TOP > スプリングカップ2019 > トーナメント表
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 0 3 湾岸ベースボーイズ 7月21日(大宮健保)
小山が1安打11奪三振の完封SHOW!湾岸が2年連続のファイナル進出!!
【試合内容】
TABOO先攻、湾岸ベースボーイズ後攻で試合開始。TABOOは1回表、1アウト2.3塁のチャンスを作るが無得点。3回までは、TABOO田中、湾岸ベースボーイズ小山両投手の奪三振ショーで両者無得点。試合が動いたのは4回裏、湾岸は2アウト1.2塁から5番宮島、6番松岡、7番齋の3連打で3得点。その後は両者無得点。小山が1安打11奪三振で完封勝利。湾岸が決勝進出を決めた。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(湾岸ベースボーイズ)
対戦の調整ありがとうございました。
優勝してください!
対戦ありがとうございました。また、グランド、審判を手配いただきありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Tropicana 1 2 相模KOT'S 7月7日(大泉中央公園)
泉の熱投に原田が決勝打!相模KOT'Sが8年越しの夢舞台へ進出!!
【試合内容】
相模KOT'S泉投手、Tropicana冨安投手の先発マウンドで試合開始。Tropicanaは初回、鷲谷がツーベースヒットで出塁するも後続が倒れ無得点。2回裏の相模KOT'Sは鈴木が振り逃げで出塁し、阿部がライト前へエンドランを決めると、原田が右中間を破るスリーベースヒットを放ち2点を先制。追いつきたいTropicanaはランナーを出すも好投手泉の前に打線が繋がらず苦しい展開が続く。Tropicanaは5回から左腕岡崎が好リリーフを見せ流れを作ると最終回へ。Tropicanaはヒットとエラーでチャンスを作ると、代打五條がレフト前へタイムリーを放ち1点を返す。しかし最後は泉が三ツ俣をファーストゴロに抑え、2-1で相模KOT'Sの勝利。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(相模KOT'S)
吉田様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
決勝頑張ってください。
ropicanaの皆様、対戦ありがとうございました。また日程調整等いろいろと助かりました。またリーグでも対戦させて頂きますのでよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 6 3 ちゃんぷるーず 6月9日(大宮健保)
主将田中が値千金の勝ち越し弾!TABOOが3年ぶりの春4強進出!!
【試合内容】
スプリングカップ準々決勝は先攻TABOO、後攻ちゃんぷるーずで試合開始。先制攻撃を狙うTABOOは初回、一二塁の場面を作るもあと一本出ず無得点。TABOO先発の田中は、先頭打者に死球を与えるも粘って無失点で切り抜けた。ゲームは投手戦となり、先制点を取ったのはTABOOだった。相手のエラーでチャンスを得ると犠牲フライで欲しかった先制点を奪う。それでは終わらないのが今年のTABOO、その流れから相田がレフトの頭を越すランニングHRでさらに2点を追加し主導権を握る。しかし、強打のちゃんぷるーずもすぐさま連打で同点に追いつく。その後互いに投手が踏ん張り、サドンデスも見えてきた最終回、TABOOはツーアウトから代表永富がポテンヒットで出塁、そして代表に続き主将田中がレフトオーバーの価値千金の勝ち越しランニングHR。続く相田もヒット、そしてダメ押しは金井が右中間を抜くタイムリースリーベースでこの回3点を追加。最終回のマウンドに上がるのは小町、いきなり二者連続の四球となり小町はここで降板。そして変わったピッチャーは元々元エースの代表永富だった。頭脳を使った魔球、勝手に落ちるツーシームで打ち取り、TABOOが6-3で勝利した。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(ちゃんぷるーず)
迅速な対応ありがとうございました!
またオープン戦などよろしくお願いします!
グランド・審判の手配ありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 0 2 Tropicana 6月2日(大宮健保)
冨安が強打の吉岡打線封じる!Tropicanaが全大会通じて初の4強入り!!
【試合内容】
Tropicana先攻、吉岡クラブ後攻で試合開始。初回Tropicanaは先制のチャンスを作るも後続が倒れ無得点。その後投手戦が続くが7回表にTropicanaは押し出し四球で先制する。その後ワイルドピッチで1点追加。最終回は冨安が3人で締め、3安打完封勝利。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(Tropicana)
松下様、選手の皆様対戦ありがとうございました!
今後も引き続きよろしくお願い致します!
左右田様、チームの皆様ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 2 3 湾岸ベースボーイズ 6月2日(和光スポーツ)
湾岸が2年前の雪辱果たす!小山・松岡の投手リレーで宿敵封じ準決勝進出!!
【試合内容】
先攻湾岸ベースボーイズの先発投手は小山、後攻RED SOXの先発投手は北川で試合開始。3回表、湾岸は1アウト1.2塁から増田のレフトオーバータイムリーツーベースヒットで2点を先制。3回裏、RED SOXは1アウト3塁で湾岸バッテリーのミスで1点返す。4回表、1アウト1.2塁から梶のライトフェンス直撃のタイムリーツーベースで湾岸が1点追加。5回裏、1アウト3塁から内野ゴロでRED SOXが1点返す。最終6回裏、RED SOXは2アウト3塁のチャンスを作るも無得点。投げては小山、松岡の投手リレーで湾岸ベースボーイズが3-2で勝利。
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(湾岸ベースボーイズ)
宮島さんありがとうございました。
優勝してください。
対戦ありがとうございました!
今後も宜しくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
相模KOT'S 2 0 相模原ウインズ 5月26日(陵南公園)
泉が圧巻の完封シャットアウト!相模KOT'Sが5年ぶり2回目の4強進出!!
【試合内容】
相模KOT'S泉投手、相模原ウインズ宮城投手の先発マウンドで試合開始。初回にいきなり試合が動く。相模KOT'Sは1回裏に連続四球で無死一二塁とすると、3番加藤がライト線を破るツーベースヒットで1点。さらにワイルドピッチでもう1点追加。その後は両投手の投手戦となり、相模原ウインズは6回までノーヒットに抑えられるが、相模原ウインズはリリーフした久松投手も好投。お互い得点出来ずそのまま2-0で相模KOT'Sの勝利。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(相模原ウインズ)
相模原ウインズの皆様、ありがとうございました。まさかの相模原対決となりましたが、引き締まった試合ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
相模KOT'Sの皆様、この度は対戦ありがとうございました。今回は完敗でした。是非、優勝目指して頑張ってください!また連盟の試合でも対戦する機会があるかとは思いますが、今後とも宜しくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
青霧 3 6 相模原ウインズ 5月12日(大井ふ頭公園)
相模原ウインズが2015年以来の8強入り!準々決勝は相模原対決に!!
