TOP > Victoriaリーグ3部(2017年) > 成績表(Eブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 0 0 3 17 2
2 1 0 0 3 7 0
3 1 0 0 3 5 4
4 0 1 0 0 4 5
5 0 2 0 0 2 24
-            
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Eブロック星取表
① CHUYANS
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 

7-0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 

0-7
 
 
   
 
 
 

2-17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4-5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

5-4
   
 
⑦ Harrier
 
 
 
 
 
 

17-2
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ジャピン 7 0 東京レイバンズ 4月16日(東大和南公園)
【本部コメント】
大澤がNO-NO達成!4年連続の決勝トーナメント進出へジャピンが好スタート!!
【試合内容】
初回からジャピンはチャンスを作り、4番渡邉竜の犠牲フライで先制した。3回またもジャピンは連打でチャンスを作り、3番森田の右中間を破るタイムリー2ベースなどで4点。5、6回にもジャピンが追加点をあげた。東京レイバンズも粘りたいところだったが力及ばず。投げてはジャピン大澤投手が7回ノーヒットノーランを達成し、7対0でジャピンが勝利した。
             白星スタートを切った ジャピン
【相手チームへ一言】
(ジャピン)
(東京レイバンズ)
遠征いただきありがとうございました。
またのご機会よろしくお願い致します。
グランドや審判の手配ありがとうございます。
機会があれば、またお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
黒百合 4 5 アベンジャーズ 4月16日(北大泉野球場)
【本部コメント】
アベンジャーズが逃げ切り勝利!黒百合の反撃を退け、デビュー戦で勝ち点3GET!!
【試合内容】
先攻黒百合、後攻アベンジャーズで試合開始。1回裏、アベンジャーズは先頭三浦の四球を皮切りに、フォアボールと内野ゴロの間に4点先取。2回表に黒百合は松崎、遠藤、川村の三連打で無死満塁とするが三振三振で2アウト、内野安打の間に1点を取る。続く3回裏、死球と四球で出て、8番のレフト前タイムリーにてアベンジャーズが1点追加。しかし4回表、黒百合は内野安打2本でチャンスを作ると、フィルダースチョイスの間に1点、センター前ヒットと犠牲フライで1点差まで追い上げるが、最後の打者が三振に倒れ試合終了。5-4でアベンジャーズの勝利。
【相手チームへ一言】
(黒百合)
(アベンジャーズ)
対戦ありがとうございました。四球と失策だらけですみませんでした。また対戦をお願いします。
急なスケジュールの中でグランドと審判の手配ありがとうございます。また機会があれば是非試合お願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京レイバンズ 2 17 Harrier 3月19日(光が丘公園)
【本部コメント】
新星Harrierが圧巻のコールド発進!デビュー戦をド派手に飾る!!
【試合内容】
先攻Harrier、後攻東京レイバンズで試合開始。初回、Harrierの攻撃、1番椎原のヒットからチャンスを作り3番工藤の2ランホームランで先制。その裏追いつきたい東京レイバンズはチャンスを作るも無得点。2回Harrierの攻撃、6番狩野の3ランホームランを含む7得点。その裏東京レイバンズの攻撃、エラーとタイムリーヒットで2点を返す。その後、Harrierは3回、4回と追加点を加えた。東京レイバンズの反撃を抑え、17対2でHarrierが勝利した。
             デビュー戦を白星で飾った Harrier
【相手チームへ一言】
(東京レイバンズ)
(Harrier)
わざわざ、出向いてもらい、対戦ありがとうございます。
東京レイバンズ様、本日審判、グランドの手配大変ありがとうございました。また機会ありましたら是非宜しくお願い致します。