TOP > Victoriaリーグ3部(2017年) > 成績表(Fブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 0 0 3 10 0
2 1 0 0 3 8 6
3 0 1 0 0 6 8
4 0 1 0 0 0 10
-            
-            
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Fブロック星取表
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 

10-0
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8-6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

6-8
   
 
 
 
 
 

0-10
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
YOKOHAMA MINKS 0 10 サンタリンクス 4月16日(岡野公園)
【本部コメント】
打線爆発のサンタリンクスが首位発進!初陣を4回コールドで飾る!!
【試合内容】
先攻MINKS山上-角田バッテリー、後攻サンタ宮下-山内バッテリーで試合開始。序盤、MINKSはランナーを出すも宮下をとらえきれず。サンタも1回2回と3者凡退に抑えられる。試合が動いたのは3回裏サンタの攻撃。7番8番も抑えられた2アウトから山内に対し突如制球を乱してしまった山上。そこから四死球やエラー、佐藤恭のヒットも出て4得点。4回表もサンタ宮下がMINKS打線を交わしに交わす。4回裏サンタの攻撃、四死球やエラーに加え、安部、依田、安原、佐藤恭の連打で一挙6得点を奪いゲームセット。サンタが初戦をコールドで飾った。
             好投を見せたた 宮下投手
【相手チームへ一言】
(YOKOHAMA MINKS)
(サンタリンクス)
本日はありがとうございました!
また機会がありましたら、よろしくお願いしますm(__)m
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
AzulBlatts 6 8 川崎モリーズ 4月16日(今川公園)
【本部コメント】
川崎モリーズが逃げ切り勝利!リーグ初戦でVictoria初白星を掴む!!
【試合内容】
先攻AzulBlatts、後攻もリーズで試合開始。1回表にモリーズ先発大西がフォアボールでランナーを出すも無得点に終わる。その裏、モリーズ3番伊藤隆矢のフェンスが高くなければホームランという2塁打でチャンスを作り、続く4番鈴木のサードゴロの送球が逸れる間に伊藤隆矢がホームインし、1点を先制。続く2回裏には、1死後左脇大嵩が三塁手のエラーで出塁すると、続く大西の場面の初球に盗塁を決め、直後大西が技ありのセーフティーバントを決め、1死1.3塁として、続く左脇大輔のショートゴロ送球エラーの間に1点を追加。続く金崎のレフト前ヒットでさらに1点を追加し、2死1.2塁とチャンスは続き、3番伊藤隆矢の2打席連続となる2塁打で2塁ランナー金崎がホームイン、1塁ランナー伊藤隆平は本塁タッチアウトでこの回は3点どまり。 続く3回裏には、先頭4番鈴木の2塁打、続く5番秋山の死球などでチャンスを作り、7番左脇大嵩のサードゴロ送球エラーで1点を追加したのを皮切りにその後も3点を加え8-0とモリーズが大きくリードを広げる。一方AzulBlattsはモリーズ先発大西の前に無安打が続く。その大西に替えて4回表にエースナンバー18を背負う伊藤隆矢がマウンドへ。するとこの回1イニング5奪三振の珍記録に加え、1失点という前代未聞の珍プレーも発生。5回表には再び大西がマウンドへ上がり、初安打を含む2安打を許すも後続が続かず無得点に終わる。5回終了時8-1このままモリーズ圧勝かと思われたが、6回表モリーズは好投の大西に替え、秘密兵器金崎が実戦初登板のマウンドへ上がるものの緊張からか大乱調。その後守備の乱れなどもあり、この回一挙5得点を許す。金崎に替え、珍記録を打ち出した伊藤隆矢がマウンドへ上がり、後続を断ち、何とかモリーズが勝利した。ちなみに伊藤隆矢は1回3/2イニングを投げ、奪ったアウトはすべて三振であった。
             Victoria初勝利を挙げた 川崎モリーズ
【相手チームへ一言】
(AzulBlatts)
(川崎モリーズ)
試合ありがとうございました。
グランド、審判の手配有難う御座いました。
この先のリーグ戦も頑張ってください。