TOP > Victoriaリーグ2部(2017年) > 成績表(決勝トーナメント)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
※ 各ブロック上位2チームが決勝トーナメント進出
ワイルドカード3枠 →【順位確定について】
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
練馬アドベンチャーズ 0 2 D'LLERS 11月12日(大宮健保)
【本部コメント】
超新星D'LLERSが神宮の舞台へ進出!無敗での完全優勝まであと1勝!!
【試合内容】
練馬アドベンチャーズ先攻、D'LLERS後攻で試合開始。2回裏、ヒットとエラーでチャンスを作ると、8番河上が2点タイムリーを放ち、D'LLERSが2点先制。3回・4回・5回共に練馬アドベンチャーズが得点圏にランナーを進めるも、D'LLERS矢部投手がギアを上げ打ち取り得点を許さず。6回裏、D'LLERS5番守田がヒットでチャンスを得るが、練馬アドベンチャーズ高木が好投し追加点を許さず。7回表、9番柳沢が2死から出塁しチャンスを作るが、後続が絶たれ試合終了。2対0でD'LLERSが勝利し、決勝進出を決めた。先発矢部は味方のエラーもありピンチをむかえるも粘りの投球を見せ、2安打完封勝利。
             完封勝利を挙げた 矢部投手
【相手チームへ一言】
(練馬アドベンチャーズ)
(D'LLERS)
本日は当方の要望を受け入れ遠征して頂き、本当にありがとうございました。神宮決戦、御健闘をお祈り致します。
グランド、審判の手配ありがとうございました。
とても良い試合をすることができました。
また機会がありましたらよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ユキム ハイエンドボーイズ 1 1 座間市役所 11月12日(天王洲公園)
【本部コメント】
死闘の幕切れはジャンケン決着!今季初参戦の座間市役所が神宮へ!!
【試合内容】
先攻ユキムは初回、2番木村が右中間を破る3塁打を放ち、1死3塁を作るも3,4番が打ち取られ先制のチャンスを逃す。対する後攻座間市役所は初回、先頭が死球で出塁し盗塁等で2死3塁を作ると、4番南波がレフト前タイムリーを放ち1点を先制する。ユキム先発の鈴木は3回裏に2死3塁、5回裏に無死満塁のピンチを背負うが、要所で三振を奪う等でホームは踏ませず味方の援護を待つ。追いかけるユキムは2,3,6回と先頭を出すも相手守備陣の好守もあり、打線が繋がらず0-1で最終回を迎える。7回表、先頭4番森がレフト前ヒットで出塁、さらに5番井澤(寛)がライト線へヒットを放ち、代走馬場が2盗を決め無死2、3塁のチャンスを作る。この場面で6番桐井が痛烈なセカンドゴロを放つと、飛び出した2塁ランナーに気を取られている間に3塁ランナーが間一髪で生還し、土壇場で1-1の同点に追いつく。尚も1死2塁のチャンスであったが相手投手が踏ん張り、7回裏の座間市役所の攻撃も三者凡退で1-1でゲームセット。球場使用時間が無くなったため、大会規定によりジャンケンでの決着となり、5-3で座間市役所が勝ち決勝進出を決めた。
             先制打を放った 南波選手
【相手チームへ一言】
(ユキム ハイエンドボーイズ)
(座間市役所)
座間市役所の皆様、遠征ならびに対戦ありがとうございました。
再三の好守備素晴らしかったです。優勝期待しています。
グランド手配ありがとうございました。
とても良い試合内容で、楽しかったです。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ルービン☆リキッド 1 2 練馬アドベンチャーズ 11月5日(花園運動公園)
【本部コメント】
練馬アドベンチャーズが準決勝進出!長年抱き続けた悲願達成まであと一歩!!
【試合内容】
先攻ルービン☆リキッド、後攻練馬アドベンチャーズで試合開始。2回裏、練馬アドベンチャーズは四球と守備の乱れで無死満塁のチャンスに7番矢作の内野ゴロの間に1人生還し、ノーヒットで1点先制。5回表、ルービン☆リキッドは2番吉田が本日3本目のヒットを放ち、4番大島が四球、5番森がタイムリーを放ち同点とする。その後も両投手が好投し7回終了も決着つかず、サドンデスに突入。1死満塁でスタートし、8回表のルービン☆リキッドの攻撃は、5番森・6番飯野共に凡退し無得点。対する練馬アドベンチャーズは8回裏、3番小松崎が凡退するも、4番山本がサードにスピンの掛かった難しい打球を放ちエラーを誘い1点。1-2で練馬アドベンチャーズのサヨナラ勝ちとなった。
             決勝打を放った 山本選手
【相手チームへ一言】
(ルービン☆リキッド)
(練馬アドベンチャーズ)
練馬アドベンチャーズ皆様方、遠方よりお越し頂きありがとうございました!また機会ございましたら対戦お願い致します。
緊張感のある素晴らしい投手戦でした。
またよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ユキム ハイエンドボーイズ 4 2 世田谷ペンギンズ 10月8日(天王洲公園)
【本部コメント】
ユキムハイエンドボーイズが先行逃げ切り!念願のファイナル進出まであと一歩!!
