TOP > Victoriaリーグ3部(2017年) > 成績表(決勝トーナメント)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
※ 各ブロック上位2チームが決勝トーナメント進出
ワイルドカード2枠 →【順位確定について】
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 3 1 KawaguchiClub 11月12日(舎人公園)
【本部コメント】
最激戦区最後の椅子はBig Dipperがモノに!狙うは初参戦での初優勝!!
【試合内容】
神宮を懸けた戦いは、先攻BigDipper平野、後攻KawaguchiClub相内の両先発で試合開始。BigDipperは初回、3番阿部がヒットで出塁するも無得点。対するKawaguchiClubはその裏、BigDiper平野の立上りを攻め、1番酒井・2番野中の連続ヒットでチャンスを作る。3番山口が送り、1アウト2・3塁とすると、続く4番新谷が前進守備の間を抜くヒットを放ち1点を先制。尚も、チャンスが続くが5番野口はレフトフライ、6番江原はサードゴロに倒れる。両チームともランナーを出すものの、投手陣が踏ん張り2・3回は無得点。試合が動いたのは4回、BigDipperは2アウトから7番永吉がセンター前ヒットで出塁する。8番川井の時、バッテリーエラーが出て2アウト2塁。ここで川井がレフト前ヒットを放ち1-1の同点とした。5回、KawaguchiClubは先発の相内から米山にスイッチし継投にでた。しかしBigDipperは、代わった米山を攻め、先頭の小芝が四球で出塁。続く2番小川がライトフェンス直撃の3塁打を放ち、守備の乱れも重なりホームまで踏み3-1とした。尚も、3番阿部が四球を選び、4番平野がヒットで続く、ノーアウト1・2塁としたが後続が倒れるもののBigDipperは逆転に成功した。一方、BigDipper平野は4回以降、KawaguchiClub打線を完璧に抑え3-1のまま試合終了。BigDipperが決勝の舞台に駒を進めた!
             決勝タイムリーを放った 小川選手
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(KawaguchiClub)
松本様、チームの皆様、本日はありがとうございました。
緊迫した、いい試合でした。また機会がございましたら、対戦お願い致します。
本日は、色々とありがとうございました。
頑張って優勝してください。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
CHUYANS+ 3 4 ブレーブス 11月5日(千住新橋野球場)
【本部コメント】
ファイナルを懸けた大一番はサドンデス決着!新星ブレーブスがサヨナラで神宮の舞台へ!!
【試合内容】
CHUYANS+先攻、ブレーブス後攻でスタート。CHUYANS+は初回、ヒット、四球とランナーを出し、サードエラーで1点を先制。その裏、ブレーブスは1番藤澤がヒット出塁、2番石津がライトへホームランを放ち2-1と逆転、また4番羽田もホームランを放ち3-1。2回もブレーブスがチャンスを作るも、ピンチで登板したCHUYANS+2番手植田が抑える。その後は両者ランナーを出すも無得点。5回表、追うCHUYANS+は四球でランナーを出し、8番鄭がライトへホームランを放ち、遂に3-3の同点に追いつく。6回は互いにチャンスを作るもランナー返せず、時間の関係で7回からサドンデスに突入する。CHUYANS+はフライを2つあげてしまい無得点。対するブレーブスは1番藤澤が内野安打を放ちサヨナラ勝ち。4-3でブレーブスが勝利した。
             サヨナラ打を放った 藤澤選手
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(ブレーブス)
吉添様、色々と調整ありがとうございました。決勝も頑張ってください!今後もお付き合い宜しくお願いします。
グラウンド、日程調整をしていただき大変ありがとうございました。
今後とも練習試合等でお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Albatross 0 1 KawaguchiClub 11月5日(玉川野毛公園)
【本部コメント】
勝負を分けたのは初回の1点!貴重な先制点を死守したKawaguchiClubがファイナルに王手!!
