TOP > スプリングカップ2018 > トーナメント表
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルーサンダース 4 2 東京ドナルドダック 7月22日(戸田市営球場)
【本部コメント】
ブルサンがファイナル進出!昨年の最高峰リーグ準決勝の再戦でリベンジ成功!!
【試合内容】
先攻ブルーサンダース伊藤、後攻東京ドナルドダック西尾の両先発で試合開始。初回ブルサンの攻撃、3番久永が四球で出塁するも後続が続かず無得点で終わる。その裏ドナルドは先頭が死球で出塁し、送りバントを決める。バッテリーミスもあり3塁に進むと、セカンドゴロの間に三塁ランナーがホームを踏みドナルドが先制する。ブルサンは2回4回とチャンスを作るもあと1本が出ない。一方ドナルドはブルサン伊藤の前に2回以降抑えこまれる。5回ブルサンの攻撃、先頭の9番山下が四球で出塁すると、すかさず走りノーアウト2塁とチャンスを作る。ここで1番天野がしっかりゴロを転がし、ワンアウト3塁とすると2番橋口がレフト前を打ち同点に追いつく。さらに橋口も盗塁に成功し3番久永がセンター前を打つとセンターが打球を後逸し二塁ランナーの橋口が帰り逆転に成功する。ドナルドが投手交代した初球、4番小島がライトスタンドへホームランを放ち4対1と試合を優位に進める。その裏ドナルドは粘りをみせて1点を返すがあと1本が出ず、5回終了でタイムアップ。4対2でブルサンが勝利し、決勝進出を決めた。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(ブルーサンダース)
(東京ドナルドダック)
東京ドナルドダックの皆様、本日は戸田市まで来て頂きありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
戸島様、対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 2 3 風船会FARAWAYS 7月22日(大宮健保)
【本部コメント】
伊藤が値千金の逆転3ラン!初出場の風船会が一気に決勝の舞台まで上り詰める!!
【試合内容】
ファイナルの舞台を懸けた一戦は、2回にGOLOGOが叩きと風船会守備陣の乱れを突き、2点を先制。4回裏の風船会の攻撃、ここまで完全に抑え込まれていたGOLGO・佐久間投手から四球とヒットで1死1,3塁のチャンスをつくると、5番・伊藤選手がレフトオーバーのランニング3ランホームランを放ち、風船会がゲームをひっくり返す。その後のGOLGOの猛攻を、風船会・佐藤路投手がなんとか凌ぎ、風船会が勝利した。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(風船会FARAWAYS)
対戦ありがとうございました。
完敗です。またぜひよろしくお願い致します。
久田様はじめGOLGOBCの皆様、この度はご対戦またグランド確保および審判様の手配など諸々ありがとうございました。最後の最後までどちらに勝利の女神が微笑むかわからない痺れる試合を皆様とでき大変光栄でした。また機会がございましたらぜひご再戦頂けると幸いです。今後も何卒よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ドナルドダック 3 1 T-FIVE 6月24日(大宮健保)
【本部コメント】
東京ドナルドダックが逃げ切り勝利!初の春4強入りを決める!!
【試合内容】
先攻T-FIVEは田中、後攻ドナルドダックは浜部の先発で試合が始まる。1回表、T-FIVEは、先頭がセンター前ヒットで出塁し、盗塁と送りバントで1アウト3塁の形を作ると、3番の内野ゴロの間に1点を先制する。対する東京ドナルドダックは4回裏に、タイムリーと内野ゴロの間に3点を取り逆転に成功。1-3で迎えた最終7回表、T-FIVEはこの回から変わったピッチャーの西尾を攻めて、タイムリーと内野エラーで逆転するも、グランド時間の関係で7回が完了せず、6回までのスコアで3対1で東京ドナルドダックが勝利した。
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(T-FIVE)
小宮様、対戦ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルーサンダース 3 2 ジョルターヘッズ 6月24日(戸田市営球場)
【本部コメント】
最終回に劇的逆転!ブルーサンダースが自身初のスプリング準決勝進出!!
【試合内容】
先攻ブルーサンダース野村、後攻ジョルターヘッズ生田の両先発で試合開始。初回ブルサンの攻撃、3番新山が四球で出塁し盗塁、2アウト2塁とチャンスを作る。4番小島がライトへタイムリーを打ちブルサンが先制する。2回以降、両投手とも好投を魅せ得点を与えない。迎えた5回裏、ジョルターヘッズは先頭の藤松が左中間に二塁打を放つと、平田が送り1アウト3塁。ここで小関が初球エンドランを成功させ同点に追いつく。さらにこの時、送球が逸れ打者走者が2塁へ残る。太田が進塁打で2アウト3塁とすると、入澤がセンターへタイムリーを放ち逆転に成功。時間的に最終回となった6回、ブルサンは先頭の新山が右中間に2塁打を放ちチャンス。1アウト後エラーで1塁3塁とチャンスを広げると、相手バッテリーのミスで同点に追いつく。さらに四球とエラーで2アウト満塁とすると、9番山下がフルカウントから押し出しの四球を選び逆転に成功する。その裏、野村がジョルター打線を3人で打ち取り、3-2でブルーサンダースが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ブルーサンダース)
(ジョルターヘッズ)
ジョルターヘッズの皆様、本日は戸田市まで来て頂きありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
ブルーサンダース様、ご対戦ありがとうございました。グランド審判手配もありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 6 7 風船会FARAWAYS 6月24日(大宮健保)
【本部コメント】
初出場の風船会FARAWAYSが逆転サヨナラ!ビハインド撥ね退けベスト4進出!!
【試合内容】
湾岸ベースボーイズ松岡投手、風船会FARAWAYS佐藤路投手の両先発で試合開始。1回表、1死1.2塁で4番宮島のタイムリーヒットで湾岸が1点先制。その裏、風船会も2番佐々木滉が右中間を破る2ベースを放つと、送球ミスも絡み一気にホームインで同点、さらに満塁のチャンスを作ると、6番北本にもタイムリーが飛び出し、風船会が1-2と勝ち越す。3回表、湾岸は、先頭増田が左中間を破る2ベースで出塁。さらに1死1.3塁とチャンスを広げ、4番宮島の犠飛で同点に追いつく。湾岸は4回にも1死1.2塁から9番諸橋、1番増田、2番藤野の3連続タイムリーヒットで4得点し、6-2とリードする。追いかける風船会は5回裏、四球とヒットでチャンスをつくると3番本村のヒットで1点、6番北本の犠牲フライで2点目。さらに下位打線が粘り、押し出しの死四球で2点を奪い、6-6の同点に追いつく。そして同点のまま迎えた最終7回。湾岸の攻撃はクリーンナップからはじまるも、風船会佐藤路投手が最後の力を振り絞り3人で抑える。その裏の風船会は先頭の山寺選手がヒット等で1死1.2塁にチャンスを作ると、2番佐々木のレフト前ヒットに湾岸守備陣のミスが重なり2塁ランナーが一気にホームイン。風船会FARAWAYSがサヨナラ勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(風船会FARAWAYS)
風船会FARAWAYS様、対戦ありがとうございました!
次も頑張ってください!また今後とも宜しくお願い致します。
宮島様はじめ湾岸ベースボーイズの皆様、この度はご対戦およびグランド確保・審判の手配諸々ありがとうございました。本当に白熱したゲームで終始手に汗握る展開。湾岸ベースボーイズの皆様は野球の技術はさることながら、皆様マナーも素晴らしく、そのような皆様と素晴らしいゲームをでき大変光栄でした。またこのような素晴らしいゲームができるよう努力いたしますので引き続き今後もお付き合いただけると幸いです。本当にありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 2 0 Big Dipper 6月24日(大宮健保)
【本部コメント】
佐久間が圧巻の完封勝利!GOLGOが春夏通じて初のカップ戦4強入り!!