【試合内容】
先攻ユキムハイエンドボーイズ・鈴木投手、後攻世田谷ペンギンズ・須山投手の先発で試合開始。序盤は、両チームスコアリングポジションにランナーを置くが、野手陣の好プレーで無失点が続く。試合が動いたのは、4回表 先頭の5番井澤(寛)がライト線の二塁打で出塁、二死のあと、8番佐藤はセンターフライを打ち上げるがこれをセンターが落球して先制点を挙げる。さらにバッテリーエラーもあり、2-0とユキムハイエンドボーイズがリード。続く5回表、1番長崎のヒットと四球で出塁、完璧にモーションを盗み2盗、3盗でチャンスを拡げ無死二三塁とすると、3番井澤(信)がセンター前に2点タイームリーヒットを放ち4-0と点差を広げた。5回裏 世田谷ペンギンズは、 山口(雅)、岩佐、迎里の3連打で2点を返すが反撃はここまで。4-2でユキムハイエンドボーイズの勝利。
             決勝タイムリーを放った 井澤(信)選手
【相手チームへ一言】
(ユキム ハイエンドボーイズ)
(世田谷ペンギンズ)
世田谷ペンギンズの皆様、対戦ありがとうごさいました。素晴らしい打線でした。またオープン戦等で交流して頂けたら嬉しいです。今後共よろしくお願い致します。
ユキムハイエンドボーイズのみなさん、対戦ありがとうございました。両チーム堅い守りで緊迫した試合展開となり、大変楽しい試合でした。今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
鍛鷹綻 5 6 D'LLERS 10月8日(調布基地跡地)
【本部コメント】
新星D’LLERSがシーソーゲームを制す!予選から7戦全勝で4強入り!!
【試合内容】
先攻鍛鷹綻・安藤投手、後攻D’LLERS・矢部投手の先発で試合開始。1回裏、D’LLERSの攻撃。チャンスを作り、4番渡辺、5番守田のタイムリーなどによって3点を先制する。3回まで鍛鷹綻打線を3者凡退パーフェクトに抑えていた先発矢部だが、4回表に6本のヒットと四球、失策により4点を失う。しかしその裏、D’LLERSがすぐに2点を返し、逆転に成功する。6回表、先頭の時津が3塁打を放つと続く後藤の内野ゴロで鍛鷹綻が同店に追いつくが、その裏にD’LLERSが須田のヒットから再度逆転に成功し5-6というスコアでD’LLERSが勝利した。
             新星対決を制した D’LLERS
【相手チームへ一言】
(鍛鷹綻)
(D'LLERS)
D’LLERSの皆様、遠征いただき有り難うございました。
また是非対戦の程お願い致します。
グランド、審判の手配ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ルービン☆リキッド 3 1 Returners 10月1日(大宮健保)
【本部コメント】
森が圧巻の完投勝利!ルービン☆リキッドが初となるベスト8進出!!
【試合内容】
先攻Returners、後攻ルービン☆リキッドで15時試合開始。序盤からルービン森の力投でReturners打線を抑え、流れを呼び込むと、ルービンがHRで先制。Returners先発の福士、リリーフ登板した大塚が好投を見せるも、さらにルービン打線が2点を追加し、3対1にてルービン☆リキッドが勝利した。投げては森がHRの1失点のみに抑え、完投勝利を挙げた。
             完投勝利を挙げた 森投手
【相手チームへ一言】
(ルービン☆リキッド)
(Returners)
Returners皆様方、遠方よりお越し頂きありがとうございました!
対戦ありがとうございました。優勝目指して頑張ってください。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ハリウッド 0 2 座間市役所 9月24日(大井ふ頭海浜公園)
【本部コメント】
注目のルーキー座間市役所が準決勝進出!ハリウッドはあと一本が出ず!!
