TOP > Victoriaリーグ4部(2018年) > 成績表(決勝トーナメント)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  決勝トーナメント
※ 各ブロック上位チームが決勝トーナメント進出
ワイルドカード枠 →【順位確定について】
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Precious 3 6 ワイルドスピリッツ 11月11日(荒川運動公園)
新星対決はワイルドスピリッツに軍配!Victoriaファイナルの切符を掴む!!
【試合内容】
プレシャス先攻、ワイルドスピリッツ後攻で試合開始。1回裏、ワイルドスピリッツは2番山崎が四球で出塁すると盗塁を決め、3番荒井の内野ゴロの間に3塁に進む。ここで4番梁川がレフトにタイムリーを放ち先制。さらに3回裏、5番齋藤、6番古川の連続タイムリーで2点を追加する。ワイルドスピリッツ先発の間は6回までヒットでランナーを出すも無失点で切り抜ける。すると6回裏、四球とヒットで出塁したランナーを8番安藤のスリーベースヒットで返し2点追加。9番打者が凡退するも、1番の高橋勇がツーベースを放ち更に1点追加。最終7回表、ここまで0点に抑えられていたプレシャスが反撃開始。1アウトから代打石神、代打鈴木(啓)の連続安打で1アウト2、3塁。ここで9番岡本(一)が起死回生の2点タイムリーツーベースヒット。その後、2アウトになるがランナーを三塁に進め、2番金子のレフト前タイムリーヒットでさらに1点を追加する。しかし猛攻もここまで、間が踏ん張り6対3でワイルドスピリッツが勝利。
【相手チームへ一言】
(Precious)
(ワイルドスピリッツ)
今日はおつかれ様でした。私たちの分まで神宮でがんばってください!優勝してきてください!!ありがとうございました。
選手の皆様、本日はありがとうございました。ピッチャーのレベル、個々のバッティングが素晴らしかったです。また機会がありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
砂町ドンフェイス 0 3 アンバージャック 11月4日(大宮健保)
アンバージャックが神宮進出!3位通過から怒涛の快進撃でファイナルへ!!
【試合内容】
アンバージャック先攻、砂町ドンフェイス後攻で試合開始。試合が動いたのはアンバージャックの攻撃、ツーアウト三塁から6番大久保が内野安打を放ち先制。しかしその後は両者一歩も譲らない投手戦となり、1−0のまま最終回へ。点が欲しい場面、アンバージャックは四球などでノーアウト満塁のチャンスを作り、押し出しで2点追加点を奪う。最後まで安定した守備陣がきっちりと守り3−0でアンバージャックが勝利し決勝戦神宮球場へと駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(砂町ドンフェイス)
(アンバージャック)
アンバージャック様、対戦ありがとうございました。
優勝してください!
この度はありがとうございました。最後まで緊張感ある試合展開の一方で、チームの雰囲気の良さを感じる明るさがあり、とても良い刺激を受けました。また再戦する機会がありましたら、ぜひよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Ultimate B.C 1 6 Precious 10月21日(大宮健保)
エース有馬が投打の活躍!予選から無傷の新星Preciousがベスト4進出!!
【試合内容】
先攻Ultimate B.C、後攻Preciousで試合開始。2回裏、Preciousは4番鈴木がセンター前ヒットで出塁、続く5番有馬がセンター前にツーベースヒットのタイムリーを放ち1点先制。しかし3回表、追うUltimate B.Cは四球、1・2番の内野ゴロで2アウト3塁とすると、3番澤館の内野安打で同点に追いつく。3回裏、Preciousは大川がセンター前ヒットで出塁、その後盗塁に成功し2アウト2塁、ここで3番根岸のツーベースヒットで1点を追加、続く有馬の内野安打の間に根岸がホームインし3-1とする。その後有馬は好投を見せ、5回表を3-1のまま終える。Preciousは続く5回裏の攻撃で、8番の岡本(一)がレフト前ヒットで出塁、2番岡本(康)が内野安打で出塁し1アウト1、3塁とする。ここで3番根岸がツーベースヒットを放ち1点追加。さらに4番鈴木がスリーベースヒットを放ち、その間に岡本(康)、根岸がホームインし2点追加で5回を6-1で終了。その後も有馬は好投を見せ、7回表も3者凡退で試合終了。Preciousが準決勝進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(Ultimate B.C)
(Precious)
Preciousの皆様対戦ありがとうございました。二回連続雨天中止の不運の中、調整して頂き感謝いたします。試合の方は完敗としか言いようがありませんでした。是非神宮で優勝してください!
