TOP > Victoriaリーグ1部(2018年) > 成績表(Aブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 3 1 0 9 16 9
2 2 0 1 7 10 7
3 2 1 0 6 14 7
4 1 2 1 4 7 12
5 1 2 0 3 13 16
6 1 3 0 3 14 23
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Aブロック星取表
   

3-4

5-2

4-3

4-0
② PIECE
 
   

6-5

2-2

2-0
③ Naughty

4-3
 
   

0-1

10-3

2-5

5-6
 
   

6-5

3-4

2-2

2-0
 
 
1-6
⑥ ADDAXS

0-4

0-2

3-10

5-6

6-1
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Naughty 4 3 吉岡クラブ 7月15日(大宮健保)
【本部コメント】
深井が値千金のサヨナラ打!Naughtyが2連勝を飾りブロック3位へ!!
【試合内容】
Naughty柳田健、吉岡クラブは竹谷の先発でゲームスタート。Naughtyは初回、1番按田がヒットで出塁し盗塁を試みると、捕手の暴投を誘い三塁へ進塁。続く2番齋藤憲の所でエンドランを試みるも失敗となったが相手捕手の暴投で1点を先制。その後はお互い得点圏に走者を溜めるも得点には至らず。再度試合が動いたのは5回。Naughtyは無死満塁とし二者倒れるも押し出しの四球で1点を追加。しかしその裏、ヒットなどでチャンスを作られサードのエラーとヒットで3点を奪われ、吉岡クラブに逆転を許す。Naughtyは最終回、二者倒れ万事休すかと思われたが二死から3番齋藤竣が四球で出塁し、4番山口がポテンヒットで2、3塁のチャンスを作り、打席には5番の深井。最後はこの男が左中間への大きな当たりで二者生還しNaughtyのサヨナラ勝ち。
【相手チームへ一言】
(Naughty)
(吉岡クラブ)
左右田様、吉岡クラブの皆様対戦ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
Naughtyの皆様 緊張感のあるし痺れる試合ありがとうございました!今後も引き続きよろしくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED HILL 6 5 ADDAXS 7月15日(大宮健保)
【本部コメント】
序盤の劣勢を3HRで打ち消す!REDHILLがサヨナラで今季初白星を掴む!!
【試合内容】
先攻ADDAXS、後攻RED HILLで試合開始。初回、RED HILL先頭の石川が2塁打で出塁すると、2番土井が犠牲バントでチャンスを作る。続く3番菊岡のライトフライの間に3塁ランナーがホームを狙うがタッチアウト。続く2回表ADDAXSの攻撃は、5番小川のヒット、7番永木のタイムリースリーベースで先制。続く3回表も9番小谷、2番村井、3番阿部のヒット等で3点を追加。対してRED HILLは4回裏、4番上澤の四球、6番遠藤のホームランで2点を返す。続く5回裏、1番石川のヒット、3番菊岡のホームラン、4番上澤のホームラン等で3点を取り逆転。6回表、ADDAXSは5番小川の四球やエラー等でチャンスを作ると、ピッチャーのボークで同点。しかし、6回裏RED HILLは8番永橋の四球等でチャンスを作ると、最後は2番土井が四球を選びサヨナラ。5-6でRED HILLの勝利。
【相手チームへ一言】
(RED HILL)
(ADDAXS)
猛暑の中の対戦ありがとうございました。また、対戦の機会がありましたらよろしくお願い致します。
猛暑の中、お疲れ様でした。グランド、審判 手配有難うございました。また、宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 4 0 ADDAXS 7月8日(大宮健保)
【本部コメント】
竹谷、菊池の盤石リレー!吉岡クラブが3連勝を飾り首位をキープ!!
【試合内容】
先攻ADDAXS 後攻吉岡クラブで試合開始!吉岡クラブ先発竹谷はランナーを出しながらも6回まで粘りの投球を見せ0点に抑えるすると6回裏、吉岡クラブは満塁のチャンスを作るとヒット四死球等で一挙4点を奪う。7回は菊池に継投し、菊池もADDAXS攻撃を3人で抑え、4対0で吉岡クラブが勝利した。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(ADDAXS)
ADDAXSの選手の皆様、対戦ありがとうございました!
今後も引き続きよろしくお願い致します!
グランド、審判手配等、有難うございました。吉岡クラブさんには、なかなか勝てず、出直しリベンジさせて下さい。有難うございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 6 5 RED HILL 7月8日(大宮健保)
【本部コメント】
柴が見せたエースの意地!PIECEが死闘を制し、貴重な勝ち点3を掴む!!
【試合内容】
