TOP > サマーカップ2018 > トーナメント表
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
萩中サンダース 2 4 日本航空電子工業株式会社 11月10日(大宮健保)
初出場の日本航空電子が決勝進出!持ち前の勝負強さで好調萩中を下す!!
【試合内容】
先攻・日本航空電子、後攻・萩中サンダースで始まった試合。初回、航空電子の攻撃。先頭井上が死球で出塁し、続く上杉(章)も四球を選びチャンスを広げると、3番遠藤の進塁打により2.3塁とし、4番新留の内野ゴロの間に1点を先制。続く2回にも2アウト2塁からセンターオーバーのヒットで追加点を挙げ、航空電子工業が主導権を握る。航空電子先発は櫻田。4回まで、四球1個に抑える好投。しかし迎えた5回、初ヒットで走者を許すと、続く7番武田に3ベースヒットを浴び1失点。さらに1アウト3塁とピンチは続くが2者連続三振にとりピンチを乗り切る。ピンチを乗り切った航空電子は6、7回にヒットと四球も絡み1点づつ取り、4-1とする。最終回、航空電子は投手を櫻田から出田へ交代。萩中サンダースは先頭がライト前ヒットで出塁するが後続打者が打ち取られ2アウト2塁。ここから投手出田の制球が乱れ、3者連続四死球で1失点とするが、最後の打者がショートフライに終わりゲームセット。4-2で日本航空電子の勝利となった。
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(日本航空電子工業株式会社)
ありがとうございました。全てにおいて上手でした。
私どもの分も神宮球場で躍動してください。
本日はグランド、審判の手配ありがとうございました。
最後まで気が抜けない良い試合でした。
また機会ありましたらよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Tropicana 2 5 Super New 10月28日(大宮健保)
新星SuperNewの勢い止まらず!3部所属チームでは初のベスト4進出!!
【試合内容】
先攻Tropicana松下、後攻Super New加納の両先発で試合開始。1回表、Tropicanaは先頭が出塁するも後続を打ち取られ無失点。1回裏、Super Newは先頭の大島が初球を引っ張り、左越えの特大HRで先制する。続く2番宮永が四球で出ると、3番上原も左中間を深々と破る2ランHRを放ち、初回に3点を奪う。さらに2回裏、7番小柳が四球と盗塁で1アウト3塁まで進むと、9番天野が中前にタイムリーを放ち1点追加。4回表、Tropicanaが反撃を開始する。内野安打で出塁し盗塁でチャンスを作ると、4番の神谷が左中間にタイムリーを放ち1点返す。その後もチャンスが続いたが、後続を打ち取られ追加点は取れず。しかしその裏、Super Newは先頭6番小林が左越3ベースでチャンスメイクすると、7番小柳が中前ですぐ様1点追加で5-1とリードを広げる。6回表、Tropicanaは犠牲フライで1点返すも反撃はそこまで。加納が7回2失点無四死球の好投でSuper Newが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(Super New)
 
Tropicana松下様、グラウンド・審判のお手配ありがとうございました。また、よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 2 0 TABOO 10月28日(大宮健保)
北川が圧巻の完封劇!REDSOXが持ち前の勝負強さを発揮し準決勝へ!!
【試合内容】
先攻TABOO、後攻REDSOXで試合開始。序盤TABOO田中投手、REDSOX北川投手、両先発が好投を見せ4回終わって0-0で前半戦を終える。5回裏、REDSOXはこの回先頭の9番須賀が四球で出塁すると、1番板垣の打席でランエンドヒットが決まりREDSOXが1点を先制する。さらに続く6回裏REDSOXの攻撃。先頭の4番丸橋が四球で出塁すると6番池田が左中間にツーベースヒットで1アウト2、3塁のチャンスを作り、7番村上がエンドランを決め、貴重な2点目がREDSOXに入る。2点リードの最終7回を北川がしっかり締め、2-0でREDSOXが勝利。
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(TABOO)
本日はありがとうございました。緊張感のある試合で最後まで気の抜けない試合が出来ました。また練習試合等よろしくお願いします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
萩中サンダース 3 0 深谷クラブ 10月27日(大宮健保)
ベテラン箕輪が完封シャットアウト!萩中サンダースが初の夏4強入り!!
【試合内容】
先攻深谷クラブ・真下。後攻萩中サンダース・箕輪投手の両先発で試合開始。2回裏、6番小磯選手のレフトへのソロホームランで萩中サンダースが先制する。さらに3回裏には、1番永松選手のヒットとエラーで2塁まで進むと、3番相澤選手の右中間へのタイムリー、4番村井選手のタイムリーで2点追加。反撃に出たい深谷クラブは2回、3回、4回、6回と得点圏にランナーを進めるも後続が続かず、萩中サンダース先発の箕輪投手の前に散発2安打に抑え込まれ、3−0で萩中サンダースが準決勝進出となった。
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(深谷クラブ)
諸々ありがとうございました。結果は紙一重でしたが、良い雰囲気の中試合ができましたこと、御礼申し上げます。
萩中サンダースの皆様、本日はご対戦ありがとうございました。審判、グランドのご手配もお世話になりました。完敗です。この勢いで優勝目指して頑張って下さい。また対戦できる日を楽しみにしております。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 3 3 日本航空電子工業株式会社 10月21日(大宮健保)
これぞ互角の好勝負!初出場の日本航空電子が死闘を制し準決勝へ!!
【試合内容】
先攻の日本航空電子工業は櫻田、後攻のWILLB.Cは樋口の先発で試合開始。1回裏、WILLB.Cは1番高橋が四球で出塁すると、2死3塁から4番樋田の適時2塁打で先制。さらに5番久保川がセンターへ適時打を放ち2点を挙げる。追いかける日本航空電子工業は2回裏、先頭の4番新留が2塁打で出塁すると、1死2.3塁から内野ゴロ間に1点を返す。日本航空電子工業は2回裏から遠藤がリリーフし、WILLB.Cにチャンスを与えない。スコアが動かないまま迎えた6回表、日本航空電子工業は2死2.3塁から三遊間へ転がったゴロに送球エラーが重なり逆転に成功する。時間により最終回となった6回裏、日本航空電子工業の遠藤がノーヒットに抑える好投を見せていたが、WILLB.Cは四球と5番久保川の安打で1死1.2塁として、6番島田がライト線へ適時打を放ち土壇場で同点に追い付く。試合はそのまま同点で終了するが、グランド時間の都合でジャンケン決着となり、5-3にて日本航空電子工業が勝利した。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(日本航空電子工業株式会社)
栗原様、チームの皆様対戦および遠征のご対応ありがとうございました。勉強になる面が多々ありました。準決勝も頑張ってください。また機会がありましたら、対戦よろしくお願い致します。
グランド、審判の手配ありがとうございました。
また是非機会ありましたら試合の程、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 2 8 TABOO 10月21日(大宮健保)
8強最後の座はTABOO!好調PIECEを下し、3年連続のベスト8進出!!
【試合内容】
タブーが2回に5番のスリーベースでチャンスを作ると、内野ゴロで先制する。ピースもすぐさまスリーベースと内野安打で同点にする。二巡目に入るとタブーは相手投手を攻略して得点を重ねる。ピースも1点を返すが、タブー田中が気合で抑え反撃もここまで。8-2でタブーが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(TABOO)
対戦ありがとうございました。優勝目指して頑張って下さい!
グランド、審判手配ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
深谷クラブ 7 6 武州ガス(株) 10月7日(大宮健保)
埼玉強豪対決は深谷クラブに軍配!再逆転でシーソーゲームを制す!!
【試合内容】
先攻、武州ガス・長谷川投手。後攻、深谷クラブ・伊東投手の先発。初回、武州ガスは1番佐藤選手の先頭打者ホームランで先制すると、2番関谷選手のヒット、4番佐竹選手の3塁打、5番長谷部選手のタタキが決まり3点を先取する。2回裏、深谷クラブは1死満塁のチャンスを作り、8番佐藤の内野ゴロの間に1点を返すと、1番橋本の2点タイムリー、2番亮木の左中間への2点タイムリー2塁打で5得点で逆転する。5回表、武州ガスは四死球で2死2,3塁とすると、4番佐竹選手のライト前2点タイムリーで逆転に成功。5回裏、深谷クラブは2番亮木のソロホームランで同点とすると、3番阿部が四球と盗塁で2死2塁、ここで5番川田がタイムリーヒットを放ち7−6と再逆転に成功。投げては先発の伊東がピンチを何度も凌ぎ粘りのピッチングで完投勝利。深谷クラブが準々決勝へ駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(深谷クラブ)
(武州ガス(株))
武州ガスの皆様、ご対戦ありがとうございました。紙一重の試合展開でした。いつも接戦で今回もドキドキの試合展開でした。また対戦できる日を楽しみにしております。今後とも宜しくお願い致します。
川田様、深山クラブの皆様ありがとうございました。シーソーゲームの展開がハラハラ、ドキドキであり、最後まで楽しめました。またご都合が良ければ対戦願います。今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big☆B 3 5 萩中サンダース 10月7日(東実健保)
萩中サンダースが優勝候補の一角を下し、4年ぶりのサマー8強入り!!