【試合内容】
先攻GOLGO B.C佐久間、後攻BigDipper平野の両先発で試合開始。序盤は両チーム共ランナーは出すものの両投手が踏ん張り無得点が続いた。試合が動いたのは3回表、GOLGOは1アウトから川崎が四球で出塁すると、すかさず盗塁を決め2アウト2塁。1番瀧口は倒れるも、続く2番長谷川がレフト前へタイムリーヒットを放ち、1点を先制。その後チャンスは続いたがBigDipper平野が踏ん張り1点止まり。対するBigDipperは4回裏、先頭の3番阿部が四球で出塁する。ここで4番平野は右中間に2塁打を放った、一気に阿部がホームを狙ったが、GOLGOが中継プレーで刺し得点を与えない。1アウト2塁となったが5番小川がセンター前ヒットを放ち1アウト1、3塁とチャンスを広げる。しかし続く6番矢内はショートライナー、7番林田はショートゴロに倒れ無得点。GOLGOは6回表、3番中嶌、4番大山の連続四死球の後、5番吉田の内野安打の間に2点目を挙げた。追いつきたいBigDipperだったが、GOLGO先発の佐久間が7回を被安打4で抑え完封。GOLGO B.Cが2対0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(Big Dipper)
対戦ありがとうございました。
またぜひよろしくお願い致します。
久田様・チームの皆様 本日はありがとうございました。正直、悔しいです・・・。ただ、大変勉強になった試合でもありました。優勝目指し頑張って下さい。また、機会がございましたら、宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
T-FIVE 5 3 Nomad.Yankees 6月3日(大宮健保)
【本部コメント】
ベスト8が遂に出揃う!注目のニューカマー対決はT-FIVEに軍配!!
【試合内容】
Nomad.Yankees先攻、T-FIVE後攻で試合はスタート。T-FIVEは初回、ヒット・四球などでチャンスを作るとエラー・タイムリーなどで3点を先制。2回にも2番打者がホームランで1点を追加し序盤を優位に進める。追うNomad.Yankeesは3回、1番木村のツーランホームランなどで3点を入れ1点差まで追い上げる。しかし4回にT-FIVEがダメ押しとなる1点を追加し、そのまま5-3にてT-FIVEの勝利となった。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(T-FIVE)
(Nomad.Yankees)
金井様、日程調整頂きありがとうございました。紙一重の試合で緊張感のある試合でした。また、今後とも宜しくお願い致します。
T-FIVEさんありがとうございました。
優勝目指して頑張って下さい。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ジョルターヘッズ 6 1 SUNホールディングス 5月27日(大井埠頭公園)
【本部コメント】
ジョルターヘッズが先制パンチ!エース生田が3年ぶりのベスト8進出へ導く!!
【試合内容】
SUNホールディングス山下、ジョルターヘッズ生田両投手の先発。初回、ジョルターヘッズは西濱が内野安打で出塁。栗原が送ると、岩澤が左中間タイムリーを放ち先制。さらに生田がヒットで続き、藤松が四球でつなぎ満塁。ここでバッテリーエラーで加点。さらに四球で満塁とすると、連続押し出し死球で加点。続く西濱の内野安打でも加点し、この回一挙6点を奪い主導権を握る。SUNホールディングスは小島にスイッチし、味方の反撃を待つ。ジョルターヘッズ生田は4回に初安打を許すも後続を抑え得点を与えない。その裏、ジョルターヘッズは岩澤がセンターオーバーの二塁打を放ちチャンスを作るも、後続を抑えられ追加点を奪えない。時間的に最終回となった6回、SUNホールディングス尾形が柵越え弾を放ち1点を還すが反撃もここまで。6−1でジョルターヘッズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(SUNホールディングス)
SUNホールディングス様、ご対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
ジョルターヘッズの皆様、対戦ありがとうございました。
また日程調整や各手配等で大変お世話になり感謝しております。試合は完敗でしたので、また次の機会を頂ければと思っています。準々決勝以降のご活躍をお祈りしております。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 3 5 東京ドナルドダック 5月27日(城北中央公園)
【本部コメント】
児島が決勝弾!東京ドナルドダックが昨年覇者を下し、初の春8強入り!!
【試合内容】
先攻東京ドナルドダックは根岸、後攻REDSOXは北川の先発で試合が始まる。2回表、ドナルドダックは簡単にツーアウトとなるも、6番大石がライトオーバーのホームランで1点を先制する。3回表も9番松島がツーベースで出塁すると、ワンアウトから内野ゴロの間に1点、ツーアウトから3番の児島が右中間にホームランを放ち、2点を追加。対するREDSOXは3回裏に、エラーで出たランナーを置いて、1番中林のレフトへのホームランで2点を返す。ドナルドダックは4回表、この回から変わった真木を攻めて、8番の並木のツーベースで1点を追加。REDSOXは5回裏に、丸橋のタイムリーで1点を返す。時間的に最終回になった6回表、四球で出たランナーを3塁まで進めると、代打の西尾の内野ゴロの間に1点を追加。その裏、変わった浜部がREDSOX打線を3人で締めて、5対3で東京ドナルドダックの勝利。
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(東京ドナルドダック)
対戦ありがとうございました!
優勝目指して頑張ってください。
丸橋さん、対戦ありがとうございました。大変、緊張感のある試合でした。今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Naughty 3 4 湾岸ベースボーイズ 5月27日(大宮健保)
【本部コメント】
野入がサヨナラ打!湾岸ベースボーイズが逆転勝利で2年連続のベスト8進出!!
【試合内容】
先攻Naughtyの先発は柳田、後攻湾岸ベースボーイズの先発は野入で試合開始。2回表、Naughtyは6番高橋のセンターオーバーランニングツーランホームランで2点先制。さらに3回表、Naughtyは1死1.2塁でレフトへの犠牲フライで2塁ランナーが3塁に進み、さらに湾岸守備の悪送球の間に1点追加し3-0とリードする。追いかける湾岸は4回裏、1死2塁で途中から4番に入った宮島のセンター前ヒットで1点返す。7回裏、湾岸は1死2塁で代打齋のレフト前へのタイムリーヒットで1点返し、さらに1死1.2塁で代打松本のタイムリーヒットで同点に追いつく。後続は凡退しサドンデスに突入。サドンデスとなった8回表、Naughtyはダブルプレーで無得点。8回裏、8番野入のショートへの内野安打で湾岸ベースボーイズがサヨナラ勝ち。
【相手チームへ一言】
(Naughty)
(湾岸ベースボーイズ)
宮島様、チームの皆様、対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
Naughty様、対戦ありがとうございました!
また今後もオープン戦等宜しくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SAMURAI.BOYS 0 5 風船会FARAWAYS 5月27日(八潮北公園)
【本部コメント】
エース佐藤が完封シャットアウト!初出場の風船会FARAWAYSが8強入り!!
【試合内容】
SAMURAIBOYS・並木投手と風船会・佐藤路投手の両先発で始まったゲーム。序盤は両チームともに走者を出すも両先発が要所を締め得点を許さない展開。ゲームが動いたのは4回表の風船会の攻撃、先頭の5番北本選手が放った打球は左中間フェンスを越えるホームランに。風船会が1点を先制する。早い段階で追いつきたいサムライだったが好投手佐藤投手の前にチャンスが作れず。並木投手もホームラン以降は持ち前の緩急で追加点を与えなかったが1対0で迎えた最終回、追加点が欲しい風船会は1死からヒットさらにランナーを溜め、2死ながら満塁のチャンス。ここでこの日2安打の佐々木選手が放った一二塁間への内野安打が、さらに悪送球を誘いランナーが一掃。続く伊藤選手にもタイムリーが飛び出しこの回4点を加える。このリードを佐藤路投手が最後まで守り抜いた風船会が勝利した。風船会は無四死球、ノーエラーと完璧なディフェンスを見せた。
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS)
(風船会FARAWAYS)
風船会の皆様、南部様この度は遠征ありがとうございます。当時の対戦後、風船会様の活躍をネットや友好チームから聞いており今回の対戦、チームとしても個人としても本当に楽しみでした。対戦させて頂き本当に当時と変わらず大変素晴らしいチームで当チームとしても本当に勉強になりました。この先も優勝目指して頑張って下さい!
