草野球大会Victoria|Victoriaリーグ1部(2018年):成績表(Bブロック)
TOP > Victoriaリーグ1部(2018年) > 成績表(Bブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 4 0 0 12 34 9
2 3 1 0 9 19 12
3 2 0 1 7 18 9
4 2 3 0 6 36 29
5 1 3 0 3 7 23
6 0 5 0 0 9 41
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Bブロック星取表
① TABOO
 
6-5

5-4
 

12-0

11-0

5-6
 
9-5
 

4-1

1-0
③ Revival

4-5

5-9
 
4-5

12-8

11-2
④ MKY88
 
 

5-4
 
8-0

5-5

0-12

1-4

8-12

0-8
 
0-5
⑥ E-BLOOD

0-11

0-1

2-11

5-5

5-0
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MKY88 5 4 Revival 8月5日(大宮健保)
【本部コメント】
MKY88が逆転勝利で2勝目!Revivalは逃げ切り失敗で予選敗退が決定!!
【試合内容】
MKY88先攻、Revival後攻で試合開始。先取点を取ったのはMKY88、2回表の攻撃。二死から6番石橋選手がレフトへ特大ソロホームランを放ち1点を先制する。先手を取られたRevivalは2回裏にすかさず反撃を開始。一死から6番松山選手のセンター前ヒットから二死満塁のチャンスを作る。ここから二者連続押出四球と3番高橋選手の2点タイムリーで4-1とRevivalが逆転する。逆転されたMKY88は3回表の攻撃、一死から9番中島選手がサードエラーで出塁すると、すかさず盗塁を決めて一死二塁。ここで1番増田選手がレフト前ヒットを放ち、送球エラーも重なり4-2となる。更に2番倉田選手が右中間にツーランホームランを放ち4-4の同点に追いつく。同点に追いついたMKY88は、4回表の攻撃。四球と2番倉田選手の内野安打で一死満塁のチャンスを作ると、ワイルドピッチで1点を勝ち越し5-4とする。終盤はお互いチャンスを作れずこのまま試合終了。MKY88が5-4で勝利した。
【相手チームへ一言】
(MKY88)
(Revival)
Revivalの皆様対戦ありがとうございました。
またオープン戦などよろしくお願いいたします。
浅井様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。また、グランド及び審判の手配ありがとうございました。今後もお付き合いの程よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MKY88 5 5 E-BLOOD 8月5日(大宮健保)
【本部コメント】
増田が起死回生の同点打!MKY88が土壇場で引き分けに持ち込む!!
【試合内容】
先攻E-BLOOD、後攻MKY88でプレイボール。試合が動いたのは3回表。MKY先発の芝から3つの四球で満塁とすると、7番會澤(諒)が右中間を破るタイムリースリーベースを放ち、続く8番西澤もライト前にタイムリーでE-BLOODが4点を先制する。その裏、MKYも倉田、越間の連続タイムリーで3点を返す。MKYは4回から石塚が登板するも内野のエラーなども絡み1点を失う。時間の関係で最終回となったMKYの攻撃。2本のヒットと死球で満塁とすると増田が起死回生のタイムリーで引き分けとなった。
【相手チームへ一言】
(MKY88)
(E-BLOOD)
E-BLOODの皆様ありがとうございました。また審判、グランド手配していただいた宮田様ありがとうございます。またオープン戦などよろしくお願いします。
浅井様、そしてチームの皆様この度は対戦ありがとうございました。猛暑の中の試合でお互い大変でしたね(笑)。またオープン戦などのお付き合いの程宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 5 6 TABOO 7月1日(大宮健保)
【本部コメント】
全勝同士の首位攻防戦は劇的サヨナラ!TABOOが決勝T進出へ大きく前進!!
【試合内容】
初回、GOLGOは渡邊の内野ゴロの間に1点を先制。さらに5回には大山のHRで追加点をあげると、6回には長谷川の3ランHRで3点を追加する。5-0とGOLGOリードで迎えた最終回、TABOOはヒットやエラーで3点を返すと、なおも満塁のピンチでレフト―バーのタイムリーが飛び出し、TABOOが劇的サヨナラ勝ち。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(TABOO)
対戦ありがとうございました。
またぜひよろしくお願い致します。
久田様、グランド審判等手配ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 11 0 E-BLOOD 6月24日(大宮健保)
【本部コメント】
絶好調のTABOO打線が爆発!無傷の開幕3連勝でブロック首位奪取!!
【試合内容】
先攻TABOO、後攻E-BLOODでプレイボール。試合は初回から動く。1回表、TABOOは先頭の田中選手がいきなり右中間を破るスリーベースヒットで出塁する。2アウトから4番金井選手がセンター前のポテンヒットでTABOOが先制する。この先取点を皮切りにTABOO打線の猛打が爆発し、2回表に4点、4回表に1点、5回表には一挙5点を追加し11-0とする。全員安打のTABOO打線に対し、E-BLOOD打線はTABOO先発の金井投手に3安打に押さえられ、反撃のチャンスすら作れず5回コールドで試合終了。11-0でTABOOが勝利した。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(E-BLOOD)
