TOP > サマーカップ2018 > トーナメント表
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
VICTORYS 5 6 ADDAXS 7月22日(大宮健保)
【本部コメント】
ADDAXSが5点差を覆し2回戦突破!不屈のメンタリティーで1部対決を制す!
【試合内容】
先攻ADDAXS、後攻VICTORYSで試合開始。2回裏VICTORYSは、4番の駒野が内野安打で出塁すると、5番桜井、6番高山の安打等で2点を先制。続く3回裏VICTORYSは、2番池本、3番設楽の安打でチャンスを作ると、5番桜井の安打や失策等で2点を追加。さらにVICTORYSは4回裏にも四球のランナーを暴投等で生還し1点を追加。対するADDAXSは5回表、死球等でチャンスを作ると、9番小谷の二塁打で2点を返す。さらに四球と失策を絡めて1点を返し、4番小川の三塁打で2点を返し同点。7回表ADDAXSは、9番小谷の二塁打でチャンスを作ると、2番村井の遊ゴロの間に1点を追加し逆転。最後は5回から登板のADDAXS永井(文)が3イニングを0点に抑え試合終了。6-5でADDAXSの勝利。
【相手チームへ一言】
(VICTORYS)
(ADDAXS)
対戦ありがとうございました。
暑い中、お疲れ様でした。グランド、審判員手配 等、有難うございました。また、宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 8 4 相模原ウインズ 7月22日(大宮健保)
【本部コメント】
WILLがシーソーゲームを制す!2015王者が3年ぶりの悲願に向け好スタート!!
【試合内容】
相模原ウインズは岩井、WILLは樋口の先発で試合開始。先攻の相模原ウインズは1回表、1死2塁からタイムリーヒットで先制すると、チャンスを広げて1死満塁からWPで追加点を挙げ2点のリードを奪う。後攻のWILLは1回裏、1死2塁から木田のタイムリーで1点を返すと、2死満塁から井上が走者一掃のタイムリースリーベースを放ち4点を挙げて逆転に成功する。追いかける相模原ウインズは3回表、2死2.3塁からタイムリースリーベースが飛び出して同点にするも、WILLがすぐに海老井のスリーベースをきっかけにWPで勝ち越すシーソーゲームの展開。4回裏にはWILLが相手エラーなどで3点を追加すると4回表からリリーフ登板した山重が反撃を許さずWILLが勝利した。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(相模原ウインズ)
松木様、チームの皆様対戦および遠征の対応ありがとうございました。また機会がありましたら、是非よろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BOOOOON 1 3 Tommys baseballclub 7月22日(大宮健保)
【本部コメント】
Tommys bbcが3回戦進出!代表、監督、主将の活躍でBOOOOONに競り勝つ!!
【試合内容】
先攻Tommys、後攻BOOOOONでプレイボール。3回表、Tommysは2死から3番 黒木がライトオーバー三塁打を放つと、健保の男 4番関の左前安打により1点を先制。その裏、先頭打者にヒットを許し同点とされる。5回表、キャプテン三浦の中前安打を皮切りに相手のエラー、そして5番富山の左前安打により1点を追加。そして最終回、再び三浦の左中間へのヒットとエラーが絡み無死三塁。3番黒木の内野ゴロの間にさらに1点を追加し、3-1でゲームセット。Tommysが3対1で勝利。
【相手チームへ一言】
(BOOOOON)
(Tommys baseballclub)
 
暑い中お疲れ様でした。対戦ありがとうございました。グランド、審判さん手配も合わせてありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
三晃クラブ 4 3 Nomad.Yankees 7月15日(大宮健保)
【本部コメント】
矢崎の先制弾に永尾の決勝打!三晃クラブが逃げ切りで強豪対決を制す!!
【試合内容】
35度の灼熱の太陽の下、三晃クラブ本澤、Nomad.Yankees中村両右腕が先発。1回裏三晃クラブの攻撃 2死1.2塁から5番矢崎が左中間にHRで3点先制する。3回裏にも3番永尾の左前安打で1点追加。4回表Nomad.Yankeesの攻撃失策で1点を返し、さらに5番木村が右越えのHRで追撃開始。さらに2連打などでこの回3点を返し4-3にする。7回表Nomad.Yankeesは2死満塁で一打出れば逆転の場面だったが、2番久木野が二飛で4-3でゲームセット。三晃クラブが2回戦進出。
【相手チームへ一言】
(三晃クラブ)
(Nomad.Yankees)
Nomad.Yankees金井様、選手の皆様本日は対戦ありがとうございました。暑い中の対戦で今回はたまたま勝たせて頂きました。今後もお付き合いよろしくお願いします。
対戦ありがとうございました。優勝目指して下さい!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ラクーンズ 0 13 座間市役所 7月15日(滝ガ原運動場)
【本部コメント】
エース金子が投打の活躍!カップ戦初出場の座間市役所が圧勝スタート!!