【試合内容】
先攻相模原ウインズ、後攻青霧。1回表、四球、犠打、左安打で相模原ウインズがいきなり先制する。しかし、1回裏に左中間2ベース、失策などが絡み2点奪い青霧が逆転。しかし2回表、相模原ウインズは四球、失策により満塁から走者一掃の右中間2ベースで3点を奪い逆転する。その後も3回、7回に四球、失策、安打と相手の隙を突き合計6点を奪う。青霧は5回に先発高橋自らのソロHRで追い上げを見せるもチャンスで1本が出ず反撃はここまで。結果、6-3で相模原ウインズの勝利。
【相手チームへ一言】
(青霧)
(相模原ウインズ)
本日は対戦ありがとうごさまいました。
また機会があればよろしくお願いいたします。
坂田様、青霧の皆様、この度は、対戦ありがとうございました。諸々のお手配やご調整も大変助かりました。また対戦する機会がございましたら宜しくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 7 2 佐川グローバルロジスティクス 5月12日(吉川運動公園)
金井が投打の活躍!TABOOが佐川を下し3年ぶりのベスト8進出!!
【試合内容】
先攻TABOO、後攻佐川の一戦。初回、TABOOの攻撃は連打でチャンス作り1点を先制すると、金井のレフトオーバーのランニングホームランで一挙4点を先制。その裏、佐川も2番鈴木からチャンスを作り、4番伊藤のタイムリーで1点を取るが後が続かず。TABOOは3回にも2点を追加し、その裏に佐川も伊藤のタイムリーで1点を返すが、6回にTABOOは藤崎のホームランでさらに1点を追加。佐川は投打が噛み合わず敗戦となった。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(佐川グローバルロジスティクス)
 
持ち前のバッティングで頑張って下さい!
今後とも宜しくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 3 1 SAMURAI.BOYS 5月12日(大宮健保)
白熱の投手戦は北川に軍配!2017年大会覇者のREDSOXが8強入り!!
【試合内容】
先攻SAMURAI.BOYS、後攻REDSOXで試合開始。サムライは初回、水野選手のライトオーバー3塁打でチャンスを作り、池村選手の内野ゴロで先制をする。REDSOXもすぐさまエラーで出塁したランナーを送りチャンスメイクをすると、4番池田選手の内野ゴロで追いつく。その後は4回までREDSOX北川投手、サムライ並木投手が踏ん張りゼロを並べるが、5回四球で出塁したランナーを盗塁などで三塁に進めたREDSOXがパスボールで勝ち越しする。6回には大野選手の二塁打でチャンスを作り、山本選手のタイムリーで突き放したREDSOXが勝利。投げては先発北川が7回1失点完投。
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(SAMURAI.BOYS)
SAMURAI.BOYS様、本日は対戦ありがとうございました。
ぜひまた機会がありましたらよろしくお願い致します。
レッドソックスの皆さん、対戦ありがとうございました。負けはしたもののレッドソックスさんの取り組み方、姿勢など直に見れとても勉強になり良かったです。今後もよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 4 1 PIECE 4月28日(大宮健保)
松岡が2安打完投!湾岸がPIECEとの昨季ファイナリスト対決を制す!!
【試合内容】
PIECE先攻、湾岸ベースボーイズ後攻で試合開始。1回裏、1番増田が四球で出塁し、2番胡麻のセンターオーバー3塁打で、湾岸が1点先制。さらに4番宮島の犠牲フライで1点追加し2-0とする。4回表、PIECEは4番高野のセンターオーバーホームランで1点返す。6回裏、4番宮島、5番矢野の連打でチャンスを作り、6番松岡、7番小向のタイムリーヒットで湾岸が2点追加。7回表のPIECEの攻撃は無得点。松岡が7回2安打完投。湾岸ベースボーイズがベスト8進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(PIECE)
対戦ありがとうございました!
また宜しくお願い致します!
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ちゃんぷるーず 3 0 D'LLERS 4月28日(大宮健保)
絶好調ちゃんぷるーず!投手戦となった1部所属対決を制しベスト8初進出!!
【試合内容】
好投手投げ合いで、なかなか点が入らなかったが、少ないチャンスをモノにしたちゃんぷるーずが、3-0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ちゃんぷるーず)
(D'LLERS)
日程調整や遠征等、ありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 3 0 MAXグレート 4月28日(大宮健保)
山崎が完封シャットアウト!吉岡クラブが注目の新星下し3年ぶりの8強入り!!
【試合内容】
MAXグレート先攻、吉岡クラブ後攻で試合開始。初回からお互いランナーは出すが4回まで得点は入らない。試合が動いたのは5回裏、吉岡クラブは死球と盗塁などで2アウト2塁3塁のチャンスを作り、3番穂積の2点タイムリー2塁打で先制する。6回裏にも吉岡クラブが1アウト3塁のチャンスを作り、7番渡辺大祐の内野ゴロで1点追加。投げては吉岡クラブ先発・山崎晃汰がランナーを出しながらも要所を抑え、3対0で吉岡クラブが勝利した!
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(MAXグレート)
西田様、日程調整ありがとうございました!
MAXグレートの皆様対戦ありがとうございました!
今後も引き続きよろしくお願い致します!
吉岡クラブさん、審判、グランドの手配ありがとうございます。
また、機会ありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ダディーズベースボール 3 8 相模KOT'S 4月21日(大宮健保)
相模KOT'Sが4年ぶりの8強!萩原が自身のミスを取り返す6打点の大活躍!!
【試合内容】
相模KOT'S泉投手、ダディーズベースボール長谷川投手で試合開始。1回表、ダディーズは先頭の平澤がツーベースと送りバントで2死3塁のチャンスを作ると、4番佐藤亮のショートゴロをショート悪送球でダディーズが1点を先制する。ダディーズは2回にも1死から6番長谷川がセンター前ヒット、2死1塁から8番村上がライト前ヒット。バウンドが変わり処理してる間に1塁から長谷川がホームに帰り2点目を取る。その後投手戦が続き、長谷川投手に完全に押さえ込まれていた相模KOT'S打線は、5回裏に7番阿部、9番中村がヒットで出塁し、1番萩原のライト線へのスリーベースで2点を返し同点。さらに2死3塁から3番加藤の右中間へのスリーベースで1点、4番泉のレフト前で4-2と試合をひっくり返した。6回表、追い付きたいダディーズは先頭日景が死球、4番佐藤が四球で1死1.2塁。5番篠宮がセンター前にヒットを打ち1点差。尚も2死1.3塁のチャンスを迎えるも7番西田が三振。ダディーズが絶好機を逃した。6回裏の相模KOT'Sはこの回からマウンドの吉川投手を攻め、三浦、阿部、中村の安打で1死満塁とすると、1番萩原が右中間へ満塁ホームランを放ち8-3とする。しかし、最終回のダディーズの攻撃を泉投手が0点に抑え、試合終了。萩原の6打点の活躍で、相模KOT'Sが8-3で勝利。
【相手チームへ一言】
(ダディーズベースボール)
(相模KOT'S)
試合調整にご協力頂いてありがとうございました。
次も頑張ってください。またオープン戦等でよろしくお願いします。
ダディーズベースボールの皆様、本日は対戦ありがとうございました。終盤までわからない展開で、とても良いゲームができました。また対戦機会があると思いますので、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Tropicana 5 0 AXIS 4月21日(大井ふ頭)
左腕岡崎が圧巻の完封勝利!オレンジ軍団Tropicanaが初の春8強入り!!