【試合内容】
初回にBIG☆Bが1点を先制。その後試合は膠着するが、4回に萩中サンダースが安打、四死球と2本のタイムリーで3点を奪い逆転。その裏BIG☆Bがソロホームランで1点を返すが、6回に野中のこの日2本目のタイムリーで萩中サンダースが追加点。粘るBIG☆Bは最終回に1点を返し、さらに満塁のチャンスを作るが、青田がなんとか踏ん張り、萩中サンダースが辛勝。
【相手チームへ一言】
(Big☆B)
(萩中サンダース)
遠征ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
諸々手配ありがとうございました!まさに紙一重の展開でしたが、良い雰囲気の中実施できました事、御礼申し上げます。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 3 2 湾岸ベースボーイズ 10月7日(薬業健保)
WILLが逆転で湾岸を下す!優勝を果たした2015年以来のベスト8進出!
【試合内容】
先攻の湾岸ベースボーイズは小山、後攻のWILLB.Cは樋口の先発で試合開始。1回表、湾岸ベースボーイズは1番増田が死球で出塁すると、2死3塁からWILLバッテリーのWPで先制する。追いかけるWILLB.Cは2回裏、先頭の4番樋田が安打で出塁すると、5番久保川が適時2塁打を放ち同点に追いつく。さらにチャンスを広げると1死1.3塁から内野ゴロ間に勝ち越し、9番安斎が適時打を放ち2点のリードを奪う。対する湾岸ベースボーイズは4回表、先頭の3番藤野が2塁打を放ちチャンスを作ると、1死3塁から5番小向の犠飛で1点を返す。その後は両チームチャンスを作るものの得点には繋がらず、6回表から樋口をリリーフした山重が湾岸ベースボーイズの反撃を振り切って3対2でWILLB.Cが勝利した。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(湾岸ベースボーイズ)
宮島様、チームの皆様対戦ありがとうございました。日程調整など柔軟にご対応いただき感謝致します。最後の最後まで痺れる素晴らしい試合でした。今後もオープン戦などよろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました!
強かったです!優勝してください!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
日本航空電子工業株式会社 5 0 Tommys baseballclub 10月7日(大神グランド)
櫻田が完封シャットアウト!注目の新星・日本航空電子が遂に8強入り!!
【試合内容】
先攻・日本航空電子、後攻・Tommysで始まった試合。初回日本航空電子の攻撃、1アウト3塁から3番遠藤のセンター前ヒットで先制すると、5回にも1アウト満塁のチャンスから3番遠藤の内野ゴロの間に1点、続く4番新留のセンター前にてさらに2点を追加し4対0。守っては先発櫻田が5回まで無安打、無四球に抑える好投を見せる。7回、日本航空電子はさらに追加点をあげ5-0で試合終了。先発櫻田は7回2安打無四球で完封勝利。
【相手チームへ一言】
(日本航空電子工業株式会社)
(Tommys baseballclub)
本日は遠いところ、ご対応ありがとうございました。
また機会ありましたら是非よろしくお願い致します。
日本航空電子の皆様、対戦ありがとうございました。次戦も頑張って下さい。また機会がありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Naughty 1 2 Super New 10月7日(大宮健保)
南雲の逆転打に平山の完投勝利!SuperNewがまたしても下剋上!!
【試合内容】
先攻:SuperNew、後攻:Naughtyで試合開始。1回表、SuperNewは先頭が2ベースで出塁し、いきなり先制のチャンス。2番が二ゴロで1死3塁とするも後続が倒れ無失点に倒れる。その裏、Naughtyは先頭が四球で出ると犠打と盗塁で同じく1死3塁のチャンスを作る。ここでエンドランでしっかり転がし先制点をあげる。その後、SuperNewは走者を溜めることもできずに無失点が続いた。対してNaughtyは毎回走者を出しチャンスを作るも、平山の粘りの投球であと一本が出ず無失点が続いた。再び試合が動いたのは終盤6回表Super Newの攻撃、この回先頭の1番大島がレフト前ヒットで出塁すると、2番柿間も連打で続き無死2.3塁のチャンスを作る。ここで3番佐藤の内野ゴロの間についに同点に追いつくと、4番南雲の左中間を破る3ベースで逆転に成功する。6、7回Naughtyもチャンスの場面を作るも平山が最後まで粘りきり、7回1失点の見事な完投勝利となった。
【相手チームへ一言】
(Naughty)
(Super New)
 
グラウンド・審判ありがとうございました。またお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 2 1 (株)小野寺商事 10月7日(大宮健保)
飯島・村上が好投!3度目の夏制覇を狙うREDSOXがベスト8進出!!
【試合内容】
先攻小野寺商事、後攻REDSOXで試合開始。初回、小野寺商事はヒットで出たランナーが盗塁2つでチャンスを作ると、ワイルドピッチであっさり先制。しかしその裏、REDSOXは4番丸橋選手のセンターへのタイムリー2ベースで同点に追いつく。さらに4回裏には山本純輝選手のタイムリーで勝ち越し。先発の飯島選手は毎回のように得点圏にランナーを背負うものの、要所で落ち着いたプレーを見せ初回以降得点を許さなかった。5回から継投した村上選手もヒットを許さず、REDSOXが息詰まる接戦を2-1で制した。
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
((株)小野寺商事)
本日は対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらどうぞよろしくお願い致します!
レッドソックス様ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Tropicana 5 0 座間市役所 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、座間市役所の不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
武州ガス(株) 5 4 スタイガー 9月16日(大宮健保)
武州ガス(株)が先行逃げ切り!スタイガーの猛追躱し16強進出!!
【試合内容】
先攻・武州ガス関口投手、後攻・スタイガー亀山投手で試合開始。動いたのは3回表武州ガスの攻撃、2死満塁から3番渡会が押し出し四球、4番佐竹の満塁ホームランでこの回一挙5点先制。追うスタイガーは、5回まで完璧に抑えられる。武州ガスは関口投手が好投し、後を佐竹投手に託すが、6回裏にスタイガーの反撃開始。小原のタイムリーで2点を返し迎えた最終回、山本 小川 亀山の連打で2点返し、尚も2死満塁とサヨナラの場面。しかしここは武州ガスが踏ん張り、スタイガーの反撃もここまで。武州ガスが5-4で逃げ切り勝利。
【相手チームへ一言】
(武州ガス(株))
(スタイガー)
小西様いろいろとお世話になりました。そしてスタイガーの皆様もありがとうございました。また機会ございましたら対戦よろしくお願いいたします。
武州ガスの選手の皆様、土田様、この度は対戦調整ありがとうございました。すごく野球が楽しめました。また、対戦させてください。よろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 1 6 Tommys baseballclub 9月16日(天王洲公園)
小鹿の逆転弾に山本の完投!投打の噛み合ったTommysが2年連続の16強!!
【試合内容】
先攻Big Dipper、後攻Tommysで試合開始。1回表、Big Dipperは2死2塁から4番平野選手のタイムリーヒットで1点を先制する。その裏Tommysは2死2.3塁から6番小鹿のセンターオーバーのスリーランホームランで逆転する。Tommysは2回、3回にも1点ずつ加点し、5回にも2番塩田のホームランで1点を加点し6得点。2回以降は先発山本が要所を締め0点に抑え、6-1でTommysが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(Tommys baseballclub)
富山様・チームの皆様 本日は対戦ありがとうございました。また機会がございましたら宜しくお願い致します。
この度は対戦ありがとうございました。グランド審判手配ありがとうございました。また機会がありましたら宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Super New 6 5 はちみつハニー 9月16日(大宮健保)
注目の3部新星Super Newが下剋上!大島のサヨナラ打で劇的勝利!!
【試合内容】
先攻はちみつハニー、後攻Super Newで試合開始。1回裏、Super Newは1番大島がヒットで出塁し2死2塁の場面で4番南雲のレフト前で生還し1点先制する。その後はゲームはテンポ良く進み4回裏、ヒットとエラーで2死2.3塁のチャンスで7番小林のサードゴロがエラーになり、Super Newがその間に1点追加。続く荒井が四球で繋ぎ2死1.2塁で9番鹿島が左中間をやぶる3ベースヒットでこの回4点を奪いリードを広げる。しかし5回表、4回まで内野安打1本に抑えられていたはちみつハニーの反撃が始まる。死球とヒットで1死満塁のチャンスを作ると、先発田中の制球が乱れ、死球と四球の押出で2点を返す。さらに6回表に先頭の2番がヒットで出塁、 続く3番が3ベースヒット、4番がライトオーバーの2ベース、5番が捕飛に倒れ、6番が四球で1死1.3塁で7番が中前にタイムリーを放ち、この回3点を挙げ同点。尚も内野安打で1死満塁のピンチになるが、投手交代した天野が後続を切り同点で切り抜ける。流れがはちみつハニーの中、7回裏Super New最後の攻撃で先頭の代打宮永がレフト前を打ち、更に相手の隙を見て一気に2塁を陥れる好走塁で無死2塁のチャンスを作ると、続く1番大島が左中間を破るサヨナラヒットを放ち、Super Newの劇的な勝利となった。
【相手チームへ一言】
(Super New)
(はちみつハニー)
本日はありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
本日はありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 3 1 Rossowave 9月9日(大宮健保)
PIECEが逃げ切り勝利!Rossowaveは再三のチャンスもあと一本が出ず惜敗!!
