TOP > Victoriaリーグ1部(2018年) > 成績表(Eブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 1 0 6 10 11
2 1 1 1 4 14 8
3 1 2 1 4 18 16
4 1 0 0 3 6 0
5 1 1 0 3 8 13
6 1 2 0 3 6 14
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Eブロック星取表
 
0-7

3-5
 

3-2
 

7-0
   

3-4

4-4
 

5-3
 
   

3-10
 
 

4-3
 
 
6-2

0-6

2-3

4-4

10-3

2-6
   
⑥ T-FIVE
 
 
 

6-0
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
サンデーマリナーズ 3 2 Tommys baseballclub 6月17日(夢の島球場)
【本部コメント】
サンデーマリナーズが意地の初勝利!佐々木が逆転打を放ちチームを救う!!
【試合内容】
初回、サンデーマリナーズは3番松岡がレフトオーバーを打つも本塁でタッチアウトになり先制できず。ゲームが動いたのは4回裏、Tommysはクリーンアップが連続2ベースを放ち2点を先制する。しかし5回表、サンデーマリナーズは先頭の5番佐々木が3ベースを放つと、1死3塁で7番星野が左中間を破るホームランを放ち同点に追いつく。6回表、先頭の1番石橋が死球で出塁すると、送りバントと四球を挟み2死1、2塁。ここで5番佐々木が三遊間を抜けるヒットを放ち、2塁ランナーが生還して逆転。サンデーマリナーズが3-2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(サンデーマリナーズ)
(Tommys baseballclub)
この度は対戦・遠征ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 0 6 T-FIVE 6月3日(大宮健保)
【本部コメント】
T-FIVEが白星発進!好調湾岸ベースボーイズを完封で下し好スタート!!
【試合内容】
先攻T-Five、後攻湾岸ベースボーイズで試合開始。1回表T-Fiveは死球で出塁したランナーを2塁に進め、センター前ヒットで1点先制。さらにT-Fiveは2回表、木原のスリーランホームランで3点、3回表2死2塁からレフト前ヒットで1点、4回表湾岸の守備の乱れで1点追加し、6-0とリードする。対する湾岸は最終回チャンスを作るも無得点。先発田中→酒寄のリレーで見事に0点に抑え、T-Fiveが6-0で勝利。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(T-FIVE)
T-Five様、対戦ありがとうございました!
完敗でした!また今後も宜しくお願い致します。
グランド確保、日程調整等ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
サンデーマリナーズ 0 7 青木製作所Snugs 6月3日(夢の島野球場)
【本部コメント】
有川-中山の完封リレー!青木製作所Snugsが快勝でブロック2位へ浮上!!
【試合内容】
先攻Snugsは有川投手、後攻サンデーマリナーズは佐々木投手の先発マウンドで試合はスタート。先制したのはSnugs、2回表に四死球などで出たランナーがパスボールの間に還り1点先制。更に4回表にSnugsは、一死から5番向がヒットで出塁すると、進塁打などで進塁し、8番有川が左越えの適時三塁打を放ち1点追加。5回表にSnugsは、無死から3連続四死球で満塁とすると、3番有賀が満塁本塁打を放つ。更に1点追加し7-0と突き放す。投げては先発有川が、サンデーマリナーズ打線を4イニングを被安打2本の無失点に抑え、最終回中山に継投する。中山は最終回をランナー出すが要所を三振で切り抜け、時間切れにより5回試合終了でSnugsの勝利。
【相手チームへ一言】
(サンデーマリナーズ)
(青木製作所Snugs)
遠征ありがとうございました。
また、機会がありましたら練習試合等よろしくお願いします。
西村様、川原様、チームの皆様この度は対戦ありがとうございました。審判とグランドの手配もありがとうございます!また今後ともご交流のほど宜しくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
青木製作所Snugs 4 4 Tommys baseballclub 5月20日(大宮健保)
【本部コメント】
両軍一歩も引かず白熱のシーソーゲームに!神奈川の雄対決はドロー決着!!
【試合内容】
先攻Snugsは有川投手、後攻Tommysは安本投手の先発マウンドで試合はスタート。初回Snugsは安本投手の前に三者連続三振に倒れると、その裏Tommysは三浦が左前二塁打で出塁し、その後3番関の左方向三塁打により2点先制。2回の表Snugsは4番山口(翔)が四球を選ぶと、5番横山が特大の2点本塁打を放ち2-2の同点にする。更にSnugsは4回表に6番小畑、7番石橋の連打でチャンスメイクすると、8番千葉が適時打を放ち3-2と逆転する。しかしその裏Tommysは、5番富山の内野安打を皮切りに何とか繋ぎ、ゲッツー崩れの間に1点入り同点となる。5回、相手への死球、左中間への安打を許しピンチを迎えるも、バッテリーが無失点に抑える。Tommysは5回裏にも再び1番三浦が先頭左前安打で出塁。その後関の左前安打で1点取り4-3と逆転する。最終回Snugsは3番有賀の適時打で4-4の同点とする。その裏Tommysは一発出ればサヨナラの場面を作るも有川投手が抑え、4-4の引き分けで試合終了。
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(Tommys baseballclub)
富山様、チームの皆様、この度は対戦ありがとうございました。