【試合内容】
ゴールデンウィーク前の最後の週末の一戦はヴィクトリアスプリングカップ3回戦。Tropicana左腕 岡崎、AXISは泰江亮の先発で試合開始。Tropicanaは初回から泰江亮の立ち上がりを攻め、3番池田がライトへ先制HRを放つ。泰江亮は心配されていた制球力が乱れだし、2回は無失点に抑えるものの、Tropicana2番鷲谷のタイムリーなどで3回4回に連続失点。泰江亮は4回途中で森口へマウンドを譲った。即席の森口は危ないながらにも何とかゲームを作りその後は無失点に抑えた。しかし、攻撃では相手左腕を前に攻撃らしい攻撃をさせてもらえず無失点。Tropicana岡崎が3安打完封でTropicanaが5-0で勝利。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(AXIS)
乾様、チームの皆様ありがとうございました。
グラウンド、審判の手配、色々とありがとうございました。
また宜しくお願い致します。是非、優勝して下さい!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 1 2 青霧 4月21日(亀戸球場)
安田が投打で獅子奮迅の活躍!初出場の青霧が接戦を勝ち切りベスト16進出!!
【試合内容】
Big Dipper先攻、青霧後攻で試合開始。序盤は膠着状態が続くも3回裏、青霧は3番安田の四球と盗塁から作った好機を5番山藤の適時打で先制する。5回表に失策と暴投からBig Dipperが同点に追いつくも、その裏1番木本が作った好機に安田の適時打で青霧が勝ち越しに成功する。青霧先発安田はランナーを出しながらも要所で締め、7回を2安打、4四球、6奪三振、自責点0の完投勝利。
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(青霧)
坂田様・チームの皆様 対戦ありがとうございました。投打にまとまった素晴らしいチームでした。我々の分も勝ち上がって下さい。また、対戦機会がございましたら宜しくお願い致します。
本日はグラウンド、審判手配ありがとうございました。緊迫感のある接戦で非常に良い刺激になりました。Victoria、練習試合等で対戦する機会があればまたよろしくお願いします。ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 2 1 全力ルパン 4月14日(大宮健保)
湾岸ベースボーイズが3年連続の16強入り!期待の新星ルパン一歩及ばず!!
【試合内容】
全力ルパン先攻、湾岸ベースボーイズ後攻で試合開始。1回表、湾岸ベースボーイズは、1番増田のセンター前ヒット、2番矢野のライト前ヒットでチャンス作り、3番藤野が送りバントを成功させ、1アウト2.3塁とすると、4番宮島の内野ゴロがフィルダースチョイスを誘い、1点先制。全力ルパンは4回表、2アウトから二塁打で宍戸が出塁し、次打者佐藤のセカンドゴロがエラーとなり1点返し、1-1の同点に。さらに6回、全力ルパンはノーアウト1塁で清水がエンドラン成功し、ノーアウト1.3塁のチャンスを作ったものの、石黒サードフライ、宍戸併殺打で得点を奪えず。その裏、湾岸ベースボーイズは、2番矢野が右中間スリーベースを放ちチャンスメイク。3番・4番は凡退も、5番松岡が左中間スリーベースを放ち勝ち越す。7回表は、三者凡退となり試合終了。湾岸ベースボーイズが勝利。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(全力ルパン)
対戦ありがとういございました!
また宜しくお願い致します!
本日はグランド、審判手配ありがとうございました。接戦での攻撃の仕方、守備面に置いても大変勉強になりました!!またよろしくお願い致します!!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ボンバーズ 2 3 相模KOT'S 4月14日(大宮健保)
相模KOT'Sが4年ぶりの3回戦進出!吉田(正)・泉の継投で逃げ切り!!
【試合内容】
相模KOT'Sは吉田(正)投手、ボンバーズは鈴木投手が先発マウンドで試合開始。3回裏に相模KOT'Sは先頭の重文字がセンター前で出塁すると、清森のライトスタンドへのツーランホームランで2点。さらに続く加藤もライトスタンドへソロホームランを放ち3-0とする。4回から相模KOT'Sは泉投手がマウンドへ。最終回のボンバーズの攻撃はエラーなどでチャンスを作ると、鈴木のレフト前と寺田の犠牲フライで2点を返す。しかし、泉投手が最後の打者を三振に打ち取り3-2で相模KOT'Sの勝利。
【相手チームへ一言】
(ボンバーズ)
(相模KOT'S)
ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
ボンバーズの皆様、日程調整などありがとうございました。最後までわからない展開で良いゲームが出来ました。また機会がありましたら、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Tropicana 1 0 BEEF MAN 4月14日(光が丘公園)
富安が1安打完封!今季期待のTropicanaが投手を制し初の16強進出!!
【試合内容】
BEEFMAN井出、Tropicana富安の先発で試合開始。初回、Tropicanaは1番三ツ俣がセンター前ヒットを放ち、すかさず盗塁を決める。2死3塁で4番神谷がライト前に落ちるヒットでTropicana1点先制。その後ランナーを貯めるも投手戦が続く。最終回、BEEFMANは3番佐藤がレフト前ヒットを放ち、初めてのランナーを出すも富安が粘り強く投げ1安打完封勝利。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(BEEF MAN)
BEEFMANの皆様、ありがとうございました。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ジョルターヘッズ 1 3 吉岡クラブ 4月14日(大宮健保)
穂積が勝ち越しタイムリー!吉岡クラブが長年の好敵手を下す!!
【試合内容】
先発は吉岡クラブ山崎(晃)、ジョルターヘッズ大橋両投手。2回、吉岡クラブは一死から四死球と岩本のヒットで満塁のチャンス。ここで内野ゴロでホームゲッツーかと思われたが、一塁がセーフとなる間に、二塁走者中村が好走塁で生還し先制する。3回、ジョルターヘッズは四球の入澤を送った後、バッテリーエラーで一死三塁。ここでエンドランを仕掛けるも、ショート岩本の好プレーで得点を与えない。しかしその後、四死球と内野安打などで満塁とすると、赤坂が押し出し死球を受け同点に追いつく。吉岡クラブは4回から菊池にスイッチ。ジョルターヘッズも5回から赤坂にスイッチ。5回裏、吉岡クラブは赤坂から四死球3つで満塁のチャンスをつかむと、穂積がタイムリーを放ち2点を追加しリードする。迎えた7回、ジョルターヘッズは代打平敷、入澤の連続ヒットで無死一二塁。平田が倒れ一死となるも西濱の内野ゴロが送球ミスを誘い一人が還り、一死二三塁・・となったところで残念ながら時間切れ。3-1で吉岡クラブが勝利!
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(吉岡クラブ)
吉岡クラブ様、ありがとうございました!今回も敵いませんでしたが、またいつか対戦できるよう精進します!
小関様グランド及び審判手配ありがとうございました!ジョルターヘッズの皆様対戦ありがとうございました!今後も引き続きよろしくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 9 0 ブリューウェーブ 4月14日(大宮健保)
横田の好投に打線が応える!PIECEが9得点の快勝で3回戦進出!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻ブリューウェーブで試合開始。PIECEは初回に斎藤の2点タイムリーで先制すると、2回にも1点を奪い試合を優位に進める。その後も効果的に得点を重ね、9得点で横田を援護する。先発横田もリズムの良い投球でブリューウェーブ打線を封じ込み、被安打2の完封勝利。PIECEが3回戦へ駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(ブリューウェーブ)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Rossowave 2 5 相模原ウインズ 4月14日(ゆうゆう公園)
相模原ウインズが2年ぶりのベスト16!初戦に続き千葉の雄を撃破!!
