TOP > Victoriaリーグ4部(2018年) > 成績表(Eブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 4 1 0 12 34 15
2 3 1 0 9 23 11
3 2 1 0 6 24 13
4 1 1 0 3 9 16
5 1 3 0 3 19 40
6 0 4 0 0 21 35
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Eブロック星取表
 
2-12
 

1-9

3-7

13-12
② VICCESS

12-2
   

10-4

2-7
 
 
 
 
1-9
 

8-7

9-1

4-10

9-1
 
6-1

6-2

7-3

7-2
 

1-6
 
8-0

13-12
 

7-8

2-6

0-8
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
新座オーキーズ 4 10 VICCESS 7月1日(野火止運動場)
【本部コメント】
VICCESSが10得点の快勝!新座オーキーズは黒星も2年連続の決勝T進出が決定!!
【試合内容】
先攻VICCESS、後攻新座オーキーズで9:00試合開始!1回裏、新座オーキーズは四球出塁から盗塁をしかけ悪送球の間に三塁まで進み、3番山崎がレフトへのタイムリーヒットを放ち1点を先制!しかしVICCESSも2回表、先頭四球から盗塁、進塁打で三進しワイルドピッチで同点とする!追い付かれたオーキーズはその裏、すぐさま失策からチャンスを作り一死三塁から、8番西野のタイムリー内野安打で勝ち越し。さらに二、三塁から代打遠山がセンターへの2点タイムリーヒットを放ちリードを広げる!しかしVICCESSは3回表、四死球3つで満塁から押し出し死球で1点を返すと、続く5番水沢がレフトへ特大の逆転満塁ホームランを放ち試合をひっくり返す! 勢いに乗ったVICCESSは4回にも高橋、上島の長打で3点、5回にも永田、馬淵の長打で加点し、2回以降毎回の10得点で試合を決めた!投げては上島、田頭のリレーで3回以降得点を許さず、新座オーキーズ先発西野、2番手瀧渡、3番手中村の3投手を打ち崩したVICCESSが去年に続き勝利した!オーキーズは3回以降走者は出すもののホームが遠く初黒星となった。
【相手チームへ一言】
(新座オーキーズ)
(VICCESS)
青山様。viccessの皆様。対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
榎本さん、有川さん、オーキーズの皆様、二年続けての対戦となりましたが今回もグラウンド手配、審判手配をしていただきありがとうございました。梅雨明けの影響で朝イチから真夏日となり熱中症はお気の毒でした。また機会がありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Ultimate B.C 8 7 埼玉スクラッチーズ 7月1日(大宮健保)
【本部コメント】
Ultimate B.Cが劇的サヨナラで3年ぶりの白星!最終回に6点差をひっくり返す!!
【試合内容】
埼玉スクラッチーズ先攻、Ultimate B.C後攻で試合開始。初回、埼玉スクラッチーズが1点を先制。Ultimate B.Cは2回裏に斎藤の適時三塁打で振り出しに戻す。その後は埼玉スクラッチーズが3回、4回に1点ずつ加点、そして最終回となる5回表に4点を奪って7-1と勝負あったかに見えた。しかし5回裏にUltimate B.Cが猛反撃。9番杉田から打者11人の攻撃で一気に同点。そして12人目の主将岩崎が押し出し四球を選んでサヨナラ勝ちした。
【相手チームへ一言】
(Ultimate B.C)
(埼玉スクラッチーズ)
酒井様、選手の皆様、暑い中対戦有難うございました。
また機会がございましたら是非対戦よろしくお願いします。
グランド手配、審判手配ありがとうございました。
また、機会がありましたらリベンジさせてください。
今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