旭様はじめSAMURAIBOYSの皆様、この度はご対戦およびグランド・審判様のご手配、誠にありがとうございました。当チームが活動を開始したばかりの6年前にご対戦頂いた以来の対戦、大変感慨深い試合でした…。あの時にご勉強させて頂いた皆様の技術、そして野球への取り組み方、今でも鮮明に覚えております。今回も並木投手の力投はもちろん、ベンチワーク含め大変勉強になりました。今後もぜひ何卒よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
突撃バリーボンズ 1 3 Big Dipper 5月27日(岡村公園)
【本部コメント】
エース平野が完投勝利!快進撃を続けるBig Dipperが準々決勝進出!!
【試合内容】
先攻BigDipper平野、後攻突撃バリーボンズ岡本が先発で試合開始。初回、突撃バリーボンズは、2番尾崎がセンター前ヒットを放ち、すかさず盗塁を決めワンアウト2塁。3番佐藤は倒れるも4番砂川は四球を選びツーアウト1・2塁とし、ここで5番茂木だったがセカンドゴロに倒れ無得点。BigDipperは、2回表連続四死球でワンアウト1・2塁。ここで7番川井が左中間を破る2塁打を放ちBigDipperが先制。尚も8番宇田川が死球でワンアウト満塁、続く9番金野がしっかりと叩きを決め、1点追加し2-0とした。ここから両ピッチャーがランナーを出すものの要所を締め0が続いた。試合が動いたのは6回裏、突撃バリーボンズは、3番佐藤がエラーで出塁すると盗塁を決めワンアウト2塁。続く4番砂川がセンター前ヒットを放つが、BigDipperセンター阿部がホームで刺し点を与えない。ツーアウト2塁となり、ここで5番茂木がライトに2塁打を放ち1点を返し2-1とした。尚もツーアウト2塁。続く6番神藤はレフトの大きい打球を放つも、BigDipperレフト川井のファインプレーで1点止まり。BigDipperは7回表、7番川井が内安打で出塁。8番宇田川の進塁打でワンアウト2塁。ここで9番金野が内安打を放ち、川井が生還し3-1とした。チャンスは続いたが突撃バリーボンズの好守で1点止まり。最終回、BigDipper平野は、突撃バリーボンズ打線をきっちり3人で仕留め、BigDipperが準々決勝に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(突撃バリーボンズ)
(Big Dipper)
Big Dipper 様、遠方からご遠征頂き誠にありがとうございました。投手のマウンドさばきや、一点に対する執着心等大変勉強になりましたし、緊迫する試合で良い経験をさせて頂きました。また機会がありましたらお手合わせして頂きたいと思います。この度はありがとうございました。
作田様・チームの皆様 本日は対戦ありがとうございました。
緊張感のある、しびれる試合でした。また機会がありましたら、是非お手合わせお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルーサンダース 8 3 EIGHT baseball academy 5月20日(戸田市営球場)
【本部コメント】
ブルサンが逆転で初のスプリング8強入り!注目のEIGHT力尽きる!!
【試合内容】
先攻ブルーサンダース野村、後攻Eight増渕の両先発で試合開始。Eightは2回1点を先制し、尚もノーアウト満塁とチャンスを作るが、ここは野村が踏ん張りビッグチャンスを潰す。しかし3回も野村が立ち直れず2点をEightが奪い優位に試合を進める。ブルサン打線は3回までほぼ完全に増渕に抑えられていたが、4回先頭の橋口がレフト前で出塁するとすかさず走り、4番新山がセンター前ヒットでチャンスを広げる。ここで4番吉川がセンターオーバーへツーベースを打ち1点差に詰め寄る。さらに6番戸島がセンターオーバースリーベースを放ち同点に追いつくと、打者一巡の猛攻で7点を奪い逆転に成功する。その後は4回裏から登板したブルサン伊藤が3回をパーフェクトに抑え、8対3でブルーサンダースが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ブルーサンダース)
(EIGHT baseball academy)
EIGHTbaの皆様、本日は戸田市まで来て頂きありがとうございました。また機会がありましたら宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 4 4 PIECE 5月20日(大宮健保)
【本部コメント】
GOLGOが初の春ベスト8進出!4点差追いつきジャンケン決着を制す!!
【試合内容】
序盤は投手戦が続いたが、3回裏にPIECEは失策が3つ絡んで一挙4点を先制する。対するGOLGOは4回表に渡邊のタイムリーで1点を返す。さらに続く5回表、川崎のタイムリーで1点差にすると、続く瀧口がスクイズを決めて同点に追いつく。その後、7回終了時点でタイムアップのため試合終了。ジャンケン決着となり5対1でGOLGO B.Cが勝利した。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(PIECE)
対戦ありがとうございました。非常に痺れる試合でした。
またぜひよろしくお願いします。
対戦ありがとうございました。
優勝目指して頑張って下さい。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
T-FIVE 3 0 TABOO 4月29日(薬業健保)
【本部コメント】
1部リーグ所属の強豪対決はT-FIVEに軍配!完封でベスト16進出を決める!
【試合内容】
試合は初回からT-FIVEが四球とエラーでチャンスを作り、センター前に2点タイムリーを放ち先制。タブーもチャンスは作るものの得点が入らず無得点。終盤にも1点を挙げ、3-0でT-FIVEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(T-FIVE)
(TABOO)
永富さん、日程調整等色々ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
小宮さん、グランド、審判手配ありがとうございました!
また機会があったら対戦よろしくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Revival 6 6 EIGHT baseball academy 4月29日(薬業健保)
【本部コメント】
3部所属のEIGHTが5点差追いつき金星!ジャンケン決着を制し16強入り!!
【試合内容】
EIGHT B.A星野投手、Revival松山投手の先発マウンド。序盤は両チームともランナーを出すも得点が奪えない展開。試合が動いたのは3回表のRevivalの攻撃。四球から一死一二塁のチャンスを作ると、4番小林(勇)がショートゴロを放ちゲッツーかと思われたが、送球が乱れる間に2塁ランナーがかえりRevivalが1点を先制する。さらにフライ落球なども重なりRevivalがこの回に3-0とする。Revivalは5回表にも2点を追加し5-0と優位に試合を進める。リードを拡げられたEIGHT B.Aは5回裏に反撃を開始する。四死球とショートのフライエラーで一死一三塁のチャンスを作ると、2番田沢選手がセンター前にタイムリーを放ち1点を返す。さらに3番今関選手がライトへスリーランホームランを放ち、5-4とする。1点差に迫られたRevivalは7回表の攻撃、一死から7番埴原選手の内野安打と8番渡辺選手のセンター前ヒット、守備の乱れから一死満塁のチャンスを作る。ここで1番山田選手がエンドランを決めて6-4とリードを2点にひろげる。最後の攻撃となったEIGHT B.Aの7回裏の攻撃。一死から2番田沢選手の内野安打と四球と進塁打で二死二三塁のチャンスを作る。ここで6番鴨下選手がショートの頭に落ちる2点タイムリーを放ち6-6の同点に追いつく。試合はこのまま終了し、6-6の引き分けとなり、ジャンケン対決でEIGHT B.Aが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Revival)
(EIGHT baseball academy)
EIGHT B.Aの皆様、対戦ありがとうございました。
今後ともお付き合いの程よろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
是非またよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
サンライズ 0 1 ジョルターヘッズ 4月22日(柴又野球場)
【本部コメント】
投打のヒーローは47歳生田!ジョルターヘッズが壮絶な投手戦を制す!!