【試合内容】
Rossowaveの先発は内山。1回表に四球とエラー、盗塁などかピンチを作ると、内野ゴロの間に1点。さらに1点の計2点を失う。Rossowaveは2回裏に反撃開始し、相手エラーと盗塁、6番・片岡のバントヒットなどで1死1・3塁とすると、バッテリーエラーで1点を返す。なおも2死3塁で3塁ランナー・片岡がホームスチールを仕掛けるも際どい判定でアウト。PIECEは3回表に4番のソロホームランで2点差とする。Rossowaveは3回裏に1死から9番・石川が3塁打を放ちチャンスを作るも、後続倒れ無得点。4回裏も2死から5番・小島が死球で出塁するも、後続倒れ無得点。5回裏は7番・土井(梢)と9番・石川の死球などで2死2.3塁とするも無得点。最終回6回裏も、2死から5番・小島の2塁打と6番・片岡の内野安打、盗塁などで2死2.3塁と同点のチャンスを作るも、ヒット性の打球を相手ファインプレーにより試合終了。PIECEが3-1で勝利。 Rossowave先発・内山は6回を3失点・11奪三振と粘ったが敗戦となった。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(Rossowave)
 
対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ダディーズベースボール 3 4 RED SOX 9月9日(大宮健保)
昨年春MVPの須賀が決勝打!常勝軍団RED SOXが勝負強さを発揮!!
【試合内容】
先攻REDSOX、後攻ダディーズベースボールで試合開始。1回裏、単打2本とエラーによりダディーズが先制。1.2回とランナーを出しながら攻めあぐねていたREDSOXは3回。1アウトから3番中林選手がサード強襲のレフト前ヒットで出塁すると、4番大野選手は四球を選び1.2塁のチャンスを作る。2アウトになりなんとか得点したいREDSOXはダブルスチールをしかけこれを成功させる。6番山本純輝選手の右中間へのタイムリー3ベース、7番飯島選手の連続タイムリーで3点を奪い逆転。しかし3回裏、4回裏に単打や四球で1点ずつ奪われ同点に追いつかれる。時間により最終回になった6回表。4球で2アウトと追い込まれたREDSOX。9番山本裕也選手がライト前ヒットで出塁。今シーズンなかなか調子が上がらず苦しんでいた1番井上選手に打順が回る。フルカウントまで追い込まれたが右中間を破るヒットを放つ。この大チャンスで昨シーズンスプリングカップMVPの須賀選手が初球をセンター前へ運びランナー生還。勝ち越しに成功する。5回から先発村上選手に代わり北川選手が粘り強い投球で1点差を守りきり4-3でREDSOXの勝利。
【相手チームへ一言】
(ダディーズベースボール)
(RED SOX)
REDSOXの皆様、対戦ありがとうございました。
またオープン戦等、よろしくお願いします。
本日は対戦ありがとうございました。緊迫したいい試合にすることができました。これからもよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 7 2 イーグルス 9月9日(八潮北公園)
埼玉の雄TABOOが4回戦へ!注目の新星イーグルスを返り討ち!!
【試合内容】
初回は両チーム無得点。2回にTABOOは二死2.3塁のチャンスを作ると、ライト前に落ちるタイムリーで先制。その後も四球やヒットで追加点をあげる。対するイーグルスも2点を返すが反撃もここまで。7対2でTABOOが勝利した。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(イーグルス)
遠方からありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
TABOO様 永富様 グラウンド、審判等の手配ありがとうございました。完敗です。色々学ばせていただきました。優勝してください!!また宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
葛飾セブンベースボールクラブ 2 8 WILL BASEBALL CLUB 9月9日(大宮健保)
WILLが快勝で4回戦進出!葛飾は大山の2打席連発も実らず!!
【試合内容】
先攻・葛飾セブンは豊島、後攻・WILLは樋口の先発で試合開始。試合はWILLが1回裏に1死2塁から木田の適時打で先制する。しかし2回表、葛飾セブンは先頭の大山(航)が本塁打を放ち同点に追い付く展開。WILLは2回裏に阿住の適時打で1点を勝ち越し、3回裏にも海老井の適時3塁打で1点を追加するが、4回表に葛飾セブンはリリーフしたWILL鈴木から大山(航)が2打席連続本塁打を放ち1点を返す。しかしWILLは4回裏に阿住の2点本塁打、5回裏には樋口の2点本塁打等で5点を追加する毎回得点で勝負あり。8対2でWILLが勝利した。
【相手チームへ一言】
(葛飾セブンベースボールクラブ)
(WILL BASEBALL CLUB)
樋口さま、チームの皆様、本日はありがとうございました。
是非、優勝して下さい!また、宜しくお願い致します!
佐野間様、チームの皆様対戦およびグランドや審判の手配ありがとうございました。今後も引き続きオープン戦など対戦をお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Tropicana 5 4 ジョルターヘッズ 9月9日(荒川小菅球場)
4番田母神が先制打に決勝打!Tropicanaが初のサマー16強入り!!
【試合内容】
Tropicana岡崎、ジョルターヘッズ生田両投手の先発で試合開始。1回裏、Tropicanaは一死から連続エラーでチャンスを作ると4番田母神がレフトへタイムリーを放ち先制。さらに2回裏、二死二塁から三ツ俣、塩谷、池田(卓)の3連続長打で3点を奪い主導権を握る。ジョルターヘッズは赤坂にスイッチし味方の反撃を待つ。すると3回表、入澤がエラーで出塁し、二塁に送ると、岩澤がレフトへタイムリーを放ち1点を還す。さらに藤松が2点タイムリーツーベースを放ち1点差に迫る。 続く4回表、二死ながら三塁にランナーを進めると、西濱ががセンターへタイムリーを放ち、4-4の同点に追いつく。しかしTropicanaは4回裏、二死一二塁から4番田母神がライトへタイムリーを放ち1点をリード。最終回、ジョルターヘッズは一死から樋口が出塁し二塁へ送るも、後続が断たれ5-4でTropicanaが勝利した。投げては先発岡崎が粘り強く投げ完投勝利。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(ジョルターヘッズ)
小関様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
またOP戦等お願い致します。
Tropicana様、色々日程調整でご協力いただき有難うございました。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big☆B 3 0 川商Cats 9月9日(東実健保)
絶対的エース中須が完封勝利!Big☆Bが2年ぶりのベスト16進出!!
【試合内容】
Big☆Bは2回、3回、4回と序盤に1点づつを奪い3点のリード。対する川商CatsはBig☆B先発の中須に完璧に抑え込まれる。結果、中須が川商Cats打線を最後まで寄せ付けず完封勝利。Big☆Bが3対0で勝利し、4回戦進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(Big☆B)
(川商Cats)
遠征ありがとうございました!
グランド手配ありがとうございました。
また対戦宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
(株)小野寺商事 5 0 Brightness 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、Brightnessの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
三晃クラブ 1 7 深谷クラブ 8月26日(大宮健保)
【本部コメント】
3HRを含む打者一巡12安打の猛攻!深谷クラブが埼玉強豪対決を制す!!
【試合内容】
先攻・三晃クラブ間彦投手。後攻・深谷クラブ真下の両右腕が先発。初回、三晃クラブ2番阿部選手、3番岡部選手の連打でチャンスを作るも後続が凡退して無得点。2回裏、深谷クラブは5番安藤の2塁打などで満塁のチャンスを作ると、8番大平がライト線へ満塁ホームランを放ち、4点を先制。さらに1番橋本拓の2ランホームラン、3番橋本彰のソロホームランなど打者12人の猛攻で7得点。3回表、三晃クラブは2番阿部選手の2塁打、5番山下選手の2塁打で1点を返すが、その後は3回から登板した三晃クラブ岡部、深谷クラブ先発真下が互いに相手打線を無安打に抑え好投。結果、7-1で深谷クラブが勝利し、4回戦へコマを進めた。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(三晃クラブ)
(深谷クラブ)
深谷クラブ川田様、そして選手の皆様対戦ありがとうございました。今回は大敗してしまいました完敗です。次回リベンジさせて下さい。今後もよろしくお願いします。
三晃クラブの皆様、ご対戦ありがとうございました。
またグランド、審判のご手配もありがとうございました。
今後も対戦機会あると思いますので、宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
大宮フェニックス 1 2 Naughty 8月26日(大宮健保)
【本部コメント】
両エースによる投手戦はサドンデス決着!Naughtyが新生フェニックスに辛勝!!
【試合内容】
大宮フェニックス井桁、Naughty柳田(健)の両エース先発でゲーム開始。両チームなかなかチャンスを作ることが出来ない中迎えた3回のNaughtyの攻撃、一死から1番按田が四球で出塁すると2番齋藤竣が左中間を破るエンタイトルツーベースを放ち一死二、三塁。このチャンスに山口のエンドラン失敗で無得点。その後も両エースが踏ん張り迎えた6回、時間の都合上サドンデスとなり一死満塁。先攻Naughtyは2番齋藤竣のところで押し出し四球となり1点を奪い取る。続く山口の打席で今度はなんとかバットに当てて2点目を挙げる。その裏、送球ミスで1点を与えるも、2-1で逃げ切りNaughtyの勝利。
【相手チームへ一言】
(大宮フェニックス)
(Naughty)
 
永野様、大宮フェニックスの皆様対戦ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 1 4 座間市役所 8月26日(大宮健保)
【本部コメント】
サマー初出場の座間市役所がベスト16!全員野球で上位常連の吉岡を下す!!
