草野球大会Victoria|Victoriaリーグ1部(2018年):成績表(Dブロック)
TOP > Victoriaリーグ1部(2018年) > 成績表(Dブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 3 0 1 10 23 14
2 3 0 0 9 20 4
3 3 1 0 9 21 14
4 2 3 0 6 23 26
5 1 3 1 4 16 18
6 0 5 0 -3 4 31
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Dブロック星取表
① BUZZ
 
5-0

9-5

6-7

3-4

0-10
② River9

0-5
 
1-5

2-6

1-10

0-5

5-9

5-1
 
1-1

1-2

4-5

7-6

6-2

1-1
 
9-5
 
⑤ D'LLERS

4-3

10-1

2-1

5-9
   

10-0

5-0

5-4
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
D'LLERS 4 3 BUZZ 7月22日(流山運動公園)
【本部コメント】
大黒柱矢部が投打で大活躍!D'LLERSが3勝目を飾り、勝負の最終戦へ!!
【試合内容】
先攻BUZZ林、後攻ダラーズ矢部の各先発で試合開始。ダラーズ先発の矢部は初回、先頭に四球を与えると次打者にはエンドランを決められ無死1,3塁のピンチを招くが、後続を内野フライとダブルプレーに仕留め無失点で切り抜ける。するとその裏、1番須田、2番熊谷をランナーに起き、3番矢部がレフトスタンドへの3ランホームランを放ち3点を先制する。2回表にBUZZは失策と犠打で1死3塁を菊地中堅前に落とし1点を還すが、その後併殺で1点止まり。4回表は林、5回表は高山の各ホームランでそれぞれ1点ずつ追加して同点に追い付く。一方ダラーズ打線は2,3,4回とあと1本が出ず追加点を挙げられないでいたが、同点に追い付かれた5回裏、1死後1番須田がライトの頭上を越す3塁打を放ち1死3塁とすると、2番熊谷の内野ゴロの間に待望の追加点を挙げ勝ち越しに成功する。その後の6,7回とBUZZの強力打線を掻い潜り、この1点を守りきったダラーズが4-3で勝利。ダラーズ先発の矢部は四球や味方エラーなどで常にランナーを背負う苦しい投球となったが、ピンチで1本を与えず、2つのダブルプレーを成功させるなど運にも恵まれ、最小失点で切り抜けてきたのが結果的に勝利に繋がった。
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(BUZZ)
BUZZ様 遠方よりお越しいただきありがとうございました。
また機会があればよろしくお願い致します。
D’LLERSの皆さん緊張感のある試合ありがとうございました。また、グランド・審判の手配もありがとうございました。やっと追いついたのに力至らず残念です。また機会ありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 6 2 River9 7月22日(江戸川河川敷)
【本部コメント】
決勝Tは3強に絞られる!好調スタイガーが4戦負け無しで首位キープ!!
【試合内容】
先攻River9、後攻スタイガーで試合開始。1回裏、スタイガーが阿部の本塁打で先制。2回表、R9は4番からの3連打で逆転。その後両投手が安定した投球を見せるも、4回裏にスタイガーはこの回から変わった川九から、4つの四球と亀山の逆転のタイムリーで4点を奪い逆転に成功。さらにスタイガーは5回にも追加点を挙げ、そのまま試合終了。2対6でスタイガーが勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(River9)
9の選手の皆さん、相澤様、この度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会があると思いますのでよろしくお願いいたします。
色々対応ありがとうございました!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
三光電気工事株式会社 5 0 River9 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、River9の不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
