TOP > Victoriaリーグ3部(2017年) > 成績表(Dブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 3 0 0 9 22 3
2 2 1 0 6 22 7
3 2 1 0 6 14 17
4 1 1 1 4 13 13
5 0 3 1 1 9 31
6 0 2 0 0 5 14
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Dブロック星取表
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 

1-7

4-7
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 

11-1

2-4

9-2
④ SPBC
 
 

7-1
 
 
   
 

1-7

5-5
 
 

7-4

1-11
 
 
   
 

6-2
 
 
 
 

4-2

7-1
 
 
 
11-0
⑦ 松友
 
 
 
 

2-9

5-5

2-6

0-11
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブレーブス 11 0 松友 6月4日(大宮健保)
【本部コメント】
ブレーブスが首位浮上!圧巻の攻撃力を披露し開幕3連勝!!!
【試合内容】
先攻ブレーブスは椙山、後攻松友は今シーズン初登板の小松が先発で試合がスタート。初回1番、2番が出塁し4番羽田がレフトへホームランを放ち3-0。1回裏、松友は3番鈴木陵がツーベースヒット、4番がヒットを放つもセンターからの好返球で無得点。2回はお互い0点。3回表、ブレーブスは4番が出塁し5番吉添がタイムリーヒットで4-0。その後も6、7番も続き6-0。4、5回は両者ランナー出すも無失点。6回表、8番早瀬がホームランを放ち7-0。さらに1番伊藤、3番杉本が出塁し、4番羽田がレフトへヒットを放ち9-0。7回表には相手バッテリーのミスを誘い2点取り、11-0でブレーブスの勝利。
             先制HRを放った 羽田選手
【相手チームへ一言】
(ブレーブス)
(松友)
対戦ありがとうございました。
またの対戦お願いいたします。
ブレーブス吉添さん、色々ドタバタはありましたがグラウンド手配等ありがとうございました。攻守バランスのいいチームで完敗でした。また機会ありましたら再戦宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
KawaguchiClub 11 1 SKグリーターズ 5月28日(江戸川広域)
【本部コメント】
KawaguchiClubが一気に首位奪取!3チームが勝ち点6で並ぶ大混戦に!!
【試合内容】
試合は晴天の中、SKグリーターズ宮本、KawaguchiClub相内投手の投げ合い。先攻KawaguchiClub、後攻SKグリーターズでスタートした試合は初回から動く。1回表、KawaguchiClubはヒットと四球で出たランナーを野口のタイムリースリーベースで返し2点を先制。その後もヒットと相手エラーで2点を奪い計4得点!その裏、SKグリーターズも川崎がセンターへの大飛球を放ち、一気に本塁を突くも間一髪タッチアウトで無得点。するとKawaguchiClubは3回表、四球と内野安打のランナーを内野ゴロの間に1点、野中のランニングホームランで2点、その後も3つの四死球と3本のヒット、犠牲フライ、エラーなどで7得点。その裏、相手エラーと安崎のヒットでSKグリーターズが1点返すも、4回は無得点に終わり試合終了。11−1でKawaguchiClubがコールド勝利した。
             先制打を放った 野口選手
【相手チームへ一言】
(KawaguchiClub)
(SKグリーターズ)
遠征お疲れ様でした。またオープン戦宜しくお願いします。
KawaguchiClubの皆様、松本様、対戦ありがとうございました。
また機会があればよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
豪球会 4 7 SKグリーターズ 5月21日(前田西公園)
【本部コメント】
ニューカマーSKグリーターズが乱打戦制す!開幕2連勝で2位浮上!!
【試合内容】
