TOP > Victoriaリーグ4部(2018年) > 成績表(Aブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 1 7 20 6
2 2 0 1 7 22 11
3 2 1 0 6 24 10
4 1 0 0 3 12 3
5 0 1 0 0 6 14
6 0 2 0 0 1 18
7 0 3 0 0 7 30
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Aブロック星取表
① STORM
   
 
 
 
 

12-3
 
 
3-3

14-6
 
 

5-2
 

3-3
   

7-3

10-0
 
 

6-14
 
   
 
 
 
 

3-7
 
 
8-1

13-2
 
 

0-10
 

1-8
   

3-12

2-5
 
 

2-13
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
若林ヤングフォーレスト 3 7 高飛車 5月20日(世田谷公園)
【本部コメント】
高飛車が首位奪還!春山の決勝弾にエース柴が気迫の完投勝利!!
【試合内容】
若林ヤングフォーレスト先攻、高飛車後攻で試合が始まる!初回、高飛車は1番春山が死球で出塁しすかさず盗塁を決めると、2番が進塁打を打ち、3番宇都山(央)の犠飛で先制。高飛車先発の柴は初回から安定した投球を見せると、続く2回も高飛車打線が止まらない。6番金田の左中間の二塁打、7番宇都山(真)の中越えの三塁打で得点を重ねると、3回も2番安田のタイムリーが出て3-0。このままではいかない若林ヤングフォーレスト打線も意地を見せる、4回にエラー、四球からランナーを溜めてレフト線のタイムリー二塁打、センター前ヒットで同点に追いつく。4回裏は高飛車無得点で流れが若林ヤングフォーレストに傾きかけた中迎えた5回表、高飛車の柴がギアを上げて三者連続三振で高飛車に流れを引き寄せる。するとその裏、春山のレフトへの本塁打をきっかけに宇都山(央)、石附、柴の3連打で4点上げて7-3と勝ち越し。6回表の攻撃を三人で締めて時間切れで高飛車の勝利となった。
【相手チームへ一言】
(若林ヤングフォーレスト)
(高飛車)
 