【試合内容】
先攻座間市役所 後攻ラクーンズで試合開始。1回の表、座間市役所は前山のタイムリーで先制!2回、3回、4回と金子のホームラン等で追加点をあげ、4回終了時には9-0。ラクーンズ先発福本をノックアウトする。ラクーンズ打線もエース金子の前にランナーを出すも、後一本が出ず、無得点。4回表からエース金子に代わりマウンドへ上がった2番矢作投手からも点が取れず、2安打に終わる。4回途中から代わった越山も座間打線を止める事が出来ず、終わってみれば13-0と座間市役所の快勝。サマーカップ初参戦の座間市役所が、猛打で初戦をものにした。
【相手チームへ一言】
(ラクーンズ)
(座間市役所)
完敗でした!また機会があればよろしくお願いいたします!
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BIGFACE 3 2 ハーツ 7月15日(江戸川河川敷)
【本部コメント】
まさに真夏の死闘!リベンジに燃えるBIGFACEが再三のピンチを凌ぎ辛勝!!
【試合内容】
先攻ハーツ、後攻BIGFACEで試合開始。先制点はBIGFACE、右中間にランニングホームランを打つ。さらにその回にもう1点追加して2対0。その後3対1になり迎えた最終回。ハーツは2アウト満塁と粘りを見せ、ショートのエラーで1点返したが反撃もここまで。3対2でBIGFACEが勝利した。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(BIGFACE)
(ハーツ)
 
グラウンド確保から審判手配までありがとうございました。
今後ももしよろしければ試合よろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Hustlers 13 0 バイソンズ 7月15日(我孫子市民球場)
【本部コメント】
注目の新星対決はHustlersに軍配!圧巻のコールドデビューで2回戦進出!!
【試合内容】
Hustlersは相手投手の立ちあがりを攻め、安打と四球を絡めて初回に7得点。試合の流れを引き寄せると、2回は0点ながらも3、4回にも4点、3点と加点して13得点。Hustlersが4回コールド勝ちをおさめた。
【相手チームへ一言】
(Hustlers)
(バイソンズ)
バイソンズ様、暑いなか対戦いただきありがとうございました。
また機会ありましたら対戦を宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Rossowave 4 3 ブルーレンジャーズ 7月15日(我孫子市民球場)
【本部コメント】
Rossowaveが土壇場で逆転!最終回に4点差を覆し千葉強豪対決を制す!!
【試合内容】
Rossowave先攻、ブルーレンジャーズ後攻で試合開始。Rossowaveは1回裏にエラーと安打などでランナーを許すと、タイムリーとバッテリーエラーで計2失点。2回裏にも安打とエラーなどでランナーを許すと、犠飛で1点。なおも2死2塁から安打を浴びるが、レフト土井の好返球で1点で留める。3回裏からは2人目・内山が登板し、3イニングを三者凡退。6回裏からは3人目・沖が登板し、無失点で反撃を待つ。迎えた7回表に1死から6番・片岡のソロホームランで反撃開始。2死から安打と連続四死球で満塁とすると、2番・稲見の押し出しで1点。続く3番・小沼の打席でバッテリーエラーで同点。小沼が四球となった際に3塁ランナー・土井が本盗し、勝ち越し。7回裏は沖が無失点に抑え勝利。4対3でRossowaveが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Rossowave)
(ブルーレンジャーズ)
対戦ありがとうございました。
Rossowave 土井様、グランドと審判の調整ありがとうございます。又、宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
横浜crews 10 0 岡men'津 7月15日(金沢産業センター)
【本部コメント】
横浜crewsが2年ぶりの初戦突破!初回から打線爆発でコールド発進!!
【試合内容】
先攻岡men'津、後攻横浜crewsで試合開始。1回裏にヒットと相手のエラーが絡み横浜crewsが一挙6点を先制。その後も得点を重ね、4回までに10点を取り、横浜crewsのコールド勝ち。
【相手チームへ一言】
(横浜crews)
(岡men'津)
この度は有難うございました。
今後とも、宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
イーグルス 7 6 グランドスラム 7月14日(潮田公園)
【本部コメント】
初出場イーグルスが1回戦突破!互角の好勝負の結末は劇的サヨナラ!!