三光電気工事株式会社 5 4 東京ドナルドダック 7月15日(多摩川緑地)
【本部コメント】
昨年の最高峰決勝カードの再戦!またしても1点差で三光電気に軍配!!
【試合内容】
先攻ドナルドダックは西尾、後攻三光電気工事は吉崎の先発で試合が始まる。2回裏、三光電気工事は6番倉部のレフトオーバーのホームランで1点先制。さらに4回裏、7番小山のタイムリーと1、3塁から相手エラーで2点追加。対するドナルドダックは、毎回ランナーを出すも得点出来ず、試合が進んでいく。5回表、ドナルドダックはヒットとエラーでツーアウト満塁のチャンスを作ると、3番打者の走者一掃のツーベースで3点を返し同点とする。さらに最終回7回表、ドナルドダックは2アウト2塁から再び3番打者のタイムリーで1点を勝ち越すが、その裏、三光電気工事は四球、ヒットなどで1アウト2、3塁とすると、2番高橋がサヨナラ2点タイムリー。5-4で三光電気工事が勝利した。
【相手チームへ一言】
(三光電気工事株式会社)
(東京ドナルドダック)
東京ドナルドダック様、暑い中、ありがとうございました。
神宮での対戦同様、厳しい試合でした。
またの機会がありましたらよろしくお願いいたします。
柴垣様、日程調整等、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ドナルドダック 5 9 BUZZ 7月1日(大宮健保)
【本部コメント】
BUZZが4点ビハインドからの逆転勝利!2連勝で勝率をタイに戻す!!
【試合内容】
先攻BUZZ松永、後攻東京ドナルドダック根岸の各先発で試合が始まる。1.2回共に得点機を作るが無得点。試合が動いたのは3回裏、ドナルドダックは1死1.3塁で並木の右安打2点先制、2死後菊谷の左安打で3点目。さらに4回裏1死、高木3塁打を1ゴロで1点追加。対するBUZZは5回表、松永の中飛球を落球、送球が逸れ1得点。尚も丸山2塁打、佐藤中安打で無死1.3塁とすると3ゴロで1点、吉村中安打で1.3塁とし高山左安打で1点。1死1.2塁で松丸の中越え逆転3点本塁打。続いて2死後内田内安打と失策で1.2塁、丸山中安打で1点追加しこの回一挙7点。6回は1死から吉村が失策で出塁、高山の2塁打で1点追加し、尚も1.3塁で飯吉の犠飛で1点追加。東京ドナルドダックはその裏桝本の左越え本塁打で1点を還すが反撃もここまで。6回時間切れ、9-5でBUZZ逆転勝利。
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(BUZZ)
日程調整、ありがとうございました。
また、対戦の機会がありましたら、よろしくお願いします。
東京ドナルドダックの皆さま対戦ありがとうございました。また、審判・グランドの手配もありがとうございました。強風に翻弄された難しい試合でした。今後ともお付き合いよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
River9 1 5 東京ドナルドダック 7月1日(大宮健保)
【本部コメント】
ドナルドダックがリーグ初勝利!2本のアーチで崖っぷちのRiver9を下す!!
【試合内容】
先攻River9は井上、後攻ドナルドダックは西尾の先発で始まる。1回裏、ドナルドダックは先頭打者ホームランとタイムリーで2点を先制する。2回裏にもツーアウトから四球でランナーを出すと、ライトオーバーのホームランで2点を追加する。3回表にRiver9が連打で1点を返すも、4回裏にドナルドダックも1点を返す。最終回、River9が連打で1点返し、なおチャンスを迎えるも、時間切れで6回終了スコアで終了。5対1でドナルドダックの勝利。
【相手チームへ一言】
(River9)
(東京ドナルドダック)
ありがとうございました!
対戦ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
River9 0 5 BUZZ 6月24日(天王洲公園)
【本部コメント】
BUZZが待望の今季初勝利!決勝T進出へ首の皮一枚繋がる!!
【試合内容】
