草野球大会Victoria|Victoriaリーグ4部(2018年):成績表(Dブロック)
TOP > Victoriaリーグ4部(2018年) > 成績表(Dブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 5 0 0 15 47 12
2 3 2 0 9 42 21
3 3 1 0 9 22 11
4 1 3 1 4 16 22
5 1 2 1 4 5 15
6 0 5 0 0 8 59
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Dブロック星取表
 
5-1

28-0

4-11

3-0

2-9

1-5
 
12-7

2-7

1-1

0-2

0-28

7-12
 
0-10

1-3

0-6

11-4

7-2

10-0
 
10-1

9-5

0-3

1-1

3-1

1-10
   

9-2

2-0

6-0

5-9
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
砂町ドンフェイス 28 0 Registers 8月5日(大宮健保)
【本部コメント】
初回から猛打炸裂!砂町ドンフェイスが最終戦を圧巻のコールド勝ちで飾る!!
【試合内容】
砂町ドンフェイス先攻、レジスターズ後攻で試合開始。炎天下のもと、大宮けんぽグランドにてプレーボール。試合は終始ドンフェイス主導で進む。レジスターズ先発伊藤に襲いかかり、初回に複数の本塁打を含む猛攻で11点、その後も勢いは止まらず、2回に2点、3回に7点、4回に8点、計28点。レジスターズは攻守に渡り雑なプレーが目立ち、終始サンドバッグ状態で何も出来ずに完敗。4イニングコールドゲームで砂町ドンフェイスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(砂町ドンフェイス)
(Registers)
レジスターズ様、日程調整しての対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
試合調整ありがとうございました。若さと勢い、そして暑さに(笑)完敗です。不甲斐ない試合で申し訳ないです。この度は対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Registers 1 3 ポニーキャニオン 8月5日(光が丘公園)
【本部コメント】
ポニーキャニオンが逆転勝利!2年目にして待望のVictoria初白星を掴む!!
【試合内容】
ポニーキャニオン先発、レジスターズ後攻で試合開始。初回、レジスターズは相手エラーで出塁し盗塁とバッテリーエラーの間に先制も、次の回にポニーキャニオンも同じようにバッテリーエラーですぐさま同点に追い付く。同点で迎えた3回表、ポニーキャニオンは連続フォアボールのランナーを2人置き、3番下枝がレフト前へヒットを放つ。これをレジスターズ尾崎が後逸。その間に2人が還りポニーキャニオンが逆転。その後はポニーキャニオン優勢で試合が進むも要所でレジスターズ2番手観田が踏ん張り得点を与えない。しかしレジスターズも攻めあぐね、そのままポニーキャニオンが試合を決めた。
【相手チームへ一言】
(Registers)
(ポニーキャニオン)
本日は試合調整、対戦していただきありがとうございました。
また機会がございましたら宜しくお願いします。
猛暑の中大変お疲れ様でした。こんなにバテた試合は初めてかもしれません。けが人が出なくて良かったです。グランド、審判のご手配有難うございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Registers 0 6 オーティーナショナルズ 7月22日(光が丘公園)
【本部コメント】
小山が無四球完封!好調オーティーナショナルズが3連勝で決勝T進出へ前進!!
【試合内容】
先攻Registers、後攻オーティーナショナルズで試合開始。 初回、オーティーナショナルズが四球で出したランナーを進め、渡辺の内野ゴロの間に先制。オーティーナショナルズはさらに3回裏、四死球でチャンスを広げ4安打と犠牲フライ、エンドランや相手エラーも絡め一挙5得点をあげる。Registers先発観田はその後ランナーを出しながらも粘りのピッチングでオーティーナショナルズ打線を抑えるも、オーティーナショナルズ先発小山の前にRegisters打線は沈黙。そのまま6-0でオーティーナショナルズが勝利。先発の小山は7回無四球完封。
【相手チームへ一言】
(Registers)
(オーティーナショナルズ)
暑い中、遠征していただきありがとうございました。
また機会がございましたら宜しくお願いします。
暑い中ありがとうございました。