【試合内容】
猛暑の中プレーボール。初回にイーグルスが叩きで先制点をあげるが、その直後にグランドスラムの猛攻で4失点で逆転を許す。その後はヒットや四死球でお互いに得点を重ね、6回終わって6対6。7回の最終イニングにイーグルスがグランドスラムのパスボールでサヨナラ勝ち。シーソーゲームで非常に緊張感のある試合だった。
【相手チームへ一言】
(イーグルス)
(グランドスラム)
グランドスラム様、ライリー様。横浜まで遠征頂きありがとうございました。日程も詰まっており土曜日の試合になり申し訳ありませんでした。試合は締まったシーソーゲームで非常に楽しかったです。また是非宜しくお願い致します。
グランドと審判の手配をありがとうございました。また別の機会で再戦させてください。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
大宮フェニックス 5 0 EIGHT baseball academy 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦予定日の7日以内に対戦をキャンセルしたため、EIGHT baseball academyの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GCアスレチックス 8 8 ダディーズベースボール 7月8日(大宮健保)
【本部コメント】
佐藤(圭)が3打点!灼熱のシーソーゲームを制したのはダディーズ!!
【試合内容】
GCアスレチックス先攻、ダディーズ後攻で試合開始。初回ダディーズのエラーなどでアスレチックスが2点を先制。その裏、4番長谷川と6番日景のタイムリーでダディーズが逆転に成功する。3回表、アスレチックスは2本のホームランで逆転。ダディーズはその後先発の吉川から長谷川にスイッチ。その裏、ダディーズは5番佐藤圭のホームランで1点を返すと、4回裏に内野ゴロの間に1点を返し同点とする。5回表、アスレチックスがタイムリーとスクイズで3点を奪うも、6回裏にノーアウト満塁から佐藤圭のセンター前2点タイムリーと篠宮の犠牲フライでダディーズが同点に追いつく。決着はジャンケン対決となり、5-3でダディーズが勝利。
【相手チームへ一言】
(GCアスレチックス)
(ダディーズベースボール)
ダディーズベースボールの皆様、暑い中での対戦ありがとうございました。また機会がございましたらオープン戦などよろしくお願い致します。
GCアスレチックスの皆様、対戦ありがとうございました。
また対戦できる事を楽しみにしております。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Tropicana 4 3 ギャンブラーズクラブ 7月8日(大宮健保)
【本部コメント】
池田が劇的サヨナラ打!Tropicanaが3年ぶりにサマー初戦の壁を破る!!
【試合内容】
ギャンブラーズクラブ荒木、Tropicana岡崎の先発で試合開始。2回表、ギャンブラーズクラブは5番矢部が四球で出塁し、6番林田のランニングHRで2点を先制。追いつきたいTropicanaは4回裏に4番神谷のHRで1点を返す。その後5番塩谷がヒットで出塁し後続が倒れるも、8番岡崎のタイムリーヒットで同点に追いつく。時間の関係で同点のままサドンデスとなり、ギャンブラーズクラブは4番荒木のサードゴロの間に1点勝ち越し。後がないTropicanaはウラの攻撃で3番池田がセンターに抜けるタイムリーで2人のランナーが帰り、4-3でTropicanaの勝利。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(ギャンブラーズクラブ)
関様、チームの皆様ありがとうございました。
今後もOP戦等宜しくお願い致します。
松下様、審判、グラウンドの手配、スケジュールの調整等、有難うございました。選手の皆様、いい緊張感の中、素晴らしい試合をして頂き有難う御座いました。今後ともOP戦等宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 2 5 Naughty 7月8日(城北中央公園)
【本部コメント】
Naughtyが5年連続の夏初戦突破!3年前のリベンジへ向け好スタート!!
【試合内容】
先攻とん吉、後攻Naughtyでプレイボール。Naughtyの先発は齋藤愛。序盤はお互いに決め手を欠き無得点。試合が動いたのが3回裏、Naughtyは先頭の9番柳田泰がレフトへヒットを放ちパスボールで2塁に進塁。このチャンスに続く1番按田がレフトオーバーのタイムリー2塁打を放ち先制。続く2番3番は倒れるが4番が四球で出塁。ここで5番深井がセンターへのタイムリーを放ちこの回3点を先制する。Naughtyは4回にも8番宇内に柵越えホームランが飛び出し追加点を奪う。投げては左腕、齋藤愛が最終回二死まで三塁を踏ませないピッチングを披露する。しかし最終回二死から連打とミスから2点を許すも、とん吉打線を3安打1死球に抑え、2-5でNaughtyが勝利した。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(Naughty)
Naughtyの皆様、齋藤様、朝から対戦ありがとうございました。また対戦機会があると思いますので今後とも宜しくお願い致します。
鈴木様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
青木製作所Snugs 3 4 日本航空電子工業株式会社 7月8日(大宮健保)
【本部コメント】
注目の日本航空電子がサヨナラデビュー!粘るSnugs撥ね退け2回戦進出!!