先攻BUZZ林、後攻River9井上の各先発でスタート。1回表、BUZZは吉村内安打と四球で2死1.2塁の先制機に後続が倒れ無得点。その裏、R9も川島、笹隈の連打で1死1.2塁の好機も無得点。2回裏、2死から相沢2塁打も得点できず、1.2回両者共に走者を出すがあと1本が出ず無得点。3回表、BUZZは2死から失策と四球で1.2塁、内田左中間を破る2塁打で1点先制。なおも2.3塁で石黒右翼へ適時打、内田の好走塁で2点追加。7回表、BUZZは2死から内田安打出塁を石黒2塁打で還し1点追加、暴投で3進後松永内ゴロを送球ミスの間に生還。3回裏先制後、林は死球と岡崎の安打で1死1.2塁River9の反撃を凌いだ。その後4~6回は走者を許さず、7回裏尾崎、相沢の連打で1死1.3塁とされるが後続を抑え5−0の完封勝ち。
【相手チームへ一言】
(River9)
(BUZZ)
スムーズな対応ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします!
River9の皆さま対戦ありがとうございました。また、審判・グランドの手配もありがとうございました。スコア以上に拮抗した内容で緊張感のある試合でした。今後もお付き合いよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 1 1 東京ドナルドダック 6月17日(江戸川区球場)
【本部コメント】
引き分けもスタイガーが首位浮上!昨年準Vのドナルドは初勝利ならず!!
【試合内容】
先攻スタイガーの先発は目代、後攻ドナルドダックの先発は西尾で始まる。立ち上がり両投手ともに素晴らしい立ち上がり、3回までお互いランナーを出すも、無得点で試合が進む。ゲームが動いたのは4回裏、ドナルドダックは児嶋がヒットで出塁し2盗3盗を決め、ツーアウト3塁から菊谷のタイムリーで待望の1点を先制する。時間的に最終回になった6回表、西尾投手がここにきて制球が定まらず、4つの四球でスタイガーが同点に追いつく。その裏、ドナルドダックは先頭が出塁するも、後続が押さえられて、1対1の引き分けで試合終了。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(東京ドナルドダック)
田村様、ドナルドの選手の皆様対戦ありがとうございました。
また、対戦出来る日を楽しみにしてます。
対戦ありがとうございました。毎回、緊張感のある試合になりますね。今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 7 6 BUZZ 4月29日(江戸川河川敷)
【本部コメント】
スタイガーがブロック2位浮上!序盤の劣勢撥ね退けサヨナラで2勝目を飾る!!
【試合内容】
先攻BUZZ林、後攻スタイガー目代の各先発で試合開始。BUZZは1回表、林の本塁打を含む3長短打と失策が絡み5点先行。その後スタイガーも3回裏に亀山の右2塁打から知花の左適時打で1点返すと、5回裏には1死から亀山中越え本塁打、失策出塁の走者を置いて柿間左越え2点本塁打、更に知花の左3塁打が中継ミスとなり1点、この回一挙に4点を返し同点に追いつく。6回表、BUZZは飯吉の中越え本塁打で再び1点勝ち越し。7回裏スタイガーの最終回、小川の右前安打を右翼手がもたつく間に再び追いつき、最後は中村の3ゴロで本塁封殺を狙った送球を捕手がお手玉してスタイガーのサヨナラ再逆転勝利!
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(BUZZ)
冨田様、BUZZの選手の皆様この度は対戦ありがとうございました。緊張感のある試合でした。また、対戦する機会があると思いますのでよろしくお願いいたします。
小西様、スタイガーの選手の皆さま対戦ありがとうございました。またグランド、審判の手配もありがとうございました。力不足を実感した試合になり残念です。今後ともお付き合いよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
三光電気工事株式会社 10 0 BUZZ 4月22日(多摩川緑地)
【本部コメント】
エース松下が圧巻の完封勝利!1部王者・三光電気工事が最高のスタートを切る!!
【試合内容】
先攻BUZZ佐野、後攻三光電気工事株式会社松下の各先発で試合開始。1回裏、三光電気工事は1番今のライト前ヒット、四球、暴投でノーアウト2、3塁から3番松下のたたきで先制。さらに1アウト1、3塁から5番篠澤のたたきで2点目。2回裏、三光電気工事は四球後投手交代したBUZZ松永から、7番斉藤のヒットと四死球でノーアウト満塁。1番今のショートゴロが悪送球となり2点追加。その後1アウト2、3塁から3番松下のたたきで3点目。さらに4番小林の左翼越えタイムリーでこの回4点を追加。4回裏、三光電気工事は1番今のライト前。盗塁などで1アウト3塁。3番松下のタイムリー。4番小林のレフトオーバーなどでこの回4点。10対0でコールドゲーム成立。BUZZ先発松下は2安打8三振と安定した投球で完封勝利。