【試合内容】
先攻KawaguchiClub高橋、後攻Albatross佐藤の両先発で始まった試合は、去年決勝トーナメント1回戦と同じカードでの組み合わせとなった。昨年はKawaguchiClubに軍配が上がり、リベンジに燃えるAlbatross先発佐藤は怪我の為1年振りの登板となる。1回表、その佐藤がブランクのせいか制球に苦しみ、4つの四死球でKawaguchiClubが1点を先制。Albatross打線はランナーを出すも制球力抜群の高橋投手から1本が出ず、堅い守りもあり1点が重くのしかかる。佐藤は2回も3連続四球で無死満塁のピンチとなるが、これを切り抜けると、3回以降はエンジン全開。一人のランナーも出塁を許さず7回を投げ無安打投球。すると、その後は両チーム0行進のままゲームセット。初回の1点を守り切ったKawaguchiClubが勝利し、準決勝進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(Albatross)
(KawaguchiClub)
遠征ありがとうございました。素晴らしい守備力に好投手でした。完敗です。頑張って下さい。
台風で中止が続く中スケジュール調整グランド確保とありがとうございました。一か月の休みがおたがいを狂わせましたね。また来年の対戦を楽しみに頑張ります。今日はありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブレーブス 4 1 LAGERS 10月8日(大宮健保)
【本部コメント】
序盤の失点を物ともせず逆転勝利!新星ブレーブスが4強に名乗り!!
【試合内容】
LAGERS先攻、ブレーブス後攻で試合が始まる。2回表、LAGERSが2死1、2塁からショート悪送球で先制し0-1とする。2回裏、ブレーブスも石井、吉添直選手がタイムリーを放ち、すぐさま2-1と逆転。その後は両者共ランナーを出すが投手が踏ん張り5回まで進む。6回裏、ブレーブスがサードエラー、四球、ヒットと繋ぎ2点の追加点を放ち4-1。7回表のLAGERSの攻撃を0点に抑え、4-1でブレーブスが勝利。準決勝進出を決めた。
             タイムリーを放った 石井選手
【相手チームへ一言】
(ブレーブス)
(LAGERS)
対戦ありがとうございました。これからも定期的に対戦お願いします。真剣勝負またお願い致します。
ブレーブスの皆様、本日はグラウンド、派遣審判の手配いただきありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。優勝して下さい。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
CHUYANS+ 4 0 Harrier 10月8日(天王洲公園)
【本部コメント】
先制、中押し、ダメ押し!CHUYANS+が強打のHarrierを零封し4強入り!!
【試合内容】
Harrier先攻、CHUYANS+後攻で試合開始。序盤は投手戦となるが、3回裏、原田、佐伯の連続タイムリーでCHUYANS+が2点を先制する。続く4回も西山のタイムリーでCHUYANS+が1点を追加する。CHUYANS+先発小澤は毎回ピンチを作る苦しい展開も、何とか踏ん張り、Harrier打線に得点を与えない。6回裏にもCHUYANS+が1点を追加し、7回表のHarrierの攻撃中に時間切れで試合終了。Harrierは再三フォアボールから満塁のチャンスを作るも後1本が出ず、4-0でCHUYANS+が勝利。準決勝進出を決めた。
             タイムリーを放った 佐伯選手
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(Harrier)
Harrierの皆様、対戦ありがとうございました。今回は紙一重で勝利できましたが、緊張感のある、非常に楽しい試合でした。またの機会に対戦宜しくお願い致します。
この度は審判、グランド手配大変ありがとうございました。チャンスでの集中力を感じました。今後も頑張って下さい。また機会ありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 4 2 ALLMAX 10月1日(大宮健保)
【本部コメント】
注目の新星対決はBig Dipperに軍配!平野が粘投を見せ準決勝進出!!
