TOP > Victoriaリーグ2部(2017年) > 成績表(Aブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 13 4
2 1 0 0 3 3 1
3 1 2 0 3 12 12
4 1 1 0 3 6 7
5 1 1 0 3 4 8
6 0 1 0 0 1 3
7 0 1 0 0 3 7
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Aブロック星取表
   
 
 
 
 
 

5-4

1-3
 
 
② 若葉
 
 
   
 
 
 

1-7
 
 

3-1
 
 
 
 
 
7-3

6-1
 
 
 
 
 
 
 
 

3-7
   
 
 
 
 
 

4-5

7-1

1-6
 
 
   
 
 
 
⑥ D'LLERS

3-1
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
⑦ KAJIYA
 
 

1-3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
King☆Johnny 7 3 津嶋倶楽部 5月21日(市川橋上流)
【本部コメント】
強力打線が後半爆発!King☆Johnnyが2連勝で首位守る!!
【試合内容】
1回表、先攻の津島倶楽部は四球とヒットで無死1・2塁のチャンスを作るも後続が続かず無得点。すると、1回裏King☆Johnyは1死1・3塁から内野ゴロの間に先取点を奪う。1対0。3回表、津島倶楽部はランナー1塁からツーランが飛び出し1対2と逆転に成功する。試合が大きく動いたのは5回裏。初回以降沈黙していたKing☆Johnny打線が目を覚ます。先頭、7番佐藤が四球で出塁すると、すかさず盗塁を決め無死2塁とチャンスを演出。続く8番馬場がライトへタイムリースリーベースを放ち同点とする。更に1死後、途中から出場の高橋がレフトへ値千金の逆転タイムリーを放ち3対2。これで完全に勢いに乗ったKing☆Johnnyは続く2番平山が右中間を破るツーランを放ち5対2。更にこの後ダメ押しとも言える2点を追加。この回打者一巡の猛攻で7対2と一気に逆転に成功する。投げてはヴィクトリアリーグ初先発となった仲田が最終回に1点は失うものの、津島倶楽部打線を抑え見事な完投で上々のデビューを果たす。7対3。King☆Johnnyが開幕2連勝を果たした試合となった。
             同点打を放った 馬場選手
【相手チームへ一言】
(King☆Johnny)
(津嶋倶楽部)
対戦ありがとうございました!また次の機会ありましたら是非試合させて下さい。本当にありがとうございました!
対戦ありがとうございました。
ライトの方の早期回復を祈念申し上げます。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SAMURAI.BOYS 5 4 フューチャーズ 5月21日(八潮北公園)
【本部コメント】
SAMURAI.BOYSが巻き返しへ!今季初勝利で2位と勝ち点で並ぶ!!
【試合内容】
先攻フューチャーズ、後攻サムライボーイズでスタート。フューチャーズは大浜投手、サムライは並木投手が先発。並木投手は初回ランナーを出すも無得点で抑える。サムライは初回、石崎選手、池村選手の連続タイムリーで豪腕・大浜投手から先制を取る。2回にも星川選手のタイムリーで追加点を取る。フューチャーズも4回、サムライ内野陣のミスでチャンスを作り、4番篠崎選手、6番大浜選手の長打で3点を取り同点に追いつき、5回にも4番篠崎選手のタイムリーで逆転に成功。サムライは6回から星川投手にチェンジする。最終回、サムライは斉藤選手が二塁打を放ちチャンスをつくる、ここでフューチャーズも篠崎投手にスイッチするが内野ミスで同点に追いつき、最後は押し出し四球でサムライがなんとか勝利。
             今季初勝利を挙げた SAMURAI.BOYS
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS)
(フューチャーズ)
岡田様、フューチャーズの皆様、本日は遠征ありがとうございます。とても皆さん一生懸命で勉強になりました。場所も近いので今後ともよろしくお願いします。
昨日は、どうもありがとう御座いました。
また是非機会が御座いましたら、対戦の願います。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
若葉 1 7 フューチャーズ 5月14日(江戸川河川敷)
【本部コメント】
フューチャーズが記念すべきVictoria初勝利!一気にブロック2位浮上!!
【試合内容】
フューチャーズ先攻、若葉後攻で始まった試合。初回フューチャーズは2アウト2、3塁、5番岡田の打席で相手のバッテリーエラーで1点先制する。その後、4回まで試合は進むが、若葉はフューチャーズの投手を崩せずチャンスが作れない。するとフューチャーズは5回表、2番山田がショートゴロを打つも相手のタイムリーエラーで2点追加。さらに打線が続き4点追加し、試合を決めた。最終回若葉の攻撃、フューチャーズは大浜投手から中村投手に交代。先頭打者がセンター前で出塁し、タイムリーエラーで1点を奪うもなんとか踏ん張り、7-1でフューチャーズが勝利した。