【試合内容】
ジョルターヘッズ生田、サンライズ手塚両投手の先発。初回、ジョルターヘッズは西濱、平田のヒットで満塁のチャンスを作るも無得点。続く2回も西濱のヒットなどでチャンスを作るも手塚が気合のピッチングで得点を与えない。サンライズは3回、林のヒットで得点圏にランナーを進めるも無得点となり完全な投手戦となる。試合が動いたのは5回、ジョルターヘッズの攻撃。一死から平田がライトへ二塁打を放つ。岩澤のセカンドゴロで二死ながら三塁へ進めると、4番生田がライトへタイムリーを放ち待望の1点を挙げる。6回、替わった白井投手から代打平敷が二塁打を放ち、追加点のチャンスを作るも後続続かず最終回へ。サンライズ先頭の磯野が四球を選び、同点のランナーとなるも、生田が後続を抑え、1-0でジョルターヘッズが勝利した。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(サンライズ)
(ジョルターヘッズ)
ジョルターヘッズ様、対戦ありがとうございました。素晴らしいチームと試合させていただき大変勉強になりました。また対戦、オープン戦等ありましたら是非ともよろしくお願いします。
サンライズ様、ご対戦ありがとうございました。
またグランド等のご手配ありがとうございました。素晴らしいチーム様と素晴らしい試合が出来たこと、大変うれしく思います。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 1 0 Tommys baseballclub 4月22日(大宮健保)
【本部コメント】
終盤に劇的ドラマ!柴が山本とのエース対決を制し、PIECEが3回戦進出!!
【試合内容】
先攻Tommys baseballclub、後攻PIECEで試合開始。試合は両先発の山本選手と柴選手の素晴らしい投げ合いでスコアボードに0が並ぶ。Tommys baseballclubは得点圏に何度か走者を進めるもあと一本が出ず、対照的にPIECEは2塁すら踏ませてもらえない苦しい展開で試合は終盤へ。試合が動いたのは6回裏。1死から茂木選手が死球で出塁すると盗塁を成功させ2塁へ進む。続けて三盗も狙うとキャッチャーの送球が逸れ、その間にホームに還りついに均衡を破る。最終回のTommys baseballclubの攻撃を柴選手が3人で締め、1-0でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(Tommys baseballclub)
対戦ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します!
対戦ありがとうございました。いつも、白熱した試合をありがとうございます。これからも宜しくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 8 3 BIGFACE 4月22日(サンスポ)
【本部コメント】
ベテラン村上が投打でチームを救う!昨季の春王者REDSOXが初戦突破!!
【試合内容】
先攻REDSOX、後攻BIGFACE。3回表、先頭9番須賀がセンター前ヒットで出塁。1番板垣は四球を選びノーアウト1.2塁のチャンスで、3番井上が右中間へのホームランを放ち3点を先制。3.4番が倒れ2アウトになるが、5番中林、6番山本純輝の連打でもう1点追加。5回裏、ここまでリズムよく抑えてきたREDSOX先発北川が突如乱れ、3つの死球などで3点を返され1点差となるが、救援した村上が4番亀田選手をピッチャーライナーに抑えなんとか同点は防ぐ。すると6回表、先頭4番雨宮、5番中林の連打、途中出場の6番洲脇が初球をしっかりバントし1アウト2.3塁とすると、7番村上がセンターへの2点タイムリー。続く8番山本裕也もライトの頭を超えるタイムリー。4点を追加し追撃を許さなかったREDSOXが8-3で勝利。
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(BIGFACE)
BIGFACE様、本日は対戦ありがとうございました。
またよろしくお願い致します!
REDSOX様 グラウンド手配ならびに審判さんの手配ありがとうございました。またよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Nomad.Yankees 9 5 CHUYANS+ 4月22日(サンスポ)
【本部コメント】
注目の新星Nomad.Yankeesがベスト16進出!粘るCHUYANS+を猛打で振り切る!!
【試合内容】
Nomad.Yankees先攻、CHUYANS+後攻で試合はスタート。Nomad.Yankeesは初回、4番のツーランホームランで先制すると、その裏CHUYANS+も4番のタイムリーツーベースで1点を返し2-1。3回表、9番のツーベースヒットからスクイズでNomad.Yankees追加点で3-1。5回表、Nomad.Yankees打線は9人の猛攻で6点を追加し9-1。最終回、CHUYANS+がNomad Yankees2番手投手につけ込み、打者9人の猛攻で4点返すも、9-5でNomad.Yankeesの勝利。
【相手チームへ一言】
(Nomad.Yankees)
(CHUYANS+)
CHUYANS+さん、わざわざ遠い球場まで来て頂きありがとうございました。
暑い中、対戦ありがとうございました。不甲斐ない内容で申し訳ありません。また機会がありましたら、宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SAMURAI.BOYS 5 0 フェニックス 4月22日(八潮北公園)
【本部コメント】
エース並木が完封シャットアウト!今季躍進を狙うSAMURAI.BOYSが2部対決を制す!!!
【試合内容】
フェニックス小林投手、サムライ並木投手の先発。試合が動いたのは2回、サムライは2死から斎藤がエラーで出塁し、大谷、旭勇の下位打線が長短打を放ち2点を先制する。サムライ並木はこの日、キャッチャー池村の好リードもあり、4回2死までノーヒットピッチングを披露。フェニックス小林投手も2回に点を取られるが3、4、5回を無得点に抑え味方の反撃を待つ。しかしサムライは6回、死球、四球でチャンスを作ると斎藤がライト前へタイムリーを放つ。7回にも水野の好走塁などで2点を取り試合を決定づけた。並木は最後まで集中を切らさず被安打1、四球2の完封。並木、池村の好バッテリーが光り、サムライが3回戦進出を果たした。
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS)
(フェニックス)
遠征、調整ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
SAMURAI.BOYSの皆様、対戦ありがとうございました。
また、グランド・審判手配もお手数お掛けしました。
今後も宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ホーネッツ 3 13 GOLGO BASEBALL CLUB 4月22日(大宮健保)
【本部コメント】
GOLGO B.Cが3年連続の16強入り!終盤の猛攻で圧巻のコールド勝ち!!
【試合内容】
GOLGO BASEBALL CLUBは2回に中野のタイムリーで先制。対するホーネッツは3回に2本のタイムリーで同点に追いつくも、5回にGOLGO BASEBALL CLUBが本多のホームランで勝ち越す。さらに6回に打者14人の猛攻で一挙10点を挙げて、GOLGO BASEBALL CLUBがコールド勝利。
【相手チームへ一言】
(ホーネッツ)
(GOLGO BASEBALL CLUB)
 
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BOOOOON 1 3 湾岸ベースボーイズ 4月15日(大宮健保)
【本部コメント】
エースで4番松岡が投打で大活躍!昨季ベスト4の湾岸ベースボーイズが3回戦進出!!
【試合内容】
BOOOOON先攻、湾岸ベースボーイズ後攻で試合開始。序盤は投手戦となる。試合が動いたのは3回裏、湾岸は無死2塁から4番松岡のレフト前ヒットで1点先制。4回表、BOOOOONは1死3塁で内野ゴロの間に1点取り返し同点とする。5回裏、湾岸は1死3塁で代打宮島のセンター前ヒットで1点勝ち越し。6回裏、無死3塁で4番松岡のレフト前ヒットで1点追加。7回表、BOOOOONは1.2塁のチャンスを作るも無得点。湾岸の松岡は7回1失点完投。湾岸ベースボーイズが3回戦に駒を進める。
【相手チームへ一言】
(BOOOOON)
(湾岸ベースボーイズ)
宮島様、湾岸ベースボーイズの皆様、対戦ありがとうございました。投打に堅い守備、どの面をとっても一枚も二枚も上でした。
完敗です。優勝目指して頑張ってください!
グランド、審判の手配をいただきありがとうございました!