雨で試合が流れたりと、ありましたがいろいろ調整していただきありがとうございました。お疲れ様でした!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
麻布ブルーウェーブ 0 3 ワイルドスピリッツ 10月14日(大宮健保)
間・稲毛が圧巻の完封リレー!注目の新星ワイルドスピリッツが4強入り!!
【試合内容】
ワイルドスピリッツが先攻、麻布ブルーウェーブが後攻で試合スタート。1回、2回と先攻のワイルドスピリッツがチャンスを作るも無得点。対する麻布ブルーウェーブもチャンスを作るもこちらも得点ならず。試合が動いたのは4回表、ワイルドスピリッツの攻撃。相手のエラーが重なり3点を先制。投げては先発の間が危なげなく4回を0点に抑えると、5回から稲毛にリリーフし無失点。ワイルドスピリッツが3対0で麻布ブルーウェーブを下す。
【相手チームへ一言】
(麻布ブルーウェーブ)
(ワイルドスピリッツ)
熱い試合ありがとうございました!
神宮目指してください!
前川様、選手の皆様本日はありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
新座オーキーズ 1 2 アンバージャック 10月7日(三芳グランド)
新津が先制弾!アンバージャックがハイレベルな投手戦を制し準決勝進出!!
【試合内容】
アンバージャック先攻、新座オーキーズ後攻で始まった4部リーグ準々決勝。3回まで両先発投手が好投0更新。試合が動いたのは4回表、アンバージャックは3番新津選手の均衡を破るランニングホームランで1点を先制。さらに5回にもワイルドピッチで1点を追加する。最終回、オーキーズは満塁のチャンスを掴み、死球で1点を返すも後続が倒れ、2-1で試合終了。アンバージャックが準決勝へと駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(新座オーキーズ)
(アンバージャック)
酒井様、選手の皆様。本日は遠征頂き、ありがとうございました。緊張感のある良いゲームができました。是非優勝してください!応援しております。
今回はグランド手配等ありがとうございました。
決勝トーナメントに相応しい緊迫感のある試合ができ、楽しくプレーすることができました。また機会がございましたら、ぜひ再戦をよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
砂町ドンフェイス 5 2 高飛車 9月23日(大宮健保)
砂町ドンフェイスが逆転勝利!互角の好勝負を制しベスト4一番乗り!!
【試合内容】
先攻砂町ドンフェイス、後攻高飛車で試合開始。初回からゲームは動く。1回表、砂町ドンフェイスは3番福谷選手のタイムリーで1点先制。しかし2回裏、高飛車もすぐさま反撃、7番金田選手のタイムリーで同点とし、尚も続くチャンスで三盗を仕掛け悪送球の間にランナーが還り逆転する。3回表、砂町ドンフェイスは途中から3番に入った三井選手のホームランで同点に追いつく。4回表、砂町ドンフェイスは1番萩原選手の2点タイムリーで逆転。その後はお互い無得点、4対2のまま最終回へ突入。7回表砂町ドンフェイスは三井選手のタイムリーで1点追加。その裏を無失点でしのぎ、7イニング5対2で砂町ドンフェイスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(砂町ドンフェイス)
(高飛車)
高飛車様、対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
新座オーキーズ 7 3 アスパラガス 9月16日(野火止運動場)
新座オーキーズが2年連続の初戦突破!一挙6得点の猛攻で8強入り!!
【試合内容】
初回、先攻アスパラガスはヒットのランナーを得点圏に進めるも先制ならず。後攻オーキーズはその裏、先頭が四球で出塁すると機動力を絡め三塁まで進塁し、瀧渡(圭)の犠牲フライで先制。しかし、アスパラガスは4回にエラーと四球など満塁から押し出しで同点となる。6回にもヒットと犠牲フライで3-1とアスパラガスがリードする。オーキーズも6回裏にエラーと四球で満塁とし、4番中村が同点タイムリー、更に満塁とし押し出しで勝ち越し、近藤の犠牲フライ、中井、相澤のタイムリーなどで一挙6点を奪い逆転。投げてはVictoria初先発の相澤が粘りの投球で完投した。
【相手チームへ一言】
(新座オーキーズ)
(アスパラガス)
アスパラガス前田様、選手の皆様。本日は対戦並びに遠征頂き、ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
手配等ありがとうございました。非常にマナーがよく、元気のあるチームで楽しくプレーすることができました。決勝まで勝ち進んでください!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BEANS 3 4 高飛車 9月16日(大宮健保)
海老沢が投打の大活躍!高飛車が互角の好勝負を制し2回戦進出!!