             Victoria初白星を挙げた フューチャーズ
【相手チームへ一言】
(若葉)
(フューチャーズ)
対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
本日は、グランドと審判の手配をして頂き誠にありがとう御座いました。また機会が御座いましたら是非対戦をさせて頂きたいと思いますので、その際は宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SAMURAI.BOYS 1 3 D'LLERS 4月30日(八潮北公園)
【本部コメント】
SAMURAIはあと一本が出ず惜敗。D'LLERSが逆転勝利で初戦を飾る!!
【試合内容】
先攻D'LLERS、後攻SAMURAI.BOYSで試合開始。サムライは初回、池村の大飛球から先制点をとる。サムライ先発並木は1回、2回と無得点に抑えるが、3回3番矢部選手にタイムリー二塁打を打たれ同点になる。その後サムライはチャンスを作るも一本がでず、残塁の山をつくる。5回サムライは並木から河行へスイッチ。河行は調子が今ひとつだが丁寧に投げる。6回裏、ダラーズは満塁とすると7番河上選手のセカンドゴロがエラーを誘い2点を勝ち越す。サムライも最終回、ノーアウトから小松、旭一の連続ヒットで反撃を見せるが、ダラーズ矢部投手を捕まえきれずゲームセット。ダラーズが初戦を逆転で飾った。サムライの残塁は10を数えた。
             Victoria初勝利を手にした D'LLERS
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS)
(D'LLERS)
ダラーズの皆様、矢部様、遠征ありがとうございます。
皆さん守備力が高くとても勉強になりました。
是非今後ともよろしくお願いします。
本日はグランドの設定等をしていただきありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
KAJIYA 1 3 若葉 4月16日(江戸川病院前)
【本部コメント】
若葉が2年ぶりの決勝トーナメントへ好発進!鉄壁の投手リレーでKAJIYAを振り切る!!
【試合内容】
KAJIYA先攻、若葉後攻で始まった試合。初回、2回とランナーを出す場面もあるがお互い無得点。試合が動いたのは3回裏若葉の攻撃。1アウトから2番バッターが内野安打、3番バッターがエラーで出塁し、4番小畑のセンター前タイムリーで1点先制。なお2アウトから6番伊藤がセンターへの2点タイムリーを放ち2点を追加。3対0のまま試合は進み、6回表にKAJIYAが守備の乱れから1点を返すも、好機で1本が出ず、そのまま試合終了。投げては先発森本が5回無失点の投球を見せ、富田との継投でKAJIYAの反撃を凌いで3-1で若葉が勝利した。
             先制打を放った 小畑選手
【相手チームへ一言】
(KAJIYA)
(若葉)
若葉の皆様、この度は対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。またグランド、審判の手配ありがとうございました。また是非とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
King☆Johnny 6 1 フューチャーズ 3月19日(東綾瀬公園)
【本部コメント】
終盤に打者一巡の猛攻!King☆Johnnyが開幕ゲームを逆転勝利で飾る!!
【試合内容】
双方にとってこの試合が今季の開幕戦!先攻・フューチャーズ、後攻・King☆Johnnyでプレイボール。1回表、先発榎本は安打と盗塁でピンチを招くも無失点。1回裏、King☆Johnnyは三者凡退に抑えられる。2回表、フューチャーズは一死三塁からエンドランによる内野ゴロの間に1点を先制する。3回・4回は両チームともチャンスを作ることができず。4回まで完全試合で封じ込められていたKing☆Johnnyは5回に怒涛の反撃!5回表、先頭の4番石川が、これぞ4番の打撃だと言わんばかりに、フルカウントから決めにきたストレートを完璧に捕らえ、レフトへ同点となるソロホームラン!!!1対1とする!その後勢いに乗った打線は続く5番佐藤のも四球を皮切りにチャンスを広げ、9番代打平山が押し出し死球で2-1と勝ち越し!1番榎本の打席でワイルドピッチにより1点を追加する。さらに榎本がライト前へ2点タイムリーヒットを放ち5-1。更に3番木下のタイムリー内野安打も飛び出し6-1。この回打者一巡の猛攻で一挙に6点を挙げ逆転に成功する。6回、7回と互いにチャンスは作るも得点には至らず試合はこのまま終了。6対1でKing☆Johnnyが敗戦濃厚から見事な逆転劇で開幕戦白星発進を決めた!
             同点弾を放った 石川選手
【相手チームへ一言】
(King☆Johnny)
(フューチャーズ)
対戦ありがとうございました!是非また機会がございましたら対戦させて下さい!本当にありがとうございました!
また、決勝トーナメントで対戦したいです!