打ち込まれ、合計4本のホームランが飛び出し12得点。ダディーズも打線をつなぎチャンスは作るものの4得点に終わり反撃及ばず。12対4で三晃クラブが勝利した。
             二桁得点を叩き出した 三晃クラブ
【相手チームへ一言】
(三晃クラブ)
(ダディーズベースボール)
ダディーズベースボールの皆様、対戦有難うございました。
今回はたまたまの展開になってしまいました。今後も宜しくお願いします。
高田様、グランド、審判の手配ありがとうございました。
またよろしくお願いします。