TOP > スプリングカップ2017 > トーナメント表
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
NTスコーピオンズ 3 3 湾岸ベースボーイズ 6月18日(夢の島球場)
【本部コメント】
快進撃を続ける両雄が激突!互角の勝負は運を味方にした湾岸に軍配!!
【試合内容】
先攻湾岸ベースボーイズは松岡投手、後攻NTスコーピオンズは延島投手の先発で試合開始。 3回裏、NTスコーピオンズは1死2塁から2番佐々木の左中間へのホームランで2点先制する。3番望月(学)、4番延島、もヒットでつづくが後続が倒れる。 4回表、湾岸ベースボーイズは1番胡麻のライト前ヒットがエラーを誘い無死2塁。2番梶が右中間へ2塁打を放ち1点返す。続く3番増田がセーフティーバント、これをピッチャー延島が好フィールディングを見せバッターランナーはアウトとなり1死3塁。4番小沼四球。5番宮島のピッチャーゴロがフィルダースチョイスとなり同点。なおも1死1.2塁で6番松岡がライト前タイムリーヒットを放ち逆転する。なおも相手エラーで1死満塁も8番松本、9番日置は連続三振。 最終回となった6回裏、NTスコーピオンズは連続四球で無死1.2塁とする。7番田島がファーストフライで1死1.2塁。ここで、8番武藤、9番関口が連続四球を選び同点。続く1番斉藤はピッチャーゴロ、2番佐々木はショートゴロで同点時間切れゲームセット。試合後のジャンケンで湾岸ベースボーイズが5-3で勝利を収める。
             投打の活躍を見せた 松岡選手
【相手チームへ一言】
(NTスコーピオンズ)
(湾岸ベースボーイズ)
この度は対戦ありがとうございました。
悔しいですけどすごく楽しかったです。
僕らの分までお願いします!また対戦お願い致します!
NTスコーピオンズ様、対戦ありがとうございました!
またグランド・審判手配いただきありがとうございました!
同点だったのでまた別の機会に対戦いただけたら嬉しいです。
NTスコーピオンズ様の分まで次も頑張ります!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Revival 2 0 青木製作所Snugs 6月18日(大宮健保)
【本部コメント】
西川が完封シャットアウト!Revivalが夏を含め3度目の準決勝進出!!
【試合内容】
Snugs有川投手、Revival西川投手の先発マウンド。先攻のRevivalは初回、一死から連続四球で一死満塁のチャンスを作ると、5番松山選手がライトへ犠飛を放ち1点を先制する。早く追いつきたいSnugsは2回裏、二死から6番村上選手のセンター前ヒットと7番千葉選手の打席はオブストラクションとなり、二死一二塁のチャンスを作る。しかし後続が倒れ無得点。追加点を奪いたいRevivalは4回裏の攻撃、連続四球と送りバントで一死二三塁のチャンスを作ると、7番布目選手がきっちり犠打を決め2-0とリードを広げる。終盤は両投手が好投。Revival西川投手が一四球完封勝利でRevivalが2-0で勝利した。
             完封勝利を挙げた 西川投手
【相手チームへ一言】
(Revival)
(青木製作所Snugs)
村上様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。
今回、初めての対戦でしたが、これを機に今後ともお付き合いの程よろしくお願い致します。
埴原様、選手の皆様、この度は対戦いただきましてありがとうございました!グラウンド及び審判の手配もありがとうございました!今後も宜しくお願いいたします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 7 3 Brightness 6月11日(大宮健保)
【本部コメント】
RED SOXが逆転勝利!自身初となるスプリングカップ準決勝進出!!
【試合内容】
先攻 Brightness、後攻 REDSOXで試合開始。1回表、2つの死球で無死一二塁とすると3番高山選手の右適時打でブライトニスが1点を先制する。4回には6番笹川がヒット、盗塁で進塁すると7番柿崎のタイムリーで2点のリード。しかしその裏、相手の失策で二死一塁とすると6番雨宮選手の左適時打で1点を返す。続く7番山本選手、9番村上選手にも適時打が出て逆転する。6回にも8番染谷選手のダメ押し2点適時打などで4点を追加。ブライトニスは最終回に4番石岡のスリーベース、5番長野の犠牲フライで1点を返すも万事休す。REDSOXが7-3で逆転勝利。
             ベスト4一番乗りを決めた RED SOX
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(Brightness)
対戦ありがとうございました!
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 5 0 深谷クラブ 5月28日(天王洲公園)
【本部コメント】
湾岸旋風止まらず!今度は深谷クラブを下し堂々の8強入り!!
【試合内容】
先攻深谷クラブ、先発真下。後攻湾岸ベースボーイズ、先発松岡でプレイボール。先制したのは、湾岸ベースボーイズ。1回裏、先頭が死球で出塁すると1死3塁から3番増田のセカンドゴロで湾岸が先制。2回裏、湾岸の攻撃1死2.3塁、8番松岡のセカンドゴロがフィルダースチョイスとなり、1点追加。さらに1死3塁、9番日置のショートゴロでさらに1点追加。3回裏、2死2.3塁から6番宮島のセカンドゴロの送球をファーストがエラー、2塁ランナーも還り2点追加。その後は両チームピッチャーの好投により、両者無得点。湾岸エース松岡が7回1安打12奪三振の好投。5-0で湾岸の勝利となる。
             先制打を放った 増田選手
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(深谷クラブ)
深谷クラブ様、対戦いただきありがとうございました!
また、天王洲までお越しいただきありがとうございました!
今後とも宜しくお願い致します!
湾岸ベースボーイズの皆様、ご対戦ありがとうございました。
日程調整、グランド審判のご手配ありがとうございました。
この勢いで優勝して下さい。また今後ともお付き合いの程、宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
NTスコーピオンズ 3 0 ダディーズベースボール 5月28日(大宮健保)
【本部コメント】
NTスコーピオンズが完封シャットアウトで自身初のベスト8進出!!