また今後も対戦等宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 0 2 SUNホールディングス 4月15日(大宮健保)
【本部コメント】
SUNHDが2戦連続完封勝利!WILLは決定打出ず、昨年に続き2回戦で姿を消す!!
【試合内容】
先攻WILLは樋口、後攻SUNホールディングスは植地の先発で試合開始。試合が動いたのは3回裏、SUNホールディングスは死球と相手エラーで無死2.3塁のチャンスを迎えると、2死になるも左中間を破る2点タイムリーが飛び出し2点を先制する。追い付きたいWILLは、SUNホールディングスを上回るヒットを放ち、毎回のように得点圏へランナーを進めるも3投手の継投の前に最後まで得点が奪えず試合終了。0-2でSUNホールディングスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(SUNホールディングス)
対戦ありがとうございました。次戦も頑張ってください。
今後ともオープン戦など対戦よろしくお願いします。
樋口様、WILL BASEBALL CLUBの皆様、対戦ありがとうございました。またグランド、審判の手配でも大変お世話になりました。今後とも対戦の機会をぜひ宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ドナルドダック 8 1 ADDAXS 4月15日(大宮健保)
【本部コメント】
東京ドナルドが3年ぶりの春16強進出!1部所属対決を制し3回戦へ!!
【試合内容】
先攻ADDAXSは堀籠、後攻東京ドナルドダックは西尾の先発で試合が始まる。初回、両チーム共チャンスを作るものの無得点に終わる。試合が動いたのは3回裏、東京ドナルドダックは1番天野がデッドボールで出塁すると、2番駒澤のサードゴロの間に1点先制する。対してADDAXSは4回表、5番阿部の2ベースヒット、6番小川のセンター前ヒットで1点を返し同点。東京ドナルドダックは5回裏、8番松島のファーボールからチャンスを作り、一挙6得点。続く6回裏にも8番松島のファーボールからチャンスを作り、最後は2番駒澤のタイムリーで1点を追加し勝負あり。4回から変わった桝本がADDAXS打線を抑え、8対1で東京ドナルドダックの勝利。
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(ADDAXS)
ADDAXS宮崎様、対戦ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
グランド・審判等の手配、ご面倒お掛け致しました。前日まで天候が不安定でしたが、対戦が出来良かったです。事務局からもご指摘頂きましたが、規約を良く確認せず申し訳ありませんでした。また、機会がありましたら お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
VICTORYS 5 14 Big Dipper 4月15日(大宮健保)
【本部コメント】
2部所属のBigDipperがまたしても下剋上!ダディーズに続きVICTORYSを下す!!
【試合内容】
先攻BigDipper平野、後攻VICTORYS設楽が先発で試合開始。VICTORYSは初回、BigDipper平野の立上りを攻め単打と守備のミスから2点を先制。対するBigDipperも2回表、2連打でチャンスを作ると連続で守備のミスを誘い2点を返し振り出しに戻す。しかしVICTORYSは2回裏、先頭8番駒野が四球で出塁する。9番北住・1番島田は倒れるが2番弓座・3番田島の連続などから2点を追加し4-2とした。追いつきたいBigDipperは3回に1点返し、迎えた5回表、ツーアウトから3番林田が四球で出塁すると、続く4番平野がライト前ヒットを放ちチャンスを作る。ここで5番矢内がライトに特大3ランホームランを放ち6-4と逆転した。尚も6番阿部がヒットで続き、7番川井は2塁打を放ちツーアウト2・3塁。ここで2連続バッテリーミスで2点を追加し8-4した。その後も四球と内安打から2点を追加し10-4としゲームをひっくり返した。BigDipperは7回にも連続タイムリーが飛び出し4点追加し、6回から平野に代わって、マウンドに上がった宇田川がVICTORYSの反撃を1点に抑え、BigDipperが14-5で勝利し3回戦に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(VICTORYS)
(Big Dipper)
対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
北住様・チームの皆様 本日は対戦ありがとうございました。
また、機会がございましら宜しくお願い申し上げます。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Brightness 1 2 風船会FARAWAYS 4月8日(東調布公園)
【本部コメント】
風船会FARAWAYSが投手戦を制す!昨季8強のBrightnessを下しベスト16進出!!
【試合内容】
Brightness・柿崎投手、風船会・佐藤路投手の両先発で始まったゲームは2回裏の風船会の攻撃、1死から6番・北本選手が右中間を破る3ベースを放ち風船会が先制のチャンスを迎えると、続く大井選手がしっかり叩き風船会が1点を先制する。その後は両投手の好投で試合は膠着状態で終盤へ。迎えた6回表のBrightnessの攻撃、先頭の8番・高橋拓選手が左中間を破る2ベースを放つと、9番・八木選手がライト前に弾き返し同点に追いつく。その裏の風船会の攻撃、2死ながらランナーを2塁に進めると6番・北本選手がこの日3安打目となるタイムリーを放ち勝ち越し。7回表のBrightnessの攻撃を断ち切り、風船会が逃げ切った。Brightnessは被安打4と踏ん張った柿崎を援護できなかった。
【相手チームへ一言】
(Brightness)
(風船会FARAWAYS)
風船会FARAWAYSの皆様、この度はありがとうございました。
チーム一同負けたものの、緊迫したゲームを楽しんでいました。
次回対戦する機会があればリベンジできる様に強くなります!
頑張ってください!
片桐様はじめBrightnessの皆様、この度はご対戦、またグランドと審判様のご手配頂きありがとうございました。最後の最後までどちらに勝利の女神が微笑むかわからない素晴らしい試合だったかと思います。最後はたまたま当方にツキがありましたが柿崎投手の素晴らしい投球と皆様の鋭いスイングに終始押されており、本当に紙一重の勝負だったと思います。また次回ご対戦頂けることを楽しみにしておりますので、引き続き何卒よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
青木製作所Snugs 5 14 突撃バリーボンズ 4月8日(辻堂南部公園)
【本部コメント】
突撃バリーボンズが強豪Snugsを撃破!初出場組一番乗りで16強入り決める!!
【試合内容】
突撃バリーボンズが、砂川のタイムリー、佐藤のツーランなどで幸先良く4点を先制する。しかし4回同点となる満塁ホームランを浴びゲームは振り出しに戻る。だがその裏4番砂川の満塁ホームランが飛び出し勝ち越しに成功。その後も順調に得点を重ね突撃バリーボンズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(突撃バリーボンズ)
作田様、チームの皆様、この度は対戦いただきありがとうございました!今後もぜひよろしくお願いいたします!
この度はご対戦頂きありがとうございました。
また是非、お手合わせお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルーサンダース 5 2 相模KOT'S 4月1日(大宮健保)
【本部コメント】
ブルサンが16強一番乗り!4番の先制打に鉄壁の投手リレーでKOT'Sを下す!!
【試合内容】
先攻ブルサン野村投手、後攻相模KOT'S泉投手の両先発で試合開始。初回ブルサンの攻撃、1番天野が死球で出塁すると2番山下が四球、3番新山の打球が1・2塁間をやぶると思われたがファーストのファインプレーで1アウト2・3塁となる。4番吉川がこのチャンスにセンターオーバーの2塁打で2点を先制する。その後3塁に進み、5番小島のセカンドゴロの間に吉川がホームを踏み、泉の不安定な立ち上がりを攻め3点を先制した。相模KOT'Sはその裏、相手のエラーで1点を返す。さらに3回裏、相模KOT'Sは2番加藤がセンターオーバーの本塁打を放ち1点差とする。その後ブルサンが5回に押出しで1点を追加すると、6回にはエンドランで1点を追加し有利に試合を進める。最後は5回から登板した伊藤がしっかり抑え、ブルサンが5対2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ブルーサンダース)
(相模KOT'S)
相模KOT'Sの皆様、本日は健保までご足労頂きありがとうございました。今後また機会ありましたら宜しくお願い致します。
ブルーサンダースの皆様、本日はありがとうございました。攻撃、守備ともに素晴らしく完敗でした。またよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ジョルターヘッズ 10 5 RED HILL 4月1日(大宮健保)
【本部コメント】
ジョルターヘッズが5年連続の春初戦突破!REDHILLの反撃抑え2回戦へ!!