【試合内容】
先攻・吉岡クラブ、後攻・座間市役所で試合開始。先制したのは座間市役所。1回裏、1番前田敬太のライトへのホームランで先制。3回表、吉岡クラブの攻撃、1番青木がデットボールで出塁すると、3番穂積のタイムリーで同点に追いつく。3回裏、座間市役所の攻撃、9番高坂がセンターへのスリーベースヒットでチャンスを作り、2番根本のセーフティースクイズで逆転。座間市役所は5回裏も、3番矢作のライトへの2点タイムリーで追加点をあげる。投げては、先発金子、矢作の投手リレーの前に吉岡クラブ打線を1点に抑え、ベスト16進出を果たした。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(座間市役所)
 
吉岡クラブ様、本日は、グラウンド、審判の手配ありがとうございました!緊迫した試合展開で最終回はハラハラしました。機会あるようでしたら、今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 3 1 東京ドナルドダック 8月26日(大宮健保)
【本部コメント】
エース右腕対決は松岡に軍配!湾岸が優勝候補同士の注目マッチを制す!!
【試合内容】
先攻・湾岸ベースボーイズは松岡、後攻・ドナルドダックは西尾の先発で試合が始まる。湾岸は1回表、1番増田が内野安打で出塁し盗塁、2番野入の犠牲フライで1死3塁のチャンスを作り、3番藤野の内野ゴロで1点先制。対するドナルドダックはその裏、1番児島のレフトへのランニングホームランで同点に追い付く。4回表、湾岸は四死球と6番松岡、1番増田の内野安打などで2点追加する。4回裏、ドナルドダックはヒットと四死球で1死満塁のチャンスを作るも湾岸松岡が踏ん張り無得点。その後は両者無得点。3対1で湾岸ベースボーイズの勝利。投げては湾岸は松岡4回、小山2回の投手リレー。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(東京ドナルドダック)
対戦いただきありがとうございました!
また今後も宜しくお願い致します。
対戦、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
萩中サンダース 5 2 ADDAXS 8月26日(大宮健保)
【本部コメント】
ベテラン箕輪が気迫の完投勝利!萩中サンダースが2年ぶりの16強進出!!
【試合内容】
先攻萩中サンダース箕輪、後攻ADDAXS小川の両先発で試合開始。1回裏、ADDAXSが萩中サンダース箕輪の立ち上がりを攻め、児玉のライト前ヒット、3番村井のレフトオーバーのスリーベースで1点を先制。しかし3回表、萩中サンダースは斎藤の四球から1番永松のスリーランホームランが飛び出し逆転。4回からADDAXSは永井へ継投するも、萩中サンダースは5回にも2点を追加し、有利に試合を進める。萩中サンダース箕輪はその裏、出川のセンター前ヒット、阿部のライトオーバーで1点を返されるが粘り切り完投勝利。萩中サンダースが5対2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(ADDAXS)
逆の結果もありえた試合だったと思います。
ありがとうございました
残暑厳しい中、お疲れ様でした。また、グランド、審判手配等、調整していただき有難うございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Revival 1 5 日本航空電子工業株式会社 8月19日(薬業健保)
【本部コメント】
日本航空電子が16強一番乗り!1部所属チームを次々と撃破し存在感を放つ!!
【試合内容】
先攻Revival、後攻日本航空電子で始まった試合。1回の表、先発櫻田が三者凡退で締めると、その裏の日本航空電子の攻撃、ヒットと四球で1アウト満塁とすると、別所の内野ゴロと守備の乱れの間に2点を先取。さらに2アウト2.3塁から新留の左中間2ベースでさらに2点を追加。初回に4点を先取。対するRevivalは2回に連打により1点を返すも、3回に追加点を与え5-1。投げては櫻田が6回を投げ1失点。最終回は遠藤が締め試合終了。日本航空電子が5対1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(Revival)
(日本航空電子工業株式会社)
栗原様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。
今後ともお付き合いの程、宜しくお願い致します。
グランド、審判の手配ありがとうございました。
また、機会があればよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 15 0 VICCESS 8月19日(大宮健保)
【本部コメント】
TABOO打線が大爆発!15得点を叩き出し、下剋上を狙った4部VICCESSに圧勝!!
【試合内容】
先攻TABOO、後攻VICCESSで試合開始。TABOOは初回から2本のタイムリーで3点を先制し、2回にもタイムリーと失策で2点を追加しリードを広げる!5回にも1点を追加し迎えた7回表、二番手田頭を攻め大量9得点で勝負あり!VICCESSは打線が散発2安打に抑えられ、守備でもミス続出で攻守共に精彩を欠き大敗。TABOOが圧勝で3回戦進出!
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(VICCESS)
日程調整等ありがとうございました!
また機会があればよろしくお願いします!
永富様、TABOOの皆さま暑い中対戦ありがとうございました。日程調整、グラウンドと審判の手配もありがとうございました。楽しみにしていたのですがみっともない試合となり申し訳ありませんでした。また機会がありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京BULLS 3 7 武州ガス(株) 8月12日(あきる野市民球場)
【本部コメント】
大注目の新星対決は武州ガス(株)に軍配!投打がガッチリ噛み合いVictoria初白星!!
【試合内容】
「先制点が大事になる」と試合前のミーティングであった通り、武州ガス(株)は初回、1番佐藤の出塁をきっかけに、5番佐竹の2点タイムリーツーベースで幸先よく2点をとる。しかしその裏東京BULLSが1点を返し、流れがどちらに転がってもおかしくない展開で迎えた3回、武州ガス(株)は今日6番に入ってる白須の2点タイムリーツーベースで4-1となる。その後4回、1番佐藤の3ランホームランで7-1となる。7回裏、守備の乱れもあり2点をとられるも、白須のタイムリー、佐藤のホームランが効き、7-3で勝利した。投げては先発関口が相手打線に捉えられてはいたが、粘り強く投げた。その後は佐竹ー佐藤と継投で投げきり、武州ガス(株)が初勝利。
【相手チームへ一言】
(東京BULLS)
(武州ガス(株))
先日はお世話になりました。とてもいいチームとの対戦でこちらもいい経験になりました!たくさんの事を学べました。ありがとうございます!都合が合えばまたの対戦、交流をできたら嬉しい限りです。
体つきがよく、またスイングも鋭く捉えられるシーンも多々ありどちらが勝ってもおかしくなかったと思います。とても良い声が出ておりこちらもまた見習う部分もございました。また機会がありましたら是非試合を行いましょう。グラントの取得等いろいろ手配ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ジョルターヘッズ 6 4 BIGFACE 8月12日(東綾瀬公園)
【本部コメント】
BIGFACE逃げ切れず!ジョルターヘッズが最終回に土壇場逆転勝利!!
【試合内容】
BIGFACE野々村、ジョルターヘッズ生田両投手の先発。初回、BIGFACEはヒットの板垣を二塁に置き一二塁のチャンス。ここで内野ゴロゲッツーかと思われたがジョルターヘッズ内野陣にエラーが出て先制する。ジョルターヘッズは毎回のようにチャンスを作るも野々村が踏ん張り得点を与えない。すると4回裏、BIGFACEは死球とエラーでチャンスを作ると、亀田がエンドランを決め追加点を挙げる。反撃したいBIGFACE回表、ジョルターヘッズは二死三塁とすると、栗原の内野安打で1点を還す。ジョルターヘッズは5回から大橋にスイッチし味方の反撃を待つ。 最終回、ジョルターヘッズは代打柴代がインターフェアで出塁。ここで送りバントをするも、捕手前に転がり刺殺かと思われたが、送球がランナーに当たり無死二三塁のチャンスとなる。ここで西濱が叩きを決めて同点に追いつく。さらに栗原の内野ゴロで逆転に成功。 続く岩澤のバントがミスを呼び満塁。この場面でバッテリーエラーにより加点すると、生田がセンターへ2点タイムリーを放ち一挙5点を挙げ逆転に成功。その裏、BIGFACEはエラーと菊地のヒットでチャンスを作ると、三井が2点タイムリーツーベースを放ち追い上げる。 二死二塁となったところで大橋から石川にスイッチ。 最後の打者をレフトフライに斬って取り、6-4でジョルターヘッズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(BIGFACE)
BIGFACE様、ご対戦ありがとうございました。最後の最後まで分からない好ゲームでした。今後ともよろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SAMURAI.BOYS 1 3 Super New 8月12日(大宮健保)
【本部コメント】
強打のSuperNewが下剋上!3部を引っ張る若武者がポテンシャルを発揮!!
【試合内容】
Super New先攻、サムライボーイズ後攻で試合開始。初回、Super Newは先頭の大島がいきなり3塁打で出塁すると、続く2番野口がきっちり犠牲フライを放ち幸先よく先制をする。Super Newは3回表、再び1番大島がレフトへのソロHRを放ち追加点を奪う。対するサムライボーイズは先発、田中の緩急を使った投球にタイミングが合わず、ランナーを出すも併殺打で4回まで三者凡退が続いた。Super Newは5回表、9番天野がセンター前ヒットを放つと相手の隙を見てそのまま2塁を陥れる好走塁で無死二塁とチャンスを作る。その後2番野口の犠牲フライで返球をもたついた隙に俊足を活かし一気にホームへ生還し3-0とリードを広げる。サムライボーイズはその裏反撃開始する。先頭の池村が2塁打で出塁する。犠打失敗し1アウト1塁とするとそこから河行のタイムリーなど3連打で1点を返す。尚も1アウト満塁のチャンスだったが後続が続かず1点止まり。7回にSuper Newも1アウト満塁のチャンスを作るが追加点取れず、最後は加納が3人できっちり締めて3-1でSuper Newの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS)
(Super New)
グラウンド・審判の手配含めて本日はありがとうございました。また機会があればよろしくお願い致します。
スーパーニューの皆様、対戦ありがとうございました。
次戦以降も頑張って下さい!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 2 1 Hustlers 8月12日(大宮健保)
【本部コメント】
常勝軍団RED SOXが3回戦へ!新星Hustlersは実力を誇示するも惜敗!!
