TOP > Victoriaリーグ1部(2018年) > 成績表(決勝トーナメント)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
※ 各ブロック上位チームが決勝トーナメント進出
ワイルドカード枠 →【順位確定について】
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 3 0 座間市役所 11月4日(多摩川緑地)
湾岸ベースボーイズが三度目の正直!悲願のファイナル進出を決める!!
【試合内容】
湾岸ベースボーイズ先攻、座間市役所後攻で試合開始。2回表、湾岸は4番小向、6番宮島のヒットなどで1死1.3塁のチャンスを作るも後続が倒れ無得点。2回裏、座間市役所は5番高坂がセンター前ヒットで出塁するが無得点。3回表、湾岸は1番増田のレフトオーバーツーベースでチャンスを作るも無得点。4回表、湾岸は2死満塁のチャンスを作るも無得点、座間市役所先発金子の粘りのピッチングが続く。試合が動いたのは5回表、湾岸が増田のセンターオーバー本塁打で1点先制。6回表、湾岸は1死2.3塁のチャンスで8番野入の内野ゴロの間に1点追加。7回表、湾岸増田がこの日3本目の長打となるツーベースで出塁し、2番胡麻の送りバントで1死3塁のチャンスを作る。続く3番藤野が放ったヒット性の当たりを座間市役所セカンド根元がスーパーキャッチするも本塁は間一髪セーフとなり、湾岸が3-0とリードを広げる。7回裏、座間市役所の攻撃は3者凡退となり試合終了。湾岸小山が無四球完封勝利。湾岸ベースボーイズが決勝進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(座間市役所)
対戦いただきありがとうございました!
また今後も宜しくお願い致します!
湾岸ベースボーイズ様、グラウンド、審判の手配ありがとうございました。神宮では、優勝目指して頑張ってください。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 3 2 ダディーズベースボール 11月4日(江戸川河川敷)
スタイガーが春制覇以来5年ぶりの決勝へ!脅威の集中力で逆転勝利!!
【試合内容】
先攻ダディーズ吉川、後攻スタイガー亀山の両先発で試合開始。ダディーズは初回、長谷川の犠飛で1点を先制する。2回にも西田、篠宮の連続ヒットで1.3塁のチャンスとすると、荒木の内野ゴロの間に1点を追加。序盤はダディーズペース。2-0で迎えた3回裏、スタイガー打線が反撃開始。阿部の四球から小川のヒット、柿間の2ベースで1点返し、続く亀山がレフト線に逆転2点タイムリーを放ち、一挙に3点を取り逆転に成功。その後、スタイガー先発投手と吉川からスイッチした長谷川がお互いにランナーを背負いながらも0点に抑え、そのまま試合終了。2対3でスタイガーが逃げ切り勝利!
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(ダディーズベースボール)
ダディーズの選手の皆さん、佐藤様、この度は遠征して頂きありがとうございました。しびれる試合展開疲れました。どちらが勝ってもおかしくないゲーム内容でした。また、対戦する機会が必ずあると思いますので今後ともよろしくお願いいたします。
スタイガーの皆様、小西様、グランド、審判の手配ありがとうございました。決勝戦頑張って下さい。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ダディーズベースボール 3 2 MKY88 10月21日(大宮健保)
予選1位対決は最終回に明暗!ダディーズベースボールが初の4強入り!!
【試合内容】
MKY88先攻、ダディーズ後攻で試合開始。ダディーズ先発の吉川はランナーを背負うも3回までMKY打線を0で抑える。すると3回裏、ダディーズは満塁のチャンスで4番佐藤圭が死球を受け、押し出しで1点を先制する。4回裏、MKY88が反撃開始。ここまで踏ん張ってきた吉川だったが、満塁から押し出し死球で同点とされる。さらに2死満塁から長谷川にスイッチするも押し出し四球を与え、1-2と逆転を許す。しかし6回裏、ダディーズは2死1.3塁のチャンスに1番の平澤がセンター前にタイムリーを放ち2-2の同点とする。最終回、MKY88は2死満塁のチャンスを作るも無失点で終わる。その裏、ダディーズは先頭佐藤圭が四球で出塁すると、西田の送りバントと山崎の内野ゴロの間に3塁まで進み2死3塁。一打サヨナラの場面で瀧澤がセカンド横にゴロを放つ。なんとか追いついたセカンドだったが悪送球となり、ダディーズのサヨナラ勝ち。準決勝へと駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(ダディーズベースボール)
(MKY88)
MKY88の皆様、雨天などでの日程調整ありがとうございました。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 6 2 T-FIVE 10月14日(江戸川河川敷)
阿部が決勝満塁弾!スタイガーが優勝候補を撃破し、2014年以来の4強!!
