TOP > Victoriaリーグ2部(2017年) > 成績表(Bブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 18 1
2 0 0 1 1 1 1
3 0 1 1 1 2 12
4 0 1 0 0 0 7
-            
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Bブロック星取表
① 漁火
 
7-0
 
 
 
 

11-1
 
 

0-7
   
 
 
 
 
 
 
 
③ AJPBC
 
 
 
 
   
 

1-1
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 

1-11
 
 

1-1
 
 
   
 
⑥ YBC
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ユキム ハイエンド ボーイズ 1 11 漁火 5月21日(八潮北公園)
【本部コメント】
Bブロック上位対決に明暗!漁火が5回コールドの圧勝で首位の座を守る!!
【試合内容】
先攻ユキムハイエンドボーイズ、後攻漁火で試合開始。初回、漁火先発の土屋が相手のクリーンナップにHRを浴び、1点を先制される。しかしその後、2回裏に漁火打線が火をふく。相手のミスもありランナーをためると、9番土屋の3ランHRで一挙6点。その後も8番細畑のツーベースもあり、毎回得点を加えた漁火が5回10点差にて11-1のコールド勝ちを収めた。
             コールド勝利を収めた 漁火ナイン
【相手チームへ一言】
(ユキム ハイエンド ボーイズ)
(漁火)
漁火の皆様、対戦ありがとうございました。
完敗です。また機会がありましたらよろしくお願いします。
ユキムハイエンドボーイズ様ありがとうございました。
また宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ユキム ハイエンド ボーイズ 1 1 AJPBC 5月14日(天王洲公園)
【本部コメント】
両者の今季初戦は痛み分け!互いに決め手を欠き白星を掴めず!!
【試合内容】
先攻ユキムハイエンドボーイズ、後攻AJPBCで試合開始。序盤は1回2回と両チーム3人ずつ倒れる静かな立ち上がり。試合が動いたのは3回表、ユキムハイエンドボーイズは先頭の7番田中が死球で出塁し、さらに牽制悪送球などで1死3塁を作り9番丸山の左中間3塁打で1点を先制する。対するAJPBCは、5回裏2死から3連打で同点に追いつく。最終7回に双方チャンスを作るも決め手を欠き、そのまま1対1の引き分けゲームセット。
【相手チームへ一言】
(ユキム ハイエンド ボーイズ)
(AJPBC)
AJPBCの皆様、この度は対戦ありがとうございました。初戦から緊張感のあるゲームが出来良かったです。また再戦しましょう!
井澤様、この度は対戦、グランド、審判手配有難うございました。
また機会がありましたら対戦お願い申し上げます。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
莫逆ファミーリア 0 7 漁火 4月2日(八潮北公園)
【本部コメント】
莫逆ファミーリア2年ぶりのリベンジならず!漁火が快勝で首位発進!!
【試合内容】
先攻莫逆ファミーリア、後攻漁火で試合開始。
3回まで莫逆ファミーリアの波江田投手の前に漁火打線は完璧に抑えられる。逆に漁火先発の土屋は毎回ピンチを作るもなんとか0点に抑える。
試合が動いたのは4回裏、漁火に打線が繋がり4番中野、7番四方山、8番土屋、1番石川のタイムリーで一挙6点を挙げる。5回にも5番菅野のホームランにて7点差とリードを広げた漁火が逃げ切り漁火の勝ち。
             タイムリーを放った 中野選手
【相手チームへ一言】
(莫逆ファミーリア)
(漁火)
対戦ありがとうございました。
また是非よろしくお願いします!
莫逆ファミーリア様ありがとうございました。
また是非宜しくお願い致します!