TOP > Victoriaリーグ2部(2017年) > 成績表(Fブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 1 1 4 5 11
2 1 0 0 3 5 1
3 1 1 0 3 10 7
4 0 0 1 1 2 2
5 0 1 0 0 0 1
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Fブロック星取表
   
 

2-2
 
 

2-9

1-0
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
③ BONDS

2-2
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5-1
 
 

9-2
 
 
 
 

1-5
   
 
⑥ Sundays

0-1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
マリモーズ 1 5 フェニックス 5月14日(道満グリーンパーク)
【本部コメント】
昨年のリベンジへ好発進!フェニックスが初陣で今季白星!!
【試合内容】
先攻マリモーズ、後攻フェニックスで試合開始。試合が動いたのは2回裏フェニックスの攻撃、1アウト後5番がピッチャー強襲で出塁、パスボール・内野安打で2・3塁のチャンスを作ると、7番がセンターのグラブをギリギリ弾く当たりで先制、2アウト後9番がレフト前ヒットで幸先良く2点先取。3回表マリモーズ、先頭死球で出塁し、その後2アウト3塁になり、1番がショート後方のフライを打ち上げるがショートのグラブをかすめてヒットで1点取り返す。大きく動いたのは4回表フェニックス、連続四球とバントヒットで2アウト満塁のチャンス、ここで3番が走者一掃のセンターオーバーの3塁打で3点を追加。その後は、両者無得点のまま試合終了。5対1でフェニックスの勝利。
             今季初白星を手にした フェニックス
【相手チームへ一言】
(マリモーズ)
(フェニックス)
 
マリモーズ様、この度は、大変お世話になりました。
今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 2 2 BONDS 5月7日(大宮健保)
【本部コメント】
両者一歩も譲らず痛み分け!とん吉は勝ち点を積み上げ首位浮上!!
【試合内容】
BONDS先攻、とん吉後攻で試合開始。試合が動いたのが2回とん吉の攻撃。2アウト1、2塁の場面で8番鈴木が左中間に2点タイムリーを放ち先制する。それ以降お互いにチャンスを作るが、あと1本が出ない展開で試合が進む。しかし6回、試合が動く。とん吉のピッチャーが交代し、四球で先頭が出塁、ボークでランナーを得点圏に進めると、連続エラーでBONDSが2点を返す。最終回はお互いに無得点でゲームセット。2対2の引き分けとなった。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(BONDS)
ゴールデンウィークの中で対戦ありがとうございました。
とん吉の皆様対戦ありがとうございました。グランド、審判手配もありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
マリモーズ 9 2 とん吉 4月30日(大宮健保)
【本部コメント】
昨年のリベンジに燃えるマリモーズが好スタート!5本のHRが飛び出した空中戦を制す!!
【試合内容】
マリモーズ先攻、とん吉後攻で試合開始。試合が動いたのが初回のとん吉の攻撃、2番広山がレフトへのホームランで先制。2回表、マリモーズは連打で一死二三塁のチャンスを作ると、7番田中がレフトへのホームランで逆転に成功。とん吉は4回裏に8番土方がホームランを放ち1点返すが、マリモーズが5回表に水上の適時打で突き放し、6回表には金澤に満塁弾、伊出にもソロホームランが飛び出し試合を決めた。先発日下は8安打を浴びるも、ソロホームラン2本に押さえて完投勝利。
             完投勝利を挙げた 日下投手
【相手チームへ一言】
(マリモーズ)
(とん吉)
とん吉様、対戦ありがとうございました。右打者有利のグランドに助けられました。また宜しくお願い致します。
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 1 0 Sundays 3月12日(秋ヶ瀬公園)
【本部コメント】
新星Sundaysは惜しくもデビュー戦を飾れず。とん吉が緊迫の投手戦を制し白星発進!
【試合内容】
先攻とん吉、後攻Sundaysで9時00分試合開始。初回、とん吉は3番、4番の連続ヒットでチャンスを作るが後続が続かず無得点。序盤は両先発投手によるテンポの良いピッチングの前に互いに大きなチャンスを作れず、0点のまま5回終了。試合が動いたのは6回表、先頭がエラーで出塁すると悪送球の間に2塁へ進塁。続く打者の送りバントが野選で無死1・3塁とすると、続く打者のセカンドフライがエラーを誘い、とん吉が1点を先制する。対するSundaysは最終回に二死2塁の同点チャンスを作るもあと1本が出ず試合終了。1対0でとん吉が勝利し、1時間10分と投手の良さが際立った試合になった。
             開幕戦を白星で飾った とん吉
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(Sundays)
SUNDAYS様対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。
また機会があれば対戦よろしくお願いします。