【試合内容】
ダディーズ先攻、NTスコーピオンズ後攻で試合開始。初回、2回はお互い0点で進む。試合が動いたのは3回裏、NTスコーピオンズは4番延島がレフトオーバーを放ち、中継の乱れも絡み一気にホームインし1点を先制。その後は石井から延島へ継投し、ダディーズ打線を0点に抑える。一方ダディーズも4回、先発の吉川から長谷川にスイッチ。その長谷川はランナーを出しながらも0点に抑えていたが6回に北井にタイムリー2ベースを浴び2失点。ダディーズは再三チャンスを作るも決定打が出ず試合終了。NTスコーピオンズが3対0で勝利した。
             投打の活躍を見せた 延島選手
【相手チームへ一言】
(NTスコーピオンズ)
(ダディーズベースボール)
この度は対戦ありがとうございました。
また機会がございましたら宜しくお願い致します。
グランド、審判の手配ありがとうございました。
またよろしくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Brightness 4 1 東京ガッツ 5月28日(南埠頭公園)
【本部コメント】
Brightnessが逆転勝利で8強入り!3部所属チームでは初の快挙!!
【試合内容】
先攻ブライトニス柿崎、後攻東京ガッツ松岡の先発で試合開始。初回ブライトニスが二塁打とエラーでチャンスを作るが、東京ガッツはダブルプレーで切り抜ける。2回に東京ガッツが無死2.3塁のチャンスを作るが、ブライトニスは連続三振で無失点に抑える。3回裏、東京ガッツが生田目、坂本の連続長打で1点を先制する。しかし4回表、ブライトニスは相手投手の四死球などで満塁のチャンスを作ると、この日9個目となる2番片桐翔の死球で同点に追いつく。尚も満塁で3番高山のタイムリーで2点加点。東京ガッツは田代にスイッチするも更に5番長野のタイムリーで4点目を奪う。先発の柿崎は3回に1点を失うも3回以外を危なげなく抑え完投。4-1でブライトニスの逆転勝ち。
             逆転打を放った 高山選手
【相手チームへ一言】
(Brightness)
(東京ガッツ)
東京ガッツ様。ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします!
グランド手配どうもありがとうございました。
また機会があればよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
三晃クラブ 2 5 青木製作所Snugs 5月21日(大宮健保)
【本部コメント】
石橋が投打の活躍!青木製作所Snugsが自身初となるスプリング8強へ!!
【試合内容】
ベスト8をかけた大事な試合は、先攻青木製作所Sungs石橋投手、後攻三晃クラブ阿部投手でプレーボール。2回裏Sungsの攻撃、先頭の5番村上のヒット、6番川村のセンターへのライナーが相手のエラーとなり無死1・2塁。続く7番千葉のタイムリーで先制すると、9番石橋がライトへのランニングホームランでこの回一挙4点を奪う。その裏、三晃クラブもヒットや四球でランナーをためてエラーとタイムリーで2点を返す。その後中盤は両投手の好投が続きゼロ行進で試合は進む。最終回にSungshは、先頭の7番千葉が絶妙なセーフティーバントで出塁すると、8番佐々木の内野安打と千葉の好走塁で待望の追加点を奪う。その裏の三晃クラブの攻撃、「Snugsの中魔神」でお馴染みの石橋が3人でピシャリと締め、5対2で青木製作所Sungsが勝利。
             投打の活躍を見せた 石橋選手
【相手チームへ一言】
(三晃クラブ)
(青木製作所Snugs)
青木製作所Sungsの皆さん対戦有難うございました。
自分達の分も4回戦以降も頑張って下さい。今後もお付き合い宜しくお願いします。
高田様、松尾様、チームの皆様、この度は対戦いただきありがとうございました。日程調整やグラウンド及び審判の手配等、色々とご配慮いただきありがとうございました。また機会があれば、ぜひよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 4 1 GOLGO BASEBALL CLUB 5月21日(大宮健保)
【本部コメント】
RED SOXが逆転勝利!2013年大会以来、4年ぶりの春8強入り!!
【試合内容】
先攻GOLGO B.C. 後攻REDSOXで試合開始。3回表、1番瀧口選手のレフト前ヒット、川崎選手の犠打で着実に得点圏に進めると、3番長谷川選手のライトの頭を超える3ベースヒットでGOLGO B.C.が先制。その裏REDSOXは、1番井上選手が左中間を破る2ベースヒットを放つと、振り逃げやパスボール、サードのエラーなど相手のミスをついて逆転に成功。REDSOXは4回、6回にも得点を重ね4-1で逆転勝利。
             4年ぶりの8強入りを決めた RED SOX
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(GOLGO BASEBALL CLUB)
GOLGO BASEBALL CLUB様、対戦ありがとうございました!
また対戦の機会ありましたらぜひよろしくお願いいたします。
グラウンド及び審判のご手配ありがとうございました。
また、ぜひよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
サンヒットBBC 4 0 相模原ウインズ 5月21日(大宮健保)
【本部コメント】
初参戦のサンヒットBBCがベスト8進出!ウインズの夢を完封で砕く!!
【試合内容】
相模原ウインズは先発松木、サンヒットBBCは先発小野田で試合開始。初回、先攻サンセットの攻撃、満塁のチャンスを作るも6番小野寺がピッチャーゴロに倒れ得点出来ず。その裏、後攻ウインズはヒットでチャンスを作るがこちらも無得点。試合が動いたのは3回表のサンセットの攻撃、1,2塁のチャンスを作ると7番和田のセンター前ヒットとセンターの暴投の間に2点を先制。さらに4回表には2番下川がランニングホームランを放ち1点追加。その後両チーム無得点で試合終了。4対0でサンヒットBBCが勝利した。
             先制打を放った 和田選手
【相手チームへ一言】
(サンヒットBBC)
(相模原ウインズ)
大休寺様、相模原ウインズの皆様、対戦ありがとうございました。日程調整、遠征して頂き感謝しております。また次の対戦をたのしみにしております。
ありがとうございました。また宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Revival 6 5 BUZZ 5月14日(大宮健保)
【本部コメント】
高橋が劇的サヨナラ打!!Revivalが死闘を制しベスト8進出!!