【試合内容】
T-FIVE先攻、スタイガー後攻で試合開始。初回、T-FIVEはいきなり2番高橋の3ベースでチャンスを作り、3番黒木の内野ゴロの間に1点先取。その裏スタイガーもチャンスを作り、4番知花のタイムリーで1点を返し同点。その後お互いにチャンスを作るも得点までには至らず。再び試合が動いたのは6回表、T-FIVEが待望の1点を勝ち越し。しかしその裏、スタイガーも相手のミスにつけこみ同点に追い付くと、尚も二死満塁のチャンスで阿部が満塁HRを放ち決着。6-2でスタイガーの逆転勝利!
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(T-FIVE)
T-Fiveの選手の皆さん、小宮様 この度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会がありましたらよろしくお願いいたします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 4 5 座間市役所 10月14日(草加工業団地)
座間市役所が劣勢撥ね退け逆転勝利!2年連続の決勝進出まであと1勝!!
【試合内容】
先攻TABOO、後攻座間市役所で試合開始。先制したのはTABOO。1回表、四球で出たランナー2人を4番金井の右中間のタイムリースリーベースで返し2点を先制。続く2回表も相手のエラー、四球で出たランナーを1番田中、6番高野のタイムリーで返し、更に2点追加し4-0。3回裏、座間市役所の攻撃。相手の四死球で満塁にすると、4番前山、5番前田(貴)の内野ゴロの間に2点返し4-2。続く4回裏も高坂の意表をつくセーフティバントでチャンスを作り、1番前田(敬)のタイムリーで4-4の同点に追いつく。6回裏、9番南波、2番根本のヒットと相手のエラーも絡み満塁にし、3番矢作が押し出しの死球を選び逆転。座間市役所は、金子、酒井、矢作の投手リレーでTABOO打線を抑え、座間市役所が準決勝進出を果たした。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(座間市役所)
遠方から来て頂いてありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします!
TABOO様、本日はグラウンド、審判と手配していただきありがとうございました。接戦したゲーム展開で、内容の濃い試合ができました。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 1 2 湾岸ベースボーイズ 9月23日(大宮健保)
藤野が先制打&決勝打!湾岸ベースボーイズが悲願のファイナルへ王手!!
【試合内容】
PIECE先攻、湾岸ベースボーイズ後攻で試合開始。序盤からPIECE柴、湾岸ベースボーイズ小山の投手戦となる。試合が動いたのは4回裏、湾岸は1番増田が死球で出塁し盗塁を決める。続く打者は凡退し1死2塁とすると、3番藤野のレフト前ヒットで1点先制。6回裏、湾岸は2番胡麻のライトオーバースリーベースヒットで1死3塁のチャンスを作り、続く3番藤野のライト前ヒットで1点追加。最終回、PIECEは先頭3番茂木がセンター前ヒットで出塁し、4番高野は四球を選び無死1.2塁のチャンスをつくると2つのゲッツー崩れで1点返す。さらに2死2塁の一打同点のチャンスを作るも、最後の打者は三振で試合終了。PIECE柴、湾岸小山の投手戦は2-1で湾岸が勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(湾岸ベースボーイズ)
対戦ありがとうございました。優勝目指して頑張って下さい。
今後ともよろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました!日程調整、グランド・審判の手配もいただきありがとうございました。また今後も宜しくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 2 3 座間市役所 9月16日(大宮健保)
前田(貴)がサヨナラ打!座間市役所が常勝軍団を下しベスト8進出!!