【試合内容】
先攻Rossowave、後攻相模原ウインズ。相模原ウインズは初回からRossowave先発の雑賀を攻め、レフト前、四球、パスボールなどで2点を先攻。相模原ウインズが2点をリードする。Rossowave打線は4回表に4番・土井(梢)の3塁打からチャンスを作ると、5番・小笠原のタイムリーで1点。さらに犠打でチャンスを作ると、7番・沖のタイムリーで同点に追いつく。4回裏から2人目・内山が2四球と内野安打で無死満塁となったところで3人目・小笠原が登板。しかし流れを止められず、右安打、パスボール、レフト失策などにより3失点。そのまま相模原ウインズが逃げ切り、5-2で勝利。
【相手チームへ一言】
(Rossowave)
(相模原ウインズ)
対戦ありがとうございました。
土井様、Rossowaveの皆様、この度は対戦ありがとうございました。2回目の対戦でしたが、強豪と対戦できてとても勉強になりました。今後とも宜しくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルースカイA 1 4 D'LLERS 4月14日(大宮健保)
D'LLERSが逆転勝利で3回戦へ!ブルースカイ先制も初の16強入りならず!!
【試合内容】
ブルースカイは初回、永嶋のタイムリーで1点先制。先制を許したD'LLERSはその裏、すぐさま逆転に成功。さらに追加点を加えたD'LLERSが4対1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ブルースカイA)
(D'LLERS)
ダラーズ矢部様、対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
ブルースカイA様、グランド手配等ありがとうございました!
また機会があればよろしくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 2 3 ダディーズベースボール 4月7日(大宮健保)
日景が劇的サヨナラ打!ダディーズベースボールが逆転勝利で3回戦へ!!
【試合内容】
GOLGO佐久間、ダディーズ長谷川の先発で試合開始。先制したのはGOLGO。2回表、1死2、3塁からサードゴロ、ホーム間に合わず1塁に送球。送球がそれる間に2塁ランナーも帰り2点を先制する。追い付きたいダディーズは4回裏、反撃開始。1死から3番平沢、4番佐藤の連打で1死1、2塁。ここで5番篠宮がレフト前にタイムリーを放ち1点差、尚も1死1、2塁。6番長谷川は1塁ゴロ。ファーストが1塁踏んで2塁送球。これがランナーと重なり、ボールが転々としてる間に2塁ランナーが一挙に生還し同点に追い付く。その後は投手戦が続き、迎えた最終回。1死から9番村上が死球で出塁。盗塁を決め、1死2塁とサヨナラのチャンスを作る。1番西田はセカンドフライで2死2塁。打席には2番日景。追い込まれてからもファールで粘り、最後は執念でセンターへ前に弾き返す。2塁ランナー村上がホームに生還し、ダディーズがサヨナラ勝ち。激戦に終止符を打ち、ダディーズベースボールが3回戦に駒を進めた。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(ダディーズベースボール)
対戦ありがとうございました。
またぜひよろしくお願い致します。
ゴルゴBBCの皆様、久田様、グランド審判の手配ありがとうございました。またの対戦、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ちゃんぷるーず 8 3 東京ドナルドダック 4月7日(二子球場)
大元が圧巻の満塁弾!ちゃんぷるーずが初回に猛攻を見せ一挙6得点!!
【試合内容】
先攻ドナルドダックは西尾、後攻ちゃんぷるーずは三戸の先発で始まる。初回は両チームともランナーを出すが無得点で終わる。2回裏のちゃんぷるーずは、連続押し出しで2点を先制すると、ドナルドダックは西尾に変え村上をマウンドに送る。しかし、変わった初球に大元が満塁ホームランを放ち、ちゃんぷるーずが6点を先制する。対するドナルドダックは、3回表に村上のタイムリーで1点、4回表に椚のタイムリーで2点を返す。しかし、ちゃんぷるーずも5回裏に2点を追加し、8対3でちゃんぷるーずの勝利。
【相手チームへ一言】
(ちゃんぷるーず)
(東京ドナルドダック)
日程調整等、ありがとうございました。
また機会がありましたら、対戦よろしくお願いいたします。
対戦、ありがとうございました。また、日程調整、グランド手配などもありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
佐川グローバルロジスティクス 8 3 Super New 4月7日(大宮健保)
先制、中押し、ダメ押し!佐川グローバルが見事な試合運びで16強進出!!
【試合内容】
佐川グローバルロジスティクス先攻、SuperNew後攻での一戦。1回表、佐川は1番大杉が四球で出塁、2番山本が送りバント内野安打、ピッチャー2塁牽制するも大杉が3盗し1、3塁。3番徳島の犠牲打で1点先制。次いで4番伊藤が左前安打で1、3塁、5番栗原が犠牲打で1点追加。6番奥谷がセフティーで内野安打で1、2塁、ここで7番森のレフトオーバーで2点追加。森はホームを狙うもタッチアウト、1回表に幸先よく4点を先制する。1回裏、佐川の先発は伊藤。点差を縮めたいSuper Newは先頭の天野が2塁打で出塁し、3番小柳が内野安打で1死1.3塁とすると、4番南雲の犠牲フライで1点を返す。さらにSuper Newは4回裏、南雲の2塁打と大島の3塁打で1点返す。5回表佐川の攻撃、内野安打などで満塁とし、2番山本の打球をセンターが取れず、3点を追加。Super Newは6回裏に内野ゴロの間に1点返す。最終回には伊藤のライト前で1点追加し、8-3で佐川グローバルロジスティクスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(佐川グローバルロジスティクス)
(Super New)
本日はグランド手配と心配の手配含め、ありがとうございました。また機会があれば対戦お願い致します。
ありがとうございました。頑張って下さい。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MAXグレート 3 1 CHUYANS+ 4月7日(六郷橋緑地)
新星MAXグレートが昨年のオータムファイナリストを撃破し2回戦突破!!
【試合内容】
MAXグレート先攻、CHUYANS後攻で試合開始。初回、連続四球とバッテリーエラーでMAXグレートが1点を先制する。その後もMAXグレートはランナーを出すも追加点が奪えない。すると5回裏にCHUYANSは初ヒットから連打でチャンスを作り、タイムリーで同点になる。しかし、MAXグレートは6回表にヒットと送りバントで一死二塁のチャンスを作ると、ツーランホームランで勝ち越しに成功。そのリードを守りMAXグレートが勝利した。
【相手チームへ一言】
(MAXグレート)
(CHUYANS+)
CHUYANS様、対戦ありがとうございます。
また機会ございましたら宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SAMURAI.BOYS 6 0 岩建ベースボールクラブ 3月31日(大宮健保)
河行の完封シャットアウトに好調打線が応える!SAMURAI.BOYSが2回戦突破!!
