TOP > Victoriaリーグ1部(2018年) > 成績表(Cブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 1 0 6 15 11
2 2 1 0 6 13 13
3 1 1 0 3 10 7
4 0 0 1 1 3 3
5 0 1 1 1 5 8
6 0 1 0 0 4 8
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Cブロック星取表
   
 

8-3
 

2-4
 
   
 

3-3
 
③ BOOOOON
 
 
   
 

4-8
④ RED SOX

3-8
 
 
 
5-2

5-3
 

3-3
 

2-5
   
⑥ Sundays

4-2
 

8-4

3-5
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ジョルターヘッズ 8 3 RED SOX 6月17日(大宮健保)
【本部コメント】
代打樋口が逆転打!ジョルターヘッズが首位REDSOXを下し3位浮上!!
【試合内容】
REDSOX北川、ジョルターヘッズ大橋両投手の先発で試合開始。序盤は両投手とも好投。試合が動いたのは4回REDSOXの攻撃。山本(裕)が四球を選び盗塁を成功させると、この送球が悪送球となり一死三塁のチャンス。ここで板垣がセンターへタイムリーを放ち先制する。さらに丸橋が死球を受けチャンスにすると、池田が2点タイムリー二塁打を放ち3点をリードする。追うジョルターヘッズは5回、藤松がヒットで出塁すると、小関がタイムリー二塁打を放ち1点を還す。さらに6回、ジョルターヘッズは、西濱、栗原と連続ヒットでチャンスを作る。岩澤が送りバントをすると野選を呼び満塁。ここで生田がレフトへ2点タイムリーを放ち同点に追いつく。さらに藤松が四球を選び満塁とすると、代打樋口がライトへ2点タイムリーヒットを放ち逆転。さらに相手ミスで加点し一挙7点を挙げる。REDSOXも3回途中から替わった大野を攻めるも決め手なし。最終回、井上のヒットと村上の死球でチャンスを作るも、最後は赤坂が締め、8-3でジョルターヘッズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(RED SOX)
REDSOX様、いつも熱い試合をありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Sundays 8 4 BOOOOON 6月10日(富士見市第2)
【本部コメント】
Sundaysが2連勝で2位をキープ!終盤に鮮やかな逆転劇を見せる!!
【試合内容】
先攻Sundays、後攻BOOOOONで試合開始。1回表、Sundaysは2本のヒットで1死1、2塁のチャンスを作ると、4番星、5番梶の連続ヒットで2点を先制する。対するBOOOOONも1回裏にヒットと死球で0死1、2塁のチャンスを作り、3番藤原のライト前ヒットで1点を返す。その後、1死満塁となり6番竹之内がセカンド強襲のタイムリーヒットを放ち、2塁ランナーの好走塁もあり2点追加で逆転。さらに犠牲フライで1点追加し、2点をリードする。2回~4回は互いにチャンスを作るがあと1本が出ず無得点。そして迎えた5回表。Sundaysはヒットと四球で1死1、2塁のチャンスから8番新井(佳)がレフト線に3ベースヒットを放ち、2点追加で同点とする。さらに7回表、1死2、3塁からスクイズで1点を勝ち越すと、3番岡田の内野安打、5番梶の2ベースヒットで3点を追加しリードを4点に広げる。逆転したいBOOOOONも中盤以降、毎回チャンスを作るがあと1本が出ず、初回以降は無得点で試合終了。8対4でSundaysが勝利。
【相手チームへ一言】
(Sundays)
(BOOOOON)
BOOOOONの皆様、この度は対戦ありがとうございました。
オープン戦等、今後ともよろしくお願いします。
新井様、Sundaysの皆様 対戦ありがとうございました。また次の対戦が楽しみです。今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ARUYO東海 2 5 RED SOX 5月20日(大宮健保)
【本部コメント】
REDSOXが2連勝で首位浮上!ARUYOの3年ぶり勝利はお預け!!
【試合内容】
先攻REDSOX、後攻ARUYO東海で試合開始。2回裏、ARUYO東海は2アウトとなるも8番バッターからの4連打で2点を先制。2点を追うREDSOXは4回表、2番井上がセンター前ヒットで出塁すると3番丸橋がセンターオーバーの3ベースで1点を返す。4番が倒れ、続く5番が四球を選び、その後盗塁を決め、1アウト2、3塁。6番村上のセンター前で同点。続く7番、山本裕也がセンターへの犠牲フライでREDSOX逆転。その後、6回表にREDSOXが内野ゴロで1点を追加。最終7回表、2番井上のライトへのホームランで1点を追加する。投げては、先発北川が7回2失点完投、5-2でREDSOXが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ARUYO東海)
