TOP > Victoriaリーグ2部(2017年) > 成績表(Fブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 12 7
2 2 2 0 6 13 13
3 1 1 1 4 5 11
4 1 1 0 3 10 7
5 0 1 1 1 2 3
6 0 1 0 0 5 6
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Fブロック星取表
   
 

2-2
 
 

2-9

1-0
 
 
   
 
 
 
 
 

5-6
③ BONDS

2-2
 
 
   
 
 
 

0-1
 
 
 
 
 
 
 
5-1

7-6

9-2
 
 
 
 

1-5
   
 
⑥ Sundays

0-1

6-5

1-0

6-7
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ルービン☆リキッド 5 6 Sundays 6月18日(上柴公園)
【本部コメント】
Sundaysがシーソーゲームを制し2位浮上!決勝T進出へ望み繋ぐ!!
【試合内容】
先攻ルービン☆リキッド、後攻Sundaysで試合開始。1回裏、Sundaysは1、2番の連続四球と犠打で1アウト2、3塁のチャンスを作ると、4番星潮の内野ゴロが野選となり先制。さらに次打者の内野ゴロの間に1点を追加し2点リードする。対するルービン☆リキッドも2回表に相手守備エラーで出塁したランナーを1塁に置き、続くバッターの2ランホームランですぐさま同点に追いつく。その後お互いに2点を奪い同点のまま5回裏まで終了。迎えた6回表、ルービン☆リキッドは内野安打と盗塁でチャンスを作ると続くバッターのタイムリーヒットで1点を勝ち越す。しかしその裏、Sundaysも2者が四球を選び1アウト1、2塁のチャンスを作ると2番新井直がレフトへのタイムリーヒットを放ち同点。さらに相手守備の乱れの間に1塁ランナーも生還し逆転に成功する。最終回、ルービン☆リキッドの攻撃は1アウト後に相手エラーにより出塁するも得点に繋げることができず試合終了。6対5でSundaysの勝利。
             同点タイムリーを放った 新井(直)選手
【相手チームへ一言】
(ルービン☆リキッド)
(Sundays)
Sundays皆様方、遠方よりお越し頂きありがとうございました!
また機会ありましたら試合をお願いいたします。
この度はグラウンド、審判手配ありがとうございました。
またぜひ対戦よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Sundays 6 7 フェニックス 6月4日(富士見市運動公園)
【本部コメント】
フェニックスが2連勝で首位奪取!両軍20安打の乱打戦を制す!!
【試合内容】
先攻フェニックス、後攻Sundaysで試合開始。初回、フェニックスは1番小林がツーベースヒット、2番丸山のライト前ヒットでチャンスを作ると、1アウト後に4番鬼沢のレフト前ヒットで1点を先制する。対するSundaysも1番新井直がライト前ヒット、2番岡田の死球でチャンスを作ると、4番梶が2点タイムリーツーベースを放ち早くも逆転に成功する。Sundaysは3回にも2本のツーベースヒットで1点を追加し、2点差で試合は5回裏まで終了。 迎えた6回表、フェニックス4番の鬼沢が四球で出塁すると続く5番福島がセンター前ヒットで続きチャンス広げると、6番八木、7番重野に連続タイムリーツーベースが飛びだし一気に3点追加で逆転に成功する。しかしその裏、Sundaysも8番新井佳がツーベースヒットで出塁し1アウト3塁のチャンスを作る。ここでフェニックスにバッテリーエラーがあり同点。その後内野、外野にフライのエラーが続きSundaysが1点の勝ち越しに成功。最終回、フェニックスの攻撃は1アウト後に1番小林、2番丸山がヒットで出塁すると3番加藤のセンター前ヒットで同点。続く4番鬼沢のスリーベースヒットで2点追加し終盤で再度逆転に成功。Sundaysも最終回に1点を返し2アウトながら満塁のチャンスを作るがあと1本が出ず試合終了。両チームで20本の長短打の乱打線は、7対6でフェニックスの勝利。
             先制&逆転打を放った 鬼沢選手
【相手チームへ一言】
(Sundays)
(フェニックス)
フェニックスの皆様、このたびは対戦ありがとうございました。
終盤の集中打は見事でした。また対戦よろしくお願いします。
Sundaysの皆様、グランド・審判手配ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Sundays 1 0 BONDS 5月28日(富士見運動公園)
【本部コメント】
注目の新星SundaysがVictoria初勝利!接戦を制し上位争いに食い込む!!
【試合内容】
先攻Sundays、後攻BONDSで試合開始。序盤は両チームともヒットや四球で出塁するも両先発投手の好投により無得点のまま3回表まで終了。迎えた3回裏、BONDSは9番の玉城がヒットで出塁すると、次打者の送りバントで3塁まで進む好走塁で1アウト3塁のチャンスを作る。しかし続く2番八木のサードゴロで本塁突入を試みるもタッチアウト。結局この回無得点に終わる。試合が動いたのは4回表、Sundaysは1番佐長がヒットで出塁。その後内野ゴロ、パスボールで1アウト3塁のチャンスを作ると3番岡田のサードゴロの間に1点を先制。対するBONDSも4回、6回、7回とノーアウトで出塁しチャンスを作るも最後まで得点を奪えずこのまま試合終了。ワンチャンスをものにした、Sundaysが1対0で勝利。
             Victoria初勝利を手にした Sundays
【相手チームへ一言】
(Sundays)
(BONDS)
この度は対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
Sundaysの皆様対戦ありがとうございました。グランド、審判の手配ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
マリモーズ 1 5 フェニックス 5月14日(道満グリーンパーク)
【本部コメント】
昨年のリベンジへ好発進!フェニックスが初陣で今季白星!!
【試合内容】
先攻マリモーズ、後攻フェニックスで試合開始。試合が動いたのは2回裏フェニックスの攻撃、1アウト後5番がピッチャー強襲で出塁、パスボール・内野安打で2・3塁のチャンスを作ると、7番がセンターのグラブをギリギリ弾く当たりで先制、2アウト後9番がレフト前ヒットで幸先良く2点先取。3回表マリモーズ、先頭死球で出塁し、その後2アウト3塁になり、1番がショート後方のフライを打ち上げるがショートのグラブをかすめてヒットで1点取り返す。大きく動いたのは4回表フェニックス、連続四球とバントヒットで2アウト満塁のチャンス、ここで3番が走者一掃のセンターオーバーの3塁打で3点を追加。その後は、両者無得点のまま試合終了。5対1でフェニックスの勝利。
             今季初白星を手にした フェニックス
【相手チームへ一言】
(マリモーズ)
(フェニックス)
 