【試合内容】
岩建ベースボールクラブ西島投手、サムライボーイズ河行投手の先発。先制はサムライ、2回8番海老原のタイムリースリーベースで先制。4回には7番池村のライトへのタイムリーで追加点を取ると、7回には佐藤の安打でチャンスを作り、旭一のスリーベース、小松、安富のタイムリーで試合を決定づけた。投げては河行が2安打完封。サムライボーイズが6対0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS)
(岩建ベースボールクラブ)
岩建の皆様、本日はありがとうございました。
また是非よろしくお願い致します。
サムライボーイズ様ありがとうございました。レベルの高い野球でとても勉強になりました。まだまだなチームですが今後ともよろしくお願い致します。この後も頑張ってください。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
漁火 1 2 AXIS 3月31日(大宮健保)
AXISが2戦連続のサヨナラ勝ち!またしても1点差ゲームを制し3回戦進出!!
【試合内容】
昨日の雨天とは打って変わり、午後から暖かくなったヴィクトリアスプリングカップ2回戦。先攻漁火、後攻AXISででプレイボール。AXISは泰江高が先発し順調な立ち上がりを見せるが、怪我からの復帰後の遊撃手森口の守りが崩れ出す。1回裏、AXISは特攻隊長の坂本、相手の失策を誘い出塁すると2番川島の送りバント、泰江高の技ありのエンドランが決まり先制。その後も相手投手の好投、好守備になかなか得点圏には進まず追加点が遠かった。泰江高は好投するも森口は2回以降もまさかの3つの失策。幸いにも失点には繋がらず無失点でなんとか乗り切った。無失点の投手戦のまま試合が動いたのは6回、2番打者の四死球で出塁を許すとあっという間に盗塁、得点圏にランナーを置かれる。続く4番のサードゴロを山下がバウンドを誤り失策。ランナー3塁に置くとキャッチャーの七夕からの牽制球をファーストの青島がファンブル、その間にランナーが帰り試合は振り出しとなった。最終回、前の回からマウンドに上がった泰江亮が無失点に抑えその裏、1番坂本の四球、2番川島の中前安打、3番泰江高の四球で満塁とすると4番の石井の2球目、エンドランでピッチャーの頭を超える大きなバウンドでランナー生還。AXISが今大会2度目のサヨナラ勝ちとした。失策が目立った試合となったがピッチャーの好投と監督、乾の好采配で2回戦を突破した。
【相手チームへ一言】
(漁火)
(AXIS)
AXIS様ありがとうございました。
本当にいいチームでした!グラウンド確保、審判の手配、諸々ありがとうございました!!また是非宜しくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ワイルドスピリッツ 0 2 RED SOX 3月31日(東綾瀬公園)
曽根が7奪三振の快投!常勝軍団REDSOXが好調ワイルドスピリッツを下す!!
【試合内容】
先攻REDSOX、後攻ワイルドスピリッツで試合開始。1回表、ワイルドスピリッツのエラーが重なり2点をREDSOXが先制する。1回裏、ワイルドスピリッツは2番高橋(雅)がレフトへツーベースヒットを放つも後続が続かず無得点。その後も両者点が入らないまま試合終了し、REDSOXの勝利。REDSOX先発曽根はテンポの良い投球で7回7奪三振無四球被安打2の快投。
【相手チームへ一言】
(ワイルドスピリッツ)
(RED SOX)
REDSOX様、本日は対戦ありがとうございました。
今後とも何卒宜しくお願い致します。
ワイルドスピリッツ様、本日は対戦ありがとうございました!
ぜひまたよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 11 0 ユキム ハイエンド ボーイズ 3月31日(吉川運動公園)
TABOOが2戦連続のコールド勝ち!強力打線に加えディフェンス陣も絶好調!!
【試合内容】
先攻TABOO、後攻ユキム ハイエンド ボーイズで試合開始。ゲームはTABOOが初回から猛攻をみせ、毎回着実に得点し11得点。対するユキムは反撃出来ず、田中が要所をしっかり抑えて無得点。4回コールドでTABOOが勝利した。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(ユキム ハイエンド ボーイズ)
遠いい所まで足を運んで頂いて有難うございます!
また機会がありしたら対戦よろしくお願います!
TABOOの皆様、対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
T-Five 0 5 Super New 3月24日(薬業健保)
T-Fiveまさかの初戦敗退!昨年旋風を巻き起こしたSuperNewが今季も下剋上!!
【試合内容】
先攻SuperNew、後攻T-Fiveで試合開始。1回表、SuperNewは先頭の大島が四球で出塁し2死2塁のチャンスで4番南雲のレフト前適打で1点先制する。すぐに追いつきたいT-Fiveだったが、先発した田中の投球の前に3回までパーフェクトに抑えられてしまう。4回裏、T-Fiveがエラーで出塁すると連続四球で1死満塁のチャンスを作るが、後続が続けず1点が遠い展開。追加点が欲しいSuperNewは6回、9番天野が2本目となる安打で出塁すると2番柿間も続き、1死1.2塁のチャンス。ここで3番小柳が右中間を破る2ベースを放ち一気に2人が生還し3-0とリードを広げる。更に7回、8番小林が安打で出塁し2死2塁の場面で2番柿間が前進していたレフトの頭上を越える特大2ランを放ちダメ押し点。T-Fiveは4回以降もチャンスを作るが、あと1本を許さなかった田中の粘りで見事な完封勝利を挙げた。
【相手チームへ一言】
(T-Five)
(Super New)
 
本日は対戦・調整等諸々ありがとうございました。良い試合が出来楽しかったです。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 12 7 大宮フェニックス 3月24日(大宮健保)
PIECEが辛くも2回戦進出!フェニックス土壇場で追いつくもサドンデスに明暗!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻大宮フェニックスで試合開始。初回PIECEは茂木、柴のタイムリーで3点を先制。2回表にもタイムリーと犠飛で2点を追加し優位に試合を進める。大宮フェニックスも3回にFcやタイムリーで2点を返す。5-2のまま最終回となった6回裏、大宮フェニックスは先頭からエラーと四球で無死1.2塁のチャンスを作り、6番永野がこの日3安打目となるタイムリー3塁打で1点差に迫ると、続く打者もセンター前へ弾き返して土壇場で追いつきタイブレークへ。先攻のPIECEは1番桑原が押し出しの四球を選ぶと、井上のタイムリーから死球、高野の3塁打などで一挙7得点。裏の大宮フェニックスも2死からセンター前へのタイムリーが出るも反撃はここまで。PIECEが何とか勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(大宮フェニックス)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
PIECE柴様グランド審判手配ありがとうございました。
最後は力の差が出ました。また対戦お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 4 3 Nomad.Yankees 3月17日(大宮健保)
長谷川が投打の活躍!昨年ベスト4のGOLGO B.Cが辛くも1回戦突破!!
【試合内容】
GOLGOは初回、四死球でチャンスを作り出すとツーアウトから橋本のタイムリーで先制する。さらに4回には中野のライト前タイムリーで2点目を奪い、続くチャンスで川崎の内野ゴロの間に3点目を奪う。対するNomad.Yankeesは5回に失策でチャンスを作ると、タイムリーや犠牲フライなどで同点に追いつく。しかし7回、GOLGOは瀧口がツーベースで出塁すると、長谷川が決勝タイムリーを放つ。投げては長谷川・佐久間の継投で強力打線を3点に抑えGOLGOの勝利。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(Nomad.Yankees)
対戦ありがとうございました。
また機会があればよろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
佐川グローバルロジスティクス 8 2 RED HILL 3月17日(天王洲公園)
伊藤の先制パンチに中押し、ダメ押し!優勝候補佐川が流石の試合運びを披露!!