【試合内容】
Revival先発は西川投手、BUZZ先発林投手で試合開始。先攻のBUZZは一死から2番高山が四球で出塁すると、内野ゴロとワイルドピッチで進塁し、二死三塁となる。4番内田は三振に倒れるも、振逃げ悪送球となりBUZZが1点を先制する。先制されたRevivalは4回裏に反撃開始。一死から5番高橋がライト前ヒットを放ち、内野ゴロの間に進塁し二死二塁となる。ここで、7番埴原がレフトオーバーのツーランホームランを放ち、2-1と逆転に成功する。勢いに乗ったRevivalは5回裏の攻撃。ヒットと四球で二死満塁のチャンスを作ると5番高橋がライト前へ2点タイムリーヒットを放ち4-1とリードを広げる。対するBUZZは、6回表の攻撃、一死から6番松永がヒットで出塁すると、7番石黒が右中間へタイムリースリーベースを放ち4-2と追いすがる。2点差に迫ったBUZZの7回表の攻撃。1番松丸、2番高山の連打と3番飯吉が四球を選び無死満塁のチャンスを作る。ここで4番内田の内野ゴロの間にランナーが還り、1点差に迫る。次打者は倒れ二死二三塁となるも、6番松永が左中間へ2点タイムリーを放ちBUZZが5-4と逆転する。逆転されたRevivalは7回裏の攻撃。1番山田の内野安打と2番小林のからチャンスを作るも後続が続かず二死一二塁となる。ここまで2安打の5番高橋が、猛打賞となる左中間を破る値千金の逆転サヨナラヒットを放ちRevivalが6-5で勝利した。 (詳しくは取材記事・試合動画へ)
             サヨナラ打を放った MVP高橋選手
【相手チームへ一言】
(Revival)
(BUZZ)
冨田様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。
しびれる展開でした。今後とも、オープン戦等お付き合いの程よろしくお願い致します。
Revival様、グランド・審判の手配ありがとうございました。逆転された後、一度は再逆転できてもしやと思いましたが力の差が最後に出ました。緊張感のある試合をありがとうございました。今後ともよろしくお付き合いお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ジョルターヘッズ 1 4 PIECE 5月7日(調布基地跡地)
【本部コメント】
PIECEが2年ぶりのベスト8進出!投げてはエース柴が完投勝利!!
【試合内容】
PIECE柴、ジョルターヘッズ大橋の先発。1回裏、PIECEは坂東がヒットで出塁。盗塁と進塁打で一死三塁。ここでジョルターにバッテリーエラーが出てPIECEが先制。2回表、ジョルターヘッズは平敷のヒット、岩澤の二塁打で一死二三塁。ここでエンドラン敢行も空振りで三塁ランナーアウト。得点を奪えず。3回裏、PIECEは坂東、本木の連続ヒットで二三塁。ここで石川(貴)の内野ゴロで追加点を挙げる。4回表、ジョルターヘッズは四球で出た小関を二塁に置き、平敷がタイムリーを放ち詰め寄る。5回表、無死から樋口がヒットで出塁するも、栗原の打球がピッチャーライナーとなりゲッツーでチャンス潰える。ジョルターヘッズは4回途中から崎迫にスイッチ。5回を抑えるも迎えた6回。桑原にヒットを打たれると、死球を与え二三塁。ここでバッテリーエラーによりPIECEが追加点を挙げる。さらに死球2つで満塁となると、押し出し四球でこの回2失点。迎えた最終回、ジョルターヘッズは二死から四死球3つで満塁。しかし最後は、柴の渾身のストレートが勝り4-1でPIECEが勝利。柴、斉藤のバッテリーが、粘り強くいい打者の多いジョルターヘッズ打線を我慢強く勝負して1点に抑えた。
             完投勝利を挙げた 柴投手
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(PIECE)
PIECE様、対戦ありがとうございました。当然ですが、負けたので悔しいです。しかし、また対戦したい好チームには変わりありませんでした。今後ともよろしくお願い致します。
小関さん、ジョルターヘッズの皆様対戦ありがとうございました!グランド、審判の手配もありがとうございます。今後ともぜひオープン戦を含め、お付き合いをよろしくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 6 5 CHUYANS+ 5月7日(大宮健保)
【本部コメント】
16強最後のイスはGOLGO B.C!若武者の猛追かわし逃げ切り勝利!!
【試合内容】
先攻GOLGO BASEBALL CLUB、後攻CHUYANS+で試合開始。初回、GOLGO BASEBALL CLUBは中嶌のエンドランで先制するも、その裏CHUYANS+も犠飛で1点を返し同点とする。しかし2回表に長谷川のホームランと失策から2点を奪うと、3回表にも長谷川のスリーベースなとで3点を追加。CHUYANS+は4回裏と最終回に2点ずつ返し一打逆転のチャンスを作るも、GOLGO BASEBALL CLUBが何とか逃げ切った。
             HRを放った 長谷川選手
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(CHUYANS+)
対戦ありがとうございました。
また、ぜひよろしくお願い致します。
GOLGO B.Cの皆様、対戦ありがとうございました。最後は緊迫した展開となり、楽しめました。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BOOOOON 0 3 相模原ウインズ 4月30日(荒川運動公園)
【本部コメント】
エース松木が完封シャットアウト!相模原ウインズが3回戦へ!!
【試合内容】
ウインズ先攻、BOOOOON後攻で試合開始。先発はウインズ松木、BOOOOON加藤。2回表、先頭の4番下山がヒットで出塁すると、5番松木がバントで送り、6番松浦のセカンドゴロで2アウトランナー3塁、ここで7番の山上振り逃げでキャッチャーが後逸し、ウインズが1点先制する。3回表、1番緒方がランニングホームランで1点追加。4回表、ランナー1,2塁、途中出場の相星のセーフティーバントでピッチャー加藤が1塁へ暴投。その間に1点追加。投げては松木が完封の快投で3-0でウインズの勝利。
             完封勝利を挙げた 松木投手
【相手チームへ一言】
(BOOOOON)
(相模原ウインズ)
大休寺様、相模原ウインズの皆様、対戦ありがとうございました。日程調整、遠征して頂き感謝しております。またこれからもよろしくお願いします。胸をお借りしたいと思います。
また宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 2 6 サンヒットBBC 4月30日(大宮健保)
【本部コメント】
初出場のサンヒットBBCが昨年準VのTABOOを下しベスト16進出!!
