TOP > Victoriaリーグ1部(2018年) > 成績表(Dブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 1 0 6 17 11
2 1 0 0 3 10 0
3 1 0 0 3 9 5
4 0 1 0 0 1 2
5 0 1 0 0 1 10
6 0 1 0 0 0 10
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Dブロック星取表
① BUZZ
   
 
 
 

0-10
② River9
 
   
 

1-10
 
 
 
   

1-2
 
 
 
 
 
9-5
 
⑤ D'LLERS
 

10-1

2-1

5-9
   

10-0
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
三光電気工事株式会社 10 0 BUZZ 4月22日(多摩川緑地)
【本部コメント】
エース松下が圧巻の完封勝利!1部王者・三光電気工事が最高のスタートを切る!!
【試合内容】
先攻BUZZ佐野、後攻三光電気工事株式会社松下の各先発で試合開始。1回裏、三光電気工事は1番今のライト前ヒット、四球、暴投でノーアウト2、3塁から3番松下のたたきで先制。さらに1アウト1、3塁から5番篠澤のたたきで2点目。2回裏、三光電気工事は四球後投手交代したBUZZ松永から、7番斉藤のヒットと四死球でノーアウト満塁。1番今のショートゴロが悪送球となり2点追加。その後1アウト2、3塁から3番松下のたたきで3点目。さらに4番小林の左翼越えタイムリーでこの回4点を追加。4回裏、三光電気工事は1番今のライト前。盗塁などで1アウト3塁。3番松下のタイムリー。4番小林のレフトオーバーなどでこの回4点。10対0でコールドゲーム成立。BUZZ先発松下は2安打8三振と安定した投球で完封勝利。
【相手チームへ一言】
(三光電気工事株式会社)
(BUZZ)
BUZZ様、遠くまでお越しいただきありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
三光電気工事株式会社様、グランド、審判の手配ありがとうございました。完敗です。下手な試合の後で言い難いのですがまた機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
River9 1 10 D'LLERS 4月8日(天王洲公園)
【本部コメント】
若武者打線爆発!D'LLERSが2週連続の勝利でブロック首位に浮上!!
【試合内容】
先攻River9、後攻D'LLERSで試合スタート。試合が動いたのは1回裏、D'LLERSはヒットやエラーでチャンスを作り、一挙4点を先制する。River9も4回表にソロホームランで1点返すも、D'LLERS先発の渡辺が最小失点で抑える。その裏D'LLERSは山内、守田などの長打もあり5点追加。5回にも1点を追加したD'LLERSが10対1と完勝した。先発の渡辺は6回を投げきり1点は失うもののテンポのいい投球で要所をしめゲームを作った。守備の流れのまま打線も勢いづきビックイニングを作ることができた。
【相手チームへ一言】
(River9)
(D'LLERS)
ありがとうございました。
相澤様、River9の皆様対戦ありがとうございました。
またグランド、審判等の手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ドナルドダック 1 2 D'LLERS 4月1日(大井埠頭海浜公園)
【本部コメント】
ファイナリスト対決はD'LLERSに軍配!強豪ドナルドを撃破し最高峰リーグ1勝目!!
【試合内容】
先攻東京ドナルドダック、後攻D’LLERS。D’LLERS先発は矢部。初回を0点に抑える。その裏、先頭須田が出塁し1死2塁の形を作るが、3番矢部がサードゴロを打ちランナーが入れ替わり2死2塁となる。4番渡辺がサード強襲ヒットを放ち、2死1.3塁の形を作ると5番守田がレフト前へタイムリーを打ち、D’LLERSが先制する。2回表、D’LLERSは先発矢部から渡辺へスイッチ。3回裏に先頭1番須田が出塁し、2死3塁の形を作ると4番渡辺がレフトへタイムリーヒットを放ち追加点を得る。一方守りでは2番手渡辺が5回までランナーを許しながらも得点を与えない。6回表に1点を与えるもの粘りのピッチングを見せゲームセット。D’LLERSがリーグ戦初勝利を飾った。
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(D'LLERS)
対戦ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
東京ドナルドダック田村様、本日はありがとうございました。
改めてグランド、審判の手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 9 5 D'LLERS 3月25日(篠崎公園A)
【本部コメント】
スタイガーがシーソーゲームを制す!昨年無敗の2部王者に土をつける!!
【試合内容】
スタイガー亀山、D'LLERS渡辺の先発で試合開始。初回、いきなり亀山、山本、阿部、柿間の連打でスタイガーが3点先取。D'LLERSもすかさず初回から2点を取り返す。3回表、スタイガーは相手のミスで1点追加。3回裏、D'LLERSは亀山が立ち直る前に反撃、松田のタイムリーなどで3点を取り逆転に成功!終盤5回表、スタイガー知花のタイムリーなどで逆転する。6回表にも2点、7回表にはダメ押しの1点を追加して勝負あり。シーソーゲームをスタイガーが勝利!
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(D'LLERS)
矢部様、選手の皆様この度は対戦ありがとうございました。
取って取られてのお互いしんどいゲームでした。
今後ともお付き合いよろしくお願いいたします。
スタイガー 小西様、グランド、審判の手配ありがとうございました。
また機会があればよろしくお願いいたします。