【試合内容】
ジョルターヘッズ石川、RED HILL河村両投手の先発。初回、RED HILLは3つの四死球で満塁とすると押し出しで先制。さらに内野安打でこの回2点を挙げる。2回裏ジョルターヘッズは、藤松が内野安打、小関の四球でチャンスを作ると、赤坂がライトへ2点タイムリーを放ち追いつく。さらに岩澤、平田の連続タイムリーとエンドランでこの回一挙5点を還す。続く3回も、小関の内野安打が相手のミスを誘い追加点。さらに5回、代わった布施投手を攻め、満塁のチャンスを作ると、入澤がライトへタイムリーを放ち加点。更にミスなどで4点を挙げる。最終回、RED HILLは一死から遠藤の二塁打などでチャンスを作ると、上澤の内野安打で1点を還す。さらに石川がセンターへタイムリー二塁打を放ち3点を還すもここまで。10-5でジョルターヘッズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(RED HILL)
RED HILL様、ご対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
小関様、ジョルターヘッズの皆様、対戦ありがとうございました。
優勝目指して頑張ってください!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ガッツ 7 2 相模原ウインズ 4月1日(等々力緑地)
【本部コメント】
東京ガッツが今年も強豪食い!萬谷のHR等で7点を奪い逃げ切り勝利!!
【試合内容】
先攻相模原ウインズ、後攻東京ガッツで試合開始。相模原ウインズが2回に四死球や失策で先制するも、その裏東京ガッツが萬谷のHRなどで3点を奪い逆転。3回にも佐久間のタイムリーなどで4点を追加し、試合の流れを優位に進める。5点差の5回に相模原ウインズが5点を奪い同点に追いつくも、5回裏ガッツの攻撃途中で時間切れとなり試合終了。4回終了時点でのスコア2対7で東京ガッツが勝利。
【相手チームへ一言】
(東京ガッツ)
(相模原ウインズ)
このたびはどうもありがとうございました。
また対戦よろしくお願いいたします。
この度は対戦ありがとうございました。
また機会がございましたら宜しくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
突撃バリーボンズ 9 1 サンタリンクス 4月1日(今川公園)
【本部コメント】
突撃バリーボンズが先制パンチ!注目の新星が堂々たるVictoriaデビュー!!
【試合内容】
初回、突撃バリーボンズは3番佐藤、4番砂川の連続タイムリーなどで一挙5点を先制すると、その後も順調に得点を重ね9得点。対するサンタリンクスも1点を返すが反撃もここまで。9-1で突撃バリーボンズが初戦を突破した。
【相手チームへ一言】
(突撃バリーボンズ)
(サンタリンクス)
ご対戦頂きありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願い申し上げます。
対戦ありがとうございました。
トーナメント頑張って下さい!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Nomad.Yankees 4 3 NTスコーピオンズ 3月25日(神宮軟式桜)
【本部コメント】
注目の新星Nomad.Yankeesが1回戦突破!昨年8強のNTスコーピオンズ下す!!
【試合内容】
ヤンキースは初回、先頭の木村がショート内野安打で出塁、2盗3盗で無死三塁のチャンスに一死後3番の内野ゴロの間に先制。ヤンキース先発小畑は初回三者凡退で抑えると、2回四球のランナーを1塁に置き、バッター小畑がレフト線に2ランホームランを放ち3点差とする。対するNTスコーピオンズは2回裏、3回裏に1点を返し3-2。4回5回は両チーム無得点で迎えた6回表ヤンキースの攻撃、エラーで出塁したランナーを代打下門のレフトオーバーのスリーベースヒットで1点を追加し4-2。最終回スコーピオンズにエラーの間に1点は失うが、4-3でヤンキースの逃げ切り勝利。
【相手チームへ一言】
(Nomad.Yankees)
(NTスコーピオンズ)
NTスコーピオンズ様、わざわざ神宮まで来て頂きありがとうございました!どっちが勝ってもおかしくない緊張感のある試合で、是非またお手合わせ願いたいです!
対戦ありがとうございました!
また機会がありましたらよろしくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ホーネッツ 7 2 サイレンス 3月25日(大宮健保)
【本部コメント】
初参戦のホーネッツが快勝デビュー!復活を狙うサイレンスを退け2回戦進出!!
【試合内容】
初回、先攻のホーネッツはサイレンス先発の吉田(アンダースロー)を攻め、内野安打とエラーでノーアウト2塁から2番バッターにライトオーバーランニング2ランホームランが飛び出し2点を先制。1回裏、ヒットとエラー等で1アウト満塁から冨岡の放ったフライをセカンドが弾き2者生還。サイレンスが2対2の同点に追いつく。3回表、1アウト満塁からライト前タイムリーで2者生還、さらの野選でホーネッツが3得点。3回裏、サイレンスは1アウト2.3塁のチャンスを作るが4番和地、5番冨岡が凡退。ピッチャー吉田粘るも、攻撃得点ならず。7回表、サイレンスはピッチャー松浦に交代。流れ変えて欲しかったが2点取られ突き放される。最終回、1アウト2塁のチャンスもショートライナーゲッツーで試合終了。7対2でホーネッツの勝利。 (詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(ホーネッツ)
(サイレンス)
対戦有難うございました。
また宜しくお願い致します。
ホーネッツ板垣様、チームの皆様 グランド・審判の手配、そして対戦して頂きありがとうございました。とても良いチームと楽しく試合ができました。是非、優勝できるよう応援していますので頑張って下さい!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 5 6 Tommys baseballclub 3月25日(城北公園)
【本部コメント】
Tommysが1部のプライド死守!シーソーゲームとなった壮絶な乱打戦を制す!!
【試合内容】
先攻とん吉様、後攻Tommysでプレイボール。初回、とん吉は1番2番が連続四球で出塁、3番が送りバントを決め4番が叩きを決め先制する。尚も5番青木が左中間にタイムリーツーベースを放ち2点を先制。その裏Tommysもすかさず1番中野、2番真鍋の連続ヒットの後、3番諏訪のセンターオーバーのタイムリーツーベースで同点とする。更に6番小鹿にもセンターオーバーのタイムリースリーベースが飛び出し逆転に成功。しかし2回表、とん吉の攻撃は先頭が倒れるもヒットと四球、相手のエラーから3点を奪い再逆転に成功。その裏のTommysの攻撃は9番打者がホームランを放ち1点差に追い詰めると、3回にもエラーと四球から1点を奪い同点に追い付く。5対5で迎えた6回裏、Tommysは9番がレフトオーバーのツーベースヒット、1番がセーフティバントを決めチャンスを作ると、ワイルドピッチの間にホームを狙うがタッチアウト。しかし1アウト3塁から3番諏訪の犠牲フライで勝ち越しに成功。その後7回表途中で時間切れ、諏訪の犠牲フライが勝利打点となりTommysが勝利した。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(Tommys baseballclub)
TommysBCの皆様、富山様、対戦ありがとうございました。
力強いバッティングこちらも見習いたいと思います。
また対戦宜しくお願い致します。
とん吉様 この度は対戦ありがとうございました。
審判、グランド手配ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 1 8 T-FIVE 3月25日(大宮健保)
【本部コメント】
T-FIVEが鮮烈デビュー!歴代王者吉岡クラブを圧倒し実力を証明!!
【試合内容】
T-Five酒寄、吉岡クラブ菊池の両右腕の先発で試合開始。T-Fiveは初回、菊池投手から小宮選手のレフトオーバーを含むヒット2本で2点を先取する。その裏、吉岡クラブは1番中村選手の強烈な3ベースヒット、内野ゴロで1点を返す。しかしその後は、T-Fiveが2回、5回と得点し、8対1でT-Fiveの勝利。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(T-FIVE)
小宮様、T-five選手の皆様、対戦ありがとうございました!