【試合内容】
1回裏、佐川グローバルロジスティクスは伊藤の3ラン本塁打で3点先制。2回裏には満塁で森の適時2塁打で2点追加、さらに奥谷の内野安打で1点追加。最終回には満塁で山本の左前安打で追加点。5回で時間制限となり試合終了。佐川グローバルロジスティクスが8対2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(佐川グローバルロジスティクス)
(RED HILL)
みなさんがまとまっていて、いいチームでした!
また是非対戦する機会があればよろしくお願い致します!
森様、佐川グローバルロジスティックスの皆様、グランド・審判の手配ありがとうございました。完敗でした。また対戦の機会ございましたら、よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
VICTORYS 2 4 全力ルパン 3月17日(大宮健保)
剛腕・熊山が快投デビュー!初参戦の全力ルパンがサドンデス戦を制す!!
【試合内容】
先攻全力ルパン、後攻VICTORYSで試合開始。ゲームは両チームチャンスを作るものの、なかなか得点を決められず、7回終わって0対0。勝負はサドンデスへ。8回両者無得点。試合がようやく動いたのが9回表。小出(達)のヒット、相手のバッテリーミスなどで全力ルパンが4点先制。9回裏、VICTORYSは内野ゴロの間に1点を返し、続く打者でタイムリーが飛び出し1点を返すも、ホームを狙った二塁ランナーがレフトからの好返球により本塁タッチアウト。全力ルパンが4対2で勝利した。投げてはデビュー戦となった先発熊山が9回2失点の好投。
【相手チームへ一言】
(VICTORYS)
(全力ルパン)
対戦ありがとうございました。
2回戦以降も頑張ってください。
本日はありがとうございました。今年度の初戦が痺れた試合になり興奮して楽しい試合となりました!!今後もオープン戦等もよろしくお願い致します!!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
D'LLERS 5 2 萩中サンダース 3月17日(東実健保)
3年目の飛躍を誓うD'LLERSが2回戦進出!終盤一挙5点を奪い逆転勝利!!
【試合内容】
先攻萩中サンダース、後攻D’LLERSで試合開始。D’LLERS先発は民谷。初回1番打者にライト線を抜ける3塁打を浴び、続く2番にライト前は運ばれ失点を許す。その後ピンチが続くも後続を打ち取り1失点で抑える。反撃をしたいD’LLERS打線だが、チャンスは毎回作るもあと1本が出ず流れを変えられない。0-1で迎えた5回裏、先頭の8番民谷が四球で出塁すると、9番須田がレフト前で続き、1番熊谷が絶妙なセーフティーバントを決めノーアウト満塁を作る。2番守田の打席で相手ワイルドピッチにより2点を返し、ライト前タイムリーも出て一挙に逆転する。その後も打線が続き5回に5点を取る。6回表に1点を許すも、最終回に矢部が登板し0点に抑えゲームセット。
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(萩中サンダース)
相澤様、萩中サンダース様この度は対戦ありがとうございました。
また機会があればよろしくお願い致します。
ありがとうございました。当方の分も頑張ってください。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
葛飾セブンBBC 9 10 ダディーズベースボール 3月17日(大宮健保)
オータムカップの再戦は大熱戦に!ダディーズが5点差を覆す大逆転勝利!!
【試合内容】
葛飾セブン先攻、ダディーズ後攻で開始。葛飾セブンは初回、ダディーズ好投手西田の不調を攻め立て、四死球やタイムリーで4点を奪う。ダディーズは初回から長谷川にスイッチ。その裏ダディーズもミスにつけ込み2点を返す。しかし2回表、葛飾セブンが2点を追加し試合を優位に進める。追うダディーズ3回にも1点を返し粘りを見せる。下克上を狙う葛飾セブンは、元吉のレフトオーバーなどで突き放すと最終回にも2点を加え9-4と最大5点差とし、勝負あったと思われた。がしかし6回裏、ダディーズ打線が繋がり怒涛の連打を浴びせ、驚異的な粘りで一挙5点を奪い同点とする。決着はサドンデスへ。先攻の葛飾セブンはホームゲッツーで無得点に終わると、ダディーズは1番の平澤(翼)がきっちり叩きを決めサヨナラ勝ち。死闘を制し2回戦にコマを進めた。
【相手チームへ一言】
(葛飾セブンBBC)
(ダディーズベースボール)
佐藤さま、宗像さま、篠宮さま、チームの皆様、本日は本当にありがとうございました。最後は気迫に負けました。これからもずっとよろしくお願い致します。
グランド、審判の手配ありがとうございました。
今後も変わらぬお付き合いよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 4 3 LG 3月17日(大宮健保)
河原井がサヨナラ打!BigDipperが注目の新星LGに競り勝ち初戦突破!!
【試合内容】
LG先攻、BigDipper後攻で試合開始。BigDipperは初回、2番川井が四球で出塁すると3番依田がライトの頭を超える3塁打を放ち先制する。尚もBigDipperは3回、1番阿部・4番平野の2塁打で2-0とした。対するLGは、6回表2死から2番大石がレフト前ヒットで出塁すると、続く3番松本が3塁打を放ち1点。尚も4番上村がセンター前ヒットを放ち2-2の同点に。そのまま両軍1点ずつ取り合い3-3となり、時間的にサドンデスへ突入。先攻のLGは、BigDipper平野が抑え0点。対するBigDipperは、9番河原井が叩きを決めサヨナラ勝ちとなり2回戦に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(LG)
上村様・チームの皆様 本日は対戦ありがとうございました。
また対戦機会がございましたら宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルースカイA 1 1 Naughty 3月17日(大宮健保)
4年目にして初の1回戦突破!勝利の女神は若武者ブルースカイAに微笑む!!
【試合内容】
ブルースカイA先攻、Naughty後攻で試合開始。初回、ブルースカイAが佐久間のタイムリーで1点を先制。その後Naughtyが同点に追いつき、一進一退の攻防が続くが1対1で試合終了。時間切れによりじゃんけん決着となり、5対4でブルースカイAが勝利。
【相手チームへ一言】
(ブルースカイA)
(Naughty)
Naughty 斎藤様、対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 10 0 蒼天 3月17日(吉川運動公園)
TABOO打線が大爆発!期待の新星を圧倒し3年ぶりのファイナルへ好スタート!!
【試合内容】
初回は両チーム無得点。先制したのはタブー。それを皮切りにタブー打線が火を吹き大量得点。投げてはエース幸田がリズムよく投げ完封勝利。TABOOが10点差コールドで2回戦進出。TABOO打線の猛攻に加え、蒼天はエラーも多く大量失点。終始打線を止めることができず、味方の援護もなく大敗した。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(蒼天)
遠いところまで足を運んでもらってありがとうございます。
またオープン戦などで対戦しましょう。
すばらしい打撃力でした。完敗です。
次の試合も頑張ってください。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 0 4 CHUYANS+ 3月17日(城北中央公園)
植田が圧巻の完封シャットアウト!CHUYANS+が2部対決を制し2回戦へ!!