【試合内容】
先攻BigDipper平野、後攻ALLMAX由比の両先発で試合開始。BigDipperは初回、ヒット・四球でランナーを出すもののALLMAX先発由比を攻めきれず0点に終わる。対するBigDipper先発平野は好調な立ち上がりをみせALLMAX打線を3人で仕留める。BigDipperは3回、ツーアウトから2番小川の2塁打から連続四死球でツーアウト満塁のチャンスを作る。ここでチャンスに強い5番阿部だったがショートライナーで、この回も無得点に終わる。4回からALLMAXは、先発の由比から左腕の武藤にスイッチし継投にでた。しかし、BigDipperは変わった武藤を攻め、先頭の6番氏家がセンター前ヒットで出塁。続く7番永吉がライトにヒットエンドランを決め、3塁への送球が逸れる隙に氏家がホームを踏みBigDipperが先制した。尚も、ノーアウト3塁。8番川井は倒れるが、続く9番河原井が右中間に2塁打を放ち2-0。さらにバッテリーミスで3塁まで進み、1番小芝が叩きを決め、BigDipperはこの回3点をあげた。ALLMAXも、その裏ノーアウト満塁のチャンスを作るが無得点…。BigDipperは6回にもトリックプレーから1点を追加し4-0とした。ALLMAXは、5回までランナーは出すものの、BigDipper平野に抑えられてきたが、6回裏反撃にでる。4番武藤がライトに本塁打を放ち4-1とした。続く最終回もALLMAXは、7番酒井・8番由比の2連打でチャンスを作る。9番中村がセンターフライ・1番長尾がサードゴロで倒れたが、2番金田の放った内野ゴロが守備の乱れを誘い1点返した。尚も一打同点のチャンス。しかし、BigDipper平野が粘り、最後は3番高橋を三振で仕留め、4-2でBigDipperが勝利。準決勝に駒を進めた。
             決勝打を放った 小芝選手
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(ALLMAX)
中村様・チームの皆様 本日はありがとうございました。緊迫した、いい試合でした。また、対戦機会がございましたら、宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。優勝目指して頑張って下さい!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Albatross 2 1 ジャピン 9月10日(玉川野毛町公園)
【本部コメント】
3年越しの初戦突破!Albatrossがサヨナラで死闘を制し8強入り!!
【試合内容】
先攻ジャピンは大沢投手、後攻Albatrossは豊岡の両先発で試合開始た。1回裏、Albatrossは2死3塁から4番荻野がライト前へタイムリーを放ち1点先制する。それ以降は両投手が気迫のピッチングを見せ投手戦の展開となる。反撃したいジャピンは5回表、先頭6番岡崎がヒット、続く打者が四球で無死1.2塁となるも、ショート阿部がレフト線へのフライを好捕し1死。流れに乗るAlbatrossはさらに2塁走者を牽制で挟むも、ここは挟殺プレーに乱れが生じ1死1.3塁としてしまう。すると、ここで9番小野(泰)に右中間を破られる同点タイムリーを許す。尚も死球を与え1死満塁とピンチは続くが、ここは豊岡が踏ん張り逆転は許さず、6.7回を三者凡退で仕留め最終7回裏へ。先頭の佐藤が内野安打後、盗塁を決めると阿部が執念のスリーバントで1死3塁とし一打サヨナラの場面を作る。3番穴田は四球を選び、4番荻野が三振となるも、この決め球がワイルドピッチとなり佐藤が見逃さずサヨナラのホームイン。ジャピン3安打、Albatross4安打と息詰まる投手戦は意外な幕切れとなった。Albatrossは3年目にして鬼門となっていた初の決勝トーナメント1回戦を突破した。
             完投勝利を挙げた 豊岡投手
【相手チームへ一言】
(Albatross)
(ジャピン)
本日は遠征ありがとうございました。本当に運がこちらに傾いただけの勝利でした。緊迫した場面が多く暑い中お疲れ様でした。
対戦ありがとうごさいました。また、グランド、審判のお手配ありがとうごさいました。またのご機会ありましたらよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 4 0 Brightness 9月10日(城北中央公園)
【本部コメント】
白熱の投手戦はサドンデスで明暗!Big Dipperに勝利の女神が微笑む!!