【試合内容】
先攻Hustlers、後攻REDSOX。お互い0-0で迎えた3回裏、REDSOXは2アウトから9番内山がセンター前ヒットで出塁すると、続く板垣がライト前ヒットで1、3塁とする。続く2番須賀の打席で盗塁。ツーアウトながら2、3塁とチャンスを作ると、ここでワイルドピッチで1点先制。なおも三塁で須賀の内野安打が出て、2-0と先制に成功。その後6回に荒田からリリーフした北川がHustlers2番バッターにホームランを浴び2-1となる。最終7回にHustlersは、先頭が安打で出塁、次打者が初球で送り、最後は2アウト1.3塁とするが北川が抑え、2-1でREDSOXが勝利した。Hustlers先発の丹波誠は完投、粘り強く投げるが野手のエラーで勝利に繋げてあげる事が出来なかった。
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(Hustlers)
本日は遠方からお越しいただきありがとうございました。緊張感のある試合をすることができました。今後もよろしくお願い致します。
REDSOX 丸橋様 チームの皆様、本日はありがとうございました。悔しいですが、また練習して挑みたいと思います。我々の分まで勝ち上がってください!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
川商Cats 4 3 ちゃんぷるーず 8月5日(大宮健保)
【本部コメント】
エース佐々木が気迫の完投勝利!川商Catsが灼熱のサドンデスを制す!!
【試合内容】
先攻ちゃんぷるーず、後攻川商catsで試合開始。2回までは両チームランナーを出すもチャンスを活かせず無得点。3回表、ちゃんぷるーずは1番脇のヒットと盗塁でチャンスを作り、3番今村のツーベースで先制。3回にも3連打で2点目を奪う。しかし川商catsも反撃に出る。3回裏ツーアウトから7番板倉のツーベースで同点。続く大澤直のタイムリーで2点を奪い試合をひっくり返す。しかし5回表、ちゃんぷるーずは満塁の好機から内野ゴロの間に1点を返し同点とする。時間により6回からはサドンデスに突入。表のちゃんぷるーずは9番萩原が浅いレフトフライでツーアウト。1番脇がピッチャーゴロで無得点に終わる。裏の川商catsは5番佐々木が初球エンドランでサードゴロクロスプレーになるも判定はセーフ。4-3で川商catsが好ゲームを制した。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(川商Cats)
(ちゃんぷるーず)
炎天下の中、ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルーサンダース 2 2 (株)小野寺商事 8月5日(大宮健保)
【本部コメント】
春のファイナリスト初戦で散る!小野寺商事が運をも味方にVictoria初勝利!!
【試合内容】
先攻ブルサン小松、後攻小野寺商事前田の両先発で試合開始。先攻ブルサンの立ち上がり、2番橋口が死球で出塁し盗塁に成功する。続く3番久永がライトオーバーHRを放ち、ブルサンが2点を先制する。その後ブルサンの内野陣がエラーなどでピンチとなるが、小松が踏ん張り3回まで無得点に抑える。しかし4回裏、小野寺商事は内野のエラーなどで1点を返す。時間の為最終回となった6回裏、2アウト1,2塁からショートゴロで試合終了と思われたが、エラーになり小野寺商事が土壇場で同点に追いつく。その後、グランド使用時間切れとなり、ジャンケンで小野寺商事が勝利した。
【相手チームへ一言】
(ブルーサンダース)
((株)小野寺商事)
小野寺商事の皆様、本日は対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
FEARLESS 0 2 日本航空電子工業株式会社 8月5日(滝が原運動場)
【本部コメント】
櫻田が12イニング無失点!注目の新星・日本航空電子工業が3回戦進出!!
【試合内容】
FEARLESS先発由森投手、航空電子先発櫻田投手にて始まった試合。両先発投手の好投によりヒットを許さない緊迫した試合。動いたのは5回裏 航空電子の攻撃、四球から2アウト2塁とすると1番村杉が打ったサードゴロを失策。この間に走者が帰り1点を先取。さらに続く打者に対し3連続四球で押し出しによる追加点。投げては航空電子、櫻田が1安打無四球に抑え完封勝利を飾った。
【相手チームへ一言】
(FEARLESS)
(日本航空電子工業株式会社)
日本航空電子のみなさんありがとうございました。
ぜひまたの機会に胸を貸してください。
本日は炎天下の中ありがとうございました。
グランド、審判の手配についても大変助かりました。
また機会がありましたらよろしくお願いします
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 5 0 クーニンズ 不戦試合
<試合内容>
大会規約違反が発覚したため、クーニンズの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
相模KOT'S 2 6 萩中サンダース 8月5日(横山公園)
【本部コメント】
ベテラン左腕青田が完投勝利!萩中サンダースが全員野球で2回戦突破!!
【試合内容】
萩中サンダース青田投手、相模KOT'S泉投手が先発マウンド。序盤3回表までは互いにノーヒットの投手戦となる。3回裏、萩中サンダースはこの試合初のチャンスを作ると永松選手のスリーランホームランで3点を先制。追う相模KOT'Sも5回表に鈴木が右中間へツーランホームランを放ち1点差に。しかし、萩中サンダースが6回裏にラッキーな内野安打と四死球で得たチャンスで貴重なタイムリー、ワイルドピッチで3点を追加。そのリードを先発青田が守り切り、6-2で萩中サンダースの勝利。
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(萩中サンダース)
萩中サンダースの皆さん、遠征ありがとうございました。5年前と同じ完敗でした。またよろしくお願いします。
諸々の手配などありがとうございました! 素晴らしい球場の下、マナー良くトーナメント戦を戦えた事、お礼申し上げます。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 3 4 Big☆B 8月5日(大宮健保)
【本部コメント】
初優勝を狙うBig☆Bが辛勝スタート!春4強のGOLGOは2回戦で姿を消す!!
【試合内容】
初回にBig☆Bが先制。2回、3回にも四死球や失策絡みで追加点を挙げ、Big☆Bが3回までに4点をリード。対するGOLGO BASEBALL CLUBも5回に2点、6回に1点を返すが反撃もここまで。6回時間切れ終了となり、4対3でBig☆Bが逃げ切った。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(Big☆B)
対戦ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
グランド手配、審判確保ありがとうございました。
また対戦お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ドナルドダック 6 2 Juggle Fumbles 8月5日(城北中央公園)
【本部コメント】
鉄腕西尾が好投!春のリベンジを狙う東京ドナルドダックが快勝スタート!!
【試合内容】
先攻JuggleFamblesは長濱、後攻ドナルドダックは西尾の先発で試合が始まる。3回まで両者無得点で進むが、4回裏にドナルドダックが2点を先制する。5回表にJuggleFamblesは1点を返すも、その裏ドナルドダックは4点を追加する。時間的に最終回になった6回表、JuggleFamblesは1点を返すが反撃もここまで。6対2でドナルドダックの勝利。
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(Juggle Fumbles)
暑い中、対戦ありがとうございました。
強すぎてかないませんでした。また今度リベンジさせてください。ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Rossowave 12 0 NTスコーピオンズ 8月5日(我孫子市民球場)
【本部コメント】
昨夏&今春のリベンジに燃えるRossowaveが圧巻のコールド勝ちで3回戦へ!!
【試合内容】
先攻NTスコーピオンズ金子、後攻Rossowave沖の先発で試合開始。1回表、NTスコーピオンズはチャンスを作るも無得点。対するRossowaveは1回裏、1死から死球と4番・小沼の安打などで2死満塁とすると、6番・片岡のタイムリーで2点先制。2回裏には8番・小笠原の3塁打から1死満塁とすると、3番・小島のタイムリー2塁打で3点。さらに7番・松本のタイムリー内野安打などで2回裏に計6点。4回裏には途中出場の小林の内野安打などからチャンスを作ると、6番・片岡に3点ホームランが出てコールド。投手陣は沖-雑賀の投手リレーで無失点。Rossowaveが3回戦へと駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(Rossowave)
(NTスコーピオンズ)
対戦ありがとうございました。
土井さん、この度は対戦ありがとうございました。またこちらのお願いにも快く応えて頂き、チーム一同感謝しています。必ず勝ち上がってください!応援しています!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
葛飾セブンベースボールクラブ 5 5 フューチャーズ 8月5日(夢の島野球場)
【本部コメント】
葛飾セブンが下剋上!伊藤のタイムリーで最終回追いつきジャンケン決着を制す!!
【試合内容】
酷暑の中、行われた一戦。先攻フューチャーズ、後攻葛飾セブンでスタート。先制したのはフューチャーズ。2回、6番深町のタイムリーで1点を先制。追う葛飾セブンは無死満塁とチャンスを作ると、2番豊島の右越えエンタイトルツーベースで逆転。更に4番佐野間の左中間への2点タイムリーでリードを3点に広げる。しかし、フューチャーズもその裏、中川のスリーランHRで同点に追いつくと、最終回に中村のタイムリーツーベースで勝ち越し。しかし葛飾セブンもその裏、伊藤のタイムリーで同点に追いつき、ここでタイムアップ。結果、ジャンケン対決を制した葛飾セブンが3回戦に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(葛飾セブンベースボールクラブ)
(フューチャーズ)
岡田さま、チームの皆様、本日はありがとうございました。
またの機会に宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
イーグルス 6 5 初森ベマーズ 8月5日(ガス橋緑地)
【本部コメント】
新星イーグルスが勝負強さを発揮!2戦連続のサドンデス勝利で3回戦進出!!