完敗です!今後も引き続きよろしくお願い致します!
グランド、審判手配等ありがとうございました。
今後とも、宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
サンライズ 6 2 五反田ソフトパンクホークス 3月25日(市川橋上流)
【本部コメント】
5番林の先制パンチに白井の完投!ニューカマー対決はサンライズに軍配!!
【試合内容】
先攻サンライズ、後攻五反田ソフトパンクで試合開始。サンライズは初回、5番林の3点適時打で先制。2回にも3番磯野の2点適時打で加点した。再三、ピンチを迎ながらも先発白井が最小失点で踏ん張り、6-2でサンライズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(サンライズ)
(五反田ソフトパンクホークス)
本日はありがとうございました。素晴らしいチームと試合させて頂き光栄です。また機会ありましたらよろしくお願いします。
グランド、審判の手配ありがとうございました。攻守ともにレベルが高く勉強させて頂きました。機会があれば試合をさせて頂きたいです。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
葛飾セブンベースボールクラブ 0 2 BIGFACE 3月25日(大宮健保)
【本部コメント】
太田が完封シャットアウト!昨年のリベンジへBIGFACEがVictoria初勝利!!
【試合内容】
先攻・葛飾セブン森田、後攻・BIGFACE太田の両右腕の先発で試合開始。2回表、葛飾セブンは一死2、3塁とチャンスを作るもエンドランが失敗。更にチャンスがあったものの得点に繋げる事が出来ず。一方、BIGFACEは4回裏に3番三井のレフトへの2点本塁打で先制。投げては太田が7回71球2安打で完封。少ないチャンスをワンチャンでモノにしたBIGFACEが勝利!序盤は葛飾セブンが押していただけに、悔やまれる敗戦。好投の森田を援護してやれなかった。
【相手チームへ一言】
(葛飾セブンベースボールクラブ)
(BIGFACE)
宮城さま、チームのみなさん、本日はありがとうございました。
また、よろしくお願い致します。
佐野間様 グラウンド手配、審判さんの手配ありがとうございました。またよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Rossowave 0 4 東京ドナルドダック 3月25日(東実健保)
【本部コメント】
東京ドナルドダックが終始ゲームを支配!投げては浜部が1安打完封勝利!!
【試合内容】
先攻Rossowave内山、後攻東京ドナルドダックは浜部の先発で試合が始まる。東京ドナルドダックは2回裏に3本の安打で1死満塁とする。ここでエンドランを仕掛けるが外されてしまい、三本間に挟まれるも、Rossowaveの連携ミスで2点を先制する。東京ドナルドダックは3回裏と6回裏にも1点ずつ追加する。Rossowave打線はチャンスをほとんど作れず、投げては先発の浜部が1安打に抑えて完封。4対0で東京ドナルドダックが勝利し2回戦進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(Rossowave)
(東京ドナルドダック)
対戦ありがとうございました。
対戦、ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
萩中サンダース 1 2 EIGHT baseball academy 3月18日(大宮健保)
【本部コメント】
EIGHT b.aがサヨナラデビュー!緊迫の投手戦は増渕に軍配!!
【試合内容】
EIGHT baseball academy増渕、萩中サンダース相澤の先発。試合は序盤は投手戦。萩中は4回に永松、成田のチャンスメイクから、相澤の叩きでノーヒットで先制するが、その裏萩原選手の超特大タイムリーでEIGHTがすかさず同点に追いつく。その後互いにチャンスを作るも無得点で延長サドンデスに突入。8回を増渕投手が抑え、その裏、内野ゴロの送球ミスで、EIGHT baseball academyのサヨナラ勝ちとなった。
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(EIGHT baseball academy)
対戦ありがとうございました!またひとつ素晴らしいチーム様と勝負できました事、御礼申し上げます。
新規参入のチームで分からないことばかりでグランド、審判手配ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
(株)小野寺商事 7 8 VICTORYS 3月18日(大宮健保)
【本部コメント】
VICTORYSが劣勢はねのけ初戦突破!2011年以来の春制覇へ勝負強さ光る!!
【試合内容】
2回表、小野寺商事は5番・田中選手の本塁打で先制する。3回裏、VICTORYSは9番・設楽選手の本塁打で同点。更にこの回、5番・堀内選手と6番・田島選手にもタイムリーが飛び出し、4対1と逆転に成功。対する小野寺商事は4回表、VICTORYS2番手・杉本投手を攻め、2死から4点を奪って5対4と逆転。その裏、VICTORYSは9番・設楽選手の二塁打で同点とするも、5回表に小野寺商事4番・茅場選手の二塁打で再び1点を勝ち越す。再び1点を追いかける展開となったVICTORYSはその裏、6番・田島選手のタイムリーで同点。6対6のまま1死満塁のサドンデスに突入。先攻の小野寺商事は3番・生田選手の犠牲フライで1点を勝ち越し。対するVICTORYSは6番・田島がこの日3本目のタイムリーで同点とし、7番・杉本がサヨナラヒットを放ちゲームセット。VICTORYSが4度勝ち越しを許す展開ながら最後に勝利をもぎ取った。
【相手チームへ一言】
((株)小野寺商事)
(VICTORYS)
VICTORYS様、対戦ありがとうございました。
一歩及びませんでした。またよろしくお願い致します。
由良様、小野寺商事の皆さま、対戦ありがとうございました。全員がスイングスピードが速く、野球に対する意識の高さなど、見習う点ばかりでした。今後とも宜しくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 2 1 ダディーズベースボール 3月18日(大宮健保)
【本部コメント】
昨年の3部ファイナリストBig Dipperが下剋上!エース平野が強力打線斬り!!
【試合内容】
先攻BigDipper平野、後攻ダディーズベースボールクラブ吉川、両右腕の先発で試合開始。試合が動いたのは3回表、BigDipperは、先頭の7番川井がレフト前ヒットで出塁する。続く金野は倒れるも9番河原井が送りツーアウト2塁とした。1番小芝がショートに強襲ヒットを放ち1・3塁としチャンスを広げると、続く2番小川がレフト前にタイムリーを放ちBigDipperが先制し1-0とした。尚もBigDipperは4回表、先頭4番平野がセンターオーバーの2塁打で出塁する。5番矢内の進塁打でワンアウト3塁とした。ここでチャンスに強い6番阿部がセンターに抜けるヒットを放ち2-0とした。ダディーズベースボールクラブは5回までBigDipper平野に抑えられてきたが6回裏反撃を開始する。ツーアウトから3番佐藤(亮)がサード強襲ヒットで出塁する。続く4番長谷川が左中間にタイムリー2塁打を放ち1点を返した。ダディーズベースボールクラブは7回裏エラーと四球でチャンスを作るも、BigDipper平野が踏ん張り2-1でBigDipperが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(ダディーズベースボール)
佐藤様・チームの皆様、本日は対戦ありがとございました。
機会がございましたら、是非またお手合わせお願い致します。
村上様 チームの皆様、グランド、審判の手配、対戦ありがとうございました。次も頑張ってください。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BOOOOON 1 0 渡辺ツインズ 3月18日(大宮健保)
【本部コメント】
BOOOOONが2年連続で初戦突破!湾岸の待つ鬼門の2回戦へ!!