1回表、RED HILLは2死三塁のチャンスを作るも無得点に終わる。その裏、PIECEは相手先発投手の乱れで四死球から塁が埋まり、押し出し死球で先制。更にその後、5番斎藤がライト前に落として3点を先制。RED HILLもすぐさまランナー1塁からエンドランで右中間を抜き、1点を返す。更に3回表、PIECEの守備の乱れから連打で追いつき、4回表にRED HILLが1点を勝ち越す。5回裏、PIECEは1死1.3塁から1番坂東のライト前ヒットで追いつく。続く2番石川慎が歩いて満塁とすると、3番本木のゲッツー崩れの間に一気に2者が生還し2点を勝ち越す。RED HILLもタイムリーで1点差と迫るが反撃もここまで。投げては柴が珍しく毎回走者を出し苦しい展開となるも、最後は何とか踏ん張り6-5でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(RED HILL)
石川様、選手の皆様、この度は対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
柴様、グランド・審判の手配ありがとうございました。是非、また対戦いただけますようお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Naughty 10 3 ADDAXS 7月1日(大宮健保)
【本部コメント】
クリンアップが任務を全う!Naughtyが二桁得点を挙げリーグ初白星!!
【試合内容】
先攻ADDAXS、後攻Naughtyで試合開始。初回、ADDAXS先頭の児玉が四球で出塁すると、3番阿部のレフトオーバーで1点を先取。打った阿部はホームを狙うが好返球でホームタッチアウト。1点に留まり攻守交代。その裏、Naughtyは1番按田が左中間へツーベース。2番丸山が四球。3番齋藤竣が左中間へタイムリーツーベースで2点を返し、さらにバッテリーエラー、4番深井のサードゴロの間に齋藤竣が生還。初回裏3点を返す。2.3回と試合は動かず4回裏、Naughtyは内野安打・死球などでチャンスを作り、1番按田の左中間への2点タイムリーツーベースなどでこの回3点。対してADDAXSは5回表、7番小谷、8番永木、9番辻の出塁でツーアウト満塁のチャンスに1番児玉のセンター前ヒットで2点を返す。その裏Naughtyは、四球・死球でチャンスを作り5番井澤の三塁線を破るヒットの間に2点。8番宇内の犠牲フライなどでこの回4点を奪い勝負あり。10-3でNaughtyの勝利。
【相手チームへ一言】
(Naughty)
(ADDAXS)
暑い中、対戦ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
梅雨明けした暑い中、お疲れ様でした。グランド手配・審判員手配 とご面倒お掛けしました。有難うございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 2 0 ADDAXS 6月17日(大宮健保)
【本部コメント】
絶対的エース柴が圧巻の完封劇!PIECEが今季初勝利で2位浮上!!
【試合内容】
先攻ADDAXS、後攻PIECEで試合開始。初回、2回共に両チーム無得点に終わる。試合が動いたのは3回裏。PIECEは9番相原が打撃妨害で出塁すると、1番茂木のライト前ヒット、2番本木のデットボールで満塁のチャンスを作る。3番坂東の犠牲フライで先制。続く4番高野のライト前ヒットで2点先取。対してADDAXSは5回表、6番小川のセンター前ヒットで出塁すると、7番石川の四球とバッテリーエラー等でチャンスを作るものの、後続が倒れ反撃ならず。その後両チームともに得点を奪えず、2-0でPIECEの勝利。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(ADDAXS)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
グランド・審判手配等 ご面倒おかけいたしました。
結果は残念でしたが、次へ繋がる試合ができたかと思います。
ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 1 0 Naughty 6月17日(大宮健保)
【本部コメント】
樋口、鈴木の完封リレー!WILL B.Cがノーヒットで奪った1点を死守!!
【試合内容】
Naughtyは斎藤(愛)、WILLは樋口の先発で試合開始。1回表、Naughtyは3番斎藤(竣)の2塁打でチャンスを作るも無得点。対するWILLも1回裏、四死球で無死満塁のチャンスを作るも後続が倒れて無得点に終わる。試合が動いたのは2回裏、WILLは四球と盗塁で1死2.3塁として9番樋口の内野ゴロの間に1点を先制する。対するNaughtyは4回表、5回表に得点圏へランナーを進めるもあと1本が出ず無得点。WILLも3回以降立ち直ったNaughty先発の斎藤(愛)を打ち崩せず、両チームともにスコアは動かず終盤へ入る。するとWILLは6回表から鈴木がリリーフし最後まで得点を許さず、チーム無安打ながら2投手のリレーでリードを守り切り、1対0でWILLが勝利した。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(Naughty)
斎藤様、チームの皆様対戦ありがとうございました。最後まで緊張感のある素晴らしい試合でした。今後も引き続き、オープン戦など対戦よろしくお願い致します。
高田様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 1 6 ADDAXS 6月3日(大宮健保)
【本部コメント】
新星ADDAXSがリーグ戦白星スタート!WILL B.Cは痛すぎる2敗目!!
【試合内容】
