TOP > Victoriaリーグ4部(2020年) > 成績表(決勝トーナメント)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
※ 各ブロック上位チームが決勝トーナメント進出
ワイルドカード枠 →【順位確定について】
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
練馬United 7 11 上石神井野球部 9月27日(大原公園)
大原の2打席連続タイムリー等で大逆転!上石神井が練馬対決を制し2回戦へ!!
【試合内容】
上石神井野球部と練馬Unitedとの決勝トーナメント1回戦は初回から試合が大きく動く。1回表練馬Unitedは上石神井野球部の先発本上を攻め、4番山田のタイムリー2ベースや6番長井の3ランHRが飛び出して5点を先制する。反撃したい上石神井野球部は1回裏、練馬United先発郡の制球の乱れを突いて、押し出しで2点を返すと、たまらず練馬Unitedは2番手岡本にスイッチするが、7番大原と9番満汐のタイムリーでこの回に6点を奪い、6-5と逆転に成功する。さらに2回裏に7番大原が2打席連続タイムリーを放ち、2点を追加。3回裏には犠牲フライや相手守備の乱れ、押し出しが絡んで3点を追加し11-5とリードを広げる。時間的に最終回となる4回表に練馬Unitedは3回から登板した上石神井野球部の2番手川崎を攻めて、4番山田が2点タイムリーを放つが反撃もここまで。11-7で上石神井野球部が勝利した。
【相手チームへ一言】
(練馬United)
(上石神井野球部)
対戦誠に有難う御座いました。予選と決勝Tの計2試合、チーム力の差を体感させられる試合となり、とても勉強になりした。貴チームの優勝を心より願っております。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。
練馬United池田様、選手の皆様。グランド手配ならびに対戦ありがとうございました。難しい試合となりましたが、今後も同じ練馬区のチームとしてご交流を深めていけたらと思います。引き続きよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
新座オーキーズ 10 5 セブンホイールズ 9月27日(大宮健保)
オーキーズが10得点の快勝!2年ぶりの初戦突破を果たし予選から無傷の7連勝!!
【試合内容】
先攻・セブンホイールズ、後攻・新座オーキーズで試合開始。1回表セブンホイールズは、1アウトから2番松丸が四球で出塁するも無得点。対する新座オーキーズは1回裏。制球に苦しむ先発末弘から4者連続四球で先制。続く5番相澤がレフト前へ2点タイムリー。9番中村がセンターへ2塁打を放ち、いきなり5点を奪う。2回表、セブンホイールズは先頭木元が四球で出塁すると、樫原がレフト前ヒット。ここから同じく制球に苦しむ渡辺投手から3連続四球で2つの押し出しで2点を返し、更に2番松丸の打球は強烈なサードライナーで2点で切り抜ける。末弘は2回も苦しみ、四球と自らのエラーで更に1点を失った所でノックアウト。2番手松丸も4番小野にタイムリー。8番森に犠牲フライで2点を追加される。新座オーキーズは3回にも3番新田のタイムリー。4回にも9番中村のタイムリーで1点ずつ小刻みに点を重ね合計10得点を奪う。5回表は、セブンホイールズは簡単に2アウトを取った所で2連続四球を与え、3番手高橋翼が登板。高橋翼は後続を完璧な投球で打ち取り、この試合初の0点に抑え最終回を迎える。6回表、セブンホイールズは相手ミスが2つ重なり1アウト1.2塁のチャンスを作ると、渡部の3塁線を破るタイムリーで1点を返し、更に松丸の内野安打で1点。送球が逸れる間にもう1点返し、3点を奪うも代打豊田が倒れ、10対5で新座オーキーズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(新座オーキーズ)
(セブンホイールズ)
セブンホイールズ様、豊田さん。対戦ありがとうございました。久しぶりの対戦楽しかったです。今後とも何卒宜しくお願い致します。
榎本さん、新座オーキーズの選手の皆様。2年振りの対戦を、決勝トーナメントで戦えて光栄でした。緊張からか初回の5点が痛かったです。過去2度の対戦の記録を確認しましたが、今回は以前と違い試合にはなったかなと思いました。いつかオーキーズさんに勝てるようなチームになるよう、これからも精進したいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
オーティーナショナルズ 5 4 東京RIOT 9月20日(ポニーランド前)
ナショナルズが壮絶なシーソーゲームを制し3度目の決勝Tで初の1回戦突破!!