新座オーキーズ 6 2 埼玉スクラッチーズ 6月24日(三芳グランド)
【本部コメント】
オーキーズが無傷の4連勝で首位を死守!スクラッチーズ初勝利ならず!!
【試合内容】
初回、オーキーズは3番富永のタイムリーで先制し、2回にも渡邉のタイムリー、相澤、西野の叩きで効率良く追加点を加え4-0とする。3回に1点を失うも、4回に西野のタイムリー、富永が叩きを決め6-1。最終5回にホームスチールを許したが、5回途中で時間切れ。新座オーキーズが開幕4連勝を飾った。
【相手チームへ一言】
(新座オーキーズ)
(埼玉スクラッチーズ)
酒井様。埼玉スクラッチーズの皆様。遠征頂きありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
榎本様、グランド手配、審判手配ありがとうございます。決勝トーナメント是非頑張ってください!対戦ありがとうございました!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
セブンホイールズ 3 7 ワイルドスピリッツ 6月3日(三郷サンスポ)
【本部コメント】
鈴木が決勝弾!ワイルドスピリッツが首位と勝ち点で並ぶ3勝目!!
【試合内容】
セブンホイールズ先攻、ワイルドスピリッツ後攻でゲームが始まる。1回表、ワイルドスピリッツ先発の服部がコントロール良く三者凡退でリズム良く終える。その裏、1番の高橋が2塁打を放つと続く稲毛が送りバントを決め、3番安藤の内野ゴロの間に1点を先制。2回も5番荒井の2塁打から続く古川、鈴木、武田のエンドランやバントヒット等でワイルドスピリッツが2点を追加。セブンホイールズも3回表、金原が2塁打で出塁し豊田のセカンドゴロで3塁まで進み、1番渡部の犠牲フライで1点を返す。4回に鈴木のツーランホームランで突き放す。5回表、渡部がお返しのツーランホームランで再び2点差。ワイルドスピリッツは6回から中継ぎの柴田が登板し、木元・原・藤原のクリーンナップから三者連続三振を奪うと、その裏2点追加し勝負あり。最終回2アウトから金原がこの日2本目のツーベースで出塁するも後続続かず、ワイルドスピリッツが7対3で勝利。
【相手チームへ一言】
(セブンホイールズ)
(ワイルドスピリッツ)
ワイルドスピリッツの選手の皆様、遠征いただきありがとうございました。試合は、2番手の投手の方の投球に追い上げムードの流れを完全に切られました。またよろしくお願いいたします。
豊田様、セブンホイールズ選手様、暑い中本日はありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
新座オーキーズ 9 1 セブンホイールズ 5月27日(清瀬都職)
【本部コメント】
新座オーキーズが無傷の3連勝!投打噛み合いブロック首位をキープ!!
【試合内容】
新座オーキーズ先攻、セブンホイールズ後攻でプレーボール!新座オーキーズは初回、4番本多のタイムリーで先制。2回にも相手投手のボークで追加点。追うセブンホイールズは2回裏、高橋翼が2ベースで出塁すると、藤原がライト線への2ベースを放ち1点差に迫る。さらに3回には、堀・渡部が四球を選びチャンスを作るも後1本が出ない。すると、新座オーキーズは4回に9番鈴木の柵ごえホームランを皮切りに7番遠山の犠牲フライなど5点を取る。その裏、セブンホイールズは満塁のチャンスを作るも豊田、堀が三振。最終回となった5回表にも3番富永、4番本多の連続タイムリーで新座オーキーズが2点を奪い勝負あり。セブンホイールズは5回裏にも得点圏に走者を進めるも松丸、高橋翼が凡退。新座オーキーズが9-1で勝利した。セブンホイールズは毎回チャンスを作るも合計10残塁が痛かった。
【相手チームへ一言】
(新座オーキーズ)
(セブンホイールズ)
豊田様。選手の皆様。遠征頂きありがとうございました。完全に流れはセブンホイールズさんでした。また宜しくお願い致します。
榎本様。この度は、色々ご配慮いただきありがとうございました。昨年の対戦よりは戦えたかなと思っておりますが、まだまだ力及びませんでした。また、機会がありましたらリベンジさせてください!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