【試合内容】
BigDipper先攻、Brightness後攻で試合開始。BigDipperは平野、Brightness柿崎が先発。両投手とも順調な立ち上がりで見せ、投手戦が予想された。BigDiperは、2回以降毎回ランナーを出すものの、Brightness柿崎の前に、あと1本出ずに0点に抑えられる。対するBigDippre平野も快投を見せ、Brightness打線を0点に抑える。0-0で6回終了し、時間的にサドンデスとなった。先攻BigDipperは、7番川井からの打順。川井の時、Brightnessの守備のミスから1点を先制した。なおも、ワンアウト満塁。続く8番氏家がセンター前ヒットを放ち、2点を追加した。その後も1点を加え4-0とした。後攻のBrightnessは4番片桐(六)からの打順。BigDipper平野が、セカンドフライ・センターフライと0点に押え、BigDipperが4-0で勝利した。
             完封勝利を挙げた 平野投手
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(Brightness)
片桐様、チームの皆様、本日はありがとうございました。
緊迫した、いい試合でした。また、機会がありましたら対戦お願い致します。
対戦ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします!頑張って下さい!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
CHUYANS+ 12 2 川崎モリーズ 9月10日(城北中央公園)
【本部コメント】
終始輝き放った攻撃力!CHUYANS+が二桁得点奪取で完勝!!
【試合内容】
川崎モリーズ先攻、CHUYANS+後攻で試合開始。初回に四死球や守備の乱れに乗じ、CHUYANS+が一挙5点を先制する。対する川崎モリーズは2回、こちらも守備の乱れから2点を返す。しかし、その後は効果的に得点を重ねたCHUYANS+が、12-2で勝利した。
             好投を見せた 岡田投手
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(川崎モリーズ)
川崎モリーズの皆様、対戦及び日程調整ありがとうございました。
またの機会に宜しくお願い致します。
グランド手配、審判の手配ありがとうございました。またの機会に是非対戦よろしくお願い致します。是非優勝して下さい!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ガンジーズ 5 6 LAGERS 9月10日(大井ふ頭海浜公園)
【本部コメント】
シーソーゲームは最終回にドラマ!LAGERSがサヨナラで死闘に終止符!!
【試合内容】
先攻ガンジーズ代田。後攻LAGERS横山の先発で試合開始。先手はLAGERS。2回裏に4番高橋の左翼線への2塁打でチャンスを作ると四球や相手守備の乱れもあり3点を奪い主導権を握る。ガンジーズも直後の3回表すぐさま反撃に出る。この回からマウンドに上がった山田を攻め、先頭が振り逃げで出塁すると四球を挟み3番高井の長打などで一気に同点に追いつく。更にガンジーズは4回2死から西島神谷の連打で1点。5回にも3番高井の長打から1点を奪い5対3と突き放す。追うLAGERSは5回、四球と失策で2死1,2塁のチャンスを作ると6番阿部が右中間を破る2点タイムリーで5対5の同点とするる。最終回、ガンジーズは先頭西嶋がヒットで出塁し2死1,3塁と攻めるも後続倒れ無得点。LAGERSは2死1,2塁のチャンスで3番藤田が1、2塁間を破るヒットを放ちサヨナラ勝ちを収めた。
             サヨナラ打を放った 藤田選手
【相手チームへ一言】
(ガンジーズ)
(LAGERS)
遠方までありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願い致します。
ガンジーズの皆さま、本日はグラウンド・派遣審判の手配等有り難うございます。予選に引き続き対戦となりましたが、チーム力としてはガンジーズさんの方が上回っておりました。今後も色々と勉強させて下さい。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
NEW Blue Winds 1 11 Harrier 9月3日(浮間公園)
【本部コメント】
予選最多得点の攻撃力は本物!Harrierが一躍優勝候補に躍り出る!!