【試合内容】
先攻TABOO先発永富投手、後攻サンヒットBBC先発長浜投手で試合開始。1回表、夏目選手のソロ本塁打でTABOOが1点先制。3回裏、サンヒットBBCも藤本選手のタイムリーで同点に追いつくが、続く4回表に渡橋選手のタイムリー3塁打で再びTABOOが1点をリードする一進一退の展開で終盤へ。迎えた6回裏、サンヒットBBCは四球と失策の走者を二人置いて、荒選手のタイムリー三塁打で逆転。この回さらに3点を追加し、最後は5回からリリーフした植地投手がTABOOの反撃を凌ぎ、6-2でサンヒットBBCが勝利した。
             逆転勝利を飾った サンヒットBBCナイン
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(サンヒットBBC)
 
永富様、TABOOの皆様、対戦ありがとうございました。
いつも緊張感のある良い試合をして頂き感謝しています。
また次の対戦も楽しみにしています。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 1 3 PIECE 4月30日(江戸川河川敷)
【本部コメント】
好調PIECEが逆転勝利!4年連続となるスプリングカップ16強進出!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻スタイガーで試合開始。3回裏、スタイガーは神山がヒットで出塁、2盗塁を決め続く伊藤の内野安打で1、3塁のチャンスに1番亀山がヒットエンドランを決めて先制する。直後の4回表、PIECEは3番の桑原(南)がツーベースで出塁し、ファーストファールフライの間にタッチアップで3塁に好走塁すると、5番の柴がスクイズを決めてすぐ同点に追いつく。さらに6回表、1アウトから2番の本木がヒットで出るとエンドランでチャンスを広げ、内野ゴロと犠牲フライで加点。スタイガーも最終回に反撃をするも無得点。投げては、PIECE柴投手の投打の大活躍でPIECEの勝利。
             同点の起点となった 桑原(南)選手
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(PIECE)
PIECEの選手の皆さん、太田さんこの度は対戦ありがとうございました。とても素晴らしいチームで野球に対する姿勢など勉強になりました。また、次回対戦する機会がありましたらよろしくお願いいたします。
小西様、スタイガーの皆様本日は対戦ありがとうございました。
雨で2回流れてしまった中で、全てのグランド手配、審判の手配合わせて、ありがとうございました。今後とも、お付き合いをよろしくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 5 5 Brightness 4月30日(大宮健保)
【本部コメント】
執念の同点劇を見せたBrightnessが勢いそのままじゃんけん決着を制す!!
【試合内容】
先攻Brightness、後攻とん吉で試合開始。試合が動いたのが2回Brightnessの攻撃。先頭の4番石岡、5番笹川と連続ヒットでチャンスを作り6番長野が送りバントを決め1死2、3塁とすると、7番柿崎が犠牲フライを放ち先制。その後中継ミスもありもう1点奪う。しかしその裏、初回を無失点に抑えたBrightness先発の高橋鉄だったが、とん吉は3点を取り逆転をする。Brightnessは3回から柿崎に継投するも、さらに3回、4回ととん吉が追加点を奪う。5回にBrightnessは9番高橋拓がライトオーバーの本塁打を放つと1番片桐六がヒット 盗塁でチャンスを作ると2番片桐翔がレフトオーバーの3ベースを打ち1点差に追いつき、尚もチャンスで、3番高橋海がしっかり犠牲フライを打ち同点に。6回、7回と両チーム無得点で同点時間切れのため、じゃんけんとなりBrightnessが勝利した。
             16強進出を決めた Brightness
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(Brightness)
本日は対戦ありがとうございました。
対戦ありがとうございます。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 4 3 MKY88 4月23日(天王洲公園)
【本部コメント】
湾岸ベースボーイズがMKY88を撃破!王者との空中戦を制し、優勝候補に名乗り!!
【試合内容】
湾岸ベースボーイズ先攻、先発ピッチャー松岡。MKY88後攻、先発ピッチャー高橋で試合開始。1回表、1番胡麻が内野安打で出塁すると、続く2番梶の右中間を抜くホームランで湾岸が2点先制。その後3本のヒットで満塁とするも無得点。1回裏、MKY88は2番倉田のレフトオーバー柵越えのホームランで1点返す。2回裏、MKY88は5番石塚、6番石橋の連続ヒットと内野ゴロで、1死1.3塁とし、湾岸ピッチャー松岡のボークで同点に追い付く。3回表、湾岸は5番榎本の左中間へのホームランで1点勝ち越し。5回表、1死3塁から6番宮島のタイムリーで湾岸が1点追加。7回裏、MKY88は1死3塁から1番増田の犠牲フライで1点差と詰め寄るも後続が倒れ、湾岸ベースボーイズが4-3と逃げ切り3回戦進出。
             決勝タイムリーを放った 宮島選手
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(MKY88)
対戦ありがとうございました!
またオープン戦等宜しくお願い致します!
湾岸ベースボーイズ様。急なお誘いにも関わらずグランド等の手配ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 0 1 BUZZ 4月23日(大宮健保)
【本部コメント】
BUZZが昨年の雪辱果たす!強豪対決を制し、2011年以来の16強入り!!
【試合内容】
先攻BUZZ林投手、後攻吉岡クラブ菊池投手の各先発で試合開始。3回までの得点圏走者は共に1〜2度あったがお互いの好守備で無得点。4回表裏の攻防が勝敗を分けた。BUZZは1死後飯吉選手が右前打で出塁。2死1塁で松丸選手は左中間に適時2塁打を放ち飯吉選手が1塁から一挙に生還。その裏吉岡クラブ1死1塁で足立選手が左中間越えの大飛球を放ったがグランドルールで1死2.3塁。エンドランも空振りで3塁走者が挟まれタッチアウト。その後もお互いに激しく攻めあった。7回裏吉岡クラブは2死2塁と同点または逆転の好機まで迫ったが次打者が投ゴロに倒れ、1点を守り切ったBUZZが勝利。菊池投手は無四死球完投。林投手は完封勝利。
             昨年の雪辱を果たした BUZZ
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(BUZZ)
冨田様BUZZの選手の皆様対戦ありがとうございました!点差以上に実力の差が出た試合でした。完敗です!今後ともよろしくお願い致します!
吉岡クラブ様、グランド・審判の手配ありがとうございました。いつも緊張感のある痺れる試合にいい勉強をさせてもらっています。今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
大宮フェニックス 3 4 ダディーズベースボール 4月23日(大宮健保)
【本部コメント】
ダディーズが逃げ切り勝利!大宮フェニックスの猛攻凌ぎ3回戦進出!!