【試合内容】
8時定刻通りで高飛車先攻、BEANS後攻で試合開始。高飛車先発柴は初回から制球が定まらず、死球、安打などで得点圏にランナーを背負いながらも何とかBEANS打線を3回無失点に抑える。高飛車打線の方も投手の頑張りに応えたいが、BEANS先発の白神の正確な制球に翻弄されて3回無得点に終わる。試合が動いたのは4回裏、高飛車は投手を海老沢にスイッチ。BEANSは先頭打者がショートエラーで出塁し、ワイルドピッチなどで一死三塁とする。ここで8番白神がセンター前ヒットを放ち先制。高飛車はランナーこそ出るもあと一本が出ない。不穏な空気が漂う中迎えた6回表の攻撃、先頭2番須藤の四球から一死三塁とチャンス拡大し、4番加藤のライト前安打で同点に追い付く。7回は両者ランナー出すも無得点に終わり、一死満塁のサドンデスに入る。表の高飛車の攻撃、先頭須藤がレフトへ犠牲フライで得点。続く3番海老沢が左中間にタイムリー二塁打を放ち合計3点を獲得。その裏BEANSの攻撃は3番田島のファーストゴロの間に1点。4番田中(優)のセンター前で得点し、意地を見せるが、続く5番がライトフライに終わり、4-3で決着した。海老沢は4回からのロングリリーフと最終回決勝打を放つなど投打に渡って大活躍を見せ、高飛車に勝ちをもたらした。
【相手チームへ一言】
(BEANS)
(高飛車)
 
本日は痺れる試合をして頂き、ありがとうございました。またお疲れ様でした。グランド手配等もしていただきありがとうございます。また練習試合等機会がありましたら、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
麻布ブルーウェーブ 2 1 マイルドスターズ 9月16日(麻布運動場)
麻布ブルーウェーブが逃げ切り勝利!予選からの連勝を6に伸ばす!!
【試合内容】
マイルドスターズ先攻、麻布ブルーウェーブ後攻で試合開始。両チーム0点で迎えた4回裏、6番小此木の敵失で先制し、5回裏にも2番楠の敵失で追加点。6回表にマイルドスターズも敵失で1点を返すも、ゲームセット。2-1で麻布ブルーウェーブが勝利した。
【相手チームへ一言】
(麻布ブルーウェーブ)
(マイルドスターズ)
麻布まで来ていただきましてありがとうございました。また対戦お願いします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Ultimate B.C 3 2 東京レイバンズ 9月9日(大宮健保)
4番三浦が決めた!Ultimate B.Cが劇的サヨナラで1回戦突破!!
【試合内容】
東京レイバンズ先攻、Ultimate B.C後攻で試合開始。Ultimate B.Cの先発澤舘が初回を三人で切るが、その裏の攻撃で4安打で無得点とマズイ攻めで流れを手放し、その後は両投手の好投で膠着状態。Ultimate B.Cはようやく4回裏に5番岩崎の犠牲フライと相手エラーで2点を先制するが、直後の5回表に四球をきっかけに1点を失う。そのまま逃げ切りたい7回の表、またもや四球をきっかけに同点に追いつかれる。じゃんけんのチラつく7回裏、1死から9番杉田が気迫のヘッドスライディングで出塁すると、1番山岸中前打、2番田中を敬遠で1死満塁。3番澤舘は投飛に倒れるも、4番三浦が芯で捉えた打球は左前に弾み、Ultimate B.Cがサヨナラ勝ちを決めた。
【相手チームへ一言】
(Ultimate B.C)
(東京レイバンズ)
東京レイバンズの皆様、埼玉への遠征有難うございました。
暑い中、とても熱い試合が出来たこと感謝いたします。
また機会がありましたら、対戦よろしくお願いします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
STORM 0 3 ワイルドスピリッツ 9月9日(夢の島野球場)
鉄壁リレーで完封シャットアウト!新星ワイルドスピリッツが2回戦進出!!