【試合内容】
先攻とん吉、後攻CHUYANS+で試合開始。試合は初回、CHUYANSの攻撃から動く。先頭が2塁打でチャンスを作り、続く2番岡村健も2塁打で先制。尚も4番下田がセンターにタイムリーを放ち2点を先制する。とん吉はCHUYANS+植田投手からチャンスを作れず試合進む。3回のCHUYANSの攻撃は2番岡村健がこの日2本目の2塁打を放ちチャンスを作ると、とん吉のエラーで追加点。さらに4回も7番が2塁打でチャンスを作り、とん吉のエラーでダメ押し点を取る。追い付きたいとん吉は6回にチャンスを作るも無得点に終わり、最終回も三者凡退でゲームセット。投げてはCHUYANS+植田がとん吉打線を封じ、7回完封。4-0でCHUYANS+が勝利した。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(CHUYANS+)
本日は対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
とん吉の皆様、対戦及び各種ご手配ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ADDAXS 2 5 漁火 3月17日(大宮健保)
2部の雄・漁火が下剋上!3発のホームランが飛び交う空中戦を勝ち切る!!
【試合内容】
先攻ADDAXSは宮崎、後攻漁火は牧野の先発で試合開始。ADDAXSは1回表、2番小谷のライト前ヒットと3番小川の四球で1死1.2塁のチャンスを作るも4番阿部がサードフライ、5番宮崎の三振で無得点。3回裏、漁火は8番牧野のレフト前ヒットで出塁、送りバントで1死2塁にするも1番四方山のショートライナーで2塁ランナー戻れずダブルプレーでチェンジ。4回裏、3番菅野のセンター前ヒット、4番中野が外野のエラーで1死1.2塁のチャンスを作るもADDAXS先発、宮崎の気迫のピッチングで5番、6番を連続三振で切り抜ける。無得点のまま5回表、ADDAXSは2死から3番小川のライトオーバーの2塁ヒット、続く4番阿部のホームランで2点先制。5回裏、漁火は先頭の7番高倉がカーブをうまく運びライト前ヒット、続く8番町田は初球をレフトへ運ぶホームランで同点に追いつき、6回の裏に2死から5番丹治の打った瞬間に分かる特大ホームランで逆転。その後、6番福田の安打、7番高倉の四球、相手バッテリーのWPで2死2.3塁とし、8番町田のセンター前ヒットで2点追加。7回表、ADDAXSは無得点に終わり試合終了。2-5で漁火の勝利。
【相手チームへ一言】
(ADDAXS)
(漁火)
お疲れさまでした。審判手配等、ご面倒お掛けしました。また、機会がありましたら 宜しくお願いいたします。頑張って下さい。
ADDAXS様ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Beachboys 4 5 相模原ウインズ 3月16日(松山下公園)
期待の新星Beachboys初戦敗退!参戦8年目の相模原ウインズが実力を誇示!!
【試合内容】
Beachboys先攻、相模原ウインズ後攻で試合開始。1回表、1死から長打、三盗、内野ゴロでBeachboysが先制。1回裏、2本の長短打、四球、進塁打が絡み2点を奪い相模原ウインズが逆転。3回表、連続安打と内野失策でBeachboysが同点に追いつく。5回裏、2死から4連続安打などで3点を奪い再び相模原ウインズが逆転。7回表、2本の安打と四球、失策が絡み1点差まで詰め寄るが、最後はサードゴロのダブルプレーでゲームセット。相模原ウインズが辛勝。
【相手チームへ一言】
(Beachboys)
(相模原ウインズ)
相模原ウインズ様、本日は遠方にも関わらずお越し頂きありがとうございました。打撃エグかったです。また機会があれば宜しくお願い致します!
大竹様、Beachboysの皆様、この度は、審判、球場のお手配などありがとうございました。とても良いチームと試合ができて、大変刺激になりました。今後も対戦する機会があるかとは存じますが、今後とも宜しくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
AXIS 4 3 三晃クラブ 3月10日(福栄スポーツ広場)
兄弟投手リレーで三晃クラブを撃破!新星AXISがデビュー戦をサヨナラで飾る!!
【試合内容】
暖かく気温にも天候にも恵まれたVictoriaスプリングカップ1回戦。大会本部の取材が入ったこの一戦は、両チームにとって絶対に負けられない今年初の公式戦となった。後攻のAXISはここ最近調子の上がって来た泰江高が先発。初回を無失点に抑えるとその裏、2番力の中前安打、続く3番の泰江高がドンピシャのタイムリー三塁打で先制。さらに続く4番の及川泰が粘りの中前安打で初回に3点をもぎ取った。2回表、三晃クラブは7番阿部の投ゴロの間に1点を返すが、それ以降は泰江高が安定したピッチングで試合を締めた。しかし5回表、三晃クラブが逆襲。先頭の1番岡部が左中間へ二塁打を放つと連続死球で1アウト満塁とする。すると続く5番矢崎が技ありのライトオーバーの二塁打を放ち試合を振り出しに戻した。AXISはここで泰江高から泰江亮へスイッチ。二塁三塁とピンチではあったがそこはしっかりと抑え追加点を許さなかった。6回裏、AXISは3本の安打で1アウト満塁とするが、4回から登板した岡部が踏ん張り無得点。試合は7回からタイブレークへ。踏ん張った泰江亮は相手を遊ゴロにすると川島、及川泰の4-6-3の併殺で無失点で切り抜けた。その裏、サヨナラのチャンスに1番坂本が内野ゴロで倒れ万事休すかと思いきや、2番力が四球を選びサヨナラゲームセット。AXISが2回戦進出を決めた。 (詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(AXIS)
(三晃クラブ)
遠方よりありがとうございました。
またグラウンドの開場も遅くご迷惑をおかけしました。
また機会があれば是非、宜しくお願い致します。
AXIS乾様、選手の皆様今回は対戦ありがとうございました。又グランド&審判の手配もありがとうございました。今回は負けてしまいましたが次回リベンジお願いします。優勝目指し頑張って下さい。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 0 1 Rossowave 3月10日(宝来運動公園)
絶対的エース沖が完封シャットアウト!ロッソが初タイトル獲得へ向け絶好スタート!!
【試合内容】
先攻Rossowaveは沖、後攻WILL B.Cは樋口の先発で試合開始。1回は両チーム共に3人で終える立ち上がり。Rossowaveは2回表、4番猪木が内野エラーで出塁し無死2塁となり、送りバントで1死3塁とすると、6番石川の内野安打で1点を先制。さらに3回表、1死から1番今野のセンターを越す2塁打、2番土井の四球によりに1死1,2塁となるが、樋口が後続を打ち取りピンチを脱する。4回以降はRossowave沖、WILL B.C樋口から交代した山重の好投によりテンポよく0点が並ぶ。7回裏、4番樋田の四球、5番島田のライト前安打等で1死1,3塁とする。7番海老井のライト飛球でタッチアップを狙うもライト今野の好返球により本塁刺殺となりゲームセット。Rossowaveの先発沖は7回を完封。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(Rossowave)
土井様、チームの皆様、今回は埼玉まで遠征して頂きありがとうございました。引き締まった良い試合ができて刺激になりました。今後ともよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Sundays 2 2 ジョルターヘッズ 3月10日(富士見運動公園)
45歳→47歳の投手リレー!ジョルターヘッズが互角の好勝負を制し2回戦進出!!