【試合内容】
ダディーズベースボール先攻、大宮フェニックス後攻で試合開始。初回、ダディーズが2.3塁のチャンスを作るも無得点。その裏、大宮フェニックスの攻撃はダディーズ先発の西田が3人で切る。2回表、相手のエラーで1点を先取すると、その後村上のタイムリーで1点を追加してダディーズが2点を先制。さらに3回表、原のタイムリースリーベースで1点を追加。その裏、大宮フェニックスも1点を返しこの時点で3-1。5回表、日景が死球で出塁すると盗塁とパスボールで3塁まで進む。ここでまたしても村上のタイムリーでダディーズが1点を追加。4-1で最終回まで進む。7回裏、大宮フェニックスの攻撃で6回からマウンドに上がった吉川がエラーで出塁を許したランナーを1人置いてツーランホームランを浴びる。4-3まで詰め寄られるが後続を抑え、ダディーズベースボールの勝利。
             2本のタイムリーを放った 村上選手
【相手チームへ一言】
(大宮フェニックス)
(ダディーズベースボール)
佐藤様この度は対戦ありがとうございました。
またオープン戦等よろしくお願いいたします。
永野様、グランドの手配ありがとうございました!またよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
三晃クラブ 2 1 VICTORYS 4月23日(大宮健保)
【本部コメント】
手に汗握る投手戦は三晃クラブに軍配!阿部が圧巻のNO-NO達成!!
【試合内容】
先攻三晃クラブ、後攻VICTORYSで試合開始。ゲームはVICTORYS設楽、三晃クラブ阿部の息詰まる投手戦となり、0対0のまま7回終了する。7回を終えてVICTORYS無安打、三晃クラブ1安打で互いに無得点。8回からは一死満塁からのサドンデスに突入。先攻三晃クラブは5番矢崎が押し出しのフォアボール、6番保坂の犠牲フライで2点を先制する。後攻VICTORYSは内野ゴロの間に1点を奪うが反撃はそこまで、2対1で三晃クラブが勝利した。三晃阿部投手はノーヒットノーランを達成!
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
             MVPに輝いた 阿部投手
【相手チームへ一言】
(三晃クラブ)
(VICTORYS)
VICTORYSの皆様対戦ありがとうございました。緊迫の投手戦でしたが今回はたまたま勝利する事ご出来ました。今後もよろしくお願いします。
三晃クラブの皆様、対戦ありがとうございました。
3回戦も頑張ってください。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
YBC 2 2 NTスコーピオンズ 4月23日(篠崎公園A)
【本部コメント】
両者譲らぬ激闘はジャンケン決着!NTスコーピオンズが運を味方に3回戦進出!!
【試合内容】
YBC先攻、NTスコーピオンズ後攻で試合開始。YBCは初回、3番塩味のヒットでチャンスを作るものの無得点。その裏スコーピオンズは四球と盗塁でチャンスを作り内野ゴロの間に1点を先制。しかしその裏、パスボールの間に同点に追いつかれるも、続く2回裏、相手送球エラーで再び勝ち越す。その後スコーピオンズの失策により同点に追いつかれ、7回まで終了し2対2の同点。そこで時間が来てしまった為、じゃんけんにより勝敗を決定し、スコーピオンズの勝利。
             初の3回戦進出を決めた NTスコーピオンズ
【相手チームへ一言】
(YBC)
(NTスコーピオンズ)
NTスコーピオンズ鎌田様、対戦ありがとうございました。緊張感のある良い試合でとてもいい経験になりました。また機会がありましたら対戦よろしくお願いします。
この度は雨で順延も続く中、グランドや審判の手配等ありがとうございました。じゃんけんではなく、決着を付けられる日を楽しみにしております。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
CHUYANS+ 12 1 GOLDENCLUB 4月23日(南埠頭公園)
【本部コメント】
CHUYANS+打線爆発で2回戦へ!!12得点を奪い5回コールド勝利!!
【試合内容】
CHUYANS+岡田、GOLDENCLUB横山の先発で試合開始。試合が動いたのは三回、CHUYANS+は一死から1番今村、2番西山の連打と盗塁で1点を先制。その後も四死球とエラーが重なりこの回4点を先行する。対するGOLDENCLUBはその裏、7番森がヒットで出塁するとパスボールで二進。9番堀井もヒットで繋ぎ、一死一三塁から1番岩間の適時打で1点を返す。2番城所もヒットで繋ぎ、一死満塁のチャンスを作るも後続が倒れ、この回1点止まり。CHUYANS+は4回にも1点、5回には5本の長短打で一挙7点を追加。その裏、GOLDENCLUBが無得点に終わったためコールドゲーム成立。12-1で試合終了。CHUYANS+が2回戦に駒を進めた。
             2回戦へとコマを進めた CHUYANS+
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(GOLDENCLUB)
岩間様、GOLDEN CLUBの皆様、対戦ありがとうございました。
また順延の調整等、スムーズなご連絡大変助かりました。今後ともよろしくお願い致します。
二度の雨天順延の中、グラウンド・審判の御手配等、有難うございました。次戦以降も頑張ってください。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
深谷クラブ 2 0 RED HILL 4月16日(大宮健保)
【本部コメント】
エース阿部が完封勝利!初タイトルを狙う深谷クラブが2年ぶりの16強入り!
【試合内容】
先攻、REDHILL・布施投手。後攻、深谷クラブ・阿部の先発。先制したのは深谷クラブ。3回裏、2死から1番永吉が死球で出塁すると2番高橋の左中間へのタイムリー2塁打で先制。5回裏、8番佐藤のヒット、9番川田のインターフェア、2番高橋の内野安打で1死満塁とすると3番橋本のエンドランで2−0とする。キャッチャー佐藤が2つの盗塁を刺し守備で盛り上げ、投げては阿部が散発4安打の完封勝利。効率良く得点をあげた深谷クラブが2−0で勝利し3回戦にコマを進めた。
             16強入りを果たした 深谷クラブ
【相手チームへ一言】
(深谷クラブ)
(RED HILL)
REDHILLの皆様、本日はご対戦ありがとうございました。
日程調整ありがとうございました。また今後ともお付き合いの程、宜しくお願い致します。
川田様、グランド・審判の手配ありがとうございました。
また対戦の機会がありましたら、よろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 3 4 ジョルターヘッズ 4月16日(台東リバーサイド)
【本部コメント】
ジョルターヘッズが逆転サヨナラ勝ち!BigDipperの下剋上を土壇場で阻止!!