【試合内容】
イーグルス先発投手が立ち上がりにヒットを許し、ピンチの場面で内野にミスが出てベマーズが先制。イーグルスはベマーズ先発の速球投手から四球とヒットでチャンスを作り、押し出し等で4点を取り逆転。しかし、次の回に四球をキッカケにベマーズ打線が爆発して4点を奪われる。その後はイーグルスが1点を取り振り出しに戻すと、7回までお互い0行進。延長サドンデスをイーグルスがファインプレーで0点に抑え、裏の攻撃!ボールを高く叩いてランナーがホームに突っ込んだところでベマーズにミスが出てサヨナラ!イーグルスはサマーカップを2試合連続で延長サドンデスサヨナラ勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(イーグルス)
(初森ベマーズ)
初森ベマーズ様、大西様、暑い中ありがとうございました。
また是非お願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ユニティー 2 7 Brightness 8月5日(東調布公園)
【本部コメント】
エース柿崎が完投勝利!投打の噛み合ったBrightnessが3年ぶりに初戦突破!!
【試合内容】
ブライトニスは初回、1番八木がヒットで出塁し盗塁でチャンスを作ると、相手のパスボールで先制。その後もランナーを出し相手のミスで2点目を奪う。しかしその裏、先発柿崎が四球で出したランナーを盗塁で進められ、内野エラーなどで同点とされる。2、3回と両チーム無得点に終わり、4回のブライトニスの攻撃。6番石岡、7番堀、8番高橋拓の連続安打で無死満塁とすると、9番高橋雄が押し出しの四球を選び1点。1番八木の2点タイムリー、さらに4番片桐六の2点タイムリーで一挙5点を奪う。その裏を柿崎が抑え7-2でブライトニスの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(ユニティー)
(Brightness)
 
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 20 3 GYOSEI 8月5日(大宮健保)
【本部コメント】
PIECEが1部の実力を誇示!圧巻の20得点で3部GYOSEIに打ち勝つ!!
【試合内容】
PIECE先攻、GYOSEI後攻で試合開始。2回表PIECEは2アウトから柴の先制ツーランに井上のタイムリーで3点を先制する。その裏GYOSEIもすぐさま5番朝比奈のソロホームランと9番今村のライト前タイムリーで2点を返す。PIECEは1点差に詰め寄られるも3回表、四死球にエラー、ヒットを絡めて得点し、最後は坂東にもツーランHRが飛び出しこの回一挙7得点で突き放す。4回表にも鈴木、西野(博)のヒットに2つの四球で満塁とすると、坂東がこの日2本目となるホームラン、続く高野にもホームランが飛び出してこの回更に10得点。GYOSEIも最終回に3番星野のタイムリーで1点を返すも及ばず、20-3でPIECEがコールド勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(GYOSEI)
代表の方、選手の皆様、この度は対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
猛暑の中、対戦有難うございました。
また機会があれば宜しくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 7 1 マリアッチ 8月5日(大宮健保)
【本部コメント】
穂積が投打の活躍!リーグでも好調を維持する吉岡クラブが逆転勝利!!
【試合内容】
先攻吉岡クラブ、後攻マリアッチで試合開始!1回裏マリアッチは吉岡クラブ先発穂積を責め、幸先良く1点奪う。追いつきたい吉岡クラブは3回表、四球から2アウト2塁、3塁チャンスを作り、3番穂積の2点タイムリーで逆転に成功すると、4番豊田が四球、5番足立が3ランホームランを放ち一挙5点を奪う。4回表にも中村、青木のタイムリーで2点追加。吉岡クラブ先発穂積は要所を抑え7対1で勝利した!
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(マリアッチ)
澤柳様、マリアッチの皆様 日程及び時間調整ありがとうございました!今後も引き続きよろしくお願い致します!
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
はちみつハニー 5 0 横浜crews 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、横浜crewsの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Sundays 2 8 深谷クラブ 7月29日(大宮健保)
【本部コメント】
真下が1安打完投!深谷クラブが逆転勝利で2年連続の3回戦進出!!
【試合内容】
先攻・Sundays田中投手、後攻・深谷クラブ真下投手の先発で試合開始。両投手の好投により4回までゼロ行進。試合が動いたのは5回表、Sundaysは先頭が四球を選び、内野エラーとフィルダースチョイスで無死満塁となると、3塁ランナー帰塁の際、キャッチャーからの牽制球が暴投となりSundaysが先制。さらに死球の後、再度キャッチャーの牽制球暴投によりもう1点追加しこの回2点を奪う。対する深谷クラブもその裏、エラーとヒットで1死1、3塁のチャンスを作ると盗塁を仕掛け、キャッチャー送球が逸れる間に1点を返す。さらに6回裏、先頭の1番橋本が左中間への2ベースヒットで出塁すると2番木部のライト前ヒットで1点を追加し同点とする。続く3番澤田のヒットでチャンスを広げると4番阿部がレフトへ特大の3ランホームランを放ち3点追加で勝ち越す。その後も打線が繋がりさらに3点追加し、打者11人の猛攻で7点を奪い逆転に成功。最終回、Sundaysは1死から7番新井(佳)が2ベースヒットで出塁するも後続が倒れ試合終了。先発の真下はSundays打線を1安打に抑える完投勝利で8−2で深谷クラブが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Sundays)
(深谷クラブ)
深谷クラブの皆さま、この度は対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらオープン戦等よろしくお願いします。
Sundaysの皆様、本日はご対戦ありがとうございました。
また、グランド審判のご手配ありがとうございました。
今後ともお付き合い下さいます様、宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
VICTORYS 5 6 ADDAXS 7月22日(大宮健保)
【本部コメント】
ADDAXSが5点差を覆し2回戦突破!不屈のメンタリティーで1部対決を制す!
【試合内容】
先攻ADDAXS、後攻VICTORYSで試合開始。2回裏VICTORYSは、4番の駒野が内野安打で出塁すると、5番桜井、6番高山の安打等で2点を先制。続く3回裏VICTORYSは、2番池本、3番設楽の安打でチャンスを作ると、5番桜井の安打や失策等で2点を追加。さらにVICTORYSは4回裏にも四球のランナーを暴投等で生還し1点を追加。対するADDAXSは5回表、死球等でチャンスを作ると、9番小谷の二塁打で2点を返す。さらに四球と失策を絡めて1点を返し、4番小川の三塁打で2点を返し同点。7回表ADDAXSは、9番小谷の二塁打でチャンスを作ると、2番村井の遊ゴロの間に1点を追加し逆転。最後は5回から登板のADDAXS永井(文)が3イニングを0点に抑え試合終了。6-5でADDAXSの勝利。
【相手チームへ一言】
(VICTORYS)
(ADDAXS)
対戦ありがとうございました。
暑い中、お疲れ様でした。グランド、審判員手配 等、有難うございました。また、宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 8 4 相模原ウインズ 7月22日(大宮健保)
【本部コメント】
WILLがシーソーゲームを制す!2015王者が3年ぶりの悲願に向け好スタート!!
【試合内容】
相模原ウインズは岩井、WILLは樋口の先発で試合開始。先攻の相模原ウインズは1回表、四球送りバントで1死2塁から3番のタイムリーヒットで先制すると、四球でチャンスを広げて1死満塁からWPで追加点を挙げ2点のリードを奪う。後攻のWILLは1回裏、1死2塁から木田のタイムリーで1点を返すと、四球絡みで2死満塁から井上が走者一掃のタイムリースリーベースを放ち、4点を挙げて逆転に成功する。追いかける相模原ウインズは3回表、2死2.3塁から6番にタイムリースリーベースが飛び出し同点にするも、WILLがすぐに海老井のスリーベースをきっかけにWPで勝ち越すシーソーゲームの展開。4回裏にはWILLが相手エラーなどで3点を追加すると4回表からリリーフ登板した山重が反撃を許さずWILLが勝利した。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(相模原ウインズ)
松木様、チームの皆様対戦および遠征の対応ありがとうございました。また機会がありましたら、是非よろしくお願い致します。
樋口様、WILL BBCの皆様、この度は対戦ありがとうございました。強豪と試合ができたこと、とても嬉しく思います。今後も対戦機会があるかとは存じますが、何卒、宜しくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BOOOOON 1 3 Tommys baseballclub 7月22日(大宮健保)
【本部コメント】
Tommys bbcが3回戦進出!代表、監督、主将の活躍でBOOOOONに競り勝つ!!
【試合内容】
先攻Tommys、後攻BOOOOONでプレイボール。3回表、Tommysは2死から3番 黒木がライトオーバー三塁打を放つと、健保の男 4番関の左前安打により1点を先制。その裏、先頭打者にヒットを許し同点とされる。5回表、キャプテン三浦の中前安打を皮切りに相手のエラー、そして5番富山の左前安打により1点を追加。そして最終回、再び三浦の左中間へのヒットとエラーが絡み無死三塁。3番黒木の内野ゴロの間にさらに1点を追加し、3-1でゲームセット。Tommysが3対1で勝利。
【相手チームへ一言】
(BOOOOON)
(Tommys baseballclub)
 
暑い中お疲れ様でした。対戦ありがとうございました。グランド、審判さん手配も合わせてありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
三晃クラブ 4 3 Nomad.Yankees 7月15日(大宮健保)
【本部コメント】
矢崎の先制弾に永尾の決勝打!三晃クラブが逃げ切りで強豪対決を制す!!
