TOP > Victoriaリーグ3部(2017年) > 成績表(Fブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 14 1
2 2 0 0 6 16 5
3 1 2 0 3 12 13
4 1 1 0 3 8 16
5 0 1 0 0 5 6
6 0 2 0 0 1 15
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Fブロック星取表
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 

10-0

4-1
 
 
 
 
 
 
 
6-5
 
 
 
 

10-0
 
 
 
 

5-6
   
 
 
 
 
 
 
 

0-10
 
 
 
 
 
8-6
 
 
 
 

1-4
 
 
 
 

6-8
 
5-1
 
 
 
 

0-10
 
 
 
 

1-5
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
横浜ゴーヘッズ 4 1 AzulBlatts 6月4日(瀬谷本郷公園)
【本部コメント】
白星発進同士の対決は横浜ゴーヘッズに軍配!開幕2連勝で首位浮上!!
【試合内容】
先攻のAzulBlattsに対し、ゴーヘッズ先発 加藤は三者凡退の上々の立ち上がり。その裏ゴーヘッズの攻撃は、先頭の深澤が四球で出塁すると、2番 須藤が手堅く送って1死2塁とすると、ゴーヘッズ打線は冷静に相手投手の投球を見極め死四球で2死満塁と チャンスを広げる。ここでも6番 徳永が押し出し四球を選びノーヒットで先制すると、なおも、7番 伊木美までもが押し出し死球で2点目をあげる。するとAzulBlattsは、たまらず投手交替。 この交替で流れを変えさせたくないゴーヘッズは、AzulBlatts二番手鈴木(照)の代わり鼻を8番 加藤が捕らえ中前タイムリー、2者を返し初回に4点をあげた。一方、AzulBlattsも2回に反撃。この回 先頭の青木が四球を選び出塁すると、2盗とワイルドピッチで2死3塁と得点機を迎える。ここで7番 秋田が中前にタイムリー打を放ち1点を返す。この試合、得点場面はここまで。加藤、鈴木(照)両投手の好投と、両チームの堅守で試合はこのままゲームセット。4ー1でゴーヘッズが勝利を納めた。
【相手チームへ一言】
(横浜ゴーヘッズ)
(AzulBlatts)
対戦ありがとうございました。
最後まで、緊張感を保った試合ができた事に感謝します。
グランド、審判手配ありがとうございました。とてもいい試合ができてよかったです。また機会がありましたらお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
YOKOHAMA MINKS 1 5 AzulBlatts 5月21日(金沢産業センター)
【本部コメント】
山崎が完投勝利!AzulBlattsがVictoria初白星を懸けた新星対決を制す!!
【試合内容】
先攻Blatts、後攻MINKSで試合開始。初回Blattsの攻撃、2番古中が相手のエラーで出塁するとそこから3番鈴木(照)の右前ヒット、4番青木の右前ヒットの2連打で先制。続いて5番安河内の時にWPで1点を追加し、後続が倒れるものの初回に2点を先制する。その裏の守備、先発山崎が先頭打者にDBを与えてしまう。そのあとも四死球で満塁になるが0点に抑える。次に試合が動いたのは2回裏だった。MINKSがランナーを出しチャンスを作るとBlattsのエラーも絡んで1点を取り返す。次に試合が動いたのは3回表。先頭打者の3番鈴木が三振で倒れるが、次打者4番青木が相手のエラーで出塁。完璧な盗塁を決め1アウト2塁とする。次の5番安河内はキャッチャーフライに抑えられてしまう。しかしそこから6番山崎が相手のエラーにより出塁。次の7番秋田が走者一掃のタイムリースリーベースを打って2点追加する。その後も相手のエラーで1点を追加して計3点を追加した。これで流れに乗ったBlattsの山崎が完投し、Blattsのリーグ戦初勝利となった。
【相手チームへ一言】
(YOKOHAMA MINKS)
(AzulBlatts)
ありがとうございました!
また機会がありましたらよろしくお願いしますm(__)m
対戦ありがとうございました。
また機会があったらお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
サンタリンクス 6 5 ワイズトランス 5月14日(天神第一球場)
【本部コメント】
安部のHRに城所のサヨナラ打!サンタリンクスが2連勝で首位に躍り出る!!
【試合内容】
ワイズトランス先行、サンタリンクス後攻で試合開始。初回サンタの攻撃、四球エラーで出たランナーを依田がタイムリー2ベースで返し先制。3回にはライトに安部がHR。4回にも日戸の安打等で得点し、0-4のサンタペースで迎えた5回表。宮下-山内バッテリーがワイズトランス打線につかまる。ワイズトランスは都澤が振り逃げで出塁、後続が四球で出塁し満塁とすると、3番古山勝春のエンタイトルツーベスで2点返し、更に4番の右中間への逆転3ランで5-4。ここでサンタは投手交代し、後続は佐藤恭がしっかり抑える。5回裏安原が安打で出塁し続く依田は四球。すると安原が2塁から3盗をしかけ、焦った投手が暴投。同点となる。同点で迎えた7回、サンタは安原、依田が出塁すると、ここまで沈黙の城所がセンターオーバーのサヨナラタイムリー2ベースを放ち試合終了。サンタリンクスが5-6でサヨナラ勝ち。