また対戦宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
砂町ドンフェイス 2 9 オーティーナショナルズ 7月8日(亀戸野球場)
【本部コメント】
オーティーナショナルズが2位浮上!黒星スタートからの2連勝で巻き返し成功!!
【試合内容】
先攻砂町ドンフェイス岩野、後攻オーティーナショナルズ小山の両先発投手で試合開始。初回からゲームは動く、まず砂町ドンフェイスがツーアウトから3番望月、4番福谷の連打で1点先制。しかし、その裏オーティーナショナルズはエラーからチャンスをつくり、渡辺、小山、米澤の3連打で4得点。怒涛の連打であっさり逆転に成功する。その後はドンフェイス福原、ナショナル小山の両投手が踏ん張り、粘りのピッチングで0更新。再び試合が動いたのは5回裏、オーティーナショナルズは3連続四球から、小山の満塁ホームランで4点、内野安打で1点を奪い、一挙5点追加。6回表に砂町ドンフェイスは意地を見せ、萩原、福原の連続安打で1点を返すも及ばず。6イニング9対2でオーティーナショナルズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(砂町ドンフェイス)
(オーティーナショナルズ)
オーティーナショナルズ様、対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。
本日はありがとうございました。
また、機会がありましたら、対戦をお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
麻布ブルーウェーブ 1 10 ポニーキャニオン 7月1日(麻布運動場)
【本部コメント】
昨年のリベンジに燃える麻布ブルーウェーブが無傷の5連勝で首位通過確定!!
【試合内容】
例年より早い梅雨明け後の真夏日。麻布ブルーウェーブは2回に2点、3回に3点を取り、ゲームの主導権を握った。7回には5点を追加し、勝負を決めた。ポニーキャニオンもなんとか1点を返すが、投げては藤村が1安打完投。麻布ブルーウェーブが10対1で勝利した。ポニーキャニオンは、2アウトからの攻撃が素晴らしかった麻布ブルーウェーブの打撃力に完敗。
【相手チームへ一言】
(麻布ブルーウェーブ)
(ポニーキャニオン)
非常に暑い中、ありがとうございました。
また対戦をよろしくお願いします。
内容も気温も熱い試合となりました。
グランド、審判のご手配、有難うございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
リベルタドーレス 2 7 麻布ブルーウェーブ 6月17日(夢の島運動場)
【本部コメント】
麻布ブルーウェーブが首位独走!藤村、木元の投手リレーで無傷の4連勝!!
【試合内容】
先攻麻布ブルーウェーブ、後攻リベルタドーレスで試合開始。リベルタドーレス先発ピッチャー鈴木、初回は三人を打たせて取るピッチングで上々の立ちあがり。麻布ブルーウェーブは先発木元、こちらも初回を0点で抑える。試合はが動いたのは2回表、麻布ブルーウェーブはリベルタドーレスのまずい守備も重なり、4番坂井の2塁打から長短打を含むタイムリーで大量の7点を先制する。リベルタドーレスは4回に3番鈴木の初ヒットから1点を返すも、後続が繋がらず、残塁、反撃ならず。このあとも、麻布ブルーウェーブのエラーで1点返すも、先発ピッチャー木元、5回から交代した木元も要所抑え、6回時間切れで麻布ブルーウェーブが勝利した。リベルタドーレスは全グループ日程を終了した。
【相手チームへ一言】
(リベルタドーレス)
(麻布ブルーウェーブ)
本日は出向いていただきありがとうございました。実力差がかなりあり、大差がついてしまいましたが、楽しめました。また対戦お願いいたします。
グラウンドの手配、審判の派遣ありがとうございました。
楽しく試合ができました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
リベルタドーレス 1 5 砂町ドンフェイス 6月3日(夢の島運動場)
【本部コメント】
岩野が完投勝利!砂町ドンフェイスが2勝目を挙げブロック2位浮上!!
【試合内容】
先攻砂町ドンフェイス岩野投手、後攻リベルタドーレス鈴木投手の両先発でプレイボール。初回は両投手0で抑え、万全の立ちあがり。試合が動いたのは2回裏、先頭羽石がフォアボールを選び、6番柏崎のレフトオーバー2ベースでリベルタドーレスが1点先制する。しかし3回裏、砂町ドンフェイスもエラーで出塁の児玉選手が2盗3盗で揺さぶり、これが悪送球を誘い同点。更に福谷選手の内野ゴロの間に加点し逆転する。さらに4回表にも砂町ドンフェイスは8番萩原のランニングホームランで2点を追加し、5回表には5番加藤(広)のライトのフェイスを高々と越えるホームランでだめ押し。その後もリベルタドーレスの攻撃陣を岩野が最後まで投げきり1失点完投。5対1で砂町ドンフェイスの圧勝で6回時間切れゲームセット。