【試合内容】
35度の灼熱の太陽の下、三晃クラブ本澤、Nomad.Yankees中村両右腕が先発。1回裏三晃クラブの攻撃 2死1.2塁から5番矢崎が左中間にHRで3点先制する。3回裏にも3番永尾の左前安打で1点追加。4回表Nomad.Yankeesの攻撃失策で1点を返し、さらに5番木村が右越えのHRで追撃開始。さらに2連打などでこの回3点を返し4-3にする。7回表Nomad.Yankeesは2死満塁で一打出れば逆転の場面だったが、2番久木野が二飛で4-3でゲームセット。三晃クラブが2回戦進出。
【相手チームへ一言】
(三晃クラブ)
(Nomad.Yankees)
Nomad.Yankees金井様、選手の皆様本日は対戦ありがとうございました。暑い中の対戦で今回はたまたま勝たせて頂きました。今後もお付き合いよろしくお願いします。
対戦ありがとうございました。優勝目指して下さい!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ラクーンズ 0 13 座間市役所 7月15日(滝ガ原運動場)
【本部コメント】
エース金子が投打の活躍!カップ戦初出場の座間市役所が圧勝スタート!!
【試合内容】
先攻座間市役所 後攻ラクーンズで試合開始。1回の表、座間市役所は前山のタイムリーで先制!2回、3回、4回と金子のホームラン等で追加点をあげ、4回終了時には9-0。ラクーンズ先発福本をノックアウトする。ラクーンズ打線もエース金子の前にランナーを出すも、後一本が出ず、無得点。4回表からエース金子に代わりマウンドへ上がった2番矢作投手からも点が取れず、2安打に終わる。4回途中から代わった越山も座間打線を止める事が出来ず、終わってみれば13-0と座間市役所の快勝。サマーカップ初参戦の座間市役所が、猛打で初戦をものにした。
【相手チームへ一言】
(ラクーンズ)
(座間市役所)
完敗でした!また機会があればよろしくお願いいたします!
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BIGFACE 3 2 ハーツ 7月15日(江戸川河川敷)
【本部コメント】
まさに真夏の死闘!リベンジに燃えるBIGFACEが再三のピンチを凌ぎ辛勝!!
【試合内容】
先攻ハーツ、後攻BIGFACEで試合開始。先制点はBIGFACE、一死から5番亀田が右中間にランニングホームランを打つ。さらに続く6番太田のレフトオーバーのスリーベースに7番梶山のセンターへの犠飛で2点目を追加して2対0。その後3対1になり迎えた最終回。ハーツは2アウト満塁と粘りを見せ、ショートのエラーで1点返したが反撃もここまで。3対2でBIGFACEが勝利した。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(BIGFACE)
(ハーツ)
宇都宮様、ありがとうございました。また機会ありましたらオープン戦でもよろしくお願い致します。
グラウンド確保から審判手配までありがとうございました。
今後ももしよろしければ試合よろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Hustlers 13 0 バイソンズ 7月15日(我孫子市民球場)
【本部コメント】
注目の新星対決はHustlersに軍配!圧巻のコールドデビューで2回戦進出!!
【試合内容】
Hustlersは相手投手の立ちあがりを攻め、安打と四球を絡めて初回に7得点。試合の流れを引き寄せると、2回は0点ながらも3、4回にも4点、3点と加点して13得点。Hustlersが4回コールド勝ちをおさめた。
【相手チームへ一言】
(Hustlers)
(バイソンズ)
バイソンズ様、暑いなか対戦いただきありがとうございました。
また機会ありましたら対戦を宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Rossowave 4 3 ブルーレンジャーズ 7月15日(我孫子市民球場)
【本部コメント】
Rossowaveが土壇場で逆転!最終回に4点差を覆し千葉強豪対決を制す!!
【試合内容】
Rossowave先攻、ブルーレンジャーズ後攻で試合開始。Rossowaveは1回裏にエラーと安打などでランナーを許すと、タイムリーとバッテリーエラーで計2失点。2回裏にも安打とエラーなどでランナーを許すと、犠飛で1点。なおも2死2塁から安打を浴びるが、レフト土井の好返球で1点で留める。3回裏からは2人目・内山が登板し、3イニングを三者凡退。6回裏からは3人目・沖が登板し、無失点で反撃を待つ。迎えた7回表に1死から6番・片岡のソロホームランで反撃開始。2死から安打と連続四死球で満塁とすると、2番・稲見の押し出しで1点。続く3番・小沼の打席でバッテリーエラーで同点。小沼が四球となった際に3塁ランナー・土井が本盗し、勝ち越し。7回裏は沖が無失点に抑え勝利。4対3でRossowaveが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Rossowave)
(ブルーレンジャーズ)
対戦ありがとうございました。
Rossowave 土井様、グランドと審判の調整ありがとうございます。又、宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
横浜crews 10 0 岡men'津 7月15日(金沢産業センター)
【本部コメント】
横浜crewsが2年ぶりの初戦突破!初回から打線爆発でコールド発進!!
【試合内容】
先攻岡men'津、後攻横浜crewsで試合開始。1回裏にヒットと相手のエラーが絡み横浜crewsが一挙6点を先制。その後も得点を重ね、4回までに10点を取り、横浜crewsのコールド勝ち。
【相手チームへ一言】
(横浜crews)
(岡men'津)
この度は有難うございました。
今後とも、宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
イーグルス 7 6 グランドスラム 7月14日(潮田公園)
【本部コメント】
初出場イーグルスが1回戦突破!互角の好勝負の結末は劇的サヨナラ!!
【試合内容】
猛暑の中プレーボール。初回にイーグルスが叩きで先制点をあげるが、その直後にグランドスラムの猛攻で4失点で逆転を許す。その後はヒットや四死球でお互いに得点を重ね、6回終わって6対6。7回の最終イニングにイーグルスがグランドスラムのパスボールでサヨナラ勝ち。シーソーゲームで非常に緊張感のある試合だった。
【相手チームへ一言】
(イーグルス)
(グランドスラム)
グランドスラム様、ライリー様。横浜まで遠征頂きありがとうございました。日程も詰まっており土曜日の試合になり申し訳ありませんでした。試合は締まったシーソーゲームで非常に楽しかったです。また是非宜しくお願い致します。
グランドと審判の手配をありがとうございました。また別の機会で再戦させてください。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
大宮フェニックス 5 0 EIGHT baseball academy 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦予定日の7日以内に対戦をキャンセルしたため、EIGHT baseball academyの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GCアスレチックス 8 8 ダディーズベースボール 7月8日(大宮健保)
【本部コメント】
佐藤(圭)が3打点!灼熱のシーソーゲームを制したのはダディーズ!!
【試合内容】
GCアスレチックス先攻、ダディーズ後攻で試合開始。初回ダディーズのエラーなどでアスレチックスが2点を先制。その裏、4番長谷川と6番日景のタイムリーでダディーズが逆転に成功する。3回表、アスレチックスは2本のホームランで逆転。ダディーズはその後先発の吉川から長谷川にスイッチ。その裏、ダディーズは5番佐藤圭のホームランで1点を返すと、4回裏に内野ゴロの間に1点を返し同点とする。5回表、アスレチックスがタイムリーとスクイズで3点を奪うも、6回裏にノーアウト満塁から佐藤圭のセンター前2点タイムリーと篠宮の犠牲フライでダディーズが同点に追いつく。決着はジャンケン対決となり、5-3でダディーズが勝利。
【相手チームへ一言】
(GCアスレチックス)
(ダディーズベースボール)
ダディーズベースボールの皆様、暑い中での対戦ありがとうございました。また機会がございましたらオープン戦などよろしくお願い致します。
GCアスレチックスの皆様、対戦ありがとうございました。
また対戦できる事を楽しみにしております。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Tropicana 4 3 ギャンブラーズクラブ 7月8日(大宮健保)
【本部コメント】
池田が劇的サヨナラ打!Tropicanaが3年ぶりにサマー初戦の壁を破る!!
【試合内容】
ギャンブラーズクラブ荒木、Tropicana岡崎の先発で試合開始。2回表、ギャンブラーズクラブは5番矢部が四球で出塁し、6番林田のランニングHRで2点を先制。追いつきたいTropicanaは4回裏に4番神谷のHRで1点を返す。その後5番塩谷がヒットで出塁し後続が倒れるも、8番岡崎のタイムリーヒットで同点に追いつく。時間の関係で同点のままサドンデスとなり、ギャンブラーズクラブは4番荒木のサードゴロの間に1点勝ち越し。後がないTropicanaはウラの攻撃で3番池田がセンターに抜けるタイムリーで2人のランナーが帰り、4-3でTropicanaの勝利。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(ギャンブラーズクラブ)
関様、チームの皆様ありがとうございました。
今後もOP戦等宜しくお願い致します。
松下様、審判、グラウンドの手配、スケジュールの調整等、有難うございました。選手の皆様、いい緊張感の中、素晴らしい試合をして頂き有難う御座いました。今後ともOP戦等宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 2 5 Naughty 7月8日(城北中央公園)
【本部コメント】
Naughtyが5年連続の夏初戦突破!3年前のリベンジへ向け好スタート!!
