TOP > Victoriaリーグ4部(2018年) > 成績表(Bブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 14 3
1 2 0 0 6 7 4
3 0 1 0 0 3 4
4 0 2 0 0 4 7
5 0 1 0 0 0 10
- 0 0 0 0 0 0
- 0 0 0 0 0 0
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Bブロック星取表
   
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
3-1

4-3
 
 
 
 

1-3
   
 

3-4
 
 

3-4
 
   
 
 
 
 
 
 
 
0-10
 
 
 

4-3
 

10-0
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Cosmopia 3 4 もどきベースボールクラブ 6月17日(都田公園)
【本部コメント】
もどきBBCが逃げ切り勝利!Cosmopia怒涛の反撃も一歩及ばず!!
【試合内容】
Cosmopia先攻、もどきベースボールクラブ後攻で試合開始。2回裏、ヒットとフォアボールを絡めてもどきベースボールクラブが2点を先制。対するCosmopiaも4回に安斉のタイムリーで1点差に迫るが、5回にもどきベースボールクラブが1アウトから9番松田が送りバントで進めた2人のランナーを、1番近藤が左中間のタイムリーツーベースで返し4対1となる。もどきベースボールクラブ先発畑投手の変化球に翻弄されていたCosmopia打線は6回、采見、安斉、内堀、片田の4連打で2点を返し意地を見せるも一歩及ばず。4対3でもどきベースボールクラブが逃げ切った。
【相手チームへ一言】
(Cosmopia)
(もどきベースボールクラブ)
試合実施に際しての色々お心遣いいただき、ありがとうございました。楽しい時間を過ごすことができました!また、よろしくお願いいたします。
グランド審判等手配ありがとうございました!
また機会ありましたらよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京レイバンズ 4 3 アンバージャック 6月3日(光が丘公園)
【本部コメント】
東京レイバンズが猛追凌ぎ逃げ切り!開幕2連勝でブロック首位浮上!!
【試合内容】
先攻アンバージャック、後攻東京レイバンズで始まった試合。初回アンバージャックを3者凡退で討ち取ると、東京レイバンズは相手のミスと長打を絡め、3点を先取する。東京レイバンズはさらにホームランにより加点し、さらに突き放したいところだったが、3回表、5回表と得点を重ねるアンバージャック。最終回にも2アウト2,3塁と、逆転のチャンスをつくるが、篠原投手の好リリーフを前に1本が出ずゲームセット。4-3で東京レイバンズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(東京レイバンズ)
(アンバージャック)
暑い中、対戦ありがとうございました。
また機会があればよろしくお願いします。
この度は、グランド手配等、ありがとうございました。次はぜひ決勝トーナメントで再戦できればと思います。最後まで緊張感のある試合ができました。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京レイバンズ 3 1 Cosmopia 5月6日(上井草SC)
【本部コメント】
4年目の東京レイバンズが白星発進!初の決勝トーナメント進出に向け好スタート!!
【試合内容】
先攻東京レイバンズ、後攻Cosmopiaで試合開始。序盤にレイバンズが1点を先制する。その後、両チームとも粘り強く守り膠着状態が続く。終盤にレイバンズが何とか2点を奪い引き離す。チャンスで効果的にタイムリーがでた東京レイバンズに対して、Cosmopiaは走塁ミスで同点のチャンスを逃してしまう。Cosmopiaは終盤に山内の犠飛で一矢報いたものの、最後まで制球の良い東京レイバンズ投手を打ち崩せず1点に終わり、3対1で東京レイバンズが勝利した。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(東京レイバンズ)
(Cosmopia)
神奈川からお越しくださり、ありがとうございます。せった内容で集中して試合に取り組め楽しかったです。また機会があればよろしくお願いします。
球場、審判の手配等、ありがとうございました!公式戦の緊張感を一緒に存分に味わえて、楽しかったです。今後とも、よろしくお願いいたします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
打越ヒロコーズ 0 10 もどきベースボールクラブ 4月30日(大井ふ頭海浜)
【本部コメント】
もどきベースボールクラブ打線爆発!2本のHRを含む10得点でコールドデビュー!!
【試合内容】
もどきベースボールクラブ畑、打越ヒロコーズ中山の両先発で試合開始。1回裏に犠飛とエンドランでもどきベースボールクラブが2点を先制。その後は打越ヒロコーズ2番手の荒川と畑の好投で両者無得点が続く。しかし5回にもどきベースボールクラブ打線が火を噴く。畑の満塁ホームラン、6回に主将山本のスリーランホームランが飛び出し勝負あり。もどきベースボールクラブが10点差をつけコールド勝ち。もどきベースボールクラブの先発畑は6回を1人のランナーも許さず完全試合を達成!!投打に活躍しチームを初勝利に導いた!
【相手チームへ一言】
(打越ヒロコーズ)
(もどきベースボールクラブ)
完敗です。今度リベンジさせてください。
グランド、審判の手配等ありがとうございました!
今後ともよろしくお願い致します。