【試合内容】
BigDipper先攻、ジョルターヘッズ後攻で試合開始。ジョルターヘッズ崎迫、Big Dipper渡辺両投手の先発。初回、Big Dipperは永吉のヒットでチャンスを作ると4番小川が右中間にタイムリー二塁打を放ち先制する。さらに続き2回、6番矢内に柵越え弾が出て2-0。3回にも5番金野のタイムリーで3-0とし優位に試合を進める。しかしその裏、ジョルターヘッズは相手ミスでチャンスを作ると、バッテリーエラーで1点、さらに4番生田がセンターへタイムリーを放ち3-2とし追い上げる。ジョルターヘッズは4回から生田にスイッチ。すると6回、岩澤が右中間への二塁打でメイクチャンスすると、送りバントが相手ミスを誘い無死一三塁。ここで三塁ランナーの代走大久保が送球間にホームをつき同点に追いつく。 時間的に7回からサドンデス。Big Dipperはタイムリーを打っている小川、今野だったが生田が踏ん張り無得点。その裏、ジョルターヘッズは生田が叩きを決めてサヨナラで勝利。
             決勝打を放った 生田選手
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(ジョルターヘッズ)
本日はありがとうございました。
また対戦の機会がありましたら、お願い致します。
Big Dipper様、色々とご手配ありがとうございました。
強くまた気持ちの良いチームでした。どちらに転んでもおかしくない好ゲームであったと思います。今後、オープン戦などでもご交流お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
青木製作所Snugs 2 0 世田谷ペンギンズ 4月16日(大宮健保)
【本部コメント】
エース対決は有川に軍配!終盤に勝負強さを発揮したSnugsが3回戦進出!!
【試合内容】
先攻青木製作所Snugs、後攻世田谷ペンギンズで試合はスタート。試合は、世田谷ペンギンズ須山投手と青木製作所snugs有川投手の息詰まる投手戦。6回まで須山投手は被安打1に抑える好投を見せると、Snugs有川投手はその上を行く好投で6回まで3人づつ完全に抑える。試合が動いたのは最終回、Snugsは一死から5番千葉が四球を選び出塁すると、6番村上の進塁打等で二死ながらこの試合初めて三塁までランナーを進めると石橋の打球はボテボテの内野ゴロ、これが内野安打となり均衡が破れる。さらに続く岩田の打球がセカンド横を抜く鋭いゴロで右中間まで転がると、一塁ランナーの石橋が一気にホームまで還り2点目を奪う。ペンギンズ最後の攻撃は、武藤が完全試合を破るセンター前ヒットを放ち反撃に出るが、後続が続かず試合終了。先発有川が被安打1無四球の好投で完封し、Snugsが2-0で勝利。
             圧巻のピッチングを見せつけた 有川投手
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(世田谷ペンギンズ)
大石様、チームの皆様、本日はありがとうございました。
非常に緊迫した投手戦でした!また機会があればぜひよろしくお願いいたします!
青木製作所snugsのみなさん、息詰まる投手戦でいい試合でした。次戦もがんばってください!今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Naughty 0 5 RED SOX 4月9日(大宮健保)
【本部コメント】
RED SOXが新タイトル獲得に向けて好スタート!Naughtyはリーグでのリベンジ誓う!!
【試合内容】
先攻 Naughty 、後攻 RED SOX。2回裏にRED SOX先頭大野選手が死球で出塁するとヒットや犠打で確実にランナーを進め山本選手の内野ゴロの間に1点を先取する。RED SOXは5回、6回にも打線が繋がり5-0とする。投げては内山投手が毎回得点圏にランナーをおくものの、耐えるピッチングで7回5安打完封。RED SOXの勝利。
             投打が噛み合った RED SOX
【相手チームへ一言】
(Naughty)
(RED SOX)
中林様、RED SOXの皆様、対戦ありがとうございました。
対戦ありがとうございました。
リーグ戦での対戦も楽しみにしております!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
VICTORYS 6 0 東京ドナルドダック 4月9日(大宮健保)
【本部コメント】
投げては藤田、打っては村松!投打の噛み合ったVICTORYSが1回戦突破!!
【試合内容】
雨の中、先攻VICTORYS、後攻東京ドナルドダックで試合が始まる。VICTORYSは初回、無死2、3塁から3番・村松のタイムリーなどで3点を先制。2回には5番・駒野、7番・池本のタイムリー、3回には再び3番・村松のタイムリーで6対0とする。対するドナルドダックは、チャンスらしいチャンスを作れず、そのまま試合終了。投げては先発の藤田が6回参考記録ながらノーヒットノーランの好投で勝利した。
             タイムリーを放った 村松選手
【相手チームへ一言】
(VICTORYS)
(東京ドナルドダック)
雨の中、大宮健保まで遠征して頂きありがとうございました。
今後ともお付き合いのほど、宜しくお願いいたします。
Victorys、北住様、雨の中、対戦ありがとうございました。何度も、日程調整、ありがとうございました。また、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 8 1 フィリックス 4月9日(大宮健保)
【本部コメント】
湾岸ベースボーイズがホームラン攻勢で初戦突破!2回戦では昨年王者と激突!!
【試合内容】
湾岸ベースボーイズが先攻、フィリックスが後攻で試合開始。2回表、湾岸は小向のホームランで先制。続く宮島も2者連続となるホームランを放つ。さらに相手エラーで得点し合計3得点。4回表、松岡のツーランホームランで湾岸が2点追加する。4回裏フィリックスは、センターへのタイムリーヒットで1点返す。7回表、湾岸は相手エラーで1点追加し、さらに2死1.3塁で松岡のタイムリースリーベースで2点追加。最後の守りも先発の松岡が無失点で抑え自責点0の完投勝利。湾岸ベースボーイズが2回戦へ駒を進めた。
             投打の活躍を見せた 松岡選手
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(フィリックス)
本日は対戦ありがとうございました!
またの機会がありましたら宜しくお願い致します!
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
相模KOT'S 0 10 Revival 4月9日(滝ケ原運動場)
【本部コメント】
脅威の破壊力を誇るRevival打線爆発!10得点の猛攻を見せ相模KOT'Sを下す!!