セブンホイールズ 13 12 埼玉スクラッチーズ 5月20日(三郷サンスポ)
【本部コメント】
計25点の壮絶な乱打戦!セブンホイールズがサヨナラで今季初勝利!!
【試合内容】
先攻、埼玉スクラッチーズ。後攻、セブンホイールズ。1回表、スクラッチーズは1番糸数がヒットで出塁。その後3塁まで進み、意表を突くホームスチールを決め先制。(0−1)その裏、セブンホイールズは2連続四死球から3番木元のタイムリー。その後もエラーと藤原の2塁打、豊田の3塁内野安打で6点を取り逆転。(1−6)2回表、スクラッチーズは5番池ノ内がセンターへ2塁打。エラー2つと8番大崎、9番落合のヒット等で同じく6点を取り返す。(6−7)3回裏、セブンホイールズは7番小野が四球、8番藤原、9番豊田が連打で満塁。1番堀が2打席連続の死球で押し出し。3番木元がセンターオーバーの2塁打、4番原もライト前タイムリーで続き4点を奪い再逆転。(10−7)4回表、スクラッチーズは9番落合がヒットで出塁。その後、エラーと4番土井のホームランで4点を奪い再び逆転。(10-11)5回裏、2番渡部のソロホームランでセブンホイールズが同点に追いつく。(11-11)時間により最終回を宣告された6回表、スクラッチーズは9番落合がこの日3安打目のヒットで出塁。牽制悪送球の間に3塁へ。1アウト後、2番藤井がスクイズを決める。(11-12)6回裏、5番松丸が内野安打で出塁。6番高橋翼がライトへの2塁打で無死2、3塁と一打サヨナラのチャンス。7番小野の打席時バッテリーエラーで同点。8番藤原にレフトへのタイムリーヒットが飛び出し、セブンホイールズがサヨナラ勝ちを決めた。(×13-12)
【相手チームへ一言】
(セブンホイールズ)
(埼玉スクラッチーズ)
真剣勝負の中でも楽しい雰囲気で、豪快な当たりが両チーム多く、お互いエラーも含めて草野球の醍醐味を満喫出来たゲームでしたね(笑)。その中でも、ホームスチールやスクイズなど一瞬の隙も逃さない攻撃素晴らしかったです。この度は、遠征していただきありがとうございました!
審判手配、グランド手配ありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します。また、是非対戦お願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
新座オーキーズ 6 1 ワイルドスピリッツ 5月20日(秋ヶ瀬公園)
【本部コメント】
渡邉が14奪三振の完投!新座オーキーズが首位攻防戦を制す!!
【試合内容】
オーキーズは初回に西野、富永のヒットでチャンスを作ると本多の打球が相手FCとなり先制。更に中村の強襲ヒットで2-0とする。オーキーズは2回にもエラーで追加点をあげる。対するワイルドスピリッツは4回表に1点を返すも、4回裏に相澤のツーランに中村内野安打で3得点したオーキーズが勝利。先発渡邉は被安打3、三振14を奪い完投。開幕2連勝とした。
【相手チームへ一言】
(新座オーキーズ)
(ワイルドスピリッツ)
齊藤様、選手の皆様。本日は対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
榎本様、選手の皆様、本日は急な決定にも関わらずご対戦頂きありがとうございました。今回はいい所が何もなく、力負けしてしまいましたが次回鍛え直してリベンジさせて頂きたいと思いますので今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ワイルドスピリッツ 8 0 埼玉スクラッチーズ 5月13日(千住新橋球場)
【本部コメント】
ワイルドスピリッツが開幕2連勝で首位へ!投手王国が誇る継投でシャットアウト!!
【試合内容】
ワイルドスピリッツ先発の目崎がテンポよく4回無四球1安打に抑える。ワイルドスピリッツは3回に山崎、齋藤のホームランで5点を奪い先制。さらに4回、6回も1点を奪い、最終回にも藤波のダメ押し弾で追加点を奪う。投げては継投の服部も3回をしっかり締め、8対0でワイルドスピリッツが勝利。
【相手チームへ一言】
(ワイルドスピリッツ)