グランド、審判手配していただきありがとうございました。
緊張感のある試合で楽しめました。今後もよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アスパラガス 6 14 ブリヂストン本社野球部 5月20日(篠崎公園A)
【本部コメント】
ブリヂストンが3戦負けなし!3年ぶりの決勝T進出へ好調をキープ!!
【試合内容】
アスパラガス先攻、ブリヂストン後攻で始まった試合。1回表、久保の内野安打と四球を絡め、吉安の内野安打、日下部のヒットでアスパラガスが2点を先制。対するブリヂストンは1回裏、エラー、四球を絡め中村のヒットで先制。さらに大橋の2塁打、草野のヒット、平井のヒットで追加点。2回表アスパラガスは四球、エラーを絡め4点奪い逆転。2回裏、ブリヂストンは先頭の山下がヒットで出塁、中村の2塁打で同点、大橋の3塁打で逆転。3回表は先発平井から途中交代していた山下が0点に抑える。3回裏先頭の犬房がヒットで出塁、山下のタイムリーで追加点、四球、エラー絡みで計7点の追加点を挙げ、試合を決定付ける。14対6でブリヂストンの勝利。
【相手チームへ一言】
(アスパラガス)
(ブリヂストン本社野球部)
お忙しいスケジュールの中、対戦頂きありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。また、グラウンド、審判の手配も頂きありがとうございます。相手の隙をついてアウトを奪う守備をよく練習されているなと感じました。弊チームも見習い意識していきたいと思います。また今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
若林ヤングフォーレスト 8 1 ローニンズ 5月13日(羽根木公園)
【本部コメント】
若武者打線が再び火を噴く!若林ヤングフォーレストが開幕2連勝で首位へ!!
【試合内容】
若林ヤングフォーレストは上野檀が先発。初回、ローニンズは1番の3ベースヒットなどで先制するも、上野檀が後続を打ち取り、最少失点で切り抜ける。若林ヤングフォーレストはその裏に内野ゴロで同点に追いつくと、2回に連打が続き、4得点。更に打線が続き気付けば累計8得点。中でも上野暁は3打数3安打と猛打賞の活躍。上野檀も雨の中最少失点の完投勝利。上野兄弟の活躍により、若林ヤングフォーレストが勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(若林ヤングフォーレスト)
(ローニンズ)
一瞬中断もありましたが、雨の中ありがとうございました!
次は太陽照りつける日差し中やりましょう!!
若くて元気で良いことです。
今後もよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブレット王国 3 12 STORM 4月22日(篠崎公園A)
【本部コメント】
早くも混戦模様のAブロック!STORMが12得点の猛攻を見せ快勝スタート!!
【試合内容】
先攻STORM宮田、後攻ブレット王国宮松の投げ合いで試合開始。両チーム無得点のまま迎えた2回表、1番西村のタイムリー等でSTORMが4点を先制。その裏、ブレッド王国も2死から浅田のセンター前ヒットの後、小畑のレフトオーバー2ベースで1点を返す。3回表、STORMは出口のライト前タイムリー、吉川のセンター前2点タイムリーにより3点を追加。続く2番手投手小畑からも宮田がレフト前2点タイムリーを放ち、この回一挙5点を挙げ8点差とする。追いつきたいブレット王国は3回裏、今田のセカンドゴロの間に1点を返すも、後続が続かず1点止まり。5回表、4番宮田裕、5番宮田真の連続タイムリーでSTORMがさらに3点を追加。1点を返さないとコールド負けとなってしまうブレット王国は5回裏、佐和のレフト前ヒットの間に相手の失策も絡み1点を返すが時間切れで終了。12-3でSTORMが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ブレット王国)
(STORM)
四球が多く、締りのない試合となってしまい申し訳ありませんでした。今後とも、練習試合など機会がありましたら、よろしくお願いします。
グランド確保、審判手配等ありがとうございました。また機会がありましたら、よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブリヂストン本社野球部 5 2 ブレット王国 4月8日(ブリヂストン小平)
【本部コメント】
吉川、大橋がホームラン!ブリヂストン本社野球部が今季初白星を挙げる!!
【試合内容】
先攻ブレット王国和田、後攻ブリヂストン本社野球部山下の投げ合いで試合開始。両チーム無得点のまま迎えた2回裏、ブリヂストン先頭の大橋が左中間を破るHRを放ち1点を先制。続く3回裏は疋田の犠牲フライ、4回裏は吉川のセンターへのHR、5回裏は2番手:宮松から平野のタイムリーでそれぞれ1点を追加した。追いつきたいブレット王国は、5回まで浅田、中村の2安打のみに抑えられた。しかし6回表、相手のエラーで三谷が出塁すると、続く宮松の右中間を破る2ベースで1点を奪い、小畑もライト前タイムリーで続き計2点を返した。続く6回裏、ブリヂストンは吉川が2打席連続HRを放ち1点を奪った。最終回、3点を追うブレット王国だったが、山下の前に3者凡退で抑えられた。ブレット王国は、和田→宮松→小畑の継投で挑むも、ブリヂストン山下は1人で投げ切り、先制、中押し、ダメ押しと効果的に得点したブリヂストンが5−2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ブリヂストン本社野球部)