【試合内容】
先攻とん吉、後攻Naughtyでプレイボール。Naughtyの先発は齋藤愛。序盤はお互いに決め手を欠き無得点。試合が動いたのが3回裏、Naughtyは先頭の9番柳田泰がレフトへヒットを放ちパスボールで2塁に進塁。このチャンスに続く1番按田がレフトオーバーのタイムリー2塁打を放ち先制。続く2番3番は倒れるが4番が四球で出塁。ここで5番深井がセンターへのタイムリーを放ちこの回3点を先制する。Naughtyは4回にも8番宇内に柵越えホームランが飛び出し追加点を奪う。投げては左腕、齋藤愛が最終回二死まで三塁を踏ませないピッチングを披露する。しかし最終回二死から連打とミスから2点を許すも、とん吉打線を3安打1死球に抑え、2-5でNaughtyが勝利した。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(Naughty)
Naughtyの皆様、齋藤様、朝から対戦ありがとうございました。また対戦機会があると思いますので今後とも宜しくお願い致します。
鈴木様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
青木製作所Snugs 3 4 日本航空電子工業株式会社 7月8日(大宮健保)
【本部コメント】
注目の日本航空電子がサヨナラデビュー!粘るSnugs撥ね退け2回戦進出!!
【試合内容】
先攻・青木製作所Snugs、後攻・日本航空電子にて試合開始。序盤Snugs石橋と航空電子櫻田、両投手の好投により0点で進行する。5回、航空電子の攻撃、1アウト1塁、2塁の場面で3番遠藤が右中間を破る3ベースヒット。中継プレーが乱れる間に打者もホームに帰り3点を先制。6回から航空電子投手出田に変わると7回、Snugsの攻撃。先頭が出塁すると、後続打者の4連打により一挙に3点を返し同点。後続をなんとか抑え7回裏の攻撃。航空電子は四球と守備の乱れから0アウト満塁。3ボール2ストライクから粘りを見せ、最後は四球にて押し出しサヨナラとなった。
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(日本航空電子工業株式会社)
この度は対戦ありがとうございました。また機会があれば是非よろしくお願いします。次戦も頑張ってください。
本日はありがとうございました。また、グランド、審判の手配ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
萩中サンダース 2 0 クローン 7月8日(多摩川緑地)
【本部コメント】
技巧派相澤が完封シャットアウト!萩中サンダースが3年連続の1回戦突破!!
【試合内容】
試合は、両投手の好投でテンポ良く中盤へ。試合が動いたのは4回、ここまでパーフェクトに抑え込まれていた萩中サンダースは四死球で満塁のチャンスを作り、この試合唯一のヒットが貴重な2点タイムリー。そのリードを先発相澤が相手打線を巧みに交わし、失策などでピンチこそまねくも、要所をまとめ完封勝利。萩中サンダースが2対0で勝利。
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(クローン)
この度はありがとうございました!また機会に恵まれましたら、よろしくお願い致します!また対戦交渉におきまして、素晴らしい対応をしていただき、感謝申し上げます。
皆様、対戦ありがとうございました。とても勉強なる試合でした。この後もぜひ勝ち上がってください。また是非よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ちゃんぷるーず 6 0 CHUYANS+ 7月8日(天王洲公園)
【本部コメント】
サドンデスが分けた明と暗!ちゃんぷるーずがデビュー戦で勝負強さを発揮!!
【試合内容】
お互いチャンスはつくるものの、CHUYANS+、ちゃんぷるーず両投手の好投により、7回終わって0-0のスコアで、サドンデスに突入。先攻のちゃんぷるーずはヒットとデットボール等で6点を挙げると、裏のCHUYANS+の攻撃を無得点に封じ、6-0でちゃんぷるーずが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ちゃんぷるーず)
(CHUYANS+)
対戦までの円滑なご対応、ありがとうございました。
また、機会がありましたら対戦、よろしくお願いいたします。
岩崎様、ちゃんぷるーずの皆様、好ゲームありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
マリアッチ 8 1 レッドドックス 7月8日(大宮健保)
【本部コメント】
マリアッチが1回戦突破!小野寺、加藤、川島の3発でレッドドックスを圧倒!!
【試合内容】
マリアッチは小野寺、加藤、川島の3本のホームランが飛び出し、4回まで毎回得点。対するレッドドックスはなかなか反撃できず、終始マリアッチリードで試合終了。マリアッチが8対1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(マリアッチ)
(レッドドックス)
対戦ありがとうございました。
また対戦お願いします。
グランド、審判手配ありがとうございました。
また、よろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
葛飾セブンベースボールクラブ 4 0 江戸川ギャンブラーズ 7月8日(大宮健保)
【本部コメント】
葛飾セブンが1回戦突破!打っては大山の先制弾、投げては森田が好援!!
【試合内容】
葛飾セブン先攻、江戸川ギャンブラーズ後攻で試合開始。葛飾セブンは初回、1番大山航の本塁打で先制。2回は加賀のレフト前タイムリー、3回は安藤の犠牲フライ、4回は田中の本塁打と毎回得点。先発は新妻だったが2回から急遽、森田にスイッチ。森田は代表の期待に応え、6イニングスをピシャリと抑える。結局、序盤に得点を重ねた葛飾セブンが4-0の完封ゲームで初戦を突破。
【相手チームへ一言】
(葛飾セブンベースボールクラブ)
(江戸川ギャンブラーズ)
本日はありがとうございました。
また機会ありましたらよろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Juggle Fumbles 9 2 江東ビッグランド 7月8日(リバーサイド球場)
【本部コメント】
Juggle FumblesがVictoria初勝利!注目の新星対決を制し2回戦へ!!
【試合内容】
序盤は行き詰まる投手戦となる。Juggle Fumblesは相手のエラーなどをきっかけに得点を重ねていき、江東ビッグランドも一時2点差まで追い上げたものの終わってみれば9-2で試合終了!Juggle Fumblesが快勝で2回戦へコマを進めた。途中まではどっちに転ぶかわからないほどの好ゲームだった!
【相手チームへ一言】
(Juggle Fumbles)
(江東ビッグランド)
良い試合をありがとうございました!
またの機会によろしくお願いします!
同学年対決ということもあり今後とも仲良くして頂けたら嬉しいです。次の対戦相手さんがかなり強豪かと思われますが、健闘をお祈りしております。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 2 1 MKY88 7月1日(大宮健保)
【本部コメント】
2016王者が初戦敗退!春ベスト8のBig Dipperがまたしても強豪斬り!!
【試合内容】
先攻BigDipper平野、後攻MKY88中島の先発で試合開始。序盤はランナーは出すものの両チームは無得点で試合が進む。試合が動いたのは3回裏、MKY88は1死から9番中島が1塁エラーで出塁すると、すかさず盗塁を決め1死2塁。続く1番倉田が左中間に2塁打を放ち、MKY88が1点を先制した。尚もチャンスは続いたが、ここはBigDipper平野が後続を抑える。対するBigDipperは4回表、先頭の3番矢内がエラーで出塁すると、続く4番平野はセンター前ヒットを放ちチャンスを広げる。5番林田は倒れるも、ここでチャンスに強い6番川井がレフト前ヒットを放ち同点。尚もツーアウト3塁なり、ここで8番宇田川が内安打を放ち、2-1と逆転に成功。その後ランナーを出すものの、両投手が踏ん張り得点を与えない。そのままBigDipperが2-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(MKY88)
浅井様・チームの皆様、本日は対戦ありがとうございました。
また、機会がございましたら宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
グランドや審判の手配等もありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 12 1 ワイルドスピリッツ 7月1日(大宮健保)
【本部コメント】
昨年8強の湾岸ベースボーイズが実力を誇示し、圧巻のコールド発進!!
【試合内容】
湾岸ベースボーイズ先攻、ワイルドスピリッツ後攻で試合開始。1回表、湾岸はワイルドスピリッツ先発の柴田を攻め、四死球やエラーで5点を先制する。さらに4回表、1死3塁で2番藤野のライト前ヒットで1点追加。5回裏、ワイルドスピリッツは鈴木のソロホームランで1点返す。6回表、湾岸は二番手安藤の四死球でランナーをため、2番藤野の右中間ツーベース、5番松岡の右中間スリーベースなどで6点追加。6回裏、ワイルドスピリッツは無得点。湾岸ベースボーイズが12対1でコールド勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(ワイルドスピリッツ)
ワイルドスピリッツ様、対戦ありがとうございました!
今後もオープン戦等宜しくお願い致します!
宮島様、湾岸ベースボーイズ選手様、本日は暑い中ありがとうございました。また1つ2つとレベルアップしていきますので今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
エープル 0 12 Revival 7月1日(薬業健保)
【本部コメント】
Revivalが初回から打者一巡の猛攻!投げては完封リレーでシャットアウト!!
【試合内容】
Revival先攻、エープル後攻で試合開始。Revivalは初回、先頭の1番松山選手の四球から無死満塁のチャンスを作ると、4番小林選手がレフトオーバーの3点タイムリー二塁打を放ち、Revivalが先制する。さらに6番桜井選手のタイムリー等で3点を追加し、打者一巡の猛攻で6-0とする。対するエープルは1回裏の攻撃、二死から四球とセンター前ヒットでチャンスを作るも無得点。Revivalは3回表に2点、5回表に4点と着実に加点する。投げては山田、松山投手の継投で12-0の5回コールドで勝利した。
【相手チームへ一言】
(エープル)
(Revival)
今回は初の公式戦でリバイバルさんの様な強いチームと試合が出来て本当良かったです。ありがとうございました。
石森様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Sundays 5 0 coastalife 不戦試合
<試合内容>
大会本部及び対戦相手からの再三の連絡に対し、期日までに返信を行わなかったため、coastalifeの不戦敗。