(埼玉スクラッチーズ)
本日は雨の中遠征して頂きありがとうございました。
また機会がありましたら対戦宜しくお願い致します。
審判手配、グランド手配ありがとうございました!対戦ありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
VICCESS 2 7 ワイルドスピリッツ 4月29日(大宮健保)
【本部コメント】
柴田、稲毛の投手リレー!新星ワイルドスピリッツが逆転白星デビュー!!
【試合内容】
先攻VICCESS、後攻ワイルドスピリッツで9:20に試合開始!先制したのはVICCESS!ワイルドスピリッツ先発柴田の不安定な立ち上がりを攻め、2回表に大山が右柵越えのホームランで1点を先制!なおも死球と失策で満塁から押し出しで1点を追加し2点を奪う!対するワイルドスピリッツは3回に1点を返すと4回にタイムリー2本で3点を奪い逆転する。さらにワイルドスピリッツは5回、6回にも加点しリードを広げ7−2で逆転勝利を納めた!VICCESSは3回以降走者を出すもあと一本が出ず、好投の上島を援護できなかった。ワイルドスピリッツ先発の柴田は要所を締め、序盤の2点に抑える。打線も目崎、高橋を筆頭に繋がり逆転に成功。中継ぎの稲毛も2回をしっかり締めた。
【相手チームへ一言】
(VICCESS)
(ワイルドスピリッツ)
齋藤様、ワイルドスピリッツの皆さまGWにもかかわらず朝から大宮まで遠征いただきありがとうございました。走攻守において完敗でした。また対戦の際は宜しくお願い致します。
青山様、本日は、グランド及び審判の手配をして頂きありがとうございました。そして、暑い中お疲れ様でした。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
セブンホイールズ 2 12 VICCESS 4月22日(大原公園)
【本部コメント】
シーズン初陣はコールド勝ち!古株対決は昨年位続きVICCESSに軍配!!
【試合内容】
先攻セブンホイールズ、後攻VICCESSで13:10に試合開始!VICCESSは初回、大山と馬淵のタイムリーツーベース等で4点を先制!しかしセブンホイールズも二回にすぐさま失策で走者をため、高橋翼の内野ゴロと藤原の犠飛で2点を返し反撃!がしかし、VICCESSは二回裏にも打線が繋がり、水沢、石川のタイムリー等で6点を奪いリードを広げ、さらに三回、四回にも追加点を奪い四回途中12-2のコールドゲームでVICCESSが勝利した!
【相手チームへ一言】
(セブンホイールズ)
(VICCESS)
VICCESSの選手の皆様。今年も遠征していただきありがとうございました。鋭い振りに初回からビビり萎縮してしまい、チャンスに強い打線に脱帽です。次からはコールド成立後のような試合を出来たら良い勝負が出来るかと思っています!またよろしくお願いします。
豊田さん、セブンホイールズの皆様、昨年に続き対戦ありがとうございました。グラウンド手配もありがとうございました。また対戦機会がありましたらどうぞ宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
新座オーキーズ 9 1 Ultimate B.C 4月22日(三芳グランド)
【本部コメント】
渡邉が13奪三振の好投!新座オーキーズが開幕ゲームを快勝で飾る!!
【試合内容】
初回、オーキーズは3番富永のタイムリーで先制。2回にも2番西野のタイムリーで追加点。3回も富永、本多、小野、遠山、渡邉、相澤がヒットを放ち4点を追加。4回にも富永のタイムリー、送球エラーも重なり2点。5回も1番相澤のタイムリーで1点を取った。オーキーズ打線は13安打で毎回得点。投げては先発渡邉が岩崎にランニングホームランを許すも、6回3安打13奪三振1失点の好投で開幕ゲームを勝利に導いた。
【相手チームへ一言】
(新座オーキーズ)
(Ultimate B.C)
富永様。選手の皆様。暑い中での対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
グランド、審判の手配ありがとうございました。試合はまさに完敗でした。また機会がありましたら挑戦させてください。