【相手チームへ一言】
(リベルタドーレス)
(砂町ドンフェイス)
本日は対戦していただき、ありがとうございました。守備も打撃も全くかないませんでしたが、楽しく終えることができました。残りの試合も頑張ってください。また練習試合などでもお願いいたします!
リベルタドーレス様、対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
リベルタドーレス 0 2 オーティーナショナルズ 5月27日(夢の島運動場)
【本部コメント】
小山が完封勝利!オーティーナショナルズがVictoria初白星を挙げ3位浮上!!
【試合内容】
オーティーナショナルズ先攻、リベルタドーレス後攻でスタート。リベルタドーレス先発ピッチャーは鈴木、初回はランナーを出すものの、無失点での立ち上がり。裏のリベルタドーレスの攻撃、オーティーナショナルズの先発は小山、こちらも立ち上がりにヒット二本許すものの、後続続かず無失点。試合が動いたのは2回表、コントロールの定まらない鈴木から先頭打者の丸山がフォアボールで出塁すると、続く小山にもストライクが入らず、ノーアウト一塁二塁となる。その後それぞれ進塁し、1番田中のピッチャーゴロでファースト送球の間に、丸山の好走塁でホームインし、オーティーナショナルズ先制する。続く3回表にも先頭の渡辺が再びノーアウトからフォアボールで出塁すると、上岡がヒットで続き、米澤のライトゴロの間に追加点。その後、ピッチャー小山の小気味良いピッチングの前にリベルタドーレス打線は沈黙。お互いに打ちあぐね、試合は7回裏までこのまま2対0で終了。オーティーナショナルズ勝利したものも3安打。先発小山は3安打完封。
【相手チームへ一言】
(リベルタドーレス)
(オーティーナショナルズ)
今日は対戦していただきありがとうございました。
また機会がございましたら対戦お願いいたします。
グランド確保して頂きありがとうございました。
練習試合、Victoriaリーグと今年2試合対戦頂き、毎回緊張感のある、試合ありがとうございます。今後も対戦頂ける事を楽しみにしております。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
麻布ブルーウェーブ 9 5 オーティーナショナルズ 5月20日(外濠公園)
【本部コメント】
中庭の決勝打に木元の完投!麻布ブルーウェーブが開幕3連勝!!
【試合内容】
序盤、麻布ブルーウェーブ先発投手の四球でチャンスを作り、オーティーナショナルズが先制。その後お互い点を取り合い、4対4で迎えた5回裏、代わった小山投手が麻布ブルーウェーブ打線につかまる。6番中庭のライトオーバーのヒットで逆転し、6回裏には2番楠の犠牲フライと4番坂井の3ランホームランで突き放し、試合を決めた。投げては先発木元が122球の完投勝利。
【相手チームへ一言】
(麻布ブルーウェーブ)
(オーティーナショナルズ)
こちらへ来ていただき、ありがとうございました。
また対戦をよろしくお願いします。
麻布ブルーウェーブさん、対戦ありがとうございました。終盤の怒涛の攻撃お見事でした。またの対戦楽しみにしております。よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
リベルタドーレス 12 7 Registers 5月20日(夢の島運動場)
【本部コメント】
リベルタドーレスが今季初勝利!Registersは昨年のリベンジならず2連敗!!
【試合内容】
リベルタドーレス鈴木、Registers平野の両先発で始まったこの試合。先攻のRegistersは2番桧山のクリーンヒットから、盗塁、1アウト後、3番ファーボール、ランナー一三塁となり、桧山の足を絡めて、一人で三盗塁で足を絡めた攻撃で1点を先制する。その裏、リベルタドーレスは1番田崎デッドボールで出塁すると、2番岸添の絶妙なバントヒットから四球を2個絡めて、相手の守備の乱れもあり、4点を返し逆転。Registersは6番伊藤にソロホームランが飛び出し点差を詰めるが、リベルタドーレスも5ファーボールから大量の8点を加える。その後、2回途中から代わった観田がリベルタドーレス打線を抑え、打線も終盤に最大10点差あった点差を5点差まで追い上げ、尚も2・3塁のチャンスを作るも先発鈴木が踏ん張り、2番檜山がキャッチャーフライに倒れゲームセット。リベルタドーレスが前半の大量リードを守りきり、Registersを振り切った。
【相手チームへ一言】
(リベルタドーレス)
(Registers)
本日はお越しいただきありがとうございました。5回までしかできませんでしたが、点数ほどの開きはなく、気持ちの良いチームでした。また是非とも対戦お願いいたします。