【試合内容】
先攻座間市役所の先発は波多野、後攻ハリウッドの先発は佐藤で試合開始。1回の表座間市役所の1番矢作の中前で出塁し、2死1.2塁のチャンスをつくるが、佐藤が踏ん張り無得点。その後佐藤は4回まで座間市役所打線を抑える。対する座間市役所の先発波多野はハリウッド打線を3回までヒット1本に抑え、4回から金子に継投する。試合が動いたのは5回表、座間市役所は先頭の6番太田が左前で出塁し、すぐさま盗塁を成功させ、続く7番高坂も左前を打つ。座間市役所はノーアウト1.3塁のチャンスで8番落合がライトに犠牲フライを放ち1点先制。さらに2死3塁から1番矢作のタイムリー内野安打で追加点を挙げる。終盤はハリウッドが押す展開となり、6回裏に二死満塁、7回裏に二死一三塁と攻め込むも、座間市役所2番手の金子が力投を見せ得点には至らずゲームセット。座間市役所が継投による完封リレーで勝利した。
             準決勝進出を決めた 座間市役所
【相手チームへ一言】
(ハリウッド)
(座間市役所)
悔しい敗戦となりましたが、とても良い試合だったと思います。
対戦ありがとうございました。
グラウンド手配等ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
King☆Johnny 2 3 ユキム ハイエンドボーイズ 9月24日(大宮健保)
【本部コメント】
ユキムが逃げ切り勝利!K☆Jの反撃を3投手の継投で死守!!
【試合内容】
グランドコンディション不良により対戦開催も危ぶまれた中、どうにか行われた1戦。先攻・King☆Johnny、後攻・ユキムハイエンドボーイズでプレイボール。ユキム先発の鈴木は初回から低めに丁寧に集め、打たせてとるピッチングで無難に立ち上がる。早めに援護したい打線は4回、先頭長崎が相手エラーで出塁し、さらに3盗でチャンスを拡げる。すると、3番井澤(信)の内野ゴロで良いスタートを切り好走塁で1点を先制。さらに4番森が出塁し、5番井澤(寛)のライト前ヒットでチャンスを作ると、7番丸山の右中間を破る2点タイムリーで3-0とする。King☆Johnnyもすぐさま反撃に出る。この回から代わったユキム古山の立ち上がりを攻めると、連続四球で2死2,3塁から1番佐藤の2点タイムリー内野安打が飛び出し1点差とする。古山はさらに2死満塁のピンチを背負うが、センター田中が難しい打球を上手く処理しなんとか凌ぐ。6回からは長崎がマウンドに上がり、最終7回は3者連続三振で締め、ゲームセット。3-2でユキムが辛くも勝利し、準々決勝へと駒を進めた。
             決勝打を放った 丸山選手
【相手チームへ一言】
(King☆Johnny)
(ユキム ハイエンドボーイズ)
対戦ありがとうございました。4回のユキムさんの集中打見事にやられました。我々の分まで決勝目指して頑張って下さい。また機会ありましたら是非対戦の程宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SCRATCH 0 4 世田谷ペンギンズ 9月10日(調布市民球場)
【本部コメント】
世田谷ペンギンズが逆襲開始!予選1位通過のSCRATCHを零封で撃破しベスト8!!
【試合内容】
先攻の世田谷ペンギンズ・須山投手、後攻のSCRATCH・山上投手の先発でプレイボール。1回はともに三者凡退で始まり、投手戦の様相に見えたが、2回表世田谷ペンギンズは二死から山口が内野安打で出塁すると、盗塁と悪送球で三塁まで進み、ワイルドピッチで先制。さらにこの回、四球の須山を置いて、繁田がタイムリー二塁打を放ち2-0とリードする。2点をリードした世田谷ペンギンズは4回表、岩佐、山口、須山の3連打で一死満塁とすると、ここで繁田が2打席連続のタイムリー二塁打を放ち4-0とする。対するスクラッチは、2回裏に山上、高田のヒットで一死満塁のチャンスを作るが、1-2-3のダブルプレーに倒れ得点することができない。4回以降は世田谷ペンギンズ・須山投手に3人ずつに抑えられ、試合終了。世田谷ペンギンズ・須山投手は、7回を2安打に抑え完封で勝利!
             2本の適時打を放った 繁田選手
             (写真:川久保氏提供)
【相手チームへ一言】
(SCRATCH)
(世田谷ペンギンズ)
世田谷ペンギンズ川久保様 対戦ありがとうございました。
完敗でした。また機会がありましたらよろしくお願いします。
スクラッチのみなさん、対戦ありがとうございました。両チーム投手の好投で緊迫した試合展開となり、いい試合でした。ほんとうにありがとうございました。幸山さま、グラウンド、審判の手配ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Sundays 4 5 座間市役所 9月3日(大宮健保)
【本部コメント】
序盤のビハインドを覆し、座間市役所がEブロック首位の意地を見せる!!