【試合内容】
先攻RED SOX、後攻座間市役所で試合開始。先制したのは座間市役所。3回裏、1番前田敬太、2番根本の連続安打でチャンスを作ると、3番前田貴光の内野ゴロの間に先制。続く4番前山のレフトへのタイムリーでこの回2点。5回、6回表にRED SOXは相手のエラー、四球でチャンスを作り、6回に2-2の同点に追いつく。7回では、決着が着かずタイブレイクへ。8回表、1アウト、満塁から座間市役所ピッチャー酒井がRED SOX4番板垣を三振、続くバッターも内野ゴロに抑え、無得点。8回裏、1アウト満塁で3番前田貴光がライトへのタイムリーでサヨナラ。座間市役所は金子、酒井のリレーでRED SOX打線を2点に抑え、ベスト8進出を果たした。
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(座間市役所)
座間市役所様、遠方まで遠征頂きありがとうございました。
また練習試合等よろしくお願いいたします。
RED SOX様、グラウンド、審判と手配していただきありがとうございました。本日は緊迫した試合ができありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
T-FIVE 3 2 GOLGO BASEBALL CLUB 9月16日(薬業健保)
注目の新星T-FIVEが8強入り!苦しみながらも全勝優勝へ一歩前進!!
【試合内容】
先攻GOLGO、後攻T-FIVEで試合開始。GOLGOは3回に大山のサードゴロエラーの間に1点を先制する。しかしその裏、T-FIVEは四死球2つでチャンスを作ると、3番打者がスリーベースヒット、さらにエラーが絡んで一挙3点を奪い逆転に成功。追いつきたいGOLGOは5回に中野のタイムリーで1点を返すもここまで。T-FIVEが3-2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(T-FIVE)
(GOLGO BASEBALL CLUB)
 
対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 3 5 スタイガー 9月16日(大宮健保)
まさにビッグイニング!スタイガーが終盤に怒涛の6連打で逆転勝利!!
【試合内容】
スタイガー先攻、吉岡クラブ後攻で試合開始。1回表、吉岡クラブは4番菊地のタイムリーで1点先行すると、2回にも足立のHRで1点追加。更に3回には豊田の2ベースタイムリーで1点追加。完全に吉岡クラブペースで試合が進む。反撃したいスタイガーは、4回までランナーを出すも得点することができなかったが、5回表に反撃に出る。小川のタイムリーを皮切りに亀山の同点タイムリー3ベース、続く小畑、有尾も連続タイムリーが飛び出し、6連打で逆転に成功!そのまま5-3でスタイガーが逃げ切り勝利。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(スタイガー)
 
吉岡クラブの選手の皆様、左右田様、この度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会があると思いますので今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
VICTORYS 1 4 MKY88 9月16日(大宮健保)
代打大木が決勝3ラン!MKY88が4年目にして初の決勝T1回戦突破!!
【試合内容】
先攻MKY、後攻VICTORYSでゲームスタート。MKYは初回連続四球などもありチャンスを作ると、4番越間の打席で相手内野陣のミスを誘い先制。追いつきたいVICTORYSは3回、9番打者のタイムリーで同点に追いつく。その後は両チーム投手がテンポ良く投げ、1-1で迎えた5回MKYの攻撃、1死2,3塁で代打大木のスリーランホームランにより勝ち越しに成功。その後先発中島がVICTORYS打線を抑え、4-1でMKYの勝利。
【相手チームへ一言】
(VICTORYS)
(MKY88)
対戦ありがとうございました。頑張ってください。
VICTORYS様、対戦ありがとうございました。北住様、グラウンド並びに審判の手配までありがとうございました。今後ともお付き合いの程宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ダディーズベースボール 3 1 D'LLERS 9月16日(大宮健保)
吉川、西田のベテランリレー!ダディーズベースボールが3年ぶりの8強入り!!
【試合内容】
ダディーズ先攻、ダラーズ後攻で試合開始。初回2回共に0点で迎えた3回、ダディーズは1番平澤が2アウトからヒットで出塁し盗塁を決めると、2番日景がライト前に落とすタイムリーヒットで1点を先制する。その後、ダディーズ先発の吉川はランナーを背負いながらも粘りの投球を続けたが1点を返される。5回ダディーズは満塁のチャンスに6番篠宮が叩きを決め、長谷川が帰り1点追加。さらに続く佐藤圭も相手の守備のもたつきの間にホームインし3-1とする。5回からマウンドに上がった西田は安打や味方のエラーでランナーを背負うも、こちらも粘りの投球で5回6回を0点に抑え6回を終えた時点で1時間40分を超えて試合終了。ダディーズが3-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ダディーズベースボール)
(D'LLERS)
遠方からの遠征ありがとうございました。
またオープン戦などよろしくお願いします。
ダディーズベースボール様、佐藤様、この度はグランド、審判の手配ありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
三光電気工事株式会社 2 4 湾岸ベースボーイズ 9月9日(多摩川緑地)
昨年の1部覇者が初戦で散る!湾岸が昨年のリベンジを果たし2回戦へ!!
