TOP > Victoriaリーグ3部(2017年) > 成績表(Gブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 1 7 6 3
2 1 0 0 3 3 0
3 1 2 0 3 8 7
4 1 2 0 3 8 8
5 0 0 1 1 1 1
6 0 1 0 0 0 7
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Gブロック星取表
① STORM
   
 
 
 
 
 
 
 

0-7
 
 
   
 

3-0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3-2

1-1

2-0
 
 

0-3

2-3
   
 

6-1
 
 
 
 

1-1
 
 
   
 

7-0
 
 

0-2

1-6
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Albatross 3 2 インソムニアスターズ 6月18日(玉川野毛町公園)
【本部コメント】
Albatrossが3戦負け無しで首位キープ!インソムニアは首位奪取ならず!!
【試合内容】
先攻インソムニアスターズ先発河野、後攻Albatross先発豊岡でスタート。初回、インソムニアスターズは先頭の深山が四球で出塁、盗塁で無死2塁のチャンスを作るも2番丸田、3番幸田が連続三振で好機を逃す。先発河野は無難な立ち上がりを見せる。 試合が動いたのは2回表、6番畑山が四球で出塁し1死1塁の場面で7番秋山選手が特大のツーランで先制。不振で悩み、もがき苦しんだ秋山が結果を出しチームは盛り上がる。3回裏、穴田の犠飛で1点を返したAlbatrossは4回裏、先頭の青柳がライト福重の頭を越すエンタイトルツーベースを放つと、送って1死3塁から7番豊岡が同点タイムリー。更に2死から斉藤、佐藤の連打で逆転に成功。投球内容は悪くないものの、Albatrossのソツのない攻撃に捕まってしまった河野はこの回で降板。一方の豊岡は4、5回にランナーを背負うも要所を締め6回は三者凡退とする。6回裏のAlbatrossの攻撃が終わると雨足が強くなり、審判の判断で降雨により2-3でゲームセット。5回6回はリリーフした秋山が豪雨の中、相手の猛攻を無失点で防ぐも、打線は相手投手から6イニングで12三振と、天候と同じく湿ってしまった。一進一退の攻防戦となった試合はAlbatrossに運が向いたが、どちらが勝ってもおかしくない試合だった。決勝リーグ進出に向け、絶対に負けられない一戦と意気込んで試合に臨んだインソムニア。チームとしてはこの負けは大きすぎる。本当に悔しいがこれが実力。残りの試合、悔いのないよう勝利したい。
             決勝打を放った 佐藤選手
【相手チームへ一言】
(Albatross)
(インソムニアスターズ)
対戦ありがとうございました。守備が固く集中力もあり勉強させて頂きました。どちらが勝ってもおかしくなかったです。また練習試合も含め対戦楽しみにしてます!
グランドや審判のご手配、丁寧なご連絡、いつもありがとうございます。雨の中でしたが良いゲームができました。今後共、何卒宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Albatross 2 0 世田谷セーブオン 5月28日(多摩川緑地)
【本部コメント】
豊岡が完封勝利!首位浮上を懸けた投手戦はAlbatrossに軍配!!
【試合内容】
Albatross豊岡、世田谷セーブオン内田の両先発で試合開始。先攻のAlbatrossは初回1死3塁のチャンスを逃すも、2回表2死2塁で2番阿部がライトへタイムリースリーベースヒットを放ち先制、更にエラーで2点を奪う。4回裏1死から3番小柴選手がツーベースでチャンスを迎えるも、4番本間選手の打球をピッチャーライナーゲッツーとし、切り抜けた。両先発1歩も引かない投げ合いは、豊岡は被安打2、無四球完封、内田は被安打2、1四球、ヒットは失点した回のみ。両チームエラー1ずつと、試合時間僅か1時間15分の好ゲームとなった。2回のワンチャンスを物にしたAlbatrossの勝利だったが、この日は運がAlbatrossにあっただけで紙一重の試合となった。Albatrossは予選リーグ初白星をあげた。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
             MVPに輝いた 豊岡投手
【相手チームへ一言】
(Albatross)
(世田谷セーブオン)
久し振りの対戦楽しかったです。また練習試合しましょう!
暑い中お疲れ様でした!
グラウンド、審判様の手配ありがとうございました。
また、リベンジさせて頂きたく思います!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
CHUYANS+ 3 0 インソムニアスターズ 5月21日(世田谷公園)
【本部コメント】
CHUYANS+が完封シャットアウト!白星スタートで一気に首位へ!!
【試合内容】
