TOP > Victoriaリーグ1部(2017年) > 成績表(決勝トーナメント)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
※ 各ブロック上位2チームが決勝トーナメント進出
ワイルドカード2枠 →【順位確定について】
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 6 11 Revival 10月8日(大宮健保)
【本部コメント】
一進一退の激闘はサドンデス決着!土壇場で底力を見せたRevivalが4強一番乗り!!
【試合内容】
REDSOX荒田投手、Revival西川投手の先発マウンド。先にチャンスを作ったのはREDSOX。1回裏、1番雨宮選手が二塁打で出塁し、送りバントで一死三塁のチャンスを作る。ここでエンドランを仕掛けるも失敗に終わり無得点。先取点を奪ったのはRevival3回表の攻撃。四球から一死一二塁のチャンスを作ると、1番埴原選手がセンター前にタイムリーを放ち1点を先制する。先制されたREDSOXは3回裏、二死から安打と四球でチャンスを作ると、4番丸橋選手のレフト前ポテンヒットで同点に追いつく。さらにREDSOXは攻撃の手を緩めず、4回裏にも安打と四球でチャンスを作ると、連続押し出し四球で2点を奪い3-1とする。リードを許したRevivalは6回表、変わった内山投手から4番小林(勇)のセンター前ヒットを皮切りに無死満塁のチャンスを作る。ここから7番西川選手、8番小林(隼)の連続タイムリー等で4点を奪い5-3とする。試合をひっくり返されたREDSOXは6回裏、先頭の9番須賀選手がセカンドエラーで出塁すると、四球とワイルドピッチで無死二三塁のチャンスを作る。ここで2番山本選手の内野ゴロの間に1点を取り、中林選手の犠牲フライで5-5の同点に追いつく。時間の都合上、7回からタイブレークとなる。先攻のRevivalは内野ゴロと四球、8番小林(隼)のタイムリー等で6点を取る。対する後攻のREDSOXは内野ゴロの間に1点。最後の打者をファーストゴロに仕留め、Revivalが11-6で準決勝進出を決めた。
             2本のタイムリーを放った 小林(隼)選手
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(Revival)
Revitalの皆さま、本日は対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いいたします!
中林様、選手の皆様、対戦及びグランド手配等ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 7 5 Rossowave 10月1日(八潮北公園)
【本部コメント】
湾岸ベースボーイズが8強入り!ライバル対決を制し昨年のリベンジ果たす!!
【試合内容】
先攻湾岸ベースボーイズの先発は宮島、後攻Rossowaveの先発は沖で試合開始。試合が動いたのは3回表、湾岸は2死1.2塁のチャンスを作り、3番小向のライトオーバー2点タイムリーツーベースで2点先制。3回裏、Rossowaveは2死1.3塁のチャンスに4番斎藤のレフトオーバータイムリーツーベースヒットで1点返す。なおも2死2.3塁から湾岸の守りのミスがが重なり、この回一挙4得点をあげ逆転。5回表、湾岸は先頭8番日置がライト前に落とすヒットで出塁すると、四球とバッテリーミスで2得点し同点に追いつく。5回は両者無得点。時間の都合により6回はサドンデス。湾岸はバッテリーミスで1得点、5番宮島のレフト前タイムリーヒットで1得点、7番野入の振り逃げで1得点。この回合計3得点あげる。Rossowaveはバッテリーのミスで1点返すが、続く打者を4回から登板した松岡が連続三振にきり、湾岸が7-5で勝利。
             先制タイムリーを放った 小向選手
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(Rossowave)
対戦ありがとうございました!昨年を思い出す白熱した試合展開でした。また宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
大宮フェニックス 4 7 Tropicana 10月1日(大宮健保)
【本部コメント】
Tropicana打線爆発!3本のHRで大宮を振り切り、3年ぶりのベスト8進出!!
【試合内容】
初回、3番池田がライトオーバーの3ランHRを放ち、Tropicanaが先制。4番神谷もレフトオーバーのHRで続き4-0とする。その後、大宮フェニックスも反撃し4-1となるが、Tropicanaは5回に5番田母神のタイムリーが飛び出し、2点追加。さらに6回、代打出場の五條がレフトオーバーのHRを放ち7-2。終盤、大宮フェニックスも粘りを見せ、2点を返すも、Tropicanaが佐藤、松下、首藤、神谷の継投策で逃げ切り勝利。
             先制3ランHRを放った 池田選手
【相手チームへ一言】
(大宮フェニックス)
(Tropicana)
 
永野様、チームの皆様ありがとうございました。最後はどちらに転んでもおかしくない試合でした。また今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MKY88 4 4 東京ドナルドダック 10月1日(草加工業団地)
【本部コメント】
サドンデスでも決着つかず!ドナルドがファイナリスト対決を制し1回戦突破!!