ADDAXSは小川、WILLは樋口の先発で試合開始。初回、2回共に両チームチャンスを作るものの無得点に終わる。試合が動いたのは3回表、ADDAXSは2番小谷がレフト前ヒットで出塁すると、4番宮崎、5番村井の連続タイムリー3塁打と内野ゴロ間の得点で3点を先制。対するWILLは、4回裏に5番浅賀のセカンドエラーで出塁すると、1死3塁から代打高田の内野ゴロ間に1点を返して反撃。しかし6回表、ADDAXSはこの回からリリーフした山重を攻めて、7番石川、8番辻、9番永木の連続ヒットで2点を追加し、7回表にも3番阿部のライト3ベースヒットから、4番宮崎の内野ゴロの間に1点を追加して勝負あり。WILL3投手から11安打を放ったADDAXSが6対1で勝利した。投げてはADDAXS先発小川が7回を完投。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(ADDAXS)
宮崎様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
完敗でしたが、今後ともよろしくお願い致します。
グランド手配・審判手配、ご面倒おかけしました。取り組む姿勢、アップ、選手層の厚さ、とても素晴らしいチームで、勉強になりました。今後も練習試合等、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 4 3 WILL BASEBALL CLUB 5月27日(大宮健保)
【本部コメント】
足立が2試合連続の逆転打!吉岡クラブが開幕2連勝を飾り首位をキープ!!
【試合内容】
吉岡クラブは竹谷、WILLは樋口の先発で試合開始。1回表、WILLは先頭の政(直)がヒットで出塁し、樋田の3塁打で先制する。吉岡クラブは1回裏、先頭の中村が出塁し犠打とヒットで1死1.3塁として、内野ゴロの間に同点に追い付く。追い付かれたWILLは3回表、政(直)がライトへホームランを放ち勝ち越しに成功すると、2死1.2塁から樋田の2打席連続タイムリーで2点のリードを奪う。突き放された吉岡クラブは4回裏、先頭の穂積がセンターへホームランを放ち1点差とすると、5回裏には2死1塁から中村がレフト線へヒットを放ち、処理にもたつく間にランナーがホームインし同点とする。流れを掴んだ吉岡クラブは6回裏、先頭の穂積がヒットで出塁、盗塁への送球が逸れる間に進塁し無死3塁と勝ち越しのチャンスを迎えると、1死後に足立の内野ゴロ間にホームインし勝ち越しに成功。最終回はWILLの攻撃を三者凡退に抑えて、4対3で吉岡クラブが勝利した。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(WILL BASEBALL CLUB)
樋口様 WILLBASEBALLCLUBの皆様 緊迫感のある痺れる試合で楽しかったです!今後も引き続きよろしくお願い致します!
左右田様、チームの皆様対戦および各種手配ありがとうございました。また出直して来ますので挑戦させてください。今度ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 5 2 RED HILL 5月20日(大宮健保)
【本部コメント】
エース菊池の力投に足立が逆転打!吉岡クラブが初陣を白星で飾る!!
【試合内容】
先攻吉岡クラブ、後攻REDHILLで試合開始!吉岡クラブは1回表、1アウト2塁のチャンスを作るが後続が倒れ無得点。REDHILLはその裏、先頭打者がライトオーバーのホームラン放ち1点先制。さらに2回裏にも1点を奪い、序盤を2対0でリードする。追い付きたい吉岡クラブは4回表、相手投手の制球の乱れをきっかけにノーアウト満塁のチャンスを作り、内野ゴロで1点返す。5回表、吉岡クラブは1番中村が出塁し、2番青木がライト前ヒットを放ち同点、5番足立がレフトオーバー三塁打を放ち逆転。6回表に2点を奪う。追い付きたいREDHILLは6回裏にノーアウト満塁のチャンスを作るが、吉岡クラブ先発菊池が0点に抑えると、7回裏も0点に抑え、吉岡クラブが5対2で勝利した!
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(RED HILL)
REDHILLの皆様対戦ありがとうございました!
今後も引き続きよろしくお願い致します!
グランド、審判の手配ありがとうございました。
また対戦の機会がありましたら、よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 2 2 PIECE 4月8日(大宮健保)
【本部コメント】
同い年のエース対決!Aブロック開幕戦は両軍決め手を欠きドロー決着!!
【試合内容】
WILLは樋口、PIECEは柴の先発で試合開始。2回裏、PIECEは2本のヒットで1死2.3塁のチャンスを作ると7番柴のタイムリーと内野ゴロで2点を先制する。追いかけるWILLは4回表、四球とヒットで1死2.3塁として6番井上が2点タイムリーを放ち同点とする。その後はお互いにランナーを出すもののあと一本が出ない状況が続く。7回裏、PIECEは1死満塁とサヨナラのチャンスを作るが、この回からリリーフしていた鈴木が踏ん張り無得点のまま引き分けで試合終了。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(PIECE)
柴様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
最後まで緊張感のある素晴らしい試合でした。
今後ともオープン戦など対戦よろしくお願い致します。
樋口様、選手の皆様、この度は対戦ありがとうございました。
試合中の雰囲気作りなど毎度のことながら勉強させて頂きます。
また対戦できるのを楽しみにしています!