インソムニアスターズは初回、2死から深山のライト前ヒットと盗塁でチャンスを作るも、4番三枝が凡退し好機を逃す。先発河野は緩急をつけたピッチングで3回無失点と試合を作る。4回までは両先発が好投し、膠着状態が続く。試合が動いたのは5回裏、4回からリリーフの三枝が2つの四球と盗塁でチャンスを作られ、続くバッターのショートゴロを秋山がファンブルし先制を許してしまう。その後も四球と失策で2点を失ってしまい0-3。投げては怪我から復帰した小澤、西山の継投で3-0でCHUYANS+が勝利した。インソムニアスターズはVictoria決勝リーグ進出に向け、痛手の敗戦となってしまった。これ以上負けは許されない為、もう一度チーム一丸となって決勝リーグ進出に向け立て直しを図る。
             首位に浮上した CHUYANS+
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(インソムニアスターズ)
インソムニアスターズの皆様、この度は対戦ありがとうございました。活動地域も近いため、今後とも宜しくお願い致します。
グランド、審判の手配等ありがとうございました。
機会がありましたらまた対戦お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
STORM 0 7 世田谷セーブオン 4月30日(舎人公園)
【本部コメント】
世田谷セーブオンが初勝利!完封シャットアウトでブロック2位浮上!!
【試合内容】
初回、STORMの攻撃をセーブオン先発坂口が3人で打ち取ると、セーブオンはSTORMの守備の乱れでチャンスを得ると3番、4番の連続タイムリーで幸先よく4点を先制する。一方STORMも直後の2回に1死からランナー1、2塁のチャンスを作るが後続が打ち取られチャンスを失う。リズムに乗ったセーブオン坂口は3回から5回を3者凡退で抑え、味方の追加点を待つと3回に1点、4回に1点と追加点をもらい、大量援護の下、最終回のマウンドにも上がる。最終回は1人のランナーを許すが7回を0封、セーブオンに勝利をもたらした。
             完封勝利を挙げた 世田谷セーブオン
【相手チームへ一言】
(STORM)
(世田谷セーブオン)
対戦いただきありがとうございました。外野守備の堅さが素晴らしかったです。また機会がありましたらよろしくお願い致します。
本日はグラウンド、審判様の手配ありがとうございました。
また機会がございましたらよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Albatross 1 1 狛江ジャガーズ 3月19日(玉川野毛町公園)
【本部コメント】
両者譲らぬ緊迫の投手戦はスコアレスドロー!貴重な勝ち点「1」を分け合う!!
【試合内容】
先攻狛江ジャガーズの先発は榎本、後攻Albatrossは豊岡で試合スタート。狛江ジャガーズは先頭出塁も牽制死、2死から四球のランナーを出し、4番神成のツーベースで一気にホームを狙い、楽々タッチアウトのタイミングもキャッチャーがは返球をファンブルする間にホームイン。嫌な点の取られ方をしたAlbatrossはその裏、相手のエラーと阿部の内野安打と送りバントでチャンスを作るも後続が倒れる。3回裏、1番佐藤四球、2番阿部セフティーで出塁し、3番青柳の打球がエラーを誘い同点とする。しかし、またも後続が倒れ逆転のチャンスを逃す。先発豊岡はその後は0行進で被安打4と反撃を待つも、ジャガーズも榎本・和田のリレーでかわし、Albatrossは2番阿部の内野安打2本に封じ込められ1-1のスコアレスドローとなった。両チーム好投、好守もあり両チーム合わせて6安打と緊迫した投手戦となった。
【相手チームへ一言】
(Albatross)
(狛江ジャガーズ)
緊迫した試合になり開幕戦らしい戦いでした。
ありがとうございました。
グラウンド、審判の手配有難う御座いました。
機会がありましたらまた宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
インソムニアスターズ 6 1 世田谷セーブオン 3月12日(神宮軟式球場)
【本部コメント】
インソムニアスターズ打線爆発!昨年の鬱憤晴らし、開幕快勝スタート!!
【試合内容】
今シーズンVictoria初戦。インソムニアスターズは昨季2部リーグで悔しい思いを重ねた為、今季は3部リーグで去年の屈辱を晴らしたい。そのインソムニアスターズは初回、大風がレフト線への技ありの流し打ち。先頭打者ホームランで先制。続く2番幸田もライトへ強烈に流し打ち。2者連続のホームランで開幕戦、幸先よく2点を先制する。先発畑山は緩急をつけたピッチングで相手打線を翻弄。2回に連打で1点を失うも3回を投げ抜き試合を作る。3回には阿部のタイムリーで追加点。そして4回、今オフのトレーニングに精を出し、人一倍努力を重ねた8番福重がレフトオーバーの完璧な当たりのスリーベース。インソムニアベンチは今日一番の盛り上がり。続く2番幸田の打席の際に福重がホームスチールを成功!最高の形で追加点を奪うことができた。4回からは三枝が相手打線をシャットアウト。7回までの4イニングで7奪三振を奪う好投を見せ、開幕戦に見事勝利を収めた。今日のMVPはなんといっても福重。冬場の特訓が、結果として表れてる。今シーズンは福重の活躍に期待して欲しい。
             白星スタートを飾った インソムニアスターズ
【相手チームへ一言】
(インソムニアスターズ)
(世田谷セーブオン)
対戦、ありがとうございました!
今シーズン同リーグとして、今後共、宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
投打に圧倒されました。