【試合内容】
先攻・青木製作所Snugs、後攻・日本航空電子にて試合開始。序盤Snugs石橋と航空電子櫻田、両投手の好投により0点で進行する。5回、航空電子の攻撃、1アウト1塁、2塁の場面で3番遠藤が右中間を破る3ベースヒット。中継プレーが乱れる間に打者もホームに帰り3点を先制。6回から航空電子投手出田に変わると7回、Snugsの攻撃。先頭が出塁すると、後続打者の4連打により一挙に3点を返し同点。後続をなんとか抑え7回裏の攻撃。航空電子は四球と守備の乱れから0アウト満塁。3ボール2ストライクから粘りを見せ、最後は四球にて押し出しサヨナラとなった。
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(日本航空電子工業株式会社)
この度は対戦ありがとうございました。また機会があれば是非よろしくお願いします。次戦も頑張ってください。
本日はありがとうございました。また、グランド、審判の手配ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
萩中サンダース 2 0 クローン 7月8日(多摩川緑地)
【本部コメント】
技巧派相澤が完封シャットアウト!萩中サンダースが3年連続の1回戦突破!!
【試合内容】
試合は、両投手の好投でテンポ良く中盤へ。試合が動いたのは4回、ここまでパーフェクトに抑え込まれていた萩中サンダースは四死球で満塁のチャンスを作り、この試合唯一のヒットが貴重な2点タイムリー。そのリードを先発相澤が相手打線を巧みに交わし、失策などでピンチこそまねくも、要所をまとめ完封勝利。萩中サンダースが2対0で勝利。
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(クローン)
この度はありがとうございました!また機会に恵まれましたら、よろしくお願い致します!また対戦交渉におきまして、素晴らしい対応をしていただき、感謝申し上げます。
皆様、対戦ありがとうございました。とても勉強なる試合でした。この後もぜひ勝ち上がってください。また是非よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ちゃんぷるーず 6 0 CHUYANS+ 7月8日(天王洲公園)
【本部コメント】
サドンデスが分けた明と暗!ちゃんぷるーずがデビュー戦で勝負強さを発揮!!
【試合内容】
お互いチャンスはつくるものの、CHUYANS+、ちゃんぷるーず両投手の好投により、7回終わって0-0のスコアで、サドンデスに突入。先攻のちゃんぷるーずはヒットとデットボール等で6点を挙げると、裏のCHUYANS+の攻撃を無得点に封じ、6-0でちゃんぷるーずが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ちゃんぷるーず)
(CHUYANS+)
対戦までの円滑なご対応、ありがとうございました。
また、機会がありましたら対戦、よろしくお願いいたします。
岩崎様、ちゃんぷるーずの皆様、好ゲームありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
マリアッチ 8 1 レッドドックス 7月8日(大宮健保)
【本部コメント】
マリアッチが1回戦突破!小野寺、加藤、川島の3発でレッドドックスを圧倒!!
【試合内容】
マリアッチは小野寺、加藤、川島の3本のホームランが飛び出し、4回まで毎回得点。対するレッドドックスはなかなか反撃できず、終始マリアッチリードで試合終了。マリアッチが8対1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(マリアッチ)
(レッドドックス)
対戦ありがとうございました。
また対戦お願いします。
グランド、審判手配ありがとうございました。
また、よろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
葛飾セブンベースボールクラブ 4 0 江戸川ギャンブラーズ 7月8日(大宮健保)
【本部コメント】
葛飾セブンが1回戦突破!打っては大山の先制弾、投げては森田が好援!!
【試合内容】
葛飾セブン先攻、江戸川ギャンブラーズ後攻で試合開始。葛飾セブンは初回、1番大山航の本塁打で先制。2回は加賀のレフト前タイムリー、3回は安藤の犠牲フライ、4回は田中の本塁打と毎回得点。先発は新妻だったが2回から急遽、森田にスイッチ。森田は代表の期待に応え、6イニングスをピシャリと抑える。結局、序盤に得点を重ねた葛飾セブンが4-0の完封ゲームで初戦を突破。
【相手チームへ一言】
(葛飾セブンベースボールクラブ)
(江戸川ギャンブラーズ)
本日はありがとうございました。
また機会ありましたらよろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Juggle Fumbles 9 2 江東ビッグランド 7月8日(リバーサイド球場)
【本部コメント】
Juggle FumblesがVictoria初勝利!注目の新星対決を制し2回戦へ!!
