TOP > Victoriaリーグ4部(2018年) > 成績表(Cブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 0 0 3 15 5
2 1 1 0 3 11 7
3 1 0 0 3 5 4
4 1 2 0 3 16 26
5 0 1 0 -3 0 5
- 0 0 0 0 0 0
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Cブロック星取表
 
5-15
 
 

4-5

7-6
② BEANS

15-5
   
 
 
 
③ SWINGS
 
 
   
 

0-5
 
 
 
   
 

5-4
 
 
 
   
⑥ MIXUP

6-7
 

5-0
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MIXUP 5 0 SWINGS 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦が実現せず、SWINGSの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BEANS 15 5 清瀬フェニックス 4月15日(大宮健保)
【本部コメント】
BEANSが15点を奪い首位スタート!清瀬は昨年のリベンジならず!!
【試合内容】
清瀬フェニックスは初回、先頭打者がいきなりのランニングホームランを放ち先制。BEANSはその裏、三連打で同点とした後に、犠飛・犠飛で逆転。続く2回以降もBEANS打線の勢いは止まらず、4回までに9得点をあげる。BEANS田中(優)のランニングホームランで一気に試合を決めにかかるも、6回には清瀬フェニックス4番の広江に満塁ホームランを打たれ一気に点差を詰められる。しかしその裏にも得点をあげBEANSが勝利をおさめた。
【相手チームへ一言】
(BEANS)
(清瀬フェニックス)
対戦ありがとうございました。また宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MIXUP 6 7 清瀬フェニックス 4月8日(大宮健保)
【本部コメント】
清瀬フェニックスが乱打戦となった接戦を制し、待望の勝ち点3獲得!!
【試合内容】
清瀬フェニックス初回の攻撃、先頭バッターが四球で出塁しすかさず盗塁を決め、2死二塁から4番の左前タイムリーで1点先取。続く2回にも1点を追加し序盤は2-0でフェニックス優勢で試合が進む。対するMIXUPは序盤まで無安打が続いたが、3回表の守備を3者凡退で抑えリズムを作ると、その裏の攻撃で2死から2者連続本塁打を含む打者1巡の猛攻で4点を奪い逆転に成功。しかし、4回フェニックスも打者一巡の猛攻で5点を奪い返して7-4とし3点リードで終盤へ。5回以降、MIXUP先発の小山はフェニックス打線を抑え、完全に立ち直り味方の援護を待つ。そして6回裏MIXUPは4番坂本、5番川口の連打でチャンスを作り、2死2,3塁から8番小山の2点タイムリーで1点差まで詰め寄るが、あと1点及ばず清瀬フェニックスが7-6の接戦を制した。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(MIXUP)
(清瀬フェニックス)
リーグ戦1勝おめでとうございます!
悔しい敗戦ですが点差以上に力の差を感じた試合でした。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Precious 5 4 清瀬フェニックス 3月25日(荒川第二)
【本部コメント】
初参戦Preciousがサヨナラ勝ち!初戦でVictoria初勝利を手に!!
【試合内容】
1、2回まではお互い一歩も引かず、投手戦になると思われた。試合が動いたのは3回、清瀬フェニックスの守備の乱れからタイムリーなどで、Preciousが5回までに3点を奪う。しかし6回表にフェニックス森田の3ランが飛び出し試合は振り出しに。その後6回裏、7回表にお互い1点ずつ入れて、同点のまま7回裏のPreciousの攻撃へ。エラーで出たランナーが3塁まで進み、フェニックスのパスボールで生還し、サヨナラでPreciousの勝利。
【相手チームへ一言】
(Precious)
(清瀬フェニックス)
本試合ありがとうございました!
またよろしくお願い致します。
審判、グランドの手配等ありがとうございました。点差以上に完敗でした。機会がありましたら練習試合などよろしくお願いいたします。