【相手チームへ一言】
(三光電気工事株式会社)
(BUZZ)
BUZZ様、遠くまでお越しいただきありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
三光電気工事株式会社様、グランド、審判の手配ありがとうございました。完敗です。下手な試合の後で言い難いのですがまた機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
River9 1 10 D'LLERS 4月8日(天王洲公園)
【本部コメント】
若武者打線爆発!D'LLERSが2週連続の勝利でブロック首位に浮上!!
【試合内容】
先攻River9、後攻D'LLERSで試合スタート。試合が動いたのは1回裏、D'LLERSはヒットやエラーでチャンスを作り、一挙4点を先制する。River9も4回表にソロホームランで1点返すも、D'LLERS先発の渡辺が最小失点で抑える。その裏D'LLERSは山内、守田などの長打もあり5点追加。5回にも1点を追加したD'LLERSが10対1と完勝した。先発の渡辺は6回を投げきり1点は失うもののテンポのいい投球で要所をしめゲームを作った。守備の流れのまま打線も勢いづきビックイニングを作ることができた。
【相手チームへ一言】
(River9)
(D'LLERS)
ありがとうございました。
相澤様、River9の皆様対戦ありがとうございました。
またグランド、審判等の手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ドナルドダック 1 2 D'LLERS 4月1日(大井埠頭海浜公園)
【本部コメント】
ファイナリスト対決はD'LLERSに軍配!強豪ドナルドを撃破し最高峰リーグ1勝目!!
【試合内容】
先攻東京ドナルドダック、後攻D’LLERS。D’LLERS先発は矢部。初回を0点に抑える。その裏、先頭須田が出塁し1死2塁の形を作るが、3番矢部がサードゴロを打ちランナーが入れ替わり2死2塁となる。4番渡辺がサード強襲ヒットを放ち、2死1.3塁の形を作ると5番守田がレフト前へタイムリーを打ち、D’LLERSが先制する。2回表、D’LLERSは先発矢部から渡辺へスイッチ。3回裏に先頭1番須田が出塁し、2死3塁の形を作ると4番渡辺がレフトへタイムリーヒットを放ち追加点を得る。一方守りでは2番手渡辺が5回までランナーを許しながらも得点を与えない。6回表に1点を与えるもの粘りのピッチングを見せゲームセット。D’LLERSがリーグ戦初勝利を飾った。
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(D'LLERS)
対戦ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
東京ドナルドダック田村様、本日はありがとうございました。
改めてグランド、審判の手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 9 5 D'LLERS 3月25日(篠崎公園A)
【本部コメント】
スタイガーがシーソーゲームを制す!昨年無敗の2部王者に土をつける!!
【試合内容】
スタイガー亀山、D'LLERS渡辺の先発で試合開始。初回、いきなり亀山、山本、阿部、柿間の連打でスタイガーが3点先取。D'LLERSもすかさず初回から2点を取り返す。3回表、スタイガーは相手のミスで1点追加。3回裏、D'LLERSは亀山が立ち直る前に反撃、松田のタイムリーなどで3点を取り逆転に成功!終盤5回表、スタイガー知花のタイムリーなどで逆転する。6回表にも2点、7回表にはダメ押しの1点を追加して勝負あり。シーソーゲームをスタイガーが勝利!
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(D'LLERS)
矢部様、選手の皆様この度は対戦ありがとうございました。
取って取られてのお互いしんどいゲームでした。
今後ともお付き合いよろしくお願いいたします。
スタイガー 小西様、グランド、審判の手配ありがとうございました。
また機会があればよろしくお願いいたします。