【試合内容】
序盤は行き詰まる投手戦となる。Juggle Fumblesは相手のエラーなどをきっかけに得点を重ねていき、江東ビッグランドも一時2点差まで追い上げたものの終わってみれば9-2で試合終了!Juggle Fumblesが快勝で2回戦へコマを進めた。途中まではどっちに転ぶかわからないほどの好ゲームだった!
【相手チームへ一言】
(Juggle Fumbles)
(江東ビッグランド)
良い試合をありがとうございました!
またの機会によろしくお願いします!
同学年対決ということもあり今後とも仲良くして頂けたら嬉しいです。次の対戦相手さんがかなり強豪かと思われますが、健闘をお祈りしております。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 2 1 MKY88 7月1日(大宮健保)
【本部コメント】
2016王者が初戦敗退!春ベスト8のBig Dipperがまたしても強豪斬り!!
【試合内容】
先攻BigDipper平野、後攻MKY88中島の先発で試合開始。序盤はランナーは出すものの両チームは無得点で試合が進む。試合が動いたのは3回裏、MKY88は1死から9番中島が1塁エラーで出塁すると、すかさず盗塁を決め1死2塁。続く1番倉田が左中間に2塁打を放ち、MKY88が1点を先制した。尚もチャンスは続いたが、ここはBigDipper平野が後続を抑える。対するBigDipperは4回表、先頭の3番矢内がエラーで出塁すると、続く4番平野はセンター前ヒットを放ちチャンスを広げる。5番林田は倒れるも、ここでチャンスに強い6番川井がレフト前ヒットを放ち同点。尚もツーアウト3塁なり、ここで8番宇田川が内安打を放ち、2-1と逆転に成功。その後ランナーを出すものの、両投手が踏ん張り得点を与えない。そのままBigDipperが2-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(MKY88)
浅井様・チームの皆様、本日は対戦ありがとうございました。
また、機会がございましたら宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
グランドや審判の手配等もありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 12 1 ワイルドスピリッツ 7月1日(大宮健保)
【本部コメント】
昨年8強の湾岸ベースボーイズが実力を誇示し、圧巻のコールド発進!!
【試合内容】
湾岸ベースボーイズ先攻、ワイルドスピリッツ後攻で試合開始。1回表、湾岸はワイルドスピリッツ先発の柴田を攻め、四死球やエラーで5点を先制する。さらに4回表、1死3塁で2番藤野のライト前ヒットで1点追加。5回裏、ワイルドスピリッツは鈴木のソロホームランで1点返す。6回表、湾岸は二番手安藤の四死球でランナーをため、2番藤野の右中間ツーベース、5番松岡の右中間スリーベースなどで6点追加。6回裏、ワイルドスピリッツは無得点。湾岸ベースボーイズが12対1でコールド勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(ワイルドスピリッツ)
ワイルドスピリッツ様、対戦ありがとうございました!
今後もオープン戦等宜しくお願い致します!
宮島様、湾岸ベースボーイズ選手様、本日は暑い中ありがとうございました。また1つ2つとレベルアップしていきますので今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
エープル 0 12 Revival 7月1日(薬業健保)
【本部コメント】
Revivalが初回から打者一巡の猛攻!投げては完封リレーでシャットアウト!!
【試合内容】
Revival先攻、エープル後攻で試合開始。Revivalは初回、先頭の1番松山選手の四球から無死満塁のチャンスを作ると、4番小林選手がレフトオーバーの3点タイムリー二塁打を放ち、Revivalが先制する。さらに6番桜井選手のタイムリー等で3点を追加し、打者一巡の猛攻で6-0とする。対するエープルは1回裏の攻撃、二死から四球とセンター前ヒットでチャンスを作るも無得点。Revivalは3回表に2点、5回表に4点と着実に加点する。投げては山田、松山投手の継投で12-0の5回コールドで勝利した。
【相手チームへ一言】
(エープル)
(Revival)
今回は初の公式戦でリバイバルさんの様な強いチームと試合が出来て本当良かったです。ありがとうございました。
石森様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Sundays 5 0 coastalife 不戦試合
<試合内容>
大会本部及び対戦相手からの再三の連絡に対し、期日までに返信を行わなかったため、coastalifeの不戦敗。