TOP > Victoriaリーグ3部(2017年) > 成績表(Bブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 1 1 7 18 18
2 2 0 0 6 16 2
3 2 0 0 6 13 6
4 1 0 1 4 13 5
5 1 1 0 3 14 7
6 0 3 0 0 12 24
7 0 3 0 0 5 29
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Bブロック星取表
   
 

10-2
 
 
 
 

3-3
 
 
 
 
   
 
 
 

11-2

3-5
 
 
③ GYOSEI

2-10
 
 
 
3-6
 
 

7-8
 
 
 
 
 
 

6-3
 
7-3
 
 
 
 
⑤ Prettys
 
 

2-11
 
 

3-7
   
 

0-11

3-3

5-3

8-7
 
 
 
 
 
2-5
 
 
 
 
 
 
 
 

11-0

5-2
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Prettys 0 11 NEW Blue Winds 5月21日(江戸川河川敷)
【本部コメント】
新星NEW Blue Windsがコールド勝利!開幕2連勝でブロック2位浮上!!
【試合内容】
先攻Prettys宇佐見、後攻NEW Blue Winds樽井の両先発で試合開始。初回は両チーム三者凡退で好スタートをきる。2回の裏、NEW Blue Windsは4番樽井が中安打で出塁すると、1番小寺澤の適時打などで一挙4点をあげる。さらに5回には3番梶谷の適時打などで5点、6回に2点を追加し試合を決めた。投げては先発樽井が7回無失点で完封。敗れたPrettysはランナーは出るも後続が続かず打線が3安打と沈黙した。11対0でNEW Blue Windsが勝利。
             開幕2連勝を飾った New Blue Winds
【相手チームへ一言】
(Prettys)
(NEW Blue Winds)
投打ともに大変素晴らしいチームでした。
機会がありましたらまた対戦をよろしくお願い致します。
グランド、審判の手配等ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 3 3 岡島ベースボールクラブ 5月21日(浮間公園)
【本部コメント】
Big Dipperが首位奪還も岡島BBCが土壇場で追いつき引き分け決着!!
【試合内容】
先攻BigDipper矢内、後攻岡島ベースボースクラブ坪本の両先発で試合開始。1・2回は両投手、順調な立ち上がり。試合が動いたのは3回表、BigDipperは、1番阿部が失策で出塁し、3番矢内が右中間を破る2塁打を放ち1点を先制する。対する岡島ベースボールクラブも3回裏、9番坪本がヒットで出塁し、続く森下は倒れるも、2番鈴木が死球で出塁し1.2塁とする。すると3番飯塚がライト前ヒットを放ち1-1とする。BigDipperは5回表、8番永吉祐也が四球で出塁すると、すかさず盗塁、9番河原井が送り、1アウト3塁とした。続く1番阿部が叩きを決め2-1と勝ち越しに成功。さらに6回表、4番小川が2塁打を放ち、6番永吉祐太の内野ゴロの間にホームを踏み、追加点3-1とした。岡島ベースボールクラブは6回裏、4番小野が四球で出塁、5・6番と連続三振で倒れるも、7番笠島・8番佐藤の連打で2アウト満塁とし、続く9番坪本がレフト前ヒットを放ち3-3と同点に追いつく。その後、時間切れとなり引き分けとなった。
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(岡島ベースボールクラブ)
今村様・チームの皆様、大変暑い中、対戦ありがとうございました。また、機会がございましたら宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GYOSEI 2 10 岡島ベースボールクラブ 5月14日(潮見野球場)
【本部コメント】
ホームラン攻勢で試合を決める!岡島BBCが3年ぶりの初戦白星発進!!
【試合内容】
先攻GYOSEI、後攻岡島ベースボールクラブで試合開始。初回、GYOSEIは3番白井選手の本塁打で1点を先制する。その裏、岡島ベースボールクラブの攻撃。1番飯塚(友)選手がセンター前出塁をすると繋いで4番藤本選手の犠飛で同点に追いつき、6番小野選手が勝ち越し打を放ち逆転に成功。6回表、GYOSEIは星野選手が出塁後、3番白井選手の三塁打で1点追加するも、4回2ラン、5回3ラン、2ランと合計4本の本塁打を打った岡島ベースボールクラブが10-2で勝利した。
             勝ち越し打を放った 小野選手
【相手チームへ一言】
(GYOSEI)
(岡島ベースボールクラブ)
本日は対戦ありがとうございました。
また機会があれば宜しくお願い致します。
球場手配・審判手配ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 5 3 砂町ドンフェイス 4月30日(平野野球場)
【本部コメント】
Big Dipperがシーソーゲームを制す!2勝目を挙げブロック2位に浮上!!
【試合内容】
BigDipper先攻、砂町ドンフェイス後攻で試合開始。先発はドンフェイス岩野、BigDipper矢内。試合が動いたのは2回裏、砂町ドンフェイスは2アウトから7番福谷がホームランを放ち1点を先制する。この後5回まで投手戦となり緊迫した試合展開の中終盤戦へ。BigDipperは6回表、先頭の永吉が相手のミスで出塁する。河原井が送り3番矢内の1塁ゴロがミスを誘い同点。続く4番小川がセンターに2ランホームランを放ち3-1と逆転に成功。しかしその裏、砂町ドンフェイスは6回裏、先頭の萩原はヒットで出塁する。二人が倒れ、続く4番三井が同点なる2ランホームランを放ち3-3と同点に追いつく。BigDipperは最終回、エラーとヒットでノーアウト満塁とする。2番河原井の時、バッテリーエラーが出て4-3と勝ち越し。さらに2、3塁となり河原井がスクイズを決め1点を追加。その裏、砂町ドンフェイスもランナーをだすものの、矢内が三振で仕留めBigDipperが勝利した。
             2位に浮上した Big Dipper
