TOP > Victoriaリーグ4部(2018年) > 成績表(Cブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 21 9
2 2 0 0 6 14 6
3 1 0 0 3 5 4
4 1 4 0 3 21 27
5 1 2 0 3 16 26
6 0 1 0 -3 0 5
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Cブロック星取表
 
5-15
 
 

4-5

7-6
② BEANS

15-5
   
 
 

6-4
③ SWINGS
 
 
   
 

0-5
 
 
 
   

5-4

5-4
 
 
 
 
9-2
⑥ MIXUP

6-7

4-6

5-0

4-5

2-9
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MIXUP 4 6 BEANS 6月17日(大宮健保)
【本部コメント】
BEANSが開幕2連勝で首位奪取!MIXUPは反撃見せるも最終戦を飾れず!!
【試合内容】
MIXUP先攻、BEANS後攻で試合開始。MIXUPは1回表、先頭打者HRで先制するも、BEANSもその裏に一死満塁から福田の走者一掃のツーベースで逆転。MIXUPは3回表に2四球でチャンスをもらうと、2番清水のタイムリーで1点を返す。しかしその裏、BEANSは金子のスクイズと吉橋のタイムリーで2点を奪い突き放す。MIXUPは5回にも2点を奪い1点差まで詰め寄るも、6回裏にBEANSが相手エラーで出塁したランナーを内野ゴロの間に1点を加え試合を決めた。
【相手チームへ一言】
(MIXUP)
(BEANS)
 