2年連続の対戦ありがとうございました。
また機会がございましたら宜しくお願いします
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ポニーキャニオン 0 3 砂町ドンフェイス 5月20日(潮見野球場)
【本部コメント】
岩野が完封シャットアウト!砂町ドンフェイスが1勝目を飾り3位浮上!!
【試合内容】
前週に雨天中止となった対戦カード。スライドで同じく江東区潮見野球場A面にて行われた。ゲームは緊迫した投手戦で両チーム0対0のまま終盤へ。試合が動いたのは6回裏、砂町ドンフェイスが三井選手、望月選手、福谷選手のタイムリーで3点を挙げ、投げては岩野投手が完封。砂町ドンフェイスが3-0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ポニーキャニオン)
(砂町ドンフェイス)
急なスケジュールにご対応頂きまして有難うございました。最終回まで緊迫した互角の試合ができていましたが、最後連打を浴び完敗でした。有難うございました。
ポニーキャニオン様、対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
麻布ブルーウェーブ 10 0 Registers 4月29日(芝公園)
【本部コメント】
日暮がNO-NO達成!麻布ブルーウェーブが開幕2連勝で首位をキープ!!
【試合内容】
先攻Registers、後攻麻布ブルーウェーブで始まったこの試合。初回、麻布ブルーウェーブはRegisters打線を3人で切るとその裏、4番坂井のレフトオーバーの2ランホームラン等で3点を先制。尚も麻布ブルーウェーブは長打と相手のエラーを攻め効率よく毎回得点を重ね、5回ゴールドで試合を決めた。投げては麻布ブルーウェーブ先発日暮がRegisters打線を完璧に抑え、ノーヒットノーランを達成。
【相手チームへ一言】
(麻布ブルーウェーブ)
(Registers)
暑い中、ありがとうございました。
また対戦をお願いします。
本日はありがとうございました。
完璧に抑えられました。完敗です。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
麻布ブルーウェーブ 11 4 砂町ドンフェイス 4月1日(青山運動場)
【本部コメント】
後半一挙8得点!リベンジに燃える麻布ブルーウェーブが白星発進!!
【試合内容】
先攻・砂町ドンフェイス、後攻・麻布ブルーウェーブで試合開始。ゲームは序盤、互角の展開に。3対3で迎えた4回裏、麻布ブルーウェーブは9番前川の内野安打をきっかけに一挙8点を取り、試合を決めた。4対11で麻布ブルーウェーブが勝利した。
【相手チームへ一言】
(麻布ブルーウェーブ)
(砂町ドンフェイス)
青山まで来ていただき、ありがとうございました。
また対戦をお願いします。
麻布ブルーウェーブ様、対戦ありがとうございました!
また機会がありましたら、宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
リベルタドーレス 1 1 ポニーキャニオン 3月18日(潮見グランド)
【本部コメント】
好守により中盤以降スコア動かず、開幕ゲームは両者痛み分け!!
【試合内容】
先攻ポニーキャニオン夏見、後攻リベルタドーレス鈴木の両先発で試合スタート。ポニーキャニオンは1番下枝のライト前ヒット、3番仲條の2ベースでいきなり1点先制する。ポニーキャニオン先発の夏見は、先頭打者喜多村にヒットを許すも、その後リベルタドーレスの攻撃を抑え三振の山。しかし3回、リベルタドーレスの先頭羽石がヒットで塁に出るとワイルドピッチで二塁にすすみ、犠牲バントで2アウトランナー三塁。ここで送球エラーにより1点を返し、1-1の同点とする。その後お互いにランナーは出すものの得点なく。ポニーキャニオンは先頭の林がで、ファーボールで出塁し盗塁を試みるが、リベルタドーレス捕手水沼のストライク送球により憤死。後続も打ち取られ、お互いに最終回まで戦い抜き、1-1の同点で初戦を終えた。ポニーキャニオンは継投策で最後は佐藤が抑え、一方のリベルタドーレスは鈴木が一人で投げきった。
【相手チームへ一言】
(リベルタドーレス)
(ポニーキャニオン)
本日は出向いていただきありがとうございました。出てくるピッチャーが皆さん良くて強いチームだとおもいました。緊迫した好ゲームになりましたが、とても雰囲気よく楽しくできました。
また、練習試合でもお願いいたします。
当チームは今年初の公式戦で緊張の中の試合でした。初回、理想的な先取点でスタートしたものの、その後は相手投手の好投に封じられました。先発の夏見もほぼ満点の投球でしたが、失策から得点を献上、そのまま引き分けとなりました。対戦有難うございました。