             HRを放った 安部選手
【相手チームへ一言】
(サンタリンクス)
(ワイズトランス)
対戦ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
横浜ゴーヘッズ 10 0 川崎モリーズ 4月30日(俣野公園)
【本部コメント】
横浜ゴーヘッズがコールド発進!投げては松本が1安打完封勝利!!
【試合内容】
先攻モリーズ、後攻ゴーヘッズで試合開始。1回表ゴーヘッズ先発松本投手は1.2番を連続三振、3番伊藤をサードゴロに打ち取り三者凡退の上々の立ち上がりを見せる。対するモリーズ先発大西は、四球やパスボールワイルドピッチなど制球に苦しみ1点を先制される。2回表モリーズの攻撃、先頭の4番鈴木が三振に倒れるも、5番金崎が中安打を放ち6番左脇大嵩のところで二塁盗塁を決め、左脇が四球を選び1死1.2塁と同点のチャンスで7番秋山が空振り三振、8番大西が右飛に倒れ、同点のチャンスを逃す。その裏ゴーヘッズ先頭の牧野の初球攻撃は平凡な一ゴロに見えたが、モリーズ一塁の秋山が痛恨のトンネルで無死2塁、そこからゴーヘッズの小技を交えた攻撃で1点を追加。さらに3回には2点を追加し、3回終了時4-0。4回表もモリーズは三者凡退に倒れ、その裏モリーズは大西から伊藤に投手交代流れを変えようとするも、その伊藤も制球に苦しみ大乱調。一挙6点を失い10-0。4回コールドでゲームが終了した。ゴーヘッズ先発松本は4回1安打完封勝利。ゴーヘッズが実力の違いを見せつける試合となった。
【相手チームへ一言】
(横浜ゴーヘッズ)
(川崎モリーズ)
対戦有難う御座いました。
お互いに上を目指してこの後も頑張りましょう!
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。また、大変勉強になりました。ぜひまたの機会にリベンジさせてください。本当にありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
YOKOHAMA MINKS 0 10 サンタリンクス 4月16日(岡野公園)
【本部コメント】
打線爆発のサンタリンクスが首位発進!初陣を4回コールドで飾る!!
【試合内容】
先攻MINKS山上-角田バッテリー、後攻サンタ宮下-山内バッテリーで試合開始。序盤、MINKSはランナーを出すも宮下をとらえきれず。サンタも1回2回と3者凡退に抑えられる。試合が動いたのは3回裏サンタの攻撃。7番8番も抑えられた2アウトから山内に対し突如制球を乱してしまった山上。そこから四死球やエラー、佐藤恭のヒットも出て4得点。4回表もサンタ宮下がMINKS打線を交わしに交わす。4回裏サンタの攻撃、四死球やエラーに加え、安部、依田、安原、佐藤恭の連打で一挙6得点を奪いゲームセット。サンタが初戦をコールドで飾った。
             好投を見せたた 宮下投手
【相手チームへ一言】
(YOKOHAMA MINKS)
(サンタリンクス)
本日はありがとうございました!
また機会がありましたら、よろしくお願いしますm(__)m
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
AzulBlatts 6 8 川崎モリーズ 4月16日(今川公園)
【本部コメント】
川崎モリーズが逃げ切り勝利!リーグ初戦でVictoria初白星を掴む!!
【試合内容】
先攻AzulBlatts、後攻もリーズで試合開始。1回表にモリーズ先発大西がフォアボールでランナーを出すも無得点に終わる。その裏、モリーズ3番伊藤隆矢のフェンスが高くなければホームランという2塁打でチャンスを作り、続く4番鈴木のサードゴロの送球が逸れる間に伊藤隆矢がホームインし、1点を先制。続く2回裏には、1死後左脇大嵩が三塁手のエラーで出塁すると、続く大西の場面の初球に盗塁を決め、直後大西が技ありのセーフティーバントを決め、1死1.3塁として、続く左脇大輔のショートゴロ送球エラーの間に1点を追加。続く金崎のレフト前ヒットでさらに1点を追加し、2死1.2塁とチャンスは続き、3番伊藤隆矢の2打席連続となる2塁打で2塁ランナー金崎がホームイン、1塁ランナー伊藤隆平は本塁タッチアウトでこの回は3点どまり。 続く3回裏には、先頭4番鈴木の2塁打、続く5番秋山の死球などでチャンスを作り、7番左脇大嵩のサードゴロ送球エラーで1点を追加したのを皮切りにその後も3点を加え8-0とモリーズが大きくリードを広げる。一方AzulBlattsはモリーズ先発大西の前に無安打が続く。その大西に替えて4回表にエースナンバー18を背負う伊藤隆矢がマウンドへ。するとこの回1イニング5奪三振の珍記録に加え、1失点という前代未聞の珍プレーも発生。5回表には再び大西がマウンドへ上がり、初安打を含む2安打を許すも後続が続かず無得点に終わる。5回終了時8-1このままモリーズ圧勝かと思われたが、6回表モリーズは好投の大西に替え、秘密兵器金崎が実戦初登板のマウンドへ上がるものの緊張からか大乱調。その後守備の乱れなどもあり、この回一挙5得点を許す。金崎に替え、珍記録を打ち出した伊藤隆矢がマウンドへ上がり、後続を断ち、何とかモリーズが勝利した。ちなみに伊藤隆矢は1回3/2イニングを投げ、奪ったアウトはすべて三振であった。
             Victoria初勝利を挙げた 川崎モリーズ
【相手チームへ一言】
(AzulBlatts)
(川崎モリーズ)
試合ありがとうございました。
グランド、審判の手配有難う御座いました。
この先のリーグ戦も頑張ってください。