永富様、チームの皆様本日はグランド、審判の手配をして頂きありがとうございました。見習うべき点が多々ありとても参考になりました。またこのような試合展開になり大変申し訳ありませんでした。また今後ともお付き合いの程宜しくお願い致します。
宮田さん日程調整等ありがとうございました。またオープン戦等でよろしくお願いします。ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
E-BLOOD 2 11 Revival 6月3日(大宮健保)
【本部コメント】
初回二死から集中打!Revivalが2勝目を挙げ、決勝T進出へ望みを繋ぐ!!
【試合内容】
E-BLOOD先攻、Revival後攻で試合開始。先取点を取ったのはRevival、1回裏の攻撃。二死から3番高橋選手のレフト前を皮切りに連打で満塁のチャンスを作る。ここで6番桜井選手のライト前ヒットで2点を先制する。更に7番松山選手、8番柿畑選手の連続タイムリーで5-0とする。先手を取られたE-BLOODは2回表の攻撃、四球と5番菊池選手のレフト線へのヒット等で無死満塁とすると、7番小川選手のエンドラン成功で1点、9番西澤選手の三遊間への内野安打で1点を返し5-2とする。中盤は両投手が好投し落ち着いた試合展開となる。追加点を奪ったのはRevival、5回裏の攻撃。4番小林選手のライト前ヒットから打線が繋がり、4点を奪う。Revivalは6回裏にも2点追加。7回表のE-BLOODの攻撃、二死から四球とレフト前ヒットで二死二塁のチャンスを作るも、得点を奪えず、Revivalが11-2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(E-BLOOD)
(Revival)
埴原様、チームの皆様本日は対戦ありがとうございました。
また出直してきますので是非リベンジさせて下さい!
また今後とも宜しくお願い致します。
宮田様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。
今後とも、お付き合いの程よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 9 5 Revival 5月27日(大宮健保)
【本部コメント】
絶好調GOLGO B.Cが逃げ切り勝利!無傷の3連勝でブロック首位浮上!!
【試合内容】
先攻GOLGO B.C、後攻Revivalで試合開始。GOLGO B.Cは初回に大山の2ランHRで先制と、その裏に1点を返されるも、2回表に江見、長谷川のタイムリーなどで4点を追加する。追いつきたいRevivalは4回裏、満塁のチャンスを作ると走者一掃のタイムリーが飛び出し2点差にまで詰め寄る。しかし、GOLGO B.Cは5回表に中嶌、江見のタイムリーで3点を追加し勝負あり。投げては佐久間-長谷川の継投で逃げ切った。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(Revival)
対戦ありがとうございました。
またぜひよろしくお願い致します。
久田様、GOLGO B.Cの皆様、対戦有り難うございました。
今後とも、宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 5 4 Revival 5月20日(東大和南公園)
【本部コメント】
TABOOが接戦を制し開幕2連勝!Revival怒涛の追い上げも実らず!!
【試合内容】
Revival山田投手、TABOO田中投手の先発マウンド。先攻のTABOOは、1番田中選手のポテンヒットから打線が繋がり、4番金井選手のピッチャー強襲タイムリーと5番相田選手のレフトオーバー2点タイムリー等で初回に4点を先制する。対するRevivalは田中投手の前に3回までノーヒットに抑え込まれる。4回裏に二死から5番山田選手が左中間に二塁打を放ち、6番桜井選手の打席でバッテリーエラーが重なり1点をとる。しかし、5回表に3番藤崎選手がレフトスタンドへ特大のソロホームランを放ち5-1と突き放す。追いつきたいRevivalは5回裏に7番榎本選手の左中間へのヒットと四球で一死一二塁のチャンスを作る。ここで1番埴原選手がライト線に2点タイムリー三塁打を放ち5-3とする。さらに2番小林選手の内野ゴロの間にランナーが還り5-4と追いすがる。時間の都合上、最終回となった6回裏、Revivalは二死一二塁のチャンスを作るも反撃はここまで。最後は守護神金井が抑えて、TABOOが5-4で勝利した。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(Revival)
色々ありがとうございました!
また対戦出来ることを楽しみにしてます!よろしくお願いします!
永富様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。また、グランド手配にご尽力頂きありがとうございました。今後とも、お付き合いの程よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルースカイA 0 5 E-BLOOD 4月29日(大宮健保)
【本部コメント】
E-BLOODがVictoria初勝利!ブルースカイAはまさかの予選全敗!!
【試合内容】
先攻ブルースカイA、後攻E-BLOODでプレイボール。試合が動いたのは2回裏、3連打でE-BLOODが2点を先制すると、続く3回裏ににもヒット4本で3点を取り5-0とする。ブルースカイAは突破口をみいだせず試合終了。投げては先発西澤がブルースカイA打線を7回を1安打完封でE-BLOODの勝利。
【相手チームへ一言】
(ブルースカイA)
(E-BLOOD)
宮田様、対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