【試合内容】
湾岸ベースボーイズ先攻、三光電気工事株式会社後攻で試合開始。1回表、湾岸は四球などで2死満塁のチャンスを作り、ファーストのエラーで1点先制。1回裏、三光電気は1番市川のヒットと送りバントで1死2塁から3番倉部の左中間ツーベースで同点に追いつく2回表、湾岸は1死3塁で1番増田の内野安打で1点勝ち越すも、その裏三光電気は1死2塁から9番伊与田のファースト強襲ヒットで追いつく。3回表、湾岸は1アウトから5番小向がレフトオーバーのスリーベースヒットで出塁し、6番梶のセンター前ヒットで1点追加。さらに5回表、先頭の2番胡麻が右中間ツーベースで出塁し、3番藤野が送り1死3塁のチャンスを作る。4番宮島は凡退も5番小向のセンター前ヒットで1点追加、4-2とする。6回7回は両投手陣がピンチは作るものの無失点に抑え、4-2で試合終了。湾岸が勝利。
【相手チームへ一言】
(三光電気工事株式会社)
(湾岸ベースボーイズ)
湾岸ベースボールクラブ様、対戦ありがとうございました。
悔しい敗戦でした。今後ともよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました!また、グランド・審判の手配もいただきありがとうございます!また今後もオープン戦等宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 6 4 Sundays 9月9日(大宮健保)
TABOOが序盤の猛攻で逃げ切り勝利!昨年力尽きた1回戦を突破し8強入り!
【試合内容】
先攻TABOO、後攻Sundaysで試合開始。1回表、TABOOは先頭バッター・田中がライトオーバーの3ベースヒットでチャンスを作ると、続く2番・夏目のセンター前ヒットで幸先よく先制する。さらに4番・金井がレフトオーバーの2ランホームラン放ち初回から3点を奪う。2回表にも振り逃げのランナーが盗塁と内野ゴロで進塁し、1番・田中のライト線に落ちるヒットで1点追加。その後も3回表、4回表と1点ずつ追加して6点をリードする。対するSundaysはチャンスを生かせず4回裏まで無得点のまま進んでいたが、5回裏に反撃開始。エラーと四球で出塁したランナーを置き、3番・岡田がレフト線へ3ベースヒットを打ち待望の得点。さらに相手エラーと6番・新井(佳)のタイムリーヒットで追加点を奪い、この回だけで4点を返す。逆転したいSundaysは6回裏も1アウトから四球で出塁するがチャンスを広げることができず無得点。ここで規定時間となりこのまま試合終了。6対4でTABOOの勝利。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(Sundays)
この度は日程調整等ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
TABOOの皆様、この度は日程調整、グラウンド手配等ありがとうございました。また機会がありましたら対戦よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 3 1 ジョルターヘッズ 9月9日(大宮健保)
高野が値千金の逆転タイムリー!PIECEが土壇場の逆転劇で1回戦突破!!
【試合内容】
先攻PIECE斉藤、後攻ジョルターヘッズ生田の両先発で試合開始。試合前半はお互いチャンスを作るも両投手の好投で無得点。最初に得点の場面を迎えたのはジョルターヘッズ、2死2塁からライト前へのヒットで先制かと思われたがライト相原の好返球で本塁で刺し、先制を許さない。試合が動いたのは5回、ジョルターヘッズは赤坂がヒットで出塁すると、大橋が二塁へ送り、入澤が死球を受け一二塁。ここで西濱の打球がショート正面ベース寄りに。ゲッツーかと思いきや、悪送球を呼びジョルターヘッズが1点を先制。PIECEは思わぬ形から均衡を破られてしまう。時間的に最終回となった6回表、PIECEは無死から井上がセンター前ヒットで出塁。茂木が四球で一二塁。ここで高野が右中間へ逆転タイムリースリーベースを放ち逆転に成功。鈴木のレフト前タイムリーも飛び出してこれまで打ちあぐねていた相手投手からヒットを固めて3点を奪う。粘るジョルターヘッズもその裏、代わった横田を攻め、二つの四死球と赤坂のヒットで二死ながら満塁のチャンス。ここで代打柴代に期待がかかるが、横田が三振に斬って取り3-1でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(ジョルターヘッズ)
日程の調整などありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
PIECE様、ご対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。