暑さの厳しい中、先攻豪球会、後攻SKグリーターズで13時プレイボール。試合が動いたのは2回表、豪球会は2死から9番小笠原が安打で出塁するとすかさず盗塁で2塁に進める。そして1番芽野がタイムリーを放ち先制点を挙げ、なおも続く2番紺野がレフトへの2ランホームランで点差を広げる。反撃したいSKグリーターズは4回裏、先頭打者が四球で出塁。失策と四死球でチャンスを広げると2番川崎、3番安崎の連続タイムリーで同点に追い付く。さらに5番加藤が2死満塁から走者一掃のタイムリー2塁打で勝ち越しに成功する。豪球会は最終回に反撃するも、これが決勝点となり、7-4でSKグリーターズが勝利した。
             開幕2連勝を飾った SKグリーターズ
【相手チームへ一言】
(豪球会)
(SKグリーターズ)
遠征ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いいたします。
糸数様、豪球会の皆様、暑い中対戦ありがとうございました。
今後オープン戦等機会があればよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
KawaguchiClub 9 2 松友 5月14日(江戸川広域)
【本部コメント】
KawaguchiClubが今季初勝利!昨年のリベンジへここから巻き返しなるか!!
【試合内容】
立ち上がりが課題の松友先発玉城、初回ツーアウトまで無難に取るものの四球でランナーをためてからのランニングホームラン、 悪い形での3失点。その後何とか持ち堪えての攻撃、2回表先頭の4番京屋の四球、5番佐伯のセンター前ヒットで繋ぎ6番松井(将)の送りバント、1out2.3塁から7番石井がお手本のようなセンター前ヒットで1点を返す。更に相手バッテリーのミスにより1点を返し2-3とするも後続が抑えられ追いつけず。 先発玉城も悪いながら2回3回は0で踏ん張る。チャンスを潰した後の4回ウラ、四球からのバッテリーミスと不運なヒットも重なり3失点、続く5回ウラも2番手で登板の林が四球からのバッテリーミス とアンラッキーなヒットで3失点と前回と全く同じパターンでの失点。時間により迎えた6回表の最終回、2番からの好打順も相手技巧派の変化球を最後まで捉えきれず3者凡退。2-9でKawaguchiclubが勝利した。
【相手チームへ一言】
(KawaguchiClub)
(松友)
松井様、対戦ありがとうございました。またの対戦を楽しみにしています。よろしくお願いします。
KawaguchiClubさん今回はありがとうございました。グラウンド状況が悪いところ整備もしっかりして頂き有難うございました。今後もオープン戦等宜しくお願い致します
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SPBC 7 1 豪球会 4月23日(大宮健保)
【本部コメント】
SPBCが今季初白星!渡邊の好投に打線が応えブロック2位浮上!!
【試合内容】
先攻豪球会は川崎投手、後攻SPBCは渡邊投手で試合開始。先制点は1回裏、SPBCの1番加藤(洋)選手が四球により出塁、すかさず盗塁、2番澤田選手の一塁ゴロの間に走者三塁へ、続く3番小島選手がレフトへの犠牲フライで1点先制。3回表豪球会の攻撃、先頭7番飯田選手が四球で出塁、8番川崎選手がきっちり送りバントを決め走者二塁へ、続く9番小笠原選手が目の覚めるような打球をレフトへ放ち同点、振り出しに戻した。しかし、3回裏SPBC打線が目覚め、4つの四球、小島・大堀選手のタイムリー、8番近藤選手のレフトオーバー特大三塁打により一挙6点を追加。その後は、渡邊投手が4奪三振を奪う安定したピッチングで豪球会打線を抑えゲームセット。
             好投を見せた 渡邊投手
【相手チームへ一言】
(SPBC)
(豪球会)
紳士的な対応をしていただきありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。
これを機にまた対戦できましたら幸いです。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブレーブス 4 2 KawaguchiClub 4月16日(大宮健保)
【本部コメント】
ブレーブスが開幕2連勝!鮮やかな逆転勝利でブロック首位をキープ!!
【試合内容】
