TOP > Victoriaリーグ3部(2017年) > 成績表(Aブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 12 4
2 1 0 1 4 6 3
3 1 1 1 4 13 13
4 1 1 1 4 13 14
5 0 0 1 1 2 2
6 0 1 0 0 4 6
7 0 2 0 0 1 9
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Aブロック星取表
   
 
 
 

6-4

1-4

6-6
 
 
② G-mates
 
 
   
 
 
 
 
 

6-4

6-0
 
 
 
 
   
 

2-2
 
 
 
 

4-6
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 

4-1
 
 

2-2
 
 
   
 
 
 
⑥ SINGHA

6-6

4-6
 
 
 
 
 
 
 
3-1
 
 

0-6
 
 
 
 
 
 

1-3
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アクアパアニ 6 6 SINGHA 5月7日(世田谷公園)
【本部コメント】
一進一退の攻防は引き分け決着!勝ち点4で3チームが並ぶ!!
【試合内容】
アクアパアニの攻撃で試合開始。初回、SINGHA先発の清田の制球が定まらず、連続四死球で先制される。同回リリーフした大谷もヒットを打たれ、アクアパアニは計5点を先制する。続く一回裏、SINGHAは2番中島のヒット、4番長谷川のスリーベースで一点を返す。しかし二回表、アクアパアニは3塁打などによりすぐさま1点を返す。何とか点差を縮めたいSINGHAは、2回、6番前橋のヒットと、エラーで2アウト13塁とすると、1番宮内がライト前にヒットを放ち1点、更に押し出しでこの回2点を返す。SINGHAは4回から鈴木がリリーフし、その後アクアパアニ打線を0で抑える。そして4回裏、SINGHAは9番清田の二塁打、4番長谷川のヒットなどで、ついに同点に追いつく。5回以降は両投手が踏ん張り0行進。6-6の引き分けとなった。
【相手チームへ一言】
(アクアパアニ)
(SINGHA)
対戦ありがとうございました。前半はお互い四球や失策でどんな試合になるかと思いましたが、後半は引き締まった試合になりよかったです。また是非対戦お願いします。
対戦頂きありがとうございました。そして、試合の手配ありがとうございました。とても楽しく野球をさせて頂きました。もし宜しければ、是非またお手合わせ願います。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アクアパアニ 6 4 韋駄天 4月30日(玉川野毛町公園)
【本部コメント】
アクアパアニが接戦を制し1勝目!Aブロックは早くも混戦模様!!
【試合内容】
先攻アクアパアニ、後攻韋駄天で試合開始。アクアパアニは初回、犠牲フライで1点を先制。さらに2回表にも本塁打で加点。韋駄天は2回裏に本塁打で1点を返す。その後お互いに得点し6-2で迎えた7回裏、韋駄天はタイムリーなどで2点を返すと、さらに二死2,3塁のチャンスを残す。しかし最後はセカンドライナーに倒れゲームセット。6対4でアクアパアニが勝利した。
             今季初勝利を挙げた アクアパアニ
【相手チームへ一言】
(アクアパアニ)
(韋駄天)
対戦ありがとうございました。韋駄天さまとは他の大会でも何度も対戦していただいておりますが、いつも接戦で勝っても負けても楽しいです。また是非対戦宜しくお願いします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
G-mates 6 4 SINGHA 4月23日(猿江恩賜公園)
【本部コメント】
上手が2打席連発!G-matesが開幕2連勝を飾りブロック首位浮上!!
【試合内容】
SINGHA前田、G-mates上手の両投手が先発で試合開始。1回表、SINGHAは1アウトから2番清田がセンターへの2塁打を放ち出塁。4番鈴木がデッドボールで1、2塁となり、5番影山がライトオーバーの2塁打で2点を先取。2回裏、G-matesは先頭の5番春名がセンターへの3塁打で出塁。6番上手がもフォアボールで歩き、1、3塁としたところで8番大道寺が三塁線を破る2塁打で1点を返す。4回表、SINGHAはフォアボールとヒットでランナーをため2、3塁。ここでG-mates先発の上手のボークで1点を加え、3対1とリードを広げる。その裏、SINGHAはピッチャーを鈴木にスイッチするが、6番浅井がライト前ヒットで出塁。7番上手が汚名返上のセンターへの2ランHRを放ち3対3の同点。さらに5回裏、G-matesは3番南部の左中間へのタイムリーと南部の好走で2点を追加し勝ち越し。6回表、9番岡本がレフトオーバーの3塁打で出塁し、続く1番市川のセカンドゴロの間に1点を返し、5対4とその差を1点に縮める。G-matesは6番上手が2打席連続のレフトオーバーのHRを放ち2点差。なおも8番大道寺、9番海津の連続ヒットでランナーをためるも追加点は奪えず。6回表裏の攻撃をもって時間切れ。G-matesが苦しみながらも6対4で逃げ切った。