(RED SOX)
日程調整ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
本日はグランド手配ありがとうございます。
また、対戦よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
VICTORYS 3 3 ARUYO東海 5月20日(大宮健保)
【本部コメント】
両軍のオープニングゲームはARUYOが土壇場で追いつき痛み分け!!
【試合内容】
後攻のVICTORYSが1回裏に5番桜井、6番田島のタイムリーで2点を先制。対するARUYO東海は2回表、6番大鹿、7番窪寺の連続長打で1点返し、さらに1番合田のタイムリーで同点とする。同点とされたVICTORYSは2回裏、2番村松のタイムリーで勝ち越し。その後試合は両投手が踏ん張り硬直状態に。最終7回表、ARUYO東海は守備の乱れから同点とし、3対3の引き分けとなった。
【相手チームへ一言】
(VICTORYS)
(ARUYO東海)
矢野様、ARUYO東海の皆さま、本日はありがとうございました。
グランド審判手配ありがとうございました。また日程調整も柔軟に対応していただき本当にありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Sundays 4 2 ジョルターヘッズ 5月6日(富士見運動公園)
【本部コメント】
エース田中の好投に打線が奮起!Sundaysが逆転で1部初勝利を飾る!!
【試合内容】
先攻Sundays田中、後攻ジョルターヘッズ大橋の両先発で試合開始。初回Sundaysは岡田にヒットが出るも無得点。その裏、ジョルターヘッズは西濱が絶妙なバントヒットで出塁するも盗塁死でチャンスにならず。2回裏、ジョルターヘッズは相手エラーと藤松のヒットで2死1、3塁のチャンスを作ると、5番樋口の投手強襲ヒットで1点を先制。対するSundaysは4回表に4番星、6番梶、7番新井(佳)の3本の2ベースヒットで2点を返し逆転。さらに続く5回表も佐長がヒットで出塁すると、1死2塁から3番岡田の2ベースヒットで1点追加し点差を2点に広げる。生田にスイッチし逆転したいジョルターヘッズは6回裏、西濱のヒットと送りバントでチャンスを作ると、岩澤の打球がミスを誘い1点差とする。最終回、Sundaysは柳井が二塁打でチャンスを作ると、佐長が叩きを決め貴重な4点目を挙げる。その裏、ジョルターヘッズは小関がヒットで出塁するもここまで。Sundaysが4対2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(Sundays)
(ジョルターヘッズ)
ジョルターヘッズの皆様、この度は対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら対戦よろしくお願いします。
Sundays様、対戦ありがとうございました。またグランド、審判のご手配もありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Sundays 3 5 RED SOX 4月29日(富士見運動公園)
【本部コメント】
常勝軍団REDSOXが白星スタート!今季昇格のSundaysとのシーソーゲームを制す!!
【試合内容】
先攻REDSOX、後攻Sundays。2回表にREDSOXが相手のミスにつけ込み1点を先制するも、その裏すぐにSundaysが2点を取り逆転。4回表REDSOXが山本裕也のツーベスヒットなどで2点を取り逆転する。しかしその裏、Sundaysが1点を取り3対3の同点に追いつく。シーソーゲームの中、6回表REDSOXはワンアウトから1番鈴木がレフト前ヒットで出塁、2番が倒れツーアウト一塁から3番丸橋の右中間を破るタイムリースリベースで勝ち越すと、4番雨宮にもタイムリーが出て5対3とする。試合はその後、5回に先発内山からリリーフした村上がしっかりと抑え5対3でREDSOXが勝利。
【相手チームへ一言】
(Sundays)
(RED SOX)
REDSOXの皆様、この度は対戦ありがとうございました。
オープン戦等、ぜひ今後ともよろしくお願いします!
Sundays新井様。本日はグランド、審判の手配とありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願い致します。