【試合内容】
先攻Harrier、後攻NEWBlueWinsで試合開始。初回、Harrierは1番狩野、2番宮崎の連打で1点を先制。更に満塁のチャンスを作り、6番市村の満塁ホームランが飛び出しこの回5得点。その裏反撃したいNEWBlueWinsは、Harrierの連続失策から1点を返す。しかし2回表、NEWBlueWins先発樽井が再びつかまる。Harrierはまたも満塁のチャンスを作ると4番古元、5番細野の連続タイムリーで4得点を挙げる。3回にも追加点を挙げ、合計11得点。投げてはエース古川が4回6奪三振の好投でNEWBlueWinsの反撃を抑え、11-1でHarrierが4回コールド勝利。
             満塁HRを放った 市村選手
【相手チームへ一言】
(NEW Blue Winds)
(Harrier)
この度は調整ありがとうございました。完敗です。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
対戦ありがとうございました。審判、グランド手配大変ありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
芝浦オールスターズ 7 4 ブレーブス 9月3日(大井ふ頭海浜公園)
【本部コメント】
吉添(直)が勝負を決める決勝打!ブレーブスが接戦を制し1回戦突破!!
【試合内容】
ブレーブス先発は椙山選手。初回ツーアウトを取るも、芝浦オールスターズ5番にレフトオーバーのタイムリーツーベースを浴び0-2。ブレーブスは先頭伊藤選手がホームランを放ち1-2。2回には石井選手、吉添直選手がヒットで出塁し1番伊藤選手がタイムリーツーベースを放ち2-3。3回には両者1点づつ取り3-4。5回は芝浦オールスターズが3本の安打で同点にし、4-4。その裏吉添直選手がタイムリーと相手のエラーで3点をあげ7-4とし、6回時間切れでブレーブスが逃げ切り勝利。
             HRを放った 伊藤選手
【相手チームへ一言】
(芝浦オールスターズ)
(ブレーブス)
ブレーブス様、遠征していただきありがとうございました。
完全に力負けでした。また対戦させてください。
グラウンド、審判と手配していただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ALLMAX 13 0 横浜ゴーヘッズ 9月3日(大宮健保)
【本部コメント】
新星ALLMAXが圧巻のコールド勝ち!投打で高パフォーマンスを披露!!
【試合内容】
先攻ALLMAX由比投手、後攻横浜ゴーヘッズ松本投手で試合開始。試合が動いたのは2回、ALLMAXが無死満塁でエンドランで先制し、さらに二死満塁から走者一掃のタイムリー2ベースで4-0とする。その後、4回に5点。5回に4点追加して13-0のコールドゲーム。ALLMAXが1回戦を突破した。
             好投を見せた 由比投手
【相手チームへ一言】
(ALLMAX)
(横浜ゴーヘッズ)
遠征して頂きありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願い致します。
対戦有難う御座いました。完敗です。上を目指して頑張って下さい。また、対戦の節は宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
KawaguchiClub 4 1 アスリーツ 9月3日(江戸川広域)
【本部コメント】
主軸が魅せた怒濤の4連打!KawaguchiClubが逆転勝利でベスト8進出!!
【試合内容】
KawaguchiClub先攻、アスリーツ後攻で11時試合開始。初回、KawaguchiClubはヒットでランナーを出すも無得点。その裏アスリーツは四球と石川のヒットでチャンスを作り、4番伊藤(裕)がキッチリ外野へ犠牲フライを放ち先制する。2回3回と両チームランナーを出すも無得点。4回表、KawaguchiClubは4番5番6番7番の4連打、8番の犠牲フライで2得点し逆転!5回にも2死から新谷・野口の連続長打で追加点。7回にも1点を追加したKawaguchiClubが4対1で決勝トーナメント初戦を突破した。投げては先発高橋が1安打完投勝利。
             タイムリーを放った 野口選手
【相手チームへ一言】
(KawaguchiClub)
(アスリーツ)
アスリーツの皆様、本日は遠征、対戦お疲れ様でした。
次も勝てる様頑張ります。ありがとうございました。
クリーンアップの火力、内外野の守備が素晴らしく完敗でした。
頑張って勝ち進んでください。