【試合内容】
先攻東京RIOT、後攻オーティーナショナルズで試合開始。1回表RIOTは、1番安田が安打で出塁も後続が三者三振で無得点。その裏ナショナルズは2番米澤の二塁打でチャンスを作るも無得点というお互い0の立ち上がり。ゲームが動いたのは3回表。RIOTが四球で作ったチャンスをワイルドピッチと2番生井のタイムリーで先制する。反撃したいナショナルズはその裏死球などで作ったチャンスを3番小山の3塁打で同点に追い付き、相手のワイルドピッチで逆転する。4回は共に無得点、5回表にRIOTが下位から作ったチャンスで4番今井がタイムリーを放ち再逆転する。1点リードを奪われたナショナルズはその裏、9番澁谷と1番丸山の連続安打で作ったチャンスに2番米澤がタイムリーでまず同点、その後バッテリーミスで1点を奪い再々逆転に成功する。オーティーナショナルズ先発小山は、毎回ランナーを許す苦しい展開も捕手稲生の2度の盗塁刺殺など味方の好守備もあり要所を締めるピッチング。時間規定により6回表裏完了で試合終了。オーティーナショナルズが壮絶なシーソーゲームを制し決勝トーナメント2回戦に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(オーティーナショナルズ)
(東京RIOT)
対戦ありがとうございました。
また対戦出来る事を楽しみにしています。
去年のリベンジが出来ず悔しい限りです。このまま4部制覇してください。対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
高飛車 2 0 Bounce B.C. 9月20日(大宮健保)
石井の決勝打に海老沢の完封!高飛車が2年ぶりの決勝トーナメント初戦突破!!
【試合内容】
先攻高飛車、後攻Bounce BCで試合開始。1回表高飛車の攻撃、1番が凡退後一死から2番須藤がレフト前安打で出塁。その後二死から4番加藤が一二塁間を抜く技あり安打で二死一三塁とすると、5番石井のサード強襲のタイムリーで1点先制。Bounceはその裏、2死から3番小野寺が四球を選び、4番武藤(大)に回す。武藤(大)の鋭い当たりが外野に抜けると思われたが走者小野寺の足に当たり、守備妨害で攻撃終了。2回3回は両チーム投手の好投で試合は動かず、試合が動いたのは4回表。Bounceは先発八木澤から奈良にリリーフして流れを変えようとしたが、その立ち上がりの制球に高飛車がつけ込み、7番神田、8番宮城の連続四球、9番宮永のセンター前安打で二死満塁とする。2番須藤がボールを選び、押し出しで貴重な追加点を奪い2-0。一気に大量得点といきたかったが3番の打球をファーストの好守に阻まれて、それ以上の追加点を与えない。高飛車も5回裏に一死三塁のピンチを迎えるが内野ゴロと三振で後続を絶ち、無失点で切り抜ける。最終7回裏のBounceの攻撃も3人で切り、2-0で高飛車の勝利。高飛車先発の海老沢は7回被安打3。ランナーこそ出すがその後ギアの上がった投球を見せ完封勝利。
【相手チームへ一言】
(高飛車)
(Bounce B.C.)
本日は雨が心配される中、遠路はるばる遠征して試合していただきありがとうございました。まとまりのあるレベルの高い良いチームで好感が持てました。勝利がどちらに転ぶか分からない締まった試合が出来て楽しかったです。また機会がありましたらよろしくお願い致します。
グラウンド確保、審判手配ありがとうございました。緊迫した試合で楽しく野球が出来ました。またよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
SAMINEZ 2 1 砂町ドンフェイス 9月20日(大宮健保)
新星SAMINEZが1回戦を突破!竹林の決勝打に飯島・竹林の投手リレー!!
【試合内容】
先攻SAMINEZ飯島、後攻砂町ドンフェイス高須の両先発投手で試合開始。両投手ともに走者を出すが要所を締め、立ち上がりは無得点で進む。試合が動いたのは3回表SAMINEZの攻撃、9番中村のヒット、1番星野の死球からの盗塁でチャンスを作ると、3番竹林のタイムリーで2点先制。その裏、砂町ドンフェイスも4番飯田のタイムリーで1点返しスコア2-1。4回からSAMINEZは竹林投手へ継投し、素晴らしい投球で砂町ドンフェイス打線を抑え込む。結局このまま7イニング終了。SAMINEZが2対1で勝利し、ベスト8進出を果たした。
【相手チームへ一言】
(SAMINEZ)
(砂町ドンフェイス)
この度は遠征いただきありがとうございました。とても痺れる試合ができて、選手一同、心より感謝申し上げます。また試合できることを楽しみにしております!
サミンズ様、対戦ありがとうございました。また対戦する機会がありましたら宜しくお願いします。プロスタ目指してがんばって下さい!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
AIS 3 8 神奈川インフィニティ 9月20日(夢の島運動場)
Wカードからの逆襲を狙うインフィニティが無敗通過のAISを下す好スタート!!