【試合内容】
先攻座間市役所・金子、後攻Sundays・増島の先発で試合開始。1回の表、Sundays増島は座間市役所を3者凡退に打ち取る。その裏、Sundaysはヒットと四球で2死1、2塁のチャンスを作ると、5番梶の右中間を破るタイムリー3塁打で2点を先制する。対する座間市役所も直後の2回表、先頭4番南波の2塁打と四球等で2アウト満塁のチャンスを作り、2者連続で押し出し四球を選び同点とする。しかしその裏、Sundaysは四球と送りバントで1死2塁のチャンスを作り、1番荒巻の左2塁打で逆転し、さらに3番増島の内野安打でもう1点追加する。3、4回と両チームランナーは出すものの、両投手が踏ん張り無失点とする。座間市役所は5回の表、先頭の1番前田の出塁をきっかけに1死満塁のチャンスを作り、5番金子が中前に2点タイムリーを打ち同点。尚もランナー1、3塁のチャンスで、座間市役所は1塁ランナーが盗塁、捕手が2塁に送球している間に3塁ランナーが生還し、これが決勝点。6回裏、Sundaysは2死から2本のヒットで1、3塁のチャンスを作るも得点ならず、時間により6回で試合終了。座間市役所が5対4で勝利し、1回戦突破を決めた。
             投打の活躍を見せた 金子選手
【相手チームへ一言】
(Sundays)
(座間市役所)
座間市役所のみなさま、このたびは遠征いただきありがとうございました。ぜひ優勝目指してがんばってください。
グラウンド手配等ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
鍛鷹綻 1 0 漁火 9月3日(調布西町球場)
【本部コメント】
鍛鷹綻が終盤のワンチャンスをモノに!漁火は今季も呪縛から解放されず!!
【試合内容】
先攻鍛鷹綻・安藤投手、後攻漁火・佐藤(祐)投手の先発で試合開始。5回まで両者ランナーを出すが両投手が踏ん張り投手戦となる。6回表、鍛鷹綻は1番渡邉選手がレフト前ヒットで出塁するとWPにより一死二塁。3番小嶋選手が放った内野ゴロがエラーとなり1点を先制する。7回裏、二死から死球でランナーを出すが、7番橋本選手の強烈な打球を鍛鷹綻・安藤投手が反応しピッチャーゴロに抑え鍛鷹綻が1-0で勝利。息詰まる投手戦を見事制し、安藤投手が1安打完封勝利。
             強力打線を完封した 安藤投手
【相手チームへ一言】
(鍛鷹綻)
(漁火)
漁火の皆様、遠征いただき有り難うございました。
また是非対戦の程お願い致します。
鍛鷹綻様ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
練馬アドベンチャーズ 3 1 情熱チキン 9月3日(大宮健保)
【本部コメント】
練馬アドベンチャーズが先行逃げ切り!2013シーズン以来の8強入り!!
【試合内容】
1回表、情熱チキンは2死からチャンスを掴むが無得点。1回裏、練アドもあと1本が出ず無得点。2回表、5番長尾がヒットで出塁するも後続が続かず無得点。試合が動いたのは3回裏、9番柳沢が四球・1番渋谷のヒットの際に送球エラーも絡み1点先制。さらに2番小松崎の打球もエラーを誘い1点追加。0-2とする。5回表、疲れの見えてきた練アド先発の高木を7番藤本と9番川村のヒットで1点返し1-2と追い上げるが、その裏に練アドが1死満塁のチャンスに代打の高久が犠飛を放ち1-3とする。更に6回裏に練アドが2死2・3塁の場面で4番山本の放った打球の際、情熱チキンのセカンドとショートが接触し負傷する事態が発生。試合時間も残り10分を切ってしまった為、そのまま試合終了。6回裏の攻撃中だった為、スコアは5回終了時の1-3で練馬アドベンチャーズの勝利。
             好投を見せた 高木投手
【相手チームへ一言】
(練馬アドベンチャーズ)
(情熱チキン)
最後はアクシデントが起こってしまいましたが、緊張感のある試合でした。またよろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ハリウッド 2 1 フェニックス 9月3日(私学事業団運動場)
【本部コメント】
成毛の先制弾に榎本の決勝打!ハリウッドが息詰まる激闘を競り勝つ!!
【試合内容】
先攻ハリウッド下村投手、後攻フェニックス八木投手の先発で試合開始。。1回表、ハリウッドは先頭の成毛選手がいきなりレフトにホームランを放ち先制する。その後は両チーム走者は出すものの両投手が踏ん張り無得点が続く。6回表、ハリウッドは無死二三塁のチャンスに5番榎本選手がしぶとくライトに運び1点追加。しかし更なる追加点のチャンスを八木投手が気迫で抑える。そしてフェニックス最終回の攻撃。代打攻勢が見事に的中し連打でチャンスを作ると、二死から9番川縁選手のタイムリーで1点差まで詰め寄りなお走者一三塁。ハリウッドは長打が出ればサヨナラという場面まで追い詰められたが、最後は下村投手が内野ゴロに打ち取りハリウッドが2対1で激闘を制した。
             1回戦を突破した ハリウッド
【相手チームへ一言】
(ハリウッド)
(フェニックス)
対戦有り難うございました。緊迫した素晴らしい試合だったと思います。今後とも宜しくお願いします。
ハリウッドの皆様、対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。