【試合内容】
相模KOT'S上田投手。Revival西川投手の両先発で試合開始。初回は両投手、安定した立ち上がりをみせる。先取点を取ったのは二回表Revivalの攻撃。二死から四球とエラーで二三塁のチャンスを作る。ここで8番西川選手が左中間へ2点タイムリー三塁打を放ちRevivalが2点を先制する。Revivalは更に3回表に2番小林(隼)選手がライトへのソロ本塁打。4回表に6番桜井選手の左中間への本塁打などで加点し、6-0と点差を広げる。7回表にも1番山田選手のタイムリーなどで一挙4点を挙げる。投げては先発の西川が9奪三振の好投で完封。Revivalが10-0で勝利した。
             HRを放った 小林(隼)選手
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(Revival)
Revivalの皆様、対戦ありがとうございました。日程調整もご協力頂きありがとうございます。投打共に素晴らしく、完敗でした。今後ともよろしくお願い致します。
相模KOT'Sの皆様、対戦及びグランド、審判の手配等ありがとうございました。また、オープン戦等お付き合いのほど宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 2 3 東京ガッツ 4月2日(大宮健保)
【本部コメント】
東京ガッツが大金星!!劇的サヨナラで優勝候補WILLを撃破!!
【試合内容】
東京ガッツは林、WILLは樋口の先発で試合開始。初回、WILLは2死2塁から相手内野エラーの間に先制する。追い付きたい東京ガッツは4回裏、先頭の生田目がヒットで出塁すると、4番手塚がツーランホームランを放ち一気に逆転。2回以降、三者凡退に抑え込まれていたWILLは、6回表に2死から阿住がホームランを放ち同点に追い付く。しかし7回裏、東京ガッツは2死2塁から代打佐久間がヒットを放つとホームクロスプレーとなるが間一髪セーフとなり、東京ガッツがサヨナラ勝ちした。
             サヨナラ打を放った 佐久間選手
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(東京ガッツ)
今回は遠征での対戦ありがとうございました。
3回戦も頑張ってください。また是非対戦よろしくお願い致します。
グランド・審判の手配などありがとうございました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
芝浦オールスターズ 1 2 世田谷ペンギンズ 4月2日(東調布公園)
【本部コメント】
世田谷ベンギンズが勝負強さを発揮!サドンデスにまで縺れた激闘を制し2回戦へ!!
【試合内容】
先攻世田谷ペンギンズ、後攻芝浦オールスターズで試合開始。試合が動いたのは2回裏、芝浦オールスターズは加茂川、猿田の連打でチャンスを作り、北風のタイムリーヒットで1点を先制する。反撃したい世田谷ペンギンズは5回表、先頭工藤がヒットで出塁すると送りバントで二塁に進めチャンスを作る。ここで加治のタイムリーヒットが出て1-1の同点となる。その後は芝浦オールスターズ加茂川投手と世田谷ペンギンズ須山投手の投げ合いとなり1-1のまま7回が終了。延長8回からは一死満塁からスタートするタイブレークに突入、先攻ペンギンズは張の内野安打で2-1とリード。その裏芝浦オールスターズはスクイズエンドランの失敗もあり無得点に終わり、2-1で世田谷ペンギンズの勝利。投げては須山投手が10奪三振1失点の完投勝利。
             勝利に導いた 須山-大石バッテリー
【相手チームへ一言】
(芝浦オールスターズ)
(世田谷ペンギンズ)
世田谷ペンギンズ様、対戦ありがとうございます。
強豪相手に善戦が良い経験となりました。
また機会がありましたら練習試合等お願い致します。
芝浦オールスターズのみなさま、非常にしびれる試合でした!
対戦まことにありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Tropicana 1 2 大宮フェニックス 4月2日(赤塚公園)
【本部コメント】
大宮フェニックスが苦しみながらも2回戦へ!Tropicanaは2年連続で初戦敗退。
【試合内容】
大宮フェニックス永野、trpicana松下の先発でゲームスタート。先攻はTropicana。1、2、3回とランナーを3塁まで進めるが、後続が続かず先制点を奪えない苦しい展開が続く。一方の大宮フェニックスは4回に内野ゴロで先制点を奪い、尚もセンター前に落ちるポテンヒットで2点目。反撃したいTropicanaは4番塩谷のヒット、5番佐藤のレフトオーバーの2ベースで1点を返す。最終回もランナー1、2塁と逆転の場面を作るが、2番小室、3番田母神が打ち取られ逆転ならず。先発松下は大宮フェニックスを3安打に抑えるも打線がかみ合わず、2-1で大宮フェニックスの勝利。
             2回戦進出を決めた 大宮フェニックス
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(大宮フェニックス)
永野様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
次戦も頑張ってください。
松下様グランド、審判手配ありがとうございました。
また対戦お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
サンヒットBBC 1 0 Tommys baseballclub 4月2日(大宮健保)
【本部コメント】
新星対決はサンヒットBBCに軍配!終盤のチャンスをモノにし初戦突破!!
【試合内容】
Tommys先攻、サンヒット後攻で試合開始。両先発投手がテンポの良い好投を見せ、ゲームは投手戦となる。Tommysが4、5、6回と得点圏に走者を進めるがサンヒットがなんとか凌ぎ、Tommys優勢の展開で終盤へ。サンヒットは山本投手の前に5回までノーヒットで抑えられたが、6回裏に祖山のタイムリー3塁打で1点先制。サンヒット先発の小野田が7回完封で勝利した。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
             MVPに輝いた 小野田投手
【相手チームへ一言】
(サンヒットBBC)
(Tommys baseballclub)
山本様、Tommys Baseball Clubの皆様、対戦ありがとうございました。日程調整、遠征して頂き感謝しております。また次回の対戦を楽しみにしております。
この度は対戦ありがとうございました。グランドの手配等ありがとうございました。またの機会に是非対戦宜しくお願い致します。今後も宜しくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ひばりヶ丘ロータース 2 9 BUZZ 4月2日(大宮健保)
【本部コメント】
エース林の好投にBUZZ打線爆発!9点の援護射撃で1回戦突破!!