一進一退の手に汗握る展開でしたね。また熱い試合しましょう。
今後とも宜しくお願いします。
有川様、スナッグスの皆様対戦ありがとうございました!いつも熱い試合をありがとうございます!今後とも宜しくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 4 3 青木製作所Snugs 5月13日(大宮健保)
【本部コメント】
齋がサヨナラ打!湾岸ベースボーイズが接戦を逆転で制し2連勝!!
【試合内容】
先攻の青木製作所Snugsの先発は有川、後攻の湾岸ベースボーイズの先発は近藤でプレイボール。2回表、Snugsは1死1.3塁のチャンスで9番有川の内野安打で1点先制。さらに2死満塁から3番有賀のセンター前ヒットで2点追加し3-0とリードする。追う湾岸は4回裏、3回から変わった投手を攻め1死1.3塁とすると5番宮島の内野ゴロの間に1点、6番齋のレフト前ヒットで1点返す。さらに5回裏、湾岸は2塁ランナーが飛び出すもSnugsの守備が乱れランナーが一気に生還し同点に追い付く。最終回となった6回、Snugsは1死満塁のチャンスを作るも連続三振で無得点。裏の攻撃、1死2塁から6番齋の右中間を破るタイムリーヒットでサヨナラ決着。5回から登板の湾岸松岡が2回で5奪三振を奪う好投。湾岸ベースボーイズが4-3で勝利。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(青木製作所Snugs)
青木製作所Snugs様、対戦ありがとうございました!天気の良い時にまた対戦させていただきたいです。今後とも宜しくお願い致します!
宮島様、チームの皆様、この度は対戦誠にありがとうございました。また、審判とグランドの手配もありがとうございます!今後とも宜しくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Tropicana 3 10 Tommys baseballclub 5月13日(石神井公園A)
【本部コメント】
Tommys bcがリーグ1勝目!2HR含む10得点でTropicanaを圧倒!!
【試合内容】
先攻トロピカーナ、後攻トミーズで試合開始。初回トミーズは4番富山のツーランホームランで先制する。3回にもトミーズが9番堀井のヒットを皮切りに、2番吉沢のツーランホームラン、8番清水の2点タイムリーなどで5点を追加する。4回にトロピカーナが6番西選手のヒットなどで満塁のチャンスを作ると、8番岡崎選手のタイムリーヒットで1点を返す。その裏、トミーズは1番黒木の四球をきっかけに、内野ゴロと相手のミスの間に3点を追加。5回にトロピカーナは内野ゴロの間と6番西選手のタイムリーなどで2点を返す。この回で時間切れとなりトミーズが10-3で勝利した。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(Tommys baseballclub)
富山様、チームの皆様ありがとうございました。本日の試合に関しては完敗に等しい試合内容でした。次回、リベンジさせて頂きます。今後とも宜しくお願い致します。
松下様、チームの皆様この度は対戦ありがとうございました。グランド及び審判様の手配ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Tropicana 5 3 サンデーマリナーズ 4月29日(亀戸球場)
【本部コメント】
岡崎の粘投に打線が応える!Tropicanaが初陣を逆転勝利で飾る!!
【試合内容】
サンデーマリナーズ奥平、Tropicana岡崎の先発で試合開始。3回まで両投手の好投で0行進が続く。試合が動いたのは4回裏、サンデーマリナーズ1番石橋がショート強襲のヒットで出塁し進塁した後、4番稲村のサードゴロの間にサンデーマリナーズが先制。5番佐々木のライト線に落ちるヒットで2点目を奪う。追いつきたいTropicanaは5回表に6番渡辺の死球での出塁をきっかけにランナーを貯め、パスボールの間に1点返す。その後1番三ツ俣のセンター前ヒット、2番船田のセンターオーバーのヒットで逆転し、尚も3番池田のタイムリーヒットで5点目を奪う。最終回にサンデーマリナーズは1点返すも岡崎が踏ん張り、5-3でTropicanaの勝利。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(サンデーマリナーズ)
西村様、チームの皆様ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。
松下さま、グラウンド及び審判の手配等ありがとうございました。楽しく対戦させて頂きました。また、練習試合等よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 6 2 Tommys baseballclub 4月8日(大宮健保)
【本部コメント】
増田・宮島の投手リレーに4番松岡の決勝打!湾岸ベースボーイズが白星発進!!
【試合内容】
Tommys baseballclubは佐藤、湾岸ベースボーイズは増田の先発で試合開始。1回裏、湾岸は1番島田の先頭打者ホームランで1点先制。3回裏、湾岸は2死1.2塁のチャンスで4番松岡の右中間タイムリースリーベースで2点追加。追いかけるTommysは5回表、2死1.3塁から2番小鹿のライト前ヒットで1点取り返す。5回裏、湾岸は無死2塁から島田の左中間ツーベースで1点、1死1.2塁から松岡のライト前ヒットで1点、1死1.3塁からダブルスチールで1点、この回合計3得点。6回表、Tommysは無死満塁で7番清水の犠牲フライで1点返す。最終回は両チーム無得点となり、6-2で湾岸が勝利。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(Tommys baseballclub)
Tommys baseballclub様、対戦ありがとうございました。
またオープン戦、等宜しくお願い致します!
湾岸様 対戦ありがとうございました。
今後ともオープン戦等引き続き宜しくお願い致します。