ブルースカイA永嶋様・チームの皆様本日はグランド・審判を手配して頂きありがとうございました。またオープン戦などでの対戦宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 1 0 E-BLOOD 4月29日(大宮健保)
【本部コメント】
佐久間の完封に中野の決勝打!GOLGOが開幕2連勝で首位浮上!!
【試合内容】
先攻GOLGO.B.C、後攻E-BLOODでプレイボール。序盤は投手戦が続いた。試合が動いたのは4回、GOLGO BASEBALL CLUBは先頭の長谷川がライト前ヒットで出塁すると、続く渡邊がセーフティーバントでノーアウト1・2塁のチャンスを作る。その後ツーアウト1、3塁で中野がセンター前に抜けるタイムリーヒットを放ち1点を先制。これが決勝点となり1-0でGOLGO BASEBALL CLUBが勝利した。投げては先発の佐久間が被安打2と、ほぼ完璧な内容で完封勝利。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(E-BLOOD)
対戦ありがとうございました。
またぜひよろしくお願い致します。
GOLGO.B.C久田様・チームの皆様本日はグランド・審判の手配をして頂き、対戦ありがとうございました。またオープン戦などどの対戦宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルースカイA 0 8 MKY88 4月22日(大宮健保)
【本部コメント】
中島の好投に強力打線が奮起!MKY88が今季初戦を完勝で飾る!!
【試合内容】
先攻MKY88、後攻ブルースカイAでゲームスタート。初回、四球で出たランナー置き、3番の越間が右中間へのホームランを放ちいきなり2点を先制する。MKYマウンドには中島。1、2回とヒットを許すも無得点に抑える。3回MKYの攻撃は増田が右中間への2塁打と越間の3塁打に四球も絡み3点を追加。さらに6回にも四球から増田のホームランなどで3点を追加する。投げては中島が6回を散発の被安打4無失点。7回を越間が抑えゲームセット。MKY88が8-0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ブルースカイA)
(MKY88)
浅井様、対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
ブルースカイA様、グランド手配や審判手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルースカイA 0 12 TABOO 4月1日(大宮健保)
【本部コメント】
強打のTABOOが12得点の完勝!ブルースカイは悪夢の開幕3連敗!!
【試合内容】
先攻TABOO、後攻ブルースカイAで試合開始。1回表、TABOOはヒット、四球からのチャンスを作ると、満塁ホームランで4点を先制。ブルースカイ投手陣は2回表こそ0点に抑えたものの、3回、4回、5回と失点を重ね、終わってみれば12失点。打つ方も良いところなく、1安打で敗戦。TABOOが12対0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ブルースカイA)
(TABOO)
永富様、対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
グランド、審判手配ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルースカイA 8 12 Revival 3月25日(大宮健保)
【本部コメント】
Revivalが初回一挙8得点の逆転勝利!若武者を振り切り首位スタート!!
【試合内容】
ブルースカイA先攻、Revival後攻で試合開始。ブルースカイAは1番大久保選手がライト前ヒットで出塁すると3番永嶋選手がレフト前にタイムリーを放ち1点を先制する。先制されたRevivalはすかさず反撃開始。エラーと四球でランナーをためると内野安打や押出四球、7番榎本選手の2点タイムリーなどで一挙8点を奪う。逆転されたブルースカイAは2回表の攻撃、2番塩野谷選手のホームランなどで4点を奪い8-5とする。3回裏、Revivalは4番小林(勇)選手のタイムリーと5番山田選手のツーランホームランで4点を取り12-5とリードをひろげる。終盤にブルースカイAが追いすがるも初回の失点が響き、Revivalが12-8で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ブルースカイA)
(Revival)
Revival埴原様、対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
永嶋様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 4 1 ブルースカイA 3月25日(大宮健保)
【本部コメント】
長谷川がエースの投球見せつける!GOLGO B.C投打が噛み合い白星発進!!
【試合内容】
3回までは投手戦が続いたが、GOLGO B.Cは4回に大山のツーベースでチャンスを作り出すと、続く吉田のタイムリーで先制点をあげる。GOLGO B.Cは続く5回にも中嶌のタイムリーで追加点。6回にブルースカイAがタイムリーで1点を返すも、その裏に渡邊のタイムリーなどでGOLGO B.Cが2点を追加し勝負あり。投げてはエース長谷川が1失点で完投勝利。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(ブルースカイA)
対戦ありがとうございました。
またぜひよろしくお願い致します。
GOLGO BASEBALL CLUB久田様、対戦、審判及びグランドの手配ありがとうございました。また、対戦の機会があると思いますのでよろしくお願いいたします。