マリモーズ様、この度は、大変お世話になりました。
今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 2 2 BONDS 5月7日(大宮健保)
【本部コメント】
両者一歩も譲らず痛み分け!とん吉は勝ち点を積み上げ首位浮上!!
【試合内容】
BONDS先攻、とん吉後攻で試合開始。試合が動いたのが2回とん吉の攻撃。2アウト1、2塁の場面で8番鈴木が左中間に2点タイムリーを放ち先制する。それ以降お互いにチャンスを作るが、あと1本が出ない展開で試合が進む。しかし6回、試合が動く。とん吉のピッチャーが交代し、四球で先頭が出塁、ボークでランナーを得点圏に進めると、連続エラーでBONDSが2点を返す。最終回はお互いに無得点でゲームセット。2対2の引き分けとなった。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(BONDS)
ゴールデンウィークの中で対戦ありがとうございました。
とん吉の皆様対戦ありがとうございました。グランド、審判手配もありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
マリモーズ 9 2 とん吉 4月30日(大宮健保)
【本部コメント】
昨年のリベンジに燃えるマリモーズが好スタート!5本のHRが飛び出した空中戦を制す!!
【試合内容】
マリモーズ先攻、とん吉後攻で試合開始。試合が動いたのが初回のとん吉の攻撃、2番広山がレフトへのホームランで先制。2回表、マリモーズは連打で一死二三塁のチャンスを作ると、7番田中がレフトへのホームランで逆転に成功。とん吉は4回裏に8番土方がホームランを放ち1点返すが、マリモーズが5回表に水上の適時打で突き放し、6回表には金澤に満塁弾、伊出にもソロホームランが飛び出し試合を決めた。先発日下は8安打を浴びるも、ソロホームラン2本に押さえて完投勝利。
             完投勝利を挙げた 日下投手
【相手チームへ一言】
(マリモーズ)
(とん吉)
とん吉様、対戦ありがとうございました。右打者有利のグランドに助けられました。また宜しくお願い致します。
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 1 0 Sundays 3月12日(秋ヶ瀬公園)
【本部コメント】
新星Sundaysは惜しくもデビュー戦を飾れず。とん吉が緊迫の投手戦を制し白星発進!
【試合内容】
先攻とん吉、後攻Sundaysで9時00分試合開始。初回、とん吉は3番、4番の連続ヒットでチャンスを作るが後続が続かず無得点。序盤は両先発投手によるテンポの良いピッチングの前に互いに大きなチャンスを作れず、0点のまま5回終了。試合が動いたのは6回表、先頭がエラーで出塁すると悪送球の間に2塁へ進塁。続く打者の送りバントが野選で無死1・3塁とすると、続く打者のセカンドフライがエラーを誘い、とん吉が1点を先制する。対するSundaysは最終回に二死2塁の同点チャンスを作るもあと1本が出ず試合終了。1対0でとん吉が勝利し、1時間10分と投手の良さが際立った試合になった。
             開幕戦を白星で飾った とん吉
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(Sundays)
SUNDAYS様対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。
また機会があれば対戦よろしくお願いします。