【試合内容】
先攻東京ドナルドダックは浜部、後攻MKY88は高橋の両先発で試合が始まる。ゲームは初回から試合が動く。1回裏、一死から倉田が相手エラーで出塁すると、続く越間がレフト前タイムリーなどで2点を先制する。4回まで高橋に抑えられていた東京ドナルドダックは5回表に1点を返すが、その裏に越間がライトスタンドへ技ありのホームランを放ち再び突き放す。しかし、東京ドナルドダックは6回表に1点を返し、7回表に満塁のチャンスからエンドランで同点とし、試合はサドンデスへ。すると、お互い押し出し四球による1点を取り合い、ここでタイムアップ。ジャンケン決着となり、5−4で東京ドナルドダックが勝利した。
             死闘を制した 東京ドナルドダック
【相手チームへ一言】
(MKY88)
(東京ドナルドダック)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願い致します。
MKY88浅井様、日程調整、グランド手配などありがとうございました。久々に緊張感のある試合でした。今後とも、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
三晃クラブ 4 1 TABOO 9月10日(大宮健保)
【本部コメント】
終盤怒涛の3得点で勝負あり!三晃クラブが3年ぶりにベスト8進出!!
【試合内容】
TABOO永富、三晃クラブ阿部の両右腕が先発し、両投手は無難な立ち上がりで試合が始まる。2回裏二死から四球と失策で三晃クラブが1点を先制する。3.4回と両投手の好投で引き締まった展開。むかえた5回表、一死から7番山崎が死球で出塁すると、続く8番永富が左中間を破る2塁打で2.3塁とし、9番平野の内野ゴロの間に1点を取りTABOOが同点に追いつく。追いつかれた三晃クラブはその裏 二死2塁から9番大和田の左中間を破る2塁打で1点を勝ち越す。6回にも5番保坂6番矢崎7番兼田の3長単打で2点を追加し4対1。先発阿部は最終回も抑え、7回完投で三晃クラブが勝利。
             完投勝利を挙げた 阿部投手
【相手チームへ一言】
(三晃クラブ)
(TABOO)
永富さん、TABOOの皆さま対戦ありがとうございました。又こちらの都合で日程調整もありがとうございました。今回は勝たせて頂きましたが紙一重の試合でした。今後もよろしくお願いします。
グランド手配等ありがとうございました!
またよろしくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 1 4 三光電気工事株式会社 9月10日(江戸川河川敷)
【本部コメント】
終盤のビッグイニングで逆転勝利!新星三光電気が8強に仲間入り!!
【試合内容】
スタイガー目代、三光電気 吉崎で試合開始。三光電気 いきなり初回にチャンスを作るも無得点。一方、三光電気の吉崎投手は素晴らしい立ち上がり。2,3回も三光電気はチャンスを作るも無得点。試合が動いたのは3回裏スタイガーの攻撃、2死後、相手の失策で出塁、続く1番亀山の3ベースヒットで1点先取。三光電気も5回表に2死2,3塁から向山のライト前適時打で逆転、その後も三光打線の勢いが止まらずこの回一挙に5点。その後スタイガーもなかなかチャンスをつかめず、そのままゲームセット。三光電気工事が5-1で勝利した。先発の吉崎は1安打無四球完投。
             同点打を放った 向山選手
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(三光電気工事株式会社)
三光電気の皆さんこの度は対戦ありがとうございました。
また、対戦する機会がありましたらよろしくお願いいたします。
スタイガー様、グランド、審判の手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Revival 4 3 相模KOT'S 9月3日(大宮健保)
【本部コメント】
KOT'S追い上げ届かず!Revivalが1点差で猛追躱しベスト8に駒を進める!!
【試合内容】
Revival山田投手、相模KOT'S泉投手の先発マウンド。Revival先発山田投手は初回を三者凡退で抑え、上々の立ち上がり。先にチャンスを作ったのはRevival、1回裏の攻撃。先頭の1番埴原選手のレフト前ヒットから無死満塁のチャンスを作る。しかし、4番小林(勇)選手のライトフライとホームタッチアウトで二死一二塁となり、後続も倒れてチャンスを活かせず無得点。対する相模KOT'Sも序盤はRevival山田投手に抑えこまれ得点を奪えない。試合が動いたのはRevival3回裏の攻撃。9番榎本選手の死球からチャンスを広げ、一死満塁のチャンスを作る。ここで4番小林(勇)選手がライト前ヒットを放ち、Revivalが1点を先制する。更に二死から6番桜井選手がレフト線へ2点タイムリーを放ちRevivalが3-0とリードを拡げる。Revivalは4回裏にもボークで1点を追加し4-0とする。リードを拡げられた相模KOT'Sは4回表に反撃開始。先頭の7番関根選手の四球からチャンスを拡げ1点を返すと、2番、3番打者は浅い外野フライに倒れるも4番泉選手がセンター前へ2点タイムリーを放ち4-3と追いすがる。時間の都合で最終回となった6回表の相模KOT'Sの攻撃。Revivalは松山投手にスイッチ。変わった松山投手が相模KOT'S打線を三者凡退に抑えてRevivalが4-3で勝利した。
             2点タイムリーを放った 桜井選手
【相手チームへ一言】
(Revival)
(相模KOT'S)
相模KOT'S吉田様、中村様、選手の皆様対戦ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
Revivalの皆様、日程調整ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。