【試合内容】
1回表の攻撃、先攻のワイルドスピリッツは1.2番が出塁するも得点出来ず。1回裏、先発の間はテンポ良く三者凡退で終える。2回表、5番の齋藤がライトにソロホームランでワイルドスピリッツが1点先制。3回までパーフェクトに抑えられていたSTORMは4回裏、2アウト1・3塁のチャンスを作るも得点ならず。その後は両者ランナー出るも得点出来ず均衡状態。6回表にワイルドスピリッツは2アウトから武田のヒット、古川四球で出ると4番の梁川がライトへ2点タイムリーを放つ。6回裏から継投に入り、鈴木が投げ7回裏は稲毛が投げて3対0でゲームセット。ワイルドスピリッツが勝利した。
【相手チームへ一言】
(STORM)
(ワイルドスピリッツ)
強風が吹き止まぬ中、ありがとうございました。最後まで接戦が続く良い試合でした。また機会がありましたら、よろしくお願い致します。
宮田様、選手の皆様、本日はありがとうございました。
風が強く砂埃が凄く悪条件の中大変だったと思います。
また宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
砂町ドンフェイス 8 2 もどきベースボールクラブ 9月9日(天王洲公園)
恐るべし砂町ドンフェイス打線!初回から打者一巡の猛攻で快勝スタート!!
【試合内容】
先攻砂町ドンフェイス、後攻もどきベースボールクラブで試合開始。1回表、いきなり砂町ドンフェイス打線が打者一巡の猛攻。3番福谷選手のタイムリー、7番松浦選手の3点タイムリー、8番岩野選手のタイムリー、9番萩原選手のツーランホーランで一挙7点を先制。さらに2回表にも4番青木選手のホーランで1点追加。もどきベースボールクラブも2回裏に2点を返す。その後は両投手が要所を締めお互い無得点。7イニング8対2で砂町ドンフェイスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(砂町ドンフェイス)
(もどきベースボールクラブ)
もどきベースボールクラブ様、対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。
グランド、審判手配等ありがとうございました!
神宮球場まで突き進んで下さい!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブリヂストン本社野球部 1 4 アンバージャック 9月9日(ブリヂストン小平)
アンバージャックが逆転勝利!今季好調のブリヂストンは初戦で姿消す!!
【試合内容】
序盤投手戦だったものの、3回裏にブリヂストン本社野球部が待望の1点先制する。3番吉川の足を生かしたサードへの内野安打と2四球でチャンスを広げ、相手のミスを逃さずワイルドピッチの間に1点を取った。しかし5回表、アンバージャック打線は好投していたピッチャー山下を捉え、一挙4点を挙げ試合を決定づける。先発高橋から安本への継投で追加点を許さず、そのままアンバージャックが4-1で逃げ切った。ブリヂストンは散発3安打でチャンスを作ることなく敗退。
【相手チームへ一言】
(ブリヂストン本社野球部)
(アンバージャック)
試合ありがとうございました。序盤は接戦でしたが、最後は力負けでした。今後も勝ち上がって下さい!
試合開始前の時間調整や審判の手配等、ありがとうございました。決勝トーナメントに相応しい、最後まで気の抜けない試合ができました。ぜひまた対戦できる日を心待ちしております。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
オーティーナショナルズ 4 4 Precious 9月2日(夢の島球場)
新星対決はPreciousに軍配!最終回に追いつかれるもジャンケン決着を制す!!
【試合内容】
初回、プレシャスはナショナルズ先発小山の立ち上がりを攻め、2番島田、3番金子の連打で1アウト1、3塁のチャンスをつくり、4番根岸の犠牲フライで1点を先制。続く5番有馬のタイムリースリーベースヒットでさらに1点を追加する。その裏、ナショナルズは内野安打で出塁した丸山が盗塁とワイルドピッチで3塁へ進塁、その後エラーで生還し1点返す。しかし2回表、1番大川に2ランHRが飛び出し、プレシャスが4対1と突き放す。ナショナルズは3回裏に田中のソロHRで1点返すと徐々に小山も調子を上げ、その後得点を許さず。5回裏、再び丸山がヒットで出塁すると小山のタイムリーで1点差。最終回、リリーフ左腕谷から田中がエラーで出塁しパスポールで遂に同点に追いつく。なおも無死1、2塁のチャンスとするが小山は内野フライ、さらにワイルドピッチで1アウト2、3塁のサヨナラの大チャンスとなるが、ピッチャー谷が踏ん張り、上岡が三振、米澤もキャッチャーファールフライに倒れ引き分けに終わる。 大会ルールによりじゃんけん勝負となり、5勝2敗でPrecious勝利。
【相手チームへ一言】
(オーティーナショナルズ)
(Precious)
遠い所来て頂きありがとうございました。
また対戦お願い致します。
天候の悪い中ありがとうございました。グラウンドやこちらの都合に合わせていただきありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いします。