【試合内容】
先攻BOOOOON鈴木、後攻渡辺ツインズ大野(3回からはエース田島)の両先発で試合開始。両チーム共に四死球でチャンスを作るも、粘りのピッチングと堅守で得点が入らず。7回終わってBOOOOONが1本、渡辺ツインズが0本と投手戦で決着付かずサドンデスへ。BOOOOONは初球内野ゴロの間に待望の1点をもぎ取る。その裏渡辺ツインズは内野ゴロ2本で得点できずBOOOOONの勝利。
【相手チームへ一言】
(BOOOOON)
(渡辺ツインズ)
井手様、渡辺ツインズの皆様、対戦ありがとうございました。
しびれた試合、どちらが勝ってもおかしくない試合内容でした。
今後ともよろしくお願いします。
城野様、BOOOOONの皆様、グランド&審判の手配ありがとうございました。次はリベンジさせて頂きますのでまた対戦よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SAMURAI.BOYS 2 1 RRK 3月18日(大宮健保)
【本部コメント】
河行の好投に野手陣が奮起!SAMURAI.BOYSが接戦を制す!!
【試合内容】
サムライボーイズ河行、RRK安齋投手の先発マウンドでスタート。両チームとも初回はランナーを出すが無得点。2回先攻のサムライボーイズは一死から石崎出塁。石崎は好走塁を見せ3塁に進む。このチャンスに星川が上手く内野ゴロを打ち先制を取る。その後は河行、安齋投手がランナーを出すも要所を締め無得点で抑える。7回RRKは先頭の玉城選手が四球で出塁し、一死ランナー3塁のチャンスに8番西選手がセンターの犠牲フライを放ち土壇場で同点に追いつく。延長となった8回、サムライは6回からマウンドに上がった平内投手に2死と追い込まれるが、4番池村がレフトへ安打を放ち、勝ち越しに成功。その裏を河行が抑え、サムライボーイズが勝利。
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS)
(RRK)
安齋様、若くポテンシャルの高い選手が揃っていて羨ましいです。
今後も機会があれば何卒よろしくお願い致します。
この度は対戦ありがとうございます!レベルの高いチームとの試合とても勉強になりました。是非ともまた対戦よろしくお願い致します!本当にありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 0 5 風船会FARAWAYS 3月11日(江戸川河川敷)
【本部コメント】
剛腕佐藤が完封シャットアウト!風船会FARAWAYSが完勝デビュー!!
【試合内容】
スタイガー先攻、風船会FARAWAYS後攻で試合開始。スタイガーは立ち上がり風船会先発の佐藤投手を攻めるも無得点。その裏、風船会はスタイガー遠藤投手から4連打で2点を先制。その後3回裏にも風船会は大井のタイムリーなどで2点追加、更に5回裏にも相手のミスからの1点追加。投げては風船会佐藤投手の散発3安打の完封勝利。 (詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(風船会FARAWAYS)
南部様、風船会の選手の皆様、この度は対戦ありがとうございました。とにかく完敗です。また、出直してきますので今後ともお付き合いよろしくお願いいたします。
小西様はじめスタイガーの皆様、この度はご対戦及びグランド・審判様のご手配誠にありがとうございました。以前よりぜひスタイガー様にはご対戦をして頂きたく思っておりましたので今回それがかない感慨深い1戦でした。またご対戦頂けることを楽しみにしておりますので、引き続き何卒よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SUNホールディングス 1 0 三晃クラブ 3月11日(大宮健保)
【本部コメント】
植地、本澤の両右腕が被安打1の熱投!SUNホールディングスが2回戦進出!!
【試合内容】
先攻三晃クラブ・本澤投手、後攻SUNホールディングス・植地投手、両右腕の先発で試合開始。試合が動いたのは2回裏、SUNHDが7番下川選手の右越ランニングホームランで1点先制。4回表、三晃クラブは2番阿部がセンターヘチーム初ヒットを放つがチャンスをいかせない。結局HRの1点が決勝点となり、SUNホールディングスが0対1で2回戦進出を決めた。SUNHD植地投手が被安打1で完封。三晃クラブ本澤投手も被安打1、3回以降パーフェクトに抑えながら序盤の1球に泣いた。
【相手チームへ一言】
(SUNホールディングス)
(三晃クラブ)
三晃クラブの皆様、対戦ありがとうございました。
いつも緊張感のある接戦になるので楽しみにしております。
今後とも宜しくお願い致します。
落水様、SUNホールディングスの皆様対戦ありがとうございました。昨年県下選抜のリベンジに燃えていましたが本塁打の差で負けてしまいました。又対戦を楽しみにしていますので今後も宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルースカイA 0 10 ADDAXS 3月11日(大宮健保)
【本部コメント】
注目の新星ADDAXSがポテンシャルを見せつけ、圧巻のコールド発進!!!
【試合内容】
先攻ADDAXS、後攻ブルースカイAで試合開始。初回、ADDAXSはいきなり2点を先制すると、続く2回にも2点を追加。ブルースカイAは流れの悪い状況を変えられず、着実に得点を重ねられ、終わってみれば10対0の6回コールドでADDAXSが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ブルースカイA)
(ADDAXS)
宮崎様、対戦ありがとうございました。不甲斐ない試合にしてしまい申し訳ありませんでした。今後とも宜しくお願い致します。
日差しが出ず寒い中、お疲れ様でした。今シーズン 初めての公式戦。とても充実した試合が出来ました。グランド・審判手配等、有難うございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
あだれさんつ 1 7 相模KOT'S 3月11日(伊勢原サンシャイン)
【本部コメント】
相模KOT'Sが1回戦突破!初出場のあだれさんつは決定打が出ず敗退!!
【試合内容】
序盤は両投手の好投より両チーム共得点できず。迎えた3回裏の相模KOT'Sの攻撃で、加藤が四球から盗塁し、泉のショートエラーの間に1点先制。さらに田村のエンドランで1点を追加。5回には、加藤、泉の連続四球でチャンスを作ると、代打の吉田(直)がライト前へタイムリーヒットを放ち1点。さらに四死球で満塁とし、重文字のサードエラーで2点。続く門倉がライトへツーベースを放ち、さらに2点を追加。あだれさんつは相模KOT'Sを上回るヒットを放つなど再三チャンスを作るも、6回の1点のみとなり7-1で相模KOT'Sの勝利。
【相手チームへ一言】
(あだれさんつ)
(相模KOT'S)
相模KOT'S様 本日は試合ありがとうございました。
洗練された野球とても勉強になりました。いつかまた同じ舞台で戦わせてください!
あだれさんつの皆様、素晴らしい球場と審判手配などありがとうございました。とても良い試合が出来ました。今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Tropicana 1 2 ブルーサンダース 3月4日(大宮健保)
【本部コメント】
春の開幕戦はブルーサンダースに軍配!Tropicana鬼門突破ならず!!
【試合内容】
先攻ブルーサンダース野村、後攻Tropicana佐藤の両先発。初回お互いチャンス作るも無得点に終わる。2回表、ブルーサンダースは6番久永がライト前を放つと、7番戸島(康)が送り、続く8番堤のセンター前ヒットで1アウト1.3塁を作る。9番影澤の放った浅いフライをレフトがエラーし、ブルーサンダース1点先制。その後投手戦となり迎えた7回表、ブルーサンダースは3回途中からリリーフした岡崎を攻め、1アウトから9番影澤が四球で出塁し1番天野がレフト前を放ちチャンスを作る。すると2番山下が左中間に2塁打を放ち追加点を奪う。Tropicanaは度々ランナーをスコアリングポジション進めるもあと一本が出ない攻撃が続く。しかし最終回、8番船田がライト線へのツーベースヒットで出塁。9番小室がライトオーバーのヒットで1点返すも後続が倒れ試合終了。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(ブルーサンダース)
戸島様、チームの皆様ありがとうございました。
Tropicanaの皆様、本日はグランド及び審判の手配等ありがとうございました。また対戦する機会ありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Naughty 5 0 東京ガッツ 不戦試合
<試合内容>
対戦期限までに対戦が実現せず、対戦オファー数により東京ガッツの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
フェニックス 5 0 MKY88 不戦試合
<試合内容>
対戦期限までに対戦が実現せず、対戦オファー数によりMKY88の不戦敗。