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(砂町ドンフェイス)
石津様、チームの皆様、本日はありがとうございました。
緊迫した、いい試合だったと思います。
機会がありましたら、また対戦をお願い致します。
BigDipperの皆様、対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
NEW Blue Winds 5 2 Big Dipper 4月23日(猿江恩賜公園)
【本部コメント】
BigDipper逃げ切り失敗!NewBlueWindsがデビュー戦を逆転勝利で飾る!!
【試合内容】
New Blue Winds先攻、BigDipper後攻で試合開始。NewBlueWindsは川岸、BigDipperは阿部が先発。BigDipperは1回表、1番小川がエラーで出塁しチャンスとすると、4番金野・5番小堺の長打で2点を先制する。対するNewBlueWindsは4回表、7番湊のホームランで1点返す。続く5回NewBlueWindsは、BigDipper投手陣が崩れ、連続四球で4点を上げる。NewBlueWindsが5対2でそのまま逃げ切った。
             Victoria初勝利を挙げた New Blue Winds
【相手チームへ一言】
(NEW Blue Winds)
(Big Dipper)
この度は調整等ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
栗原様・チームの皆様、本日はありがとうございました。
不甲斐ない形になってしまいましたが、また、対戦機会がありましたら、宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GYOSEI 3 6 アスリーツ 4月16日(亀戸野球場)
【本部コメント】
ハワジャが特大柵越えアーチ!アスリーツが開幕2連勝で首位キープ!!
【試合内容】
互いに第2節となったリーグ戦。アスリーツは初回、無死1.2塁でハワジャが亀戸野球場のフェンスを越す本塁打で3点を先制。一方GYOSEIは1回から3回までランナーを出すがあと一本が出ない。GYOSEI楢山投手は1回の失点以降は立ち直りアスリーツに追加点を与えない。が、4回裏から試合が動きアスリーツ3点、5回表GYOSEIも3点を奪う。ここでタイムアップとなりアスリーツの逃げ切り勝利となった。
             開幕2連勝を飾った アスリーツ
【相手チームへ一言】
(GYOSEI)
(アスリーツ)
対戦ありがとうございました。また宜しくお願い致します。
軟式野球を熟知したチーム力のあるチームでした。
また対戦できる日を楽しみにしております。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Prettys 2 11 砂町ドンフェイス 4月16日(江戸川河川敷)
【本部コメント】
強力打線が11得点と爆発!!砂町ドンフェイスが開幕戦を大勝で飾る!!
【試合内容】
先行・砂町ドンフェイス、後攻・Prettysで開始。試合は初回から動いた。砂町ドンフェイス1回の表、無死満塁から松浦の内野ゴロの間に2点を先制する。対するPrettysはその裏、松浦の三安打などで1点を返す。両チーム立ち上がりに苦しみ、点を献上し合う格好で2対1。ここまで砂町ドンフェイスが1点リード。2回はお互いに無得点で試合は落ち着くかに思えたが、3回二死から得点した砂町ドンフェイスに一気に流れが傾く。すると打線が繋がり出し、3回以降毎回得点で終わってみれば11得点を積み重ねた。投げては先発福原が5回2失点と好投。砂町ドンフェイスが最終回にPrettysの反撃も最小限で食い止め11対2で勝利した。敗れたPrettysは攻守ともに精彩を欠き2連敗を喫した。
             快勝スタートを切った 砂町ドンフェイス
【相手チームへ一言】
(Prettys)
(砂町ドンフェイス)
すごく雰囲気の良いチームで、試合の中で学ぶべき部分が沢山ありました。機会がありましたらまた対戦をよろしくお願いします。
Prettysの皆様、対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アスリーツ 7 3 Prettys 3月19日(市川橋野球場)
【本部コメント】
アスリーツが3部リーグ初勝利を奪取!序盤のリードを守り首位スタート!!
【試合内容】
お互いにビクトリアリーグ3部の初試合。先攻のアスリーツは太田のタイムリーなどで3点をリード。一方Prettysも2回裏、彦坂・山中の連打で2点を返し1点差。すると3回表、アスリーツ牧野の本塁打などで2点を取り再び3点差。今度は3回裏、Prettysはアスリーツの2つの失策から1点返すという点の取り合いとなる。しかし4回裏から両チーム点がパタッと入らなくなり、アスリーツの逃げ切り勝利となった。
             開幕戦を白星で飾った アスリーツ
【相手チームへ一言】
(アスリーツ)
(Prettys)
全員19歳~20歳のヤングチームで大変さわやかなチームでした。このたびは対戦ありがとうございました。
対戦どうもありがとうございました。
機会がありましたらまた対戦をお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GYOSEI 7 8 Big Dipper 3月12日(潮見野球場)
【本部コメント】
Big Dipperが大逆転勝利で白星デビュー!GYOSEIは5点のリードを守れず惜敗。
【試合内容】
BigDipper先攻、GYOSEI後攻で試合開始。GYOSEIは1回裏、4番佐藤のタイムリーで2点を先制すると、続く2回裏にも3番田口のタイムリー等で追加点を奪う。3回にBigDipperは3安打で2点を奪うが、3回裏に1番白井のタイムリーで2点を追加し7-2とリードする。しかし、4回表に四球を絡む6連打でBigDipperが6点を奪い逆転し、そのまま逃げ切った。
             白星デビューを飾った Big Dipper
【相手チームへ一言】
(GYOSEI)
(Big Dipper)
対戦ありがとうございました。
またの機会にぜひ対戦をお願いいたします。
本日はありがとうございました。
機会がありましたら、また対戦させて下さい。