【試合内容】
先攻AIS、後攻神奈川インフィニティで14:05に試合開始。初回AISはランナー2人を置き、4番のタイムリーで2点を先制。その裏、神奈川インフィニティもヒットとエラーでチャンスを作り2点を返し試合は振り出しに。2回AISは3対2と1点を勝ち越すもその裏、神奈川インフィニティがヒットと四球で満塁のチャンスを作り4番のタイムリーエラーで走者が一挙生還、さらに7番にも2点タイムリーが飛び出てこの回一挙5点を追加し3対7とする。神奈川インフィニティは3回にもタイムリーが出て1点を追加し、最終回まで3対8で試合は進む。最終回表、AISは土壇場で試合を8対8の振り出しに戻す。なおもノーアウト満塁のチャンスだったが無念にも時間終了となり、記録は6回の3対8を採用。神奈川インフィニティが勝利した。
【相手チームへ一言】
(AIS)
(神奈川インフィニティ)
神奈川インフィニティの皆様、今日は遠征していただきありがとうございました。時間終了となってしまいましたがルールはルールなので仕方ありません。次回以降も頑張ってください。
グラウンドの手配等ありがとうございました。
また対戦の機会がありましたらよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
MIXUP 2 3 紫光倶楽部 9月20日(東京機器健保)
原口の内野ゴロが決勝点!初の決勝T進出を果たした紫光倶楽部が逃げ切り勝利!!
【試合内容】
9時50分雨の降る中、先攻紫光、後攻MIXUPで試合開始。1回表、3者凡退。1回裏、MIXUPは1番桃野がサードエラーで出塁、2番佐藤が打撃妨害で1塁2塁、盗塁で2塁3塁とする。1OUT後4番柏原のショートゴロが1塁への悪送球となり1点先制!2回表、紫光は4番藤田が四球で出塁後盗塁し2塁へ。5番村上の2塁打で1点を返し、続く6番渡辺が3塁打で1点追加。さらに7番原口のサードゴロでホームに突入すると捕手のエラーがあり1点追加し3点を返す。その後6回裏まで進む。MIXUPは2番佐藤がヒットで出塁し3番白瀧の3塁打で1点返すも、白瀧が3塁オーバーランでOUTになりチャンスが途切れる。MIXUPは7回裏、2OUTから8番大森9番中村の連続ヒットでチャンスを作るが1番桃野がピッチャーゴロに倒れ試合終了!3対2で紫光が逃げ切る。
【相手チームへ一言】
(MIXUP)
(紫光倶楽部)
横浜から大宮までの遠征ありがとうございました。お互いブロック代表の名に恥じない白熱した試合だったと思います。是非、決勝戦まで勝ち進んでください。
雨の降る中お疲れ様でした。。決勝トーナメントらしい1点を争う試合が出来て良かったです。グランドも雨が降っても水が全然浮いてこないグランドで良かったです。この度は、グランド・審判を手配して頂きありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Apex 4 1 ハヌマンズ 9月13日(入船公園)
Apexが予選から無傷の7連勝!伊藤・岩田の継投で2年連続の決勝T1回戦突破!!
【試合内容】
ハヌマンズ先攻、Apex後攻で17時に試合開始。1回表、Apex先発伊藤は2アウト後、ヒットでランナーを出すが後続を打ちとり無得点に抑える。その裏Apexの攻撃は、内野安打や四球などでチャンスを作ると相手守備のエラーを誘い2点を先制。2回表、ハヌマンズは9番増山選手がレフトフェンス直撃のツーベースを放つも、後続が倒れ無得点。その後両チームチャンスを作るがあと一本が出ず、迎えた4回表、ハヌマンズ先頭打者の清水選手がレフトへ柵越えソロホームランを放ち1点差に迫る。続く杵渕選手もヒットを放ちノーアウト2塁になり、1アウト後1番垣崎選手もレフト前に運び1、3塁とする。ここでApexはピッチャーを伊藤から岩田へ交代し、最初の打者を四球で出すが続く3番、4番打者を連続三振に仕留めこのピンチを切り抜く。その後5回裏にApexは四球と相手エラーなどで2点を追加。6回表のハヌマンズの攻撃途中で時間制限により試合終了。ハヌマンズは先発竹花からリリーフ兼清でランナーを背負いながらも粘りのピッチングをしたが、ピンチでの守備の差が出て4-1でApexが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Apex)
(ハヌマンズ)
本日は遠方からお越し頂きましてありがとうございました。とても痺れる試合展開でどちらに転んでもおかしくない試合でした。またもし機会がございましたら、是非対戦よろしくお願い致します。
残塁が多く悔しい試合となりました。チャンスで1本が出ず、ピンチに勝負弱さが出てチーム力の経験差を感じました。グランド、審判、ナイター等ありがとうございます。来年必ずリベンジしたいと思います。Apex優勝してください!Victoriaさん今年もありがとうございました!