対戦調整、グランド、審判手配とありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MIXUP 2 9 Precious 6月3日(大宮健保)
【本部コメント】
有馬が13奪三振の好投!新星Preciousが2連勝を飾り首位へ!!
【試合内容】
初回、Preciousは岡本(康)の先頭打者ホームランで1点を先制。続いて3番4番とヒットで出塁するも、ここはMixup先発清水が踏ん張り追加点ならず。1点を追うMixupは3回表、1番桃野が1死から出ると盗塁と1番神谷の進塁打で2死3塁とし、3番小山が適時打で同点とする。しかし、Preciousは3回裏先頭の2番島田がホームランですかさず勝ち越す。Precious先発ピッチャー有馬が好投し4回までヒット2本で抑える。4回裏、6番根岸がセンター前ヒットで出塁し続く石神、谷はフライで打ち取られるも、9番岡本(一)のランニングホームランでPreciousはが2点追加。6回表Mixupは2死から6番清水が内野安打で出塁するとワイルドピッチの間に2塁へ進み、代打中村がレフトへ適時打で2点差まで詰め寄る。6回裏、守備から流れを引き寄せたいMixupだったがエラーとワイルドピッチで追加点を許し、さらにPreciousは1番岡本、2番島田がエラーで出塁し2アウト1.2塁。続く金子がショートへの内野安打で2アウト満塁。4番鈴木(寛)がここで、ホームランを放ち4点追加。Preciousが攻撃は4本のホームラン、守備では先発有馬が13奪三振と投打が噛み合い9-2で勝利。
【相手チームへ一言】
(MIXUP)
(Precious)
リーグ戦2勝目おめでとうございます!投打ともに圧倒された感じです。また投手の配球とキャッチャーのリードはとても勉強になりました。
暑い中の試合でしたがありがとうございました!
またよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MIXUP 4 5 マイルドスターズ 5月20日(大宮健保)
【本部コメント】
5チームが勝ち点で並ぶ大混戦!マイルドスターズがシーソーゲームをサヨナラで制す!!
【試合内容】
MIXUPが先攻、マイルドスターズが後攻で試合開始。初回は両チームランナーを出しつつも0点で始まる。ゲームが動いたのは2回裏マイルドスターズの攻撃、先頭5番松本がヒットと2つの盗塁を決め、1死3塁から7番高柳がサードゴロの間に1点先制。3回MIXUPは9番志賀がヒット、1番桃野が四球で繋ぎ2死1,2塁から3番清水がタイムリー三塁打で2-1と逆転するも、その裏先頭バッター9番長倉が四球で出塁し、1番中山が二塁打を放ちすぐさま同点。4回MIXUPは1死から6番大平が三塁打を放ち、8番金子の左飛が犠牲フライとなり再度勝ち越す。しかし、マイルドスターズは5回、6回に1点ずつ加えて逆転し3-4で最終回へ。MIXUPは1番からの好打順、先頭桃野が四球で出塁し盗塁と相手バッテリーエラー等でホームへ帰り4-4同点とするが後続が倒れ7回裏へ。先頭9番長倉が死球で出塁し盗塁等で無死三塁となり、ピッチャー小山が2者連続三振で2死までたどり着くも、最後は5番松本もセンター前タイムリーでマイルドスターズがサヨナラ勝ちを決めた。
【相手チームへ一言】
(MIXUP)
(マイルドスターズ)
リーグ戦1勝おめでとうございます!最後までしびれる展開であらためて野球の難しさと楽しさを学んだ一戦だったと思います。
グラウンド確保、審判派遣などありがとうございました!いい試合ができました。また機会があれば宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MIXUP 5 0 SWINGS 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦が実現せず、SWINGSの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BEANS 15 5 清瀬フェニックス 4月15日(大宮健保)
【本部コメント】
BEANSが15点を奪い首位スタート!清瀬は昨年のリベンジならず!!
【試合内容】
清瀬フェニックスは初回、先頭打者がいきなりのランニングホームランを放ち先制。BEANSはその裏、三連打で同点とした後に、犠飛・犠飛で逆転。続く2回以降もBEANS打線の勢いは止まらず、4回までに9得点をあげる。BEANS田中(優)のランニングホームランで一気に試合を決めにかかるも、6回には清瀬フェニックス4番の広江に満塁ホームランを打たれ一気に点差を詰められる。しかしその裏にも得点をあげBEANSが勝利をおさめた。
【相手チームへ一言】
(BEANS)
(清瀬フェニックス)
対戦ありがとうございました。また宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MIXUP 6 7 清瀬フェニックス 4月8日(大宮健保)
【本部コメント】
清瀬フェニックスが乱打戦となった接戦を制し、待望の勝ち点3獲得!!
【試合内容】
清瀬フェニックス初回の攻撃、先頭バッターが四球で出塁しすかさず盗塁を決め、2死二塁から4番の左前タイムリーで1点先取。続く2回にも1点を追加し序盤は2-0でフェニックス優勢で試合が進む。対するMIXUPは序盤まで無安打が続いたが、3回表の守備を3者凡退で抑えリズムを作ると、その裏の攻撃で2死から2者連続本塁打を含む打者1巡の猛攻で4点を奪い逆転に成功。しかし、4回フェニックスも打者一巡の猛攻で5点を奪い返して7-4とし3点リードで終盤へ。5回以降、MIXUP先発の小山はフェニックス打線を抑え、完全に立ち直り味方の援護を待つ。そして6回裏MIXUPは4番坂本、5番川口の連打でチャンスを作り、2死2,3塁から8番小山の2点タイムリーで1点差まで詰め寄るが、あと1点及ばず清瀬フェニックスが7-6の接戦を制した。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(MIXUP)
(清瀬フェニックス)
リーグ戦1勝おめでとうございます!
悔しい敗戦ですが点差以上に力の差を感じた試合でした。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Precious 5 4 清瀬フェニックス 3月25日(荒川第二)
【本部コメント】
初参戦Preciousがサヨナラ勝ち!初戦でVictoria初勝利を手に!!
【試合内容】
1、2回まではお互い一歩も引かず、投手戦になると思われた。試合が動いたのは3回、清瀬フェニックスの守備の乱れからタイムリーなどで、Preciousが5回までに3点を奪う。しかし6回表にフェニックス森田の3ランが飛び出し試合は振り出しに。その後6回裏、7回表にお互い1点ずつ入れて、同点のまま7回裏のPreciousの攻撃へ。エラーで出たランナーが3塁まで進み、フェニックスのパスボールで生還し、サヨナラでPreciousの勝利。
【相手チームへ一言】
(Precious)
(清瀬フェニックス)
本試合ありがとうございました!
またよろしくお願い致します。
審判、グランドの手配等ありがとうございました。点差以上に完敗でした。機会がありましたら練習試合などよろしくお願いいたします。