【試合内容】
各先発は先攻BUZZ林投手、後攻ひばりヶ丘ロータース北川投手。
2回裏、BUZZは失策に犠打、3ゴロで1点を失うが、3回表に2塁打を足掛かりにして高山選手の相手のミスを誘う好走塁で逆転に成功。その後も加点し、5回は3連続長短打を含め4点を加え試合の流れをつかんだ。林投手は完投勝利。ひばりヶ丘ロータースは2番手投手が制球を乱し更に失点し苦しい展開になった。6回時間切れ。
             完投勝利を挙げた 林投手
【相手チームへ一言】
(ひばりヶ丘ロータース)
(BUZZ)
対戦ありがとうございました。
また機会がございましたらよろしくお願いいたします。
ひばりヶ丘ロータース様、グランド、審判の手配をはじめ流動的な日程に合わせていただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
相模KOT'S 2 1 JAあつぎ 4月2日(横山公園)
【本部コメント】
相模KOT'Sが2014年大会以来の初戦突破!今季こそ悲願なるか!?
【試合内容】
JAあつぎ越智投手、相模KOT'S吉田(正)投手で試合開始。2回までは両投手の好投で両チーム無得点。試合が動いたのは3回表の相模KOT'Sの攻撃。先頭の中村選手が四球を選び、鈴木選手がライト前を放ち無死一、三塁。阿部選手の叩きで二、三塁とし、吉田(正)選手がセンター前ヒットを放ち1点先制。さらにワイルドピッチでもう1点を追加した。しかしその裏、JAあつぎも先頭打者が四球で出塁し、エラーで三塁まで進むと、レフト前タイムリーで1点を返す。最終回となった6回。相模KOT'Sは一死三塁から上田のタイムリーヒットで1点追加し、さらに一死満塁とし、鈴木がライトフェンス直撃の走者一掃タイムリーツーベースを放ち6‐1となったところで時間切れ。公式記録2‐1で相模KOT'Sの勝利。
             投打の活躍を見せた 吉田(正)選手
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(JAあつぎ)
JAあつぎの皆様、本日は対戦ありがとうございました。また、試合開始に向けていろいろとご協力頂きありがとうございます。本日はグランドコンディションも悪い中での試合となりましたので、また対戦して頂ければと思います。よろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
YBC 2 0 萩中サンダース 4月2日(東綾瀬公園)
【本部コメント】
YBCが白星デビュー!進藤のビッグプレーで粘る萩中サンダースを振り切る!!
【試合内容】
YBCは初回、萩中先発木戸の立ち上がりを攻め、ヒットと四死球で満塁のチャンスを作り、4番佐坂のライト前ヒットで2点を先制。その後はお互いチャンスを作りながらもお互いの投手が粘り、無得点で最終回に突入。萩中サンダースが1アウト2、3塁のチャンスを作るもセンター進藤の超ファインプレーにより試合終了。2対0でYBCの勝利。
             白星デビューを飾った YBC
【相手チームへ一言】
(YBC)
(萩中サンダース)
萩中サンダース様、本日はありがとうございました。
緊張感のある良い試合が出来て良かったです。
また機会がありましたら対戦よろしくお願いします。
本日はありがとうございました。
しびれる試合で、また一つ素晴らしいチーム様と出会えました。
また機会に恵まれましたら宜しくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BOOOOON 3 1 葛飾セブンベースボールクラブ 4月2日(大宮健保)
【本部コメント】
BOOOOONが1回戦突破!今シーズン初戦を逆転で飾る!!
【試合内容】
BOOOOONが先攻、葛飾セブンが後攻で試合開始。初回、葛飾セブンBBCが大山の犠牲フライで1点を先制。対するBOOOOONは2回に内野ゴロの間に1点を返し同点とすると、4、6回にも加点してBOOOOONが逃げ切り勝利。葛飾セブンは無死三塁のチャンスを2回潰すなどあと一歩であったが近くて遠い1点であった。
             接戦を制した BOOOOON
【相手チームへ一言】
(BOOOOON)
(葛飾セブンベースボールクラブ)
佐野間様 チームの皆様 対戦ありがとうございました。
いつも緊張感のある良い試合ができて、とても嬉しく思います。
また対戦よろしくお願いします。
城野さま、チームの皆さまいつもありがとうございます。
本日もまた、勝敗以上に大事なことを勉強させていただきました。
これからも、 また、引き続きよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルースカイA 1 7 RED HILL 3月19日(大宮健保)
【本部コメント】
最高峰リーグ同ブロックの両者が初戦で激突!初タイトルを狙うREDHILLが快勝発進!
【試合内容】
ブルースカイ先攻、REDHILL後攻で試合開始。初回、REDHILLはブルースカイ先発の薮下を攻め、1番がエラー、2番が四球で出塁し、3番と4番の連続ヒットと5番の内野ゴロで3点先制。4回表、ブルースカイAは飛田の四球と笹原のヒットで一塁三塁とチャンスを作り、旭の内野ゴロの間に1点を返し3対1。しかし4回裏、リリーフピッチャーの永嶋祐がつかまる。REDHILLは1死後、3番のヒットで出塁。盗塁でチャンスを広げ、4番のヒットで待望の追加点。その後連続四死球の押し出しで更に1点追加。5回、6回にもREDHILLは追加点を奪い、最終回ブルースカイAの攻撃は一死から三塁打で出塁をしたものの、続く打者2人を三振とショートフライに打ち取り、7対1でRED HILLが勝利。
             1回戦を突破したた REDHILL
【相手チームへ一言】
(ブルースカイA)
(RED HILL)
平城様、石川様、対戦ありがとうございました。不甲斐ない試合になってしまい、申し訳ありません。
また、リーグ戦での対戦がありますので立て直して挑戦したいと思います。今後ともよろしくお願い致します。
ブルースカイAの皆様、対戦ありがとうございました。
リーグ戦でもよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 5 0 RRK 3月19日(篠崎公園A)
【本部コメント】
スタイガーが完封勝利で2回戦進出!初出場の若武者RRKは無念の初戦敗退。
【試合内容】
スタイガーは初回、いきなり無死満塁のチャンスを作り2点を先取。その後はRRKがスタイガー打線を封じ5回まで点を与えず。しかし、スタイガーが6回裏に3点を追加。終わって見ればスタイガーの完封勝利。
             完封勝利を飾った スタイガー
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(RRK)
RRKの選手の皆さんこの度は対戦ありがとうございました。
また、対戦する機会がありましたらよろしくお願いいたします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Brightness 5 0 サンタリンクス 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、サンタリンクスの不戦敗。
【相手チームへ一言】
 
 
 
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Naughty 5 0 cheap 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、cheapの不戦敗。
【相手チームへ一言】