(ブレット王国)
遠方までありがとうございました。白熱した良い試合ができました。また機会がありましたらよろしくお願い致します。
グラウンド、審判手配等ありがとうございました。切れ目のない打線は対戦していて、とても迫力がありました。今後とも、練習試合など機会がありましたら、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ローニンズ 0 10 高飛車 4月8日(城北中央公園)
【本部コメント】
エース柴が1安打完封!高飛車がコールド勝利でブロック首位浮上!!
【試合内容】
定刻通りにローニンズ先攻、高飛車後攻で試合開始した。初回、高飛車先発の柴は四球でランナーを出すも無失点でスタート。その裏の攻撃は1番春山のセンターオーバーの三塁打を皮切りに高飛車打線が爆発、打者一巡して一挙8点先制した。その後3回、8番宮永の二塁打から1番春山のセンターオーバー二塁打で1得点、4回裏一死三塁の場面で代打の加々美のセカンドゴロの間に10点目ランナーが返りコールドが成立した。投げては柴は1安打完封で投打に渡って高飛車が圧倒した。
【相手チームへ一言】
(ローニンズ)
(高飛車)
初手から失着を指してしまい、短手数で終ってしまいました。
次は100手ぐらい指せるようになりたいと思います。
今後もよろしくお願いします。
本日は審判、グランド等準備していただきありがとうございました。またの機会ありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブレット王国 2 13 若林ヤングフォーレスト 3月25日(芝公園)
【本部コメント】
若林ヤングフォーレスト打線爆発!新星対決を5回コールドで制す!!
【試合内容】
先攻若林ヤングフォーレスト、後攻ブレット王国にて試合開始。1回表、ヤングフォーレストは先発投手:和田の緊急降板後の2番手投手:三谷から宮本がタイムリーを放ち1点を先制。また2回表にも、三谷、3番手投手:佐和から5本の長短打などによりヤングフォーレストは5点を追加。追いつきたいブレット王国は2回裏、先発投手:蔵元から迫田の内野ゴロの間の1点を奪う。しかし3回表、3番手投手:佐和から金沢がレフトオーバーの3ランHRを放ち、ヤングフォーレストは3回までに9得点を挙げる。さらにヤングフォーレストは4番手投手:小畑から3回、4回はランナーを出すことが出来なかったが、5回表に上位打線が集中打を放ち4点を追加。5回裏、3点を挙げないとコールド負けとなってしまうブレット王国は、2番手投手:金沢から浦谷の内野ゴロの間に1点を挙げるも後続が倒れ1点止まり。5回コールドゲームで試合終了となった。若林ヤングフォーレストは、先発蔵元が1失点の好投。上位から下位の打線が爆発し、毎回のチャンスをものにできた。中でも2番鍛冶が猛打賞。3番金沢の3塁打、1ホーマーと大活躍だった。
【相手チームへ一言】
(ブレット王国)
(若林ヤングフォーレスト)
先日はありがとうございました。皆さんの打線の破壊力にはとても驚かされました。また、練習試合などで対戦いただければと思います。新規参入チーム同士、今後ともよろしくお願いいたします。
我がチームははじめてのヴィクトリアの試合というよりも公式戦でした。グラウンドも審判のご用意もありがとうございました。次は両チームともベストメンバーでやれることを楽しみにしております!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブリヂストン本社野球部 3 3 高飛車 3月25日(ブリヂストン小平)
【本部コメント】
Aブロックの命運を握る開幕ゲームは両者一歩も引かず痛み分け!!
【試合内容】
ブリヂストン小平グラウンドにて、先攻ブリヂストン本社野球部、後攻高飛車で試合開始。ブリヂストンは初回、3番吉川の右越えのニ塁打、5番池田のタイムリーで2点を先制する。しかしその裏、高飛車は1番春山の安打、ニ盗で無死ニ塁から2番須藤の右越えの三塁打、続く4番石附の左中間へのタイムリーで2点取り返した。4回表に守備のミスの出塁から適時打が飛び出しブリジストンが貴重な1点を取った。高飛車も攻撃を続けるが、敵の好守に阻まれてなかなか点が取れない状況が続く。迎えた最終回、この回先頭の4番石附がセンター前ヒットを打ち出塁、すかさず盗塁を決めランナーニ塁で、続く柴が進塁打を放ち一死三塁、死球とそのランナーが二盗して一死ニ三塁の状況で、迎えた7番宇都山が左中間に安打を放つと三塁ランナーは返り、ニ塁ランナーもサヨナラのホームを狙うがセンターの好返球で刺されて同点止まり。7回終わって4対4で引き分けとなった。
【相手チームへ一言】
(ブリヂストン本社野球部)
(高飛車)
良い試合をありがとうございました。均衡した試合で緊張感もあり楽しく野球ができました。今後ともよろしくお願いします。
今回もグランド、審判手配していただきありがとうございました。
4年連続の対戦で白熱した対戦になり楽しくできました。
今後ともまた練習試合もよろしくお願いします。