             2打席連続HRを放った 上手選手
【相手チームへ一言】
(G-mates)
(SINGHA)
りの鋭いバッターばかりで、かつ守備力も高くいいチームで、緊張感のあるいい試合が出来ました。試合前のグランド整備も含め、どうもありがとうございました。
本日は球場など手配いただきありがとうございました。
グランド整備もお疲れさまでした。とても楽しく野球をさせて頂きました。もし宜しければ、是非またお手合わせ願います。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アクアパアニ 1 4 Brightness 4月16日(玉川野毛町公園)
【本部コメント】
エース柿崎が奪三振SHOW!Brightnessが逆転勝ちでブロック首位浮上!!
【試合内容】
ブライトニス先発柿崎は初回、1番バッターに2ベースを打たれると3番バッターにタイムリーを打たれ1点を先制される。その裏ブライトニスは1番片桐六が死球、盗塁。2番片桐翔が犠打で送り3番高山がライトにタイムリーを打ちすぐに同点とすると、3回に2番手ピッチャーから1番片桐六、4回に7番長野の二本のソロホームランで加点し5回には4番石岡がヒットを打ち、パスボール、暴投でホームに返り4点目。初回に先制された柿崎だが、初回以降相手に点を与えず7回1失点奪三振11の完投勝利となった。
             決勝弾を放った 片桐(六)選手
【相手チームへ一言】
(アクアパアニ)
(Brightness)
対戦ありがとうございました。
対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
G-mates 6 0 ポニーキャニオン 4月16日(大井ふ頭海浜公園)
【本部コメント】
エース上手が完封シャットアウト!G-matesが3年ぶりの決勝T進出へ快勝スタート!!
【試合内容】
G-matesは2回、エラーに絡んで出塁したランナーを置き7番橋本明がレフト線を破るランニングHRで2点を先取。4回表には、エラーとタイムリーヒットにスクイズを絡め3点を追加。続く5回にもG-matesはフォアボールのランナーを置き3番関場のセンターへのタイムリーヒットで更に1点を追加。投げては先発の上手が6回を散発の2安打、8奪三振と危なげなくまとめ6対0でG-matesがリーグ戦初戦を勝利で収めた。
             完封勝利を挙げた 上手投手
【相手チームへ一言】
(G-mates)
(ポニーキャニオン)
エラーもありましたが、内野の堅守は素晴らしかったです。
残り試合も頑張っていきましょう。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Brightness 2 2 芝浦オールスターズ 4月2日(御幸球場)
【本部コメント】
両者一歩も譲らない開幕戦は、芝浦オールスターズが終盤追いつきドロー決着!!
【試合内容】
先攻Brightness、後攻芝浦オールスターズで試合開始。初回、Brightnessが四球と4番石岡のタイムリーで1点を先制。3回表も2番片桐翔のタイムリーで1点を追加。芝浦オールスターズは4、5回と安打と四死球が重なり、1点ずつを返し同点に追いつく。6回表の攻撃中に時間切れとなり試合は5回終了までのスコアで2対2の同点で終了。Brightness打線は再三チャンスを作るもあと一本が出ず、先発の高橋鉄も被安打2に抑える粘りの投球を見せるも悔しい引き分けとなった。
【相手チームへ一言】
(Brightness)
(芝浦オールスターズ)
ありがとうございました。またよろしくお願いします。
Brightness様、グラウンド・審判のご手配ありがとうございます。
審判が遅刻するというトラブルもありましたが、無事試合ができてなによりです。また機会がありましたら対戦お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SINGHA 3 1 ポニーキャニオン 3月19日(東調布公園)
【本部コメント】
SINGHAが開幕白星発進!新たなステージで手にした初勝利!!
【試合内容】
先攻ポニーキャニオン、後攻SINGHAでプレイボール。SINGHAは、2回裏、ポニーキャニオン先発今岡に対して、5番鈴木のサード強襲ヒット、7番大谷のライト前ヒット、更に大谷の盗塁で1アウト二三塁とすると、8番宮内のセンター前ヒットで2点を先制。続く9番影山もライト前ヒットを打ち、この回3点を先取する。4回、ポニーキャニオンはSINGHA先発前田に対して、センターオーバーの二塁打とワイルドピッチでノーアウト三塁とし、ショートゴロの間に1点を返す。SINGHAは5回から鈴木にリリーフし、その後は両チームの投手が粘投。そのまま7回まで点が動くことはなく、3-1でSINGHAが勝利。
             開幕戦を白星で飾った SINGHA
【相手チームへ一言】
(SINGHA)
(ポニーキャニオン)
対戦頂きありがとうございました。とても楽しく野球をさせて頂きました。もし宜しければ、是非またお手合わせ願います。今後とも宜しくお願い致します。
Victoriaリーグの初戦、期待と不安の中、均衡した試合となり、今後更に精進しようとメンバー一同前向きになりました。対戦頂いたSINGHA様、有難うございました。