快晴、気温25度を超える中、10時10分にプレイボール。 先攻KawaguchiClubの先発は相内、後攻ブレーブスの先発は冨岡。初回は両チーム得点なし、2回にKawaguchiClubは米山のツーベース、送りバント、野口のタイムリーで先制。続く3回にも江原のツーベースと相手エラー、内野ゴロの間に1点追加。4回のブレーブスの攻撃、4番羽田のセンター前ヒット、5番吉添のレフトへのホームランで同点に追いつく。さらに続く5回にブレーブスは9番吉添(直)のレフトへのヒットと伊藤のライトへのホームランで4-2と逆転!投げては冨岡が完投で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ブレーブス)
(KawaguchiClub)
対戦ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました。次は勝てるよう頑張ります。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SPBC 5 5 松友 4月16日(大宮健保)
【本部コメント】
終盤に松友が執念の反撃!ここまで1敗同士の対決は両者痛み分け!
【試合内容】
先攻、松友の先発は篠木投手、後攻、SPBCの先発は間部投手で試合開始。1回表、1番林選手は死球により出塁、すかさず2塁へ盗塁、3番鈴木選手のセンター前ヒットの間に2塁ランナー林選手がホームインし松友が先制。その裏、SPBCは1番が四球により出塁、2番永嶋選手の送りバント、失策、四球により2点を返し逆転。更に、四死球、失策、赤松選手の送りバント等で、2回に1点、3回に2点を追加で1対5。SPBCは4回に千田投手、6回に伊藤投手と継投策に出るも、6回表、打者5人に対し連続四球、ピンチを原投手に託すも、8番大沢選手のセンター前ヒット、9番玉城選手の送りバントにより、4点を失い同点。6回裏、SPBCは逆転を狙うも篠木投手を攻略できず、時間切れにより試合終了。
【相手チームへ一言】
(SPBC)
(松友)
ダブルヘッター大変お疲れ様でした。試合前、試合中、試合後と親切な対応ありがとうございます。心から感謝します!
対戦ありがとうございました。是非再戦お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
松友 2 6 SKグリーターズ 4月16日(大宮健保)
【本部コメント】
SKグリーターズが白星デビュー!開幕戦でVictoria初勝利を挙げる!!
【試合内容】
SKグリーターズは1回、打線が繋がり3点先取。さらに2回に佐藤の内野ゴロで1点を追加するなど6得点を挙げる。投げては先発山川が7回2失点の完投で相手打線を抑え、SKグリーターズが6対2で勝利した。松友は初参戦の硬さからか慎重になりすぎた消極的なプレーからの序盤の失点が最後まで響き、得点も長打のみで繋がらないという終始チグハグな試合展開だった。
             Victoria初勝利を手にした SKグリーターズ
【相手チームへ一言】
(松友)
(SKグリーターズ)
機会がありましたら再戦お願い致します。
ありがとうございました。
松友の皆様松井様日程の調整ありがとうございました。
オープン今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブレーブス 7 1 SPBC 4月9日(大宮健保)
【本部コメント】
新星ブレーブスが7得点の快勝!見事デビュー戦を白星で飾る!!
【試合内容】
先攻ブレーブスの先発は冨岡選手、後攻SPBCは渡邉選手で試合開始。先制点は、1回裏ツーアウトから、SPBC・3番小林選手のソロホームランにより先制。続く2回は双方共に無得点、次に試合が動いたのは3回表、ブレーブス・8番早瀬選手のレフト頭上を越えるツーベスヒットの後、フォアボール、続く3番冨岡選手のライト方向への特大スリーランホームランにより逆転。SPBCは逆転を試みるも、ブレーブス冨岡投手を打ち崩すことはできず、合計10三振を奪われる。一方、ブレーブスは4回にSPBCの失策から塁を埋め、7番杉本選手、9番吉添(直)選手のタイムリーヒットで2点を追加。最終回の7回表には1番伊藤選手の四球の後、3番冨岡選手が再びライト方向への特大ツーランホームランを放ち追加点、終わってみれば7対1の大差で試合終了。
【相手チームへ一言】
(ブレーブス)
(SPBC)
雨の中でしたがありがとうございました。
練習試合等でまたお願い致します。
再戦の日を楽しみにしてます、ありがとうございました。