TOP > Victoriaリーグ4部(2020年) > 成績表(Bブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 0 0 3 10 9
2 0 0 1 1 3 3
2 0 0 1 1 3 3
4 0 1 0 0 9 10
-            
-            
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Bブロック星取表
 
9-10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

10-9
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
④ HEROES
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3-3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

3-3
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TigerBeer 3 3 上石神井野球部 3月22日(赤塚公園)
両者譲らぬ互角の好勝負はドロー決着!貴重な勝ち点1を分け合う!!
【試合内容】
1回裏、上石神井野球部はヒットとエラーでランナーを溜めると、4番原がタイムリーを放ち1点を先制。さらに3回裏に1番満汐が四球で出塁するとすかさず盗塁を決め、2番加藤の進塁打で1アウト3塁の場面を作る。すると上石神井野球部は3番神田のところでエンドランを仕掛ける。相手バッテリーがワンバウンドのボールでエンドランを外しにくるが、キャッチャーが弾いたところで満潮がホームに突っ込むとこれが間一髪セーフとなり2点目を追加。対するTiger beerは5回に反撃を開始。8番橋本がショート悪送球で出塁すると、9番拝野が左中間を破る2ベースヒットで1点を返す。その後2アウト満塁になると5番染谷のサードゴロで守備が乱れてランナー2人が生還。3-2と逆転する。逆転を許した上石神井野球部は5回裏、先頭の加藤が2ベースヒットで出塁。3番神田が内野ゴロの間に3塁に進む。すると内野の返球が乱れて加藤がホームに生還し土壇場で同点。さらに2アウトから5番大原も2ベースヒットで逆転のランナーが出塁するも後続が続かず。時間切れで試合は3-3で終わった。
【相手チームへ一言】
(TigerBeer)
(上石神井野球部)
 
Tiger beer増田様。対戦ならびに試合手配ありがとうございました。どちらが勝ってもおかしくない試合展開でした。今後もよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
高飛車 10 9 清瀬フェニックス 3月22日(大宮健保)
Victoria史上初の兄弟投手対決!高飛車が乱打戦を制し開幕白星スタート!!
【試合内容】
柴兄弟が両先発を迎える本日の試合は清瀬フェニックス先攻で始まった。高飛車先発の柴(智・弟)は初回二死からランナー出すも後続を切り、まずまずの流れでスタートした。清瀬フェニックス先発の柴(僚・兄)は初回から高飛車1番春山の内野安打でランナーを出して、2番須藤の中越え三塁打を浴びて先制を許す。しかし無死三塁の状況から後続3人を切り最小失点で切り抜けた。この状況を切り抜けて勢いに乗ったフェニックスは一死から四球、失策でランナーを溜めて、一死満塁の状況で迎えた9番柴(僚)の押し出し四球で同点に追い付く。その後1番、2番の連続安打などがあり、一挙5点のビッグイニングを作る。追う形になった高飛車も負けずに2回裏に春山、加藤のタイムリーで3点追加して5ー4の1点差まで追い付く。しかしフェニックス打線も負けない、3回表2連続四球でランナーを2人出してから迎えた1番五味の右越え本塁打と4番小坂(国)の左中間タイムリーで4点追加。時間も迫る中追い込まれた高飛車はその裏に8番、9番の連続タイムリーなどで2点追加して9ー6。高飛車は4回表に先発の柴(智)を諦め、安田にスイッチ。安田が勢いに乗るフェニックス打線を寄せ付けない投球で打線の援護を待つ。4回は両者無得点で迎えた5回裏高飛車の攻撃、先頭6番バッターのセンターへの痛烈な打球を足掛かりに9番の内野ゴロの間に1点。1番春山の2点タイムリーヒット、続く2番須藤の内野安打の間に逆転ランナーが生還して9ー10。逆に追い掛ける形になったフェニックス打線を安田が三者凡退に抑え、6回で時間切れによって10ー9で高飛車の勝利となった。
【相手チームへ一言】
(高飛車)
(清瀬フェニックス)
遠征してきて頂きありがとうございました。フェニックスさんのパワフルな打撃にほぼ負けたかと思いました。とても思い出に残る試合が出来て楽しかったです。今後とも練習試合等お付き合いよろしくお願いします。
久々の対戦で楽しく気持ちよく試合が出来ました。グランド・審判の手配もありがとうございました!引き続き交流を持ちながら、また対戦を宜しくお願い致します。