【試合内容】
ジョルターヘッズ赤坂、Sundays増島両投手の先発。ジョルターヘッズ赤坂は、5回2死からのヒットを許すまでパーフェクトで抑える。5回裏、ジョルターヘッズは平田の二塁打などで二死ながら二三塁のチャンス。ここで入澤がセンターへタイムリーを放ち均衡を破る。迎えた7回表、Sundaysは2番荒巻がレフトへ柵越え弾を放ち試合を振り出しに戻す。ジョルターヘッズはここで赤坂から大橋にスイッチしサドンデスへ突入。サドンデス表、Sundaysは押し出し四球で1点を奪う。その裏、ジョルターヘッズはバッテリーエラーで同点に追いつくも後続が倒れ、決着はじゃんけんに。じゃんけんの結果5-3でジョルターヘッズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Sundays)
(ジョルターヘッズ)
ジョルターヘッズの皆様、この度は対戦ありがとうございました。
また次回対戦できることを楽しみにしております。今後ともよろしくお願いします。
Sundays様、諸々ご手配ありがとうございました。
素晴らしいチーム様と好ゲームが出来たこと、本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
相模KOT'S 10 0 行田SKYERS 3月10日(滝ヶ原運動場)
相模KOT'S打線が10得点の大爆発!投げては剛腕・泉がパーフェクト達成!!
【試合内容】
相模KOT'S泉投手、行田SKYERS山下投手で試合開始。1回裏の相模KOT'Sは連続四球と清森のレフト前で無死満塁とし、泉がセンター前へ2点タイムリーヒット。さらに武石の犠牲フライで3点を先制。3回裏にも四球と清森のセンター前でチャンスを作ると、泉のレフトオーバーの3塁打で2点、武石の内野ゴロで1点、さらに三浦がセンター前で繋ぎ、座間のレフト前タイムリーで1点を追加。4回裏にはランナーを1人置いて、加藤の右中間を破るツーベースで1点、さらに泉が左中間へ2点ランニングHRを放ち10点目。泉は6打点、投げては強力な行田SKYERS打線を1人の出塁も許さない活躍で、相模KOT'Sが4回終了10-0のコールド完全試合で勝利。
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(行田SKYERS)
行田SKYERSの皆様、遠征ありがとうございました。
今回はたまたまこのような結果になってしまいましたが、また機会がありましたらよろしくお願い致します。
本日はありがとうございました。
また機会ありましたら宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 5 7 ちゃんぷるーず 3月10日(江戸川河川敷)
躍進を誓うちゃんぷるーずが2回戦へ!1部王者スタイガー2年連続の春初戦敗退!!
【試合内容】
スタイガー先攻、ちゃんぷるーず後攻で試合開始。初回お互いにチャンスを作るも無得点。2回表、スタイガーは村上のタイムリーで1点先取。2回裏、ちゃんぷるーずも山崎のHRで1点返し、三戸の3ベースにエラーを絡めて1点追加。ちゃんぷるーずは3回裏に怒涛の攻撃で4点を取り序盤で主導権を握る。5回裏にもちゃんぷるーずが1点追加。そのままスタイガーの最終回の攻撃、柿間の2ベースタイムリー、知花のHRで4点をとり尚もチャンスを作るも時すでに遅し。ちゃんぷるーずが7対5で勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(ちゃんぷるーず)
ちゃんぷるーずの選手の皆さん対戦ありがとうございました。さすがの試合巧者の皆さんでした。色々と勉強させて頂きました。また、対戦する機会がありましたらよろしくお願いいたします。
グランド・審判の手配等、ありがとうございました。最終回の攻撃はさすが昨年1部覇者という感じでした。また機会がありましたら、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MAXグレート 0 0 Revival 3月10日(六郷橋緑地)
サドンデスでも決着つかず!新星MAXグレートが運をも味方に強豪Revivalを下す!!
【試合内容】
先攻Revival、後攻MAXグレートで試合開始。1回表、Revivalは1死3塁となるが牽制死で無得点。3回裏、MAXグレートは1死満塁のチャンスもダブルプレーで無得点。お互いランナーは出るもあと1本が出ず6回終了で、7回からタイブレークとなる。しかし、タイブレークでもお互い得点できず0対0でじゃんけんへ。結果、MAXグレートが勝利した。
【相手チームへ一言】
(MAXグレート)
(Revival)
Revivalの皆様、当方まで出向いて頂きましてありがとうございました。緊張感のある楽しゲームができました。次回対戦機会ございましたらまた、宜しくお願い致します。
西田様、選手の皆様対戦及びグランド、審判手配ありがとうございました。今後ともお付き合いの程、宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SAMURAI.BOYS 13 0 GYUDONS 3月10日(八潮大原公園)
小松が3安打1本塁打と大暴れ!新生SAMURAI.BOYSが圧巻のコールド発進!!
【試合内容】
GYUDONS三宅投手、サムライ河行投手の両右腕でゲームスタート。先攻のサムライは小松、植木のチャンスメイクから5点を先制。その後の小松のホームランや安富の安打などで得点を重ねGYUDONSを突き放しゲームを進める。投げては河行がノーヒットピッチングをし、大会前のオープン戦で好調をキープしていた海老原に繋ぐと海老原も無得点に抑え、サムライが勝利した。
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS)
(GYUDONS)
GYUDONS の皆様、遠征ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
サンライズ 4 5 ワイルドスピリッツ 3月3日(大宮健保)
2部対決はワイルドスピリッツに軍配!昨年の4部王者が勢いそのまま初戦突破!!
【試合内容】
サンライズ先攻、ワイルドスピリッツ後攻で試合開始。1回表、先発の間がヒットなどで出したランナーを二者連続ワイルドピッチで還し2点を失う。その裏、ワイルドスピリッツは相手のエラーでランナーを出すも後が続かず無得点。その後は両者均衡し、試合が動いたの5回表。サンライズが更に2点を奪い、4対0と突き放す。最終回となった5回裏、ワイルドスピリッツは雨で制球が乱れたピッチャーから3連続四球で満塁とすると、8番に代打で送り出した柴田が放った三遊間の打球にサードが飛び込むが取れず1点を返す。続く9番打者が倒れるも1番藤波がヒットで繋ぎ、更に2点を返す。2番の高橋(雅)が四球で繋ぎ、またも満塁になった所で相手投手が代わるも、3番齋藤がレフトフェンス直撃のヒットを放ち、ワイルドスピリッツがサヨナラ勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(サンライズ)
(ワイルドスピリッツ)
本日は悪天候の中ありがとうございました。
また機会ありましたらオープン戦などで試合させてください。
サンライズ選手の皆様、本日は悪条件の中ありがとうございました。そして寒い中お疲れ様でした。また是非とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 5 0 SG TOKYO 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦予定日の7日以内